スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

カープ、阪神を4-1で開幕勝利!

2007年03月30日
驚くこたーねーぞー、倉の猛打賞。

■阪神1-4広島(サンスポ)

広島は黒田が7回を4安打1失点。速球に威力があり、要所でのフォークボールもさえた。打線は三回に梵の犠飛で先制し、中盤以降も加点した。阪神は下柳が好投したが、援護がなかった。終盤の再三の好機を生かし切れなかった。

今日は試合開始からTVで見ることが出来ました。
黒田の調子だけが気になっていました。
微妙なコントロールの悪さはあるものの、ボールが「生きています」。
とくにスライダーのキレがあるので、多少ストレートでカウントを整えることが出来なくても、スライダーで勝負が出来ていました。

打線は「つながり」が課題でしたが、下位打線で出来ていました。
とくに尾形。本当によく打ちましたよ。
公式戦ヒットは668日ぶりだそうです。おめでとう!おかえりヨシノリ!!

森笠のヒットもお見事でしたね!彼らしいレフト前でした。

先制は梵の犠牲フライでした。あの低い球をよくすくいましたね。
ホームに生還した廣瀬が左太ももの張りで途中交代しましたが、大丈夫でしょうか。
病院には行かず、アイシング処置を受けたそうです。
右の打者がますます足りないなぁ。


■広島倉が2点目たたき出す(ニッカン)

広島倉がしぶとく2点目をたたき出した。1-0の6回2死満塁から三塁線に内野安打を放ち、1人を迎え入れた。「あの場面だったから次の黒田さんの前で何とかしたかった。とにかく何でもいいから前に飛んでセーフになればと思っていた。当たり(の強弱)なんて関係ない」と興奮気味だった。

先週の土曜日の東京ドーム。この試合を練習から見ていた人は倉の打撃にビックリしたはず。
調整がうまく出来ていて、彼本来の打撃が戻っていましたよね。ちゃんとその日にもヒットを打ちましたしね。確か2安打。
うわー、ひょっとしていま倉は首位打者ですか?(4打席以上に限るw)

肝心の”捕手”ですが、黒田が「OP戦で投げていない球をよく倉がとってくれた」と称していました。カットボールですかね?球は速いけど、くくっと落ちた球がありました。
黒田は「相手にデータがなかったですから」と冷静に分析していました。さすがエースですね。ぶっちゃけ6回4失点ぐらい覚悟していましたから。騙されたぁあ!(嬉)


あ”、そういえば。昨日の冒頭で。
>4点取れば勝てるぞ!

ナイス勘、オレ!
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(6)

スイッチが入ったのでしょう

2007年03月29日
スイッチ、オン!ワン、ツー!スリー! 明日は3失点ぐらいだな、きっと。
4点取れば勝てるぞ!

■黒田がピリピリ…ブルペンで35球も報道陣シャットアウト(サンスポ)

打倒阪神へ、エースがピリピリムード。開幕投手を務める広島・黒田が28日、報道陣を異例のシャットアウトだ。30日の阪神との開幕戦(京セラドーム大阪)に備え、広島市民球場のブルペンで35球を投げて調整したが、終始無言を貫いた。
 「スイッチが入ったのでしょう。いい緊張感でやっていると思いますよ」と小林投手コーチは、まったく心配していなかったが…。オープン戦の不調、さらに相手は昨年FA騒動で獲得を狙った因縁の阪神だけに余計にピリピリだ。

いよいよ、開幕。
このカードを作ったときには「阪神の先発は黒田」を想定したのでしょうね。

ざんね~ん!!!(笑)

黒田はヒジの怪我から9回フルは投げていません。
どこまで投げれるかは未知数です。最初はスロースタートでもいいです。
6回4失点でも構いません。その黒田を見て野手は何を思うかです。

昨年黒田が投げるときは、やはり敵もエース級でなかなか点を与えません。
打線がやっぱり奮起しないとね。新井が今年はやりますよ。その香りがプンプンします。

前田が1軍登録されませんでしたが、これでいいと思います。
両キャプテンはスロースタートでいいです。
代打で起用するとしてもそれなりの準備が必要ですからね。


■広島主砲新井が「落ち着いて」開幕(ニッカン)

広島の選手会長、新井貴浩内野手(30)が泰然自若で開幕に臨む。29日は移動とナイター練習だったが「去年に比べて今年は落ち着いて(シーズンに)入れる」と涼しい顔。WBC代表だった昨年は開幕直前に帰国。落ち着かないまま開幕を迎えていた。「明日は独特のムードがあるでしょうが、144試合の中でいいときも悪いときもある。1試合1試合を頑張るだけですよ」と平常心を強調していた。

頼もしい4番。新井は俺たちの誇りです。


■射止めた開幕1軍 ルーキー社会人トリオ(中国新聞)

広島の社会人ルーキー投手「3人衆」が開幕1軍切符を勝ち取った。宮崎充登、上野弘文、青木高広。新人3選手が開幕1軍入りするのは1999年の新井貴浩、広池浩司、森笠繁以来、8年ぶりとなる。いずれも即戦力の触れ込みで入団した3投手は、ブラウン体制2年目のカギを握る存在でもある。

正直冷静に今年の戦力を分析したら、先発に心配、そして打線のつながりに心配。昨年と同じじゃねーか?と思うことも度々ありますが、この新人投手3人の登録は明るい。話題が明るいのではなくて、戦力として”非常に”明るいです。
若手が活躍することで、中堅選手やベテラン選手も刺激を受けます。
自分が若い頃にがむしゃらにプレイをしていたこと・・・想い出すことでしょう。
特に青木高広は先発として期待されています。第二戦の可能性がありますね。
宮崎、上野は永川までのつなぎとしてしっかり働くことで、もしかしたら5回限定で好調の横山の先発もあるかも知れません。そのまま宮崎の先発も・・・いずれにしろ選択の幅が広がってきます。
この3人もAクラスのキーを握っていますね。
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

大きな目標である優勝に向けて戦います

2007年03月28日
どうやら広池は開幕1軍モレたそうで・・・ガーン。

■広島必勝祈願「まずはプレーオフ」(ニッカン)

広島は28日、広島護国神社で必勝祈願を行った。選手・監督コーチと職員9人の合計45人が、2日後に開幕するペナントレースに向け、健康と必勝を願った。新井選手会長は「今年はプレーオフという明確な目標がある。今年は昨年より監督との意思の疎通もできている。まずはプレーオフ、そして大きな目標である優勝に向けて戦います」と高らかに誓った。

「健康と必勝」・・先に健康・・そうですよね。怪我をしてしまったら戦いになりませんから。特に層の薄いチームはね。
でも今年のカープのチーム内では1軍枠が激戦ですね。
広池と小山田が投手15人枠からモレちゃいました。黒田に続いて好きな投手が二人も・・ショボーン。


■長谷川と横山は素晴らしい(ニッカン)

