スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

辰徳「カープはバランスのとれたチーム。挑んでいかなければならない」

2014年04月08日
まぁこのぐらいやるとは思っていましたよ(震え声)
■讀賣1-4広島(TBSエキサイトBB)

広島が95年以来の開幕4連続のカード初戦勝利で単独首位、貯金5は11年5月8日以来。先発・野村は6回6安打1失点で2勝目、巨人戦はプロ初勝利。4人目ミコライオがセ最多4セーブ目。2回に廣瀬が今季初安打のタイムリー、3回にエルドレッドがタイムリー。9回に堂林が自身初の代打本塁打の2号2ラン。巨人は今季初の連敗。先発・内海が3回1死で丸の頭部に死球を与え、07年9月12日以来自身3度目の危険球退場。退場は今季セパ初。内海は自身の広島戦の連勝が6で止まり12年4月5日以来の敗戦、07年7月から7連勝中だった本拠地の広島戦は、05年4月2日以来の黒星。6人目マシソンが来日ワーストの年間3本目の被弾。


今日は自宅でTV観戦していました。
というのも「甲子園で藤浪が投げるから」。
ファン?ではありませんよ。ベイも久保でしたしね。1年間シーズンを戦っていく上では相手の調子も確かめなければいけません(スコアラーかw)
藤浪はキャンプのときにフォームを見て「この投げ方では体に負担が大きくないか?」と。
投げ出すまでのステップが大きくダイナミックではありますが、並みの体力では持たないのでは?と。
なんか今日も捕まる気がしたんですよ。そしてブランコグランドスラム。出ちゃいました。

ではカープ(唐突)。
まず先週の戦いを振りかえって見ると。
ヤクルトに2連勝、(マエケン雨男)、ベイスに2勝1敗。
つまり4勝1敗。春の珍事なんてチープに聞こえる強さったら。モロさは1試合だけあったけど。
堂林のサヨナラホームランにも仰け反ったけど。謙二郎もコメントしていたが「投手がしっかり抑えたから」。チーム打率リーグ最下位でも貯金があるんだから。やはり安定した投手力がいかに大事かと。

そして首位決戦。

ここまで讀賣には勝ち星のないノムスケの先発。
ヒーローインタビューでは「昨年ここで悔しい思いをしたから」。まさかこの子から「悔しい」なんて聞けるなんて。よっぽど勝ちたかったことがこの一言ににじみ出ていました。
試合の内容は正直讀賣の拙攻にも助けられました。村田のゲッツが大きかったね。あ、ゲッツーね。

1点差で迎えてペローンがちょいとまずい守備を見せたところに「代打ドーリン(堂林)」。
正直マシソンでサンキューと思いましたよ。ペローンならまず打てない。プルンと振って終わりは見えていました。そこに速球に自信があるマシソン。今年の彼なら失投はありますから。で失投。

試合終了後に謙二郎「スタメンに使うと打たないから使い方を考えないと」。チャンスやれよw
そして辰則「カープはバランスのとれたチーム。挑んでいかなければならない。」

嫌味か(笑)

ま、いいや、勝って単独首位だもんな。そして明日は大瀬良だもんな・・・。

この快進撃が続けば今度の神宮がどれだけカープ男子と女子が押し寄せることか。

あ、そうそう。大して野球を観たことのない人が「カープファンってなんであんなにいるの?」

お答えしましょう。
「普通に野球見続けていればこのチームがいかに魅力のある球団か普通は気づきますよ。」
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
スコアラー、お疲れさまです(笑)。
大事なことなので、コメントしなくちゃと
仕事の合間にコソコソ…

カープ、単独首位!
カープ、単独首位!
カープ、単独首位!

今日も勝って首位固めして欲しいですね。
No title
あんちゃん、コメントありがとうございます。
1勝2敗の結果でしたが「悪くはない」。今年はGに勝てる予感がする内容でしたね。

今日も勝って同率1位!
まだまだこれからですね!

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。