この春、私を驚かせた投手が2人いる。長谷川と横山だ。昨秋は厳しい状況にいたが、オフの間、1軍に生き残るため必死に戦ってきた。意識が素晴らしい。努力が報われた。

確かにこの二人は安定したピッチングを見せましたよね。
正直私は開幕先発の黒田のヒジが心配です。もしかしたら・・・なんて頭をよぎると余計に長谷川には期待が大きくなります。
黒田、大竹、長谷川、そしてもう一人10勝投手が出たら・・・(想像しちゃうねー)
少し黒田はスタートが遅れてもいいと思っています。
あまり責任が大きくなって焦るのが怖いからです。それを大竹と長谷川が感じて欲しいですね。それと打線。昨年黒田のときはさっぱり援護出来ませんでしたから。今年は「特に黒田さんのときは5回までにしっかりと点を取るんだ」という気持ちでプレイしてもらいたいです。


■オリックス・ラロッカが同点1号(ニッカン)

オリックスの新外国人ラロッカが待望の1号弾を放った。2点を先制された直後の4回。金村のシュートをジャストミートで左翼へ。貴重な同点弾となった。「(先発の)デイビーが頑張ってたから、とにかく何とかしたかった。ホーム開幕ゲームだし、今季1号をいいところで打つことができてよかったよ」。会心の一振りに胸を張った。

いやー、あの所沢での死球でどうなるかと思っていましたよ。無事開幕を迎えることが出来てよかった・・・って思っていたらいきなりホームラン!ですよ!これTVで見ていましたが、内角低目のシュートですよ。打ったラロッカが素晴らしかった!このHRに刺激されてアレン(なんて名前の助っ人がカープにもいたよね)が決勝打でした。今日の試合でもラロッカが先制HR!もう2号!
それにしてもラロッカって頭のテッペンが・・・あんなにザビエルでしたっけ?


■松田オーナー提案「新分離ウエーバー」(報知)

広島の松田元オーナー(55)は27日、ドラフト制度改革に関し、完全ウエーバーでなく高校生と大学・社会人を分離した上で、高校1巡目と大学・社会人1巡目の指名権の交換や、支配下選手と指名権の交換などを提案。「より柔軟性をもってシステムを考えるべき」と話した。

よくわかんないよ、複雑なのは勘弁。
シンプルに誰にでもわかりやすいシステムにしてくださいな。
どうやら分離は継続のようですが・・・結局希望枠が撤廃されただけで、さほどドラフトの改革にはなっていませんね。これで指名して拒否しても数年後に希望の球団には入れないということか・・・ところでハムを蹴った長野は元気か?
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

黒田グッズが到着しました

2007年03月27日
黒田グッズが来たあ!

■広島が今年初のナイター練習(ニッカン)

広島は27日、広島市民球場で今年初のナイター練習を行った。オープン戦14試合はすべてデーゲーム。ブラウン監督は「屋外でのナイターを1度は経験しておきたかった。私が現役のときも、いきなりナイターは難しかったから。開幕戦はドームだがそれでも実行する価値はある」と説明した。シート打撃では横山ら中継ぎ投手が登板した。また前日26日に発熱した佐々岡はこの日も休養した。

まぁ何のない記事かと思ってクリックしてみたら、「佐々岡発熱?」。
おいおい開幕3連戦間に合うの?地元開幕にまわすのかな?
大竹が有力でしたが、交換するかも知れませんね。やっぱり発熱していた分の調整は遅れるでしょうから。
阪神との3連戦は1勝2敗でOKだと思っています。弱気じゃなく現実的に。
あまり連勝をしてもマークされますし、一昨年の3連戦ですっかり騙されましたし(笑)。
そうなると初戦の黒田で勝っておきたいですね。
第二戦の先発が難しいなぁ。阪神も読めないや。どなたか教えて下さい。m(__)m


■石原1軍確実…フリー打撃で快音「足は不安ない」(スポニチ)

2月中旬に左ふくらはぎを痛め、1軍を離れていた石原も合流した。投内連係など総ての練習をこなし、フリー打撃では鋭い打球を連発させていた。同個所は完治しており、既に20日から教育リーグでプレー。白浜がきょう27日から2軍に降格するため、石原の開幕1軍入りは確実になった。「足に関して不安はない。ここまで動けるようになるまで時間がかかった。頑張っていきたいです」と意気込んでいた。

白濱は練習中の打球を当ててしまったみたいですね。中東も時間を要するようです。
倉は打撃の調子はあがっているものの・・・結局石原と二人体制で開幕を迎えるのは昨年と変わらず。
この二人の中身が変わっているのか。ここに賭けるしかありません。
マーティーは捕手に打撃を求めています。でも1-7番がしっかりと打てば捕手に打撃力を求める必要はありません。「つながる打撃」「ケースバッティング」・・課題はたくさんあるけど、決断力を見せて欲しいです。私がカープの野球で一番見たいのはそこです。


■オープン戦最終登板(黒田博樹オフィシャルサイト)

オープン戦の最終登板は、結果的には良くなかったですが、自分なりの収穫はあったと思っています。
シーズン開幕まであと僅かですが、毎年この時期になると、いくらしっかりと準備をしていても、多少不安になるものです。
長いシーズンで、色々な事があると思いますが、一試合、一球を大切に闘っていきたいと思います。



今日ON-YO-NEのサイトを見ていました。
http://www.baseballgear.jp/shop_index.html

そしたら「ピンポーン♪」

kuroda_goods1 kuroda_goods2

黒田グッズ来たぁ~  ん?ON-YO-NE? そっかここで製作していたんですね。

フリースクルーネックの「KURO 15」のロゴはカッコいいですよ!
ちょっと出費したけど、これ気に入りました。
あと、リストバンドとTシャツを2枚購入しました。ざっと2万・・。

でもね、黒田が残留してくれたんだもん。彼のためとかじゃなくて、気持ち・・残ってくれた感謝の気持ちと「あぁ黒田が残ってくれたんだ」という実感、その記念、その証です。
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

前田、まだ全力でプレーはしていない状態

2007年03月26日
ク--(・∀・)ル!! キット(・∀・)カエッテクル!!

■前田智は右太もも裏負傷で開幕欠場濃厚(サンスポ)

18日の横浜とのオープン戦で右太もも裏を痛めた広島の前田智が26日、広島市民球場で1軍の練習に合流した。打撃、守備、走塁すべてのメニューをこなしたが、「まだ全力でプレーはしていない状態」(石井トレーナー)だという。
 練習後、前田智と話し合ったブラウン監督は「今のような状態で試合に出て、またけがをするのが怖い」と言い、チームには帯同させるものの、開幕戦から数試合の起用には慎重な考えを示した。

例え前田が戻って来ても「3番緒方」をマーティーが明言したときに、ちょっと覚悟は出来ていました。
それでも帯同出来るぐらいの状態にはなっているので、安心しました。
代打の起用も最後の最後にして欲しいですね。
全力モードになったときに私達ファンも全力で応援しますよ、前田!


■フェルナンデス“中継ぎ”開幕の阪神戦を想定か! (スポニチ)

開幕の阪神戦を念頭に置いた起用か。フェルナンデスがドーム球場初体験。6回に中継ぎ登板し、安打と四球、捕逸の1死二、三塁から阿部の中前打であっさり1点を失った。助っ人は「確かにボールはよく動く。ただ左右に流れ、最初は(曲がりが)分からないんだ」と立ち上がりの難しさを強調。ブラウン監督は「走者を出す?それがナックルボーラーの特徴。彼自身、先発が向いていると思っているかも」としながらも、先発の合間に中継ぎ起用する考えを示した。

ヽ(・∀・ヽ)トッ!!(ノ・∀・)ノテモ!!ヽ(・∀・)ノヤバイ!!
ただでさえランナーを出しやすい投手陣なのに、塁を出すことを平気で許しちゃうって?
しかし先発はないな。相手の打者のリズムを崩す前に、守っているカープの野手が調子狂ってしまうよ・・・まぁ昨年の無敗神話のファリのようなケースもあるかも知れないが・・・
こんなリスキーなコトしていていんですかね??
外国人監督って外国人の起用がときに変ですよね。昨日のナビスコ(三ツ沢)で同じコトを思いました・・・


■担当記者ならではのカープ秘話紹介します!(ニッカン)

ブラウンカープが2年目の船出を目前に控えています。戦力の底上げもあって、プレーオフ進出、いや優勝への機運も高まってきました。日刊スポーツではそんな熱きカープを必死に追いかけます。日々取材をしていると紙面では紹介できないあんな話、こんな話が出てきます。インサイドストーリーを記者の主観たっぷりに? この欄で紹介できればと思います。というわけで、お付き合いよろしくお願いします。

誰が書くんだよ・・・

>柏原誠(かしはら・まこと)

:゙;`゙;`;:゙;`;:゙`;:゙;`ヽ(゚∀゚ゞ)ブッ  
喧嘩売っているんじゃねーんだろうなw

まぁいい記事書けよ。ただし黒田にはまず頭下げて謝れ、柏原くん。
ってか出禁解禁?

>幼少時からG党で原辰徳、松井秀喜のファンだったが熱はすっかり冷めた。

身も心もこの際だから、赤く染めてみたらいかがですか?
私達ファンが自信をもって誇れる球団ですよ、広島東洋カープは。

あとさー、芝の話だけどレフトスタンドのカープファンだって気づいたぜ。
違和感よりも「緒方のファインプレイ」を例にあげて記事を書いたほうが、よかったんじゃね?
野球全般 | Comments(2) | Trackback(1)

大竹、試合をつくれたのでよかった

2007年03月25日
あー、今日は納得いかんゲームでした。

■広島大竹が好投、5回1失点(ニッカン)

広島の大竹寛投手(23)が5回1失点と好投した。3回に自らの失策も絡んで1点を失ったが被安打2と安定した内容だった。「低めにいったし今日は全体的によかったです。何とか5回を投げ切ることが目標だった。試合をつくれたのでよかった」と笑顔を見せた。黒田とともにローテーションの中心として期待されている。

今日の大竹は見ていて珍しく頼もしかったです。
ボールが先行しても落ち着いたピッチング。やっぱり球威を意識してワインドアップは正解ですね。見ごたえがあります。リズムもありました。
気になったのは球数ですね。3回で50球は超えていたでしょうか。完投できるペースではありませんでした。それと悪送球は本番ではナシでお願いします。

ちょいと今日の試合は納得いかんでした。4安打と抑えられたのはときにはあることですが・・・どうも本番を意識した「実戦」と思えませんでした。
ランナーが出ても盗塁の意欲も見られない。セーフティーの構えをしてピッチャーを揺さぶるような姿勢もない。工夫をしないとなかなか勝てないですよ。
何度も言いますが、大きな連勝がないと「Aクラスは無理です」。


■森笠、代打でオープン戦1号(ニッカン)

広島森笠繁外野手(30)が鮮やかにオープン戦1号をたたき込んだ。巨人戦の7回、3番手吉武の内角に切れ込むカットボールを右翼席に運んだ。「必ず内角に来るだろうとイメージしていた。狙っていた球がその通りきたので、思い切り打った。うまく回転して打つことができた」と代打ソロを振り返った。

昨日のゲームのニュースです。
この森笠のHRは久しぶりに「爽快だぁ!」って声に出して叫びたい一撃でした。
125mだったかな。所沢でも横浜でも一発がなかったですからね。
栗原のHRも素晴らしかった。清原っぽい打球でしたね。
ただ上半身に頼りすぎたフォームですので、1年間腰がもつか不安です。
今日は5番につきましたが、新井の後の5番は彼には向いていませんね。
やはり左バッターを置いて、引っ張ってランナーを進める打撃が必要です。
私は森笠か尾形に5番を打たせてみたいです。新井が非常に頼もしい打撃をしているので、四球も含めてランナーに出る可能性が非常に高いです。
3番緒方が機能したら、ここで複数点が取れますね。昨年からここに書いていますが、序盤(1-3回)で複数点を取ること。連勝するにはこれにつきます。

どうやらマーティーは開幕は前田が間に合っても3番緒方の起用でいくそうですね。
今日は2つの併殺と元気がなかったですね。でも昨日の超ファインプレイを見ても、彼は「いざ」というときに力を出してくれると信じています。
ogata_senaka
それにしても21年の背中は哀愁を感じますね。カッコ良すぎます。
惚れた女が「緒方が大好きだから」と言われたらキッパリ諦めます。彼には勝てん!(誰かに勝てるわけでもないがw)

昨日今日で讀賣を見て気づいたこと。
・1番ヨシノブって何よ。生え抜きを4番打たせないとあかんですよ。
・写真チッコいですが、背番号の2,6,8と一桁偶数がレフトスタンドからよく見えます。全部パ・リーガー・・・yomiuri_268
野球全般 | Comments(4) | Trackback(1)

黒田6失点も首脳陣心配なし

2007年03月24日
「パ」が一足先に開幕!ヽ(´▽`)ノ

■黒田6失点も首脳陣心配なし(ニッカン)

広島マーティー・ブラウン監督(44)は5回6失点のエース黒田について「問題なし」と強調した。「制球的にちょっと悪かったが、後半はきっちり修正していた。今日はいろいろトライしていたからね。彼の調整については何も心配していない。1番心配していない投手だよ」と平然と話した。小林投手コーチも「ちゃんと打たれたのは阿部の1本(2ラン)だけでしょう。体の使い方が前回より格段によくなった」と目を細めていた。


今日東京ドームに行ってきました。
スコア通りですが、黒田の乱調だけが気になりました。
左バッターにはシュート系のボールがかなりレフト方向にヒットになっていました。
あまり力まず、ミートだけを心がけていたように見えました。伊原が指示してねーか?
讀賣の順位予想だけ悩みどころなんですが、今日の試合をみてさらに悩ましくなりました。
手ごわいかも。でも「負けたくない!」

黒田は開幕までには調整してくるでしょう。
でも関東に鬼門っぷりは・・・

今日は試合が終わってから仲間と軽く呑みました。結果終電ですけど(笑)

ということで今日はここまで。睡眠をしっかり取って明日の試合に備えます。
野球全般 | Comments(2) | Trackback(1)

開幕へ「気持ち高めろ」

2007年03月23日
いよいよ明日から「パ」が一足先に開幕です。ヽ(´▽`)ノ

■ブラウン監督、開幕へ「気持ち高めろ」(ニッカン)

広島マーティー・ブラウン監督(44)が23日、オープン戦残り2試合のテーマを「気持ち」に定めた。24日、25日と東京ドームで巨人と戦う。この日、神宮室内での移動日練習を見守った同監督は「2試合で開幕への気持ちを高めていってほしい。気迫、気合という言葉に置き換えてもいい」と話した。24日は開幕投手の黒田が先発する。広島で調整後、東京入りした右腕は「(前回痛めた)右足は大丈夫。本番モード? それくらいの気持ちでいかないといけない」と気を引き締めていた。

明日から東京ドーム2連戦。もちろん外野で観戦、いや応援に行ってきます。
新曲がまだ憶えられないけど・・・どうしよー。あ、気合かw
明日は予定通り黒田でしょう。選手の西武戦はいま一つでしたが、明日は同じリーグの讀賣が相手ですから結果を欲しいです。今年の黒田も手ごわいぞ!と思わせたいです。
あと期待は廣瀬と森笠ですね。前田がいない間にどれだけのパフォーマンスを見せてくれるのか非常に楽しみにしています。
プラカード持って行きたいけど・・・東京ドームってうるさいんですよね。

讀賣はどうやら姜建銘が明日投げるようです。


■広島また急造捕手か(ニッカン)

広島内野手の大須賀が捕手の練習を始めた。試合前に防具をつけ、熊沢バッテリーコーチと捕球練習。前橋工2年まで捕手だった大須賀は「緊急時に備えてだと思います。久しぶりですね。試合に出たら恥をかかないように」と苦笑い。指名したブラウン監督は昨年のこの時期にも捕手経験のない井生に練習をさせていた。井生は1軍で捕手デビューも飾っている。

落ち着け、マーティー!(゚ロ゚)


■ヤクルト、ロッテ、日本ハムが希望枠自粛(サンスポ)

前日の代表者会議で、抜本改革が必要として、現行制度維持での1年先送りを提案した根来コミッショナー代行が「今年は使わないことを12球団で表明したらどうか」と訴えた。しかし、巨人などは「それでは完全ウエーバーと同じになる」と反対したという。自粛ばかり訴えても制度を変えなければ意味はないが、今後希望枠“返上”の動きは強まりそうだ。

だ・か・ら!
こんだけ反対している球団が多いのに、たった一つの球団の意見が通ってしまうのですか!
「それでは完全ウエーバーと同じになる」だぁ?はぁ?
だったらお前んとこさっさと最下位になればいいじゃねーかよ!強くねーよ、さほど。
腹立たしい!【#・∀・】ムカムカ
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

あれで会議は紛糾した

2007年03月22日
NPBはどうしょーもねー方向に進んでいるぞ。

■中日2-4広島(岐阜)(サンスポ)

広島は先発入りが確定的な長谷川が5回を1失点。7安打を許したが要所で踏ん張った。新井が本塁打を含む2安打と上り調子。中日は長峰が5回を本塁打の1点に抑え先発枠に前進。好調の井端は3試合連続の複数安打を放った。

得点の経過を見ると。
2 回 表 栗原 センターオーバータイムリーツーベースヒット 1 - 0
2 回 表 廣瀬 ライト前タイムリーヒット 2 - 0
2 回 表 倉 セカンドゴロ併殺打 3 - 0
3 回 裏 井端 サードタイムリー内野安打 3 - 1
7 回 裏 英智 センター前タイムリーヒット 3 - 2
8 回 表 新井 左中間第2号ソロホームラン 4 - 2


えー、栗原にやっと連日決定打が出るようになりました。2-4打席はタコったみたいですけど。
廣瀬が久しぶりのスタメンで、タイムリーを含む2安打+1死球+外野フライ。
もっとチャンスあげてよ、マーティーさんよー。廣瀬はいい仕事しまっせ。

さて投手ですが、先発の長谷川がローテ入りを確実にしましたね。
5回1失点。先日の西武戦でもいいピッチング。安定していますね。
その後の上野、梅津、宮崎、永川というリレーに今年の「期待の春」を感じますね。春だけで終わるなよ。


■新井が10試合ぶりのアーチ(ニッカン)

広島の新井貴浩内野手(30)が10試合ぶりのオープン戦2号を放った。3-2と1点リードの8回に中越えにソロ。長峰の変化球に崩されそうになりながら、しっかり振り切った。「スライダーですかね。風に助けられました。オープン戦残り2試合を大事にして開幕には万全にもっていきたい」と充実の表情だった。

頼れる4番、新井がいよいよエンジンかかってきましたよ。
昨年100打点という実績が自信になっているのではないでしょうか。
この数年で一番頼もしく見えます。”あの4番のプレッシャー”に悩んだことがウソのように思えますね。成長したんです、新井は。
私は「新井が相当今年はやる」と思っています。
浩二も晩年型でしたが、新井も浩二と同じぐらいの活躍をこれから見せてくれると信じています。FAらしいけど、ファンは誰も心配していません。新井は私たちの頼れる4番です。


■巨人強硬、根来代行仲裁案が紛糾の種(スポニチ)

 野球協約上、重要事項の決議には4分の3以上の賛成が必要。この日は議決機関の実行委員会ではないが、巨人と中間派のソフトバンクと広島を除く8球団が「即時枠撤廃」を主張。採決すれば押し切れただろう。
 その時だった。根来コミッショナー代行の「意見」が記された紙2枚が配られた。1枚目に「希望枠撤廃はFA短縮が不可避」との理念、2枚目に「FA年数は7年。段階的に移行」との試案。巨人・清武代表が「コミッショナー裁定は重い」と7年で同調した。
 ある首脳は「あれで会議は紛糾した」と言う。「現行9年から1年短縮なら応じられるが2年だと反対が多い」。FA市場拡大での年俸高騰や主力級を早くに失う不安は、パを中心に多くの球団が抱いた。根来代行の仲裁案が混乱を招いた。

どうしょうもねー、茶番劇だな。
これじゃ「讀賣巨人軍は今年希望枠を撤廃すると非常にマズいことになります。」って宣言しているようなものだ。今年指名枠で讀賣に入る選手にみんな注目!
野球全般 | Comments(4) | Trackback(2)

横山、抑えの永川につなぐ中継ぎの柱

2007年03月21日
■阪神8-3広島(倉敷)(サンスポ)

阪神がオープン戦7連勝。今岡が二塁打2本で5打点と勝負強さを発揮。ボーグルソンは6回を7安打3失点ながら、大崩れしない安定感がある。広島は先発候補の新人、青木高が5回を5失点でアピール不足。守りも4失策と乱れた。

3回まで2安打無失点だった先発の青木高ですが、2周目の4回にシーツ、金本の連続ヒットから5失点。
攻撃は5-0から3点まで追い上げるけど、我慢できず梵のエラーから3失点。
去年のゲームを再生しているようなスコアでした。
阪神に勝てませんね。スコアを見ると「青木辛抱足らんよ」と思われがちですが、実は昨年から1-3回の序盤に先制点を取れない打線に問題があります。

先制、中押し、逃げ切り。この形が出来ないと阪神には1つ勝っても”連勝は出来ませんね”


■栗原が2戦連発、不振脱出(ニッカン)

広島の栗原健太内野手(25)が2戦連発のオープン戦2号を放った。0-5の4回、2死2塁で阪神ボーグルソン(29=パイレーツ)の内角低め直球を左中間へ追撃の2ラン。「難しい球だったけど、自分でもうまく腕をたたんで打てた」と喜んでいた。オープン戦で一時は10打席安打なしの不振に陥っていたが、調子が上がってきたようだ。


やっとこさ、栗原に調子が出てきましたね。
このまま低迷なら大須賀を起用してくれ、と思いましたがね。この調子を開幕まで持続してください。ちょっと打線が大人しくなりそうな気配があるので・・
今日は中東が走塁中にケガで「代走 倉」。逆だろ、もう。

どうやら「異常なし」のようです。これ以上の怪我人は勘弁です。

ところで栗原が立ち上がったと思ったら、梵がしゃがみこみました。どうも精彩がないですね。先日の横浜でも「らしくない」。怪我でもしてなければいいのですが。
前田と井生の離脱も痛いけど、梵の代わりを誰かが務めるのは本当に厳しいですからね。
いまが1年で一番「底」だと思いたいです。
なかなか全員揃って調子が◎というわけにはいきませんね。全員揃わないとなかなかAクラスは見えて来ないと思います。阪神と横浜に苦戦しそうだなぁ・・・あぁ3連敗。


■横山、抜群の安定感 4回を1安打無四球無失点(サンスポ)

救援の横山の安定感が際立っている。この日は1回を無安打2三振で、オープン戦通算では4回を1安打無四球無失点だ。「不利なカウントになると、こっちが苦しくなるだけだから」と徹底してストライク先行を意識。球の切れ、テンポとも良く、ひと味違う姿を見せている。
今季の目標は「最低でも防御率2点台」。抑えの永川につなぐ中継ぎの柱として、期待が持てそうだ。

寂しい話題ばかりもなんですので。横山の明るい記事を掲載してみました!
一発病さえ無くなれば彼は素晴らしいセットアッパーになれます。
上野がいい刺激になっているのでしょうか。今年も中継ぎから光が見えてきそうです。
・・というのも寂しいから打線、先発奮起しろ!


■希望枠08年廃止で一致 球団代表者会議(毎日新聞)

12球団は当初、現行制度を継続する方針を決めていた。しかし今月9日、西武がアマチュア野球の2選手に「栄養費」の名目で現金を供与していた問題が発覚。不正を生む原因となったとされる希望入団枠への批判が高まり、16日には日本野球連盟、全日本学生野球連盟、日本高校野球連盟のアマ3団体が撤廃を強く要望していた。
今回の決定を受けて、日本野球連盟の松田昌士会長は「中途半端な決定には失望している」とコメントを発表した。

宮本選手会長も「本当に野球界のことを考えているのか。結局、球団それぞれの都合でまとまらないのであれば、非常に残念だ。」とコメント。

私はそもそも「指名枠」を悪の根源と扱うことが気に入らないです。
ですから、07年であろうと08年開始であろうと「どうでもいいです」。
この「指名枠」廃止で信頼は回復されるのですか?不正は無くなるのですか?
ドラフトの話題で盛り上げて、誤魔化されている気がしてなりません。
野球全般 | Comments(2) | Trackback(6)

彼のいない打線についてはアイデアもある

2007年03月20日
3番尾形マジであるんちゃう?

■阪神5-4広島(高松)(サンスポ)

阪神は鳥谷が2試合連発となる3ランを放った。関本は2安打2打点と勝負強く、レギュラー定着に前進。広島はベテランの佐々岡が制球良く4回を4安打1失点にまとめた。尾形は2安打と好調をキープしている。


鳥谷は団長のような顔をしていてもやっぱりすごい選手なんですね。
小山田さぁーん
・・・
佳紀がここまで順調なのは戦力として大きいですね。前田がリタイアしただけに、彼の活躍は「3番」でクローズアップされるかも知れません。
今日は、中東・東出・梵の1~3番だったそうです。

今日も最終回にダブルスチールを試みたようですね。失敗したけど、こういった「走りますよ、スキあらば」と警戒させるのもオープン戦ならではです。
こういったスリリングな野球は楽しいですね。今日は結果が出なかったけど、いいんじゃないですか。栗原にも一発出たので、このまま打線には上昇気流に乗って欲しいですね。

フェルナンデスが何気に2イニング無失点(2盗塁はご愛嬌)


■前田カバーする人物いない(ニッカン)

トレーナーと状態に関して話しているところだ。彼をカバーする人物はいない。彼自身も完全に治してからという気持ちもあるだろうから、(開幕に)もし間に合わなかったとしても、チームとしてバックアップできるようにしていかないといけない。彼のいない打線についてはアイデアもあるので、試合で試したい。


ちょっとこの様子では前田の開幕はベンチすらなさそうですね。
3番ですか。この穴は大きいですね。レフトを守れる左打者・・森笠しかおらん。
ただ左に限らず、右打者にもチャンスはあると思います。
ヤクルトと阪神は左投手の先発が多いです。ってか多すぎます(笑)
阪神なんて今日ハムから正田をトレードで獲得しているし。

・・・。ガビーさん、キラーパスを出しましたよ(笑)
あとはご自由に語って下さい、どうぞー!(><)/


■新人・上野“回復順調”「足はもう大丈夫。いい感じ」(スポニチ)

キャンプ中に右内転筋に違和感を発症し、離脱していた新人・上野(トヨタ自動車)がオリーブスタジアムでの練習で約1カ月ぶりにフリー打撃に登板した。栗原、東出に対して32球中安打性はわずか3本。ツーシームで東出のバットを真っ二つに折るなど、力のある球で順調な回復をアピールした。「バッターに投げられて良かった。足はもう大丈夫。いい感じできている。次は実戦で投げたい」と意気込んでいた。


先日所沢のブルペンで彼の投球を見ることが出来ました。
なかなか力強い球を投げていましたよ。あの力のある球とキレのある変化球さえあれば・・・永川はまだ不安な点もありますので、絶対にセットアッパーとして欲しいタイプです。
今週末ぐらいに実戦で使うのかな?東京ドームで見れるチャンスがありそうです。
もしかしたら宮崎と3人でトリプルストッパーを考えているのでしょうかね。
野球全般 | Comments(6) | Trackback(6)

井生、前田、全治2週間

2007年03月19日
仲良く2週間・・。

■井生がふくらはぎ負傷、全治2週間(ニッカン)

左ふくらはぎ痛の広島の井生崇光外野手(26)が19日、広島市内の病院で検査を受け「左ひふく筋筋損傷」で2週間の加療を要する見込みと診断された。17日の西武戦(グッドウィル)の走塁で痛め、広島に戻っていた。プロ入り初の開幕メンバー入りが確実視されていたが間に合うか微妙になってきた。



■前田智が右太もも負傷、全治2週間(ニッカン)

18日の横浜戦(横浜)で右ハムストリング(太もも裏)を痛めて途中交代していた広島の前田智徳外野手(35)が19日、広島市内の病院で検査を受け「右大腿二頭筋短頭筋損傷」で2週間の加療を要する見込みと診断された。すでにチームを離れており、今後の動きは様子を見ながら判断する。通算2000安打まで残り94本と迫るが、開幕戦にベストの状態で臨むのは難しそうだ。


開幕は無理かも知れませんね。
4月3日の地元開幕戦から合流でいいと思います。無理をして慣れない京セラドームでプレイするよりも地元開幕に標準を合わせたほうが、焦らず調整も出来るでしょう。
その後は神宮に遠征になるので、次の地元6連戦から合流もありえますね。
マーティーは3番は栗原にしたいところですが、私は森笠か尾形にチャンスをあげたいですね。嶋の可能性もあるけど、5番をこの1年間彼に任せたとなれば固定したほうがいいでしょう。


■ブラウン監督「五輪代表広島からも」(ニッカン)

星野監督と田淵ヘッド兼打撃、山本守備走塁、大野投手の各コーチは18日、横浜広島戦が行われた横浜スタジアムを訪れた。12球団目で最後の視察になった広島ブラウン監督と話した星野監督は「うちにも元気のある選手がいるから選んでくれと言われたよ」と握手。広島では黒田、新井、梵らが代表候補。初対面のブラウン監督も「エネルギーを感じた。全力を尽くしてほしい」とエール。球場入りしていた松田オーナーから全面協力の約束を取りつけた星野監督は「選手をもらう代わりに(広島球団出身の山本、大野)コーチを2人もらっておきました」と笑顔で話した。

黒田、新井、梵らが・・
黒田、新井、梵らが・・
黒田、新井、梵らが・・  らが?   他に誰がいるんすか?思いつきませんが、何か?
まぁ星野の寒いコメントを読む限りは、黒田ぐらいじゃないですか?


■先発マスクの中東「しまった」…判断ミスを悔やむ(スポニチ)

先発マスク2試合目の新人・中東(ホンダ鈴鹿)が“判断ミス”を悔やんだ。5回無死二塁から石井が投手前に送りバント。微妙なタイミングながら大竹に三塁送球を指示してセーフ。大竹の野選で、大量失点の引き金となった。「欲張りすぎた。僕のミスでビッグイニングになって申し訳ない」と反省。熊沢バッテリーコーチは「走者(仁志)の足を考えると一塁。これも勉強だよ」と今後に期待していた。

中東本人はやる気があってよろしいのですが、ちょっと新人に期待が大き過ぎると思います。マーティーもファンも。
白濱にももっとチャンスを与えていいと思いますけどね。どうなんでしょうね。


■新商品「黒田ファイル」、「鯉ステッカー」、「カープイッチまん」発売のお知らせ(カープオフィシャル)

2007年3月23日(金)より、新キャラクター商品として、「黒田ファイル」、「鯉ステッカー」、 「カープイッチまん」を発売いたします。

開幕前にこんなに続々グッズが出てくると、カープファンが球場に行く資金は大丈夫か?と心配な日々。
野球全般 | Comments(3) | Trackback(1)

そして誰もいなく・・・ならないで

2007年03月18日
ちょっと、ちょっと、開幕前に野戦病院は勘弁よ

■井生が左ふくらはぎ痛で検査へ(ニッカン)

左ふくらはぎを痛めた広島井生崇光外野手(26)が18日、チームを離れ、病院で検査を受けるために広島に戻った。井生は17日の西武戦(グッドウィル)の9回、中飛を打った際の走塁中に、強い張りを訴え、途中交代していた。



■前田智が右足に違和感で交代(ニッカン)

広島前田智徳外野手(35)が右太ももに違和感を訴え、途中交代した。「3番左翼」で先発し、6回に一塁走者として三塁に向かった際、二塁ベースを回ったところで違和感を感じたという。



・゚・(ノд`)・゚・。

建も離脱して開幕ローテに間に合わない・・・井生が前田が・・・帰広 orz

試合は陽が西に流れると共に仁志の動きが活発になって、大竹撃沈。
今日は中東が先発マスクだったのですが、仁志の2塁打のあとの石井琢のバントを指示ミス・・ここから崩れていきました。
昨年と同様に野手の守備のミスからピッチャーを苦しめています。課題クリア出来ていません。

今日の試合を見る限りですが、横浜は手ごわいです。カープに対して自信をもって戦っていますね。今年もこの対戦は苦戦すると思います。
特に横浜スタジアムでは・・・関東のファンは辛い気持ちが積もりそうです・・・

少し明るい話題を。
中東の応援を今日は「ラロッカ」でやったんです。
これがなかなかファンに好評。
グレッグラロッカ~♪ のところを な・か・ひがし~♪ で歌いました。
このノリ最高。ヽ(´ー`)ノ

あ、あと残念ことを思い出しました。から揚げ弁当の売り子が来なかった!!


■尾形、重傷負った球場でフル出場(ニッカン)

これだけ打てて、守りも安心となれば…。「レギュラー? 本当に、本当にそこまでは考えてないんですよ。今はいい球がきたらどんどん振っていこうと思っている。だいぶ慣れてきました」。ブラウン監督も笑顔でこう言った。「佳紀はずっと調子がいいね。打撃は十分やっていける。レギュラーとなったら体力的にどれだけできるか。素質が高いし楽しみだ」。05年5月28日という最大の「過去」を消し去ったヤング・オガタを頼もしそうに見つめている


あら、柏原さん。いい記事書くじゃないのよ。ありがとね、素直に礼は言います。

どうやら今日のニッカン広島版の一面が佳紀だったそうです。

その写真が・・・

yoshinori_nikkan あ、後ろに映っている(笑)
野球全般 | Comments(2) | Trackback(5)

おかえり ヨシノリ

2007年03月17日
今日は試合前にレフトスタンドで新曲と変更点の練習をしました。

・高明、跳ねろ若鯉2→こいうた

・「○○○○打ちまくれ」→こいうた

・あと「ガラガラへび」
これ音源がないけど、マーティーの応援歌でした(東京のみ)。
これをチャンテにしています。

・「球場へ行こう」→こいうた

・廣瀬のファンファーレが変更になりました。

歌詞カードは配られました。
応援団の方からはどんどんはじけて応援して欲しいそうです。(広めてほしい)


■黒田が4失点「悪すぎた」(ニッカン)

広島の黒田博樹投手(32)の3度目のオープン戦登板は5回2/3で4失点の内容だった。4~5回の予定だったが球数が少なかったため6回も続投。2死から石井義の打球を右足すねに当てたところで、大事をとって降板した。病院には行かずアイシングで済ませた。「今日は悪すぎた。足は大丈夫。シーズン中はあれをアウトにしたい」と話していた。

悪すぎたのもあるけど、9連勝中の西武の打線ですからね。
しかしライオンズ打線はほとんどミートしていましたね。ゲッツーも正直「助かった打球」でした。あの内容でも赤田、和田、中村というレギュラーが出て来なかったですからね・・やはりカープより層の厚さを痛感しました。
黒田が右足に当てたときは「あちゃー!」と一瞬大竹の顔が浮かんだのですが、まだまだ開幕を黒田以外には任せるわけには行きません。
来週の東京ドームでも投げると思います。そこできっちりと行きましょう、黒田!


■広島打線が西武西口を攻略(ニッカン)

広島が相手エース西口を攻略して、9連勝中の西武と引き分けた。先発黒田が6回途中まで4失点と不調だったが、3点を追う3回に新井、嶋の2点適時打などで一時逆転に成功した。ブラウン監督は「今日はタイムリーがたくさん出たし、いい攻撃ができた。新井は打線の中心だね」と打って走っての野手陣に満足していた。

西口も崩れましたね。たぶん彼が開幕投手になるのでしょうね。
石井義の大トンネルをきっかけにカープは一気に5点。
こんなに点が入ったのを見たのも久しぶりかも。新井のタイムリーもよかったね。

それと今日は東出のヒットと走塁が光っていました。
あのクリーンヒットは素晴らしかったです。やっぱり内野で見ると弾道がはっきりとわかって興奮しますね。あとダブルスチールの成功。これが生きて新井のレフトフライでタッチアップ!・・・・返球もよかったが東出がスライディングで体を右に流して手で触るようにベースをタッチ!判定はセーフ!今日2番目に萌えました。

一番は・・・やっぱり尾形ですよ。戻ってきました、”あの所沢”のグラウンドに。
「おかえりヨシノリ」
yoshinori_1 yoshinori_2

試合前にブルペンの隅でサインを。私もいただきました。
そしてとっても嬉しい言葉をいただきました。

ヨシノリ「ありがとうございます。」

サインをいただいてありがとうはこちらなのに・・・戻って来てくれて本当に嬉しいです。

明日このプラカードをレフトスタンドのセンター寄りで掲げます。
もし見かけたら声をかけて下さいね。
あ、マーティー用のプラカードも本人に見ていただきました。
笑っていましたよ。

funclub 帰ってきたら、ファン倶楽部のメッシュジャージと「証」が届いていました。明日の横浜は厚着をして、これを早速着ますよ!
野球全般 | Comments(0) | Trackback(2)

松本高明、ぶちダッシュ!

2007年03月16日
『無限のガッツで いざ勝負
ころがせ鋭く (そして!)ぶちダッシュ』
(松本高明のテーマ出来ました)

あと、跳ねろ若鯉2も憶えていきましょう→こいうた

明日の試合(西武戦)の開門後、試合開始前(時間未定)に レフトスタンド応援団席近くにて、今シーズンの応援変更点の報告、新曲の発表、練習をする予定だそうです。(東京緋鯉会より)
なお今回の新曲は高明のみです。「○○○○打ちまくれ」もするそうです。→こいうた

あと「ガラガラへび」ってもやるそうです。音源がない。
また二次会等で「球場へ行こう」をするそうです。これいい曲ですよ。→こいうた

歌詞カードは配るかどうか?ですが、携帯に歌詞を転送して時間があるときに憶えましょう!


■オリックス・ラロッカが途中交代(ニッカン)

オリックスのグレッグ・ラロッカ内野手(34=ヤクルト)が西武戦(グッドウィル)の初回、右手尺骨部分に死球を受けて途中交代。病院には行かずアイシング治療を施した。16日は東京都内の宿舎で静養し、17日ロッテ戦(千葉)の出場は患部の状態を見て判断する。

まぁ大事を取っての交代だったようですね。あの様子では骨折もあるかな?と思っていたので、心配でした。
うーん、でもオリックス戦は当分見る機会がないかも・・・。
それまで大活躍していて下さいね、ラロ。


■アマ側が希望枠撤廃を要求(報知)

プロ野球西武の裏金問題を受け、日本プロ野球組織(NPB)とアマチュア野球の代表者は16日、東京都内のホテルでドラフト制度に関する協議会を開き、アマ側は大学生・社会人選手がプロ球団を自由に選択できる「希望入団枠」の撤廃を強く要望した。NPBは意見を聞くにとどめ、ドラフト改革についての具体案は示さなかった。21日に代表者会議を開き、希望枠廃止の方向性を明確にする見通し。

今回の西武の失態は「希望枠」が根源ですか?違うでしょ?
有力な選手が出来るだけ希望の球団に入れること(職業の選択)を目指したのではないのですか?
それをこの事件をきっかけに見直すというのは、何か乱暴な気がします。
「お前が言うな」と突っ込みは入れましたが、ナベツネが言っていることは結構的を得ています。
つまりは何か変化しないと納まりがつかないってことじゃないの?
また希望している球団に入れない選手が涙を流すシーンもTVに映るのでしょうね。
ドラフトはドラマですか?違うでしょ?
ドラフトは撤廃してメジャーは9年据え置き。このほうが賢明だと思いますが。
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

ラロッカに会いに行ってきました

2007年03月15日
たくさんコメントありがとうございます。
ちゃんとお返事したいので、少しお時間を下さい。よろしくお願いします。

■オリックス・セラフィニが6回1失点(ニッカン)

ダン・セラフィニ投手(33)がオープン戦2度目の先発で6回を1失点に抑えた。毎回の8安打を許したが要所を締め、あと1本を打たせず。前回8日の横浜戦(京セラドーム大阪)は4回4失点だったが、上昇気配をうかがわせた。コリンズ監督は「前回より内容も良かったし、うまく打者を打ち取っていた」と評価。21日の紅白戦登板を経て、公式戦初登板となる29日の日本ハム戦(スカイマーク)に備える。

いきなりオリックスの話題ですが、今日この試合を所沢で観戦して来ました。ラロッカを応援に。

開門から30分遅れて球場に到着。チケットはライオンズのファンクラブ割引で購入しました。内野指定が1500円ですよ。安いですね。日本で一番安い当日券じゃないでしょうか?(しかも1列1番なんてすごい席)

座ると目の前でラロッカが守備練習をしていました。
するとこちらを向いたので手を振ったら・・・振り返してくれました。(ワーキャー!)
気分は女子高校生です(笑)

清川コーチもいました。ブルペンにいるデイビーをコーチしていましたよ。
ちょっと話しかけて見ました。
「清川さん!カープファンです!」 「お!応援してね」 「はい!」
最初はオリックスも応援してね、という意味だと思いましたが、カープを引き続き応援してね、という意味だったかもと後で気づきました。

さてプレイボール。ラロッカは3番サードでスタメンです。
初回、手首に死球。・・・。かなり痛そうです。あ、代走後藤。 orz
守備が全く見れませんでした。このところ絶好調だったのに・・・ギッセルのバカー!

福地の2塁打、GG佐藤の逆転3ラン、江藤は出ない、それしかもう記憶がありません。
大ショックです。もしかしたら骨折もありえるかも。明日の新聞かなぁ...

しかし所沢は寒いですよ。17日(土)にカープ戦がありますが、厚着&手袋&ホッカイロ&ひざ掛けは絶対持って行きましょう。今日は陽が出ていましたが、あの(半)ドームの寒さは普通に風邪を引きますよ。


■緒方が技ありの1号2ラン(ニッカン)

広島緒方孝市外野手(38)が技ありの1発を放った。2回に1点を先行し、なお無死一塁から中日平井の変化球をすくい上げ、左翼席に打ち込んだ。「甘いフォークだったけど、うまく拾うことができた感じ。本塁打は最高の結果。シーズンにとっておきたかったよ」と今季1号に口調も滑らかだった。

よっしゃー!緒方やっと出ましたね。しかも今年先発に転向の平井からとは、いいですねー。シーズンに入ったら何度も対戦するでしょうから、相手にイヤな印象を与えた!かもよ!?

今日は嶋と中東が大当たりだったみたいですね。
嶋は調子が出てきたかな?あと悩める大砲栗原も2安打でしたね。
この調子を持続して開幕を迎えて欲しいです。今年はピッチャーを沢山助けて下さいよ、打線のみなさん!

さて気になる「先発・青木高」ですが、5回に崩れて3失点で降板。
もう1イニングだったのですが、さすが中日相手に2周目は厳しい課題だったか・・
まぁ新人ですので、いきなりいい結果が付いて来ないのは当たり前です。
この課題を少しずつ調整していきましょう。開幕は近いけど、シーズンは長いのですから。

そのあとの宮崎が抑えたのは嬉しいニュースですね。中継ぎになりましたが、結果を残せばまた先発のチャンスもめぐって来るでしょう。河内、横山、そして永川がキッチリ抑えたのが今日の試合の最大の収穫ですね。打線も下降気味でしたが、やっぱり投手のほうが気になります。
野球全般 | Comments(3) | Trackback(3)

黒田グッズの先行限定販売

2007年03月14日
黒田公式サイトからメールが来ました。

■黒田博樹オリジナルグッズの先行限定販売!!(黒田博樹オフィシャルサイト)

黒田博樹選手が実際に愛用している、KURO15のロゴ入りオリジナルグッズを限定販売します!ベースはいずれもアスリート向けの高級仕様で仕上げております。KUROグッズを身に付け球場に駆けつけて、一団となって黒田選手を応援しましょう!
また、オリジナルグッズを3月30日(開幕)までに購入された中から、抽選で5名様に黒田選手直筆サイン入りKUROTシャツプレゼント!この機会をお見逃しなく!!


今日突然メールが来て、検討することなく「限定300着」に踊らされました(笑)
今回のグッズは下記の通りです。(なぜかメルマガに書かれていた携帯サイトアドレスから入るとパスワードなしで見えちゃうのですがw)

・KURO15 Tシャツ (ホワイト/ブラック) \3,500
マンスリー第一弾ってことは毎月出るってことかね?お小遣いがー(泣)

・フリースクルーネック (ホワイト/ブラック) \7,800
ちょと高いけどこれが一番気になりました。ええ買いましたとも(笑)

・リストバンド \2,000
これが一番お手ごろ価格グッズのようです。ええ買いましたとも(笑)

・KURO15 サングラス (BRIKOナイトロレースDU) \25,000
さすがに買えませんw

・ネックウォーマー (レッド/ブラック) \2,500
いまどきしか使わないと思います。

・Uジャンロングスリーブ \8,500
・KURO15 Uジャンハーフスリーブ \7,500

クルーネックに手を出したらこれを買う予算はありませんね。

あれも欲しい♪これも欲しい♪もっともっと欲しい♪


■マエケン好投!あるゾ開幕ローテ(デイリー)

序盤は制球に苦しんだカーブが低めに決まりだすと、相手につけ入るスキを与えなかった。MAXは144キロ。1安打で4三振を奪った。
 オープン戦、教育リーグ3試合で6回を投げて無失点を継続中。ブラウン監督が「彼も頭にある」と言うように、他の先発候補が順調とはいえ、開幕ローテ入りの可能性は残っている。
 実現すれば、カープの高卒新人では52年の大田垣(備前)氏以来55年ぶりになる。「僕には経験がないんで」。前田健は無欲を強調したが、進化を続ける金の卵への期待は日々、膨んでいる。


と、高い評価のデイリーさんですが、いかがなんでしょうね?
それにしてもカープで高卒ルーキーで先発ってそんなに過去にさかのぼるのですね。
大田垣?知りません。生まれていません。
堂上直は「特に直球のキレがよかった。自分じゃまだまだ打てないです」とコメント。実際にこの目で早く見たいけど、このOP戦で1軍帯同がないと開幕は厳しいでしょうね。
まぁ先発総崩れで弾が無くなったら呼ばれる可能性もありますが・・・それは想像したくないね。

スポニチによると、長谷川、高橋、青木高、大島、斉藤、そしてマエケンが先発候補のようです。黒田、大竹、佐々岡が3本柱で開幕ですね。佐々岡はたぶん市民開幕でしょう。
ですからこの6人から3人を選んで、一人は開幕カードの3戦目に出ることになると思います。建かなぁ・・
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

広島はウエーバー反対ですよ

2007年03月13日
宮崎中継ぎだって? うーむ。

■前田健、3度目の登板も無失点(ニッカン)

広島の高校生ドラフト1巡目、前田健太投手(18=PL学園)が13日、プロ3度目の登板も無失点に終えた。教育リーグ中日戦(由宇)に先発して3回を1安打無失点の好投。これでオープン戦1試合を含めて6回無失点だ。初回には同級生の堂上直を一邪飛に打ち取った。「初回は悪かったが、3回はよかった。カーブが入ったのでカウントが取れてだいぶ楽でしたね」と満足げだった。


未来のエースは教育リーグでちゃんと数字を残していますね。
マエケンの1軍可能性は意外と早いかも知れません。おーい、佐藤、元気かぁー。


■「フェルナンデス赤ふん」3月下旬から発売を開始(スポニチ)

調子も売り上げも上げちゃるけえ!広島は12日、「フェルナンデス赤ふん」を3月下旬から発売することを決定した。
 2月1日からマニア向けのおみやげとして発売している赤いふんどし。これまでのモデルは「一球入魂」や「猛打爆発」とプリントされたものだった。だが今回、異色のナックルボーラーの人気と注目度に目をつけた球団は「フルエル球ナンデス」「魔球」とジョークをきかせたプリント入りの新モデルを決定。もちろんフルエル(震える)球は男性の“タマ”で、ナックルが揺れる球筋であることに引っかけて考案された。「ナックルを見てみたいという反響がすごくある。みんな興味津々なんだ。もうGOをかけたよ」。松田オーナーは笑顔で話した。


キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!

>もちろんフルエル(震える)球は男性の“タマ”で、ナックルが揺れる球筋であることに引っかけて考案された。

こんな生々しい注意書きはイランですよ、スポニチさん(笑)

昨年は「Tシャツ」で話題になりましたが、今年は「赤フン」ですか!
段々薄着になっていきますね(笑)。


■広島はウエーバー反対(報知)

広島の松田オーナーは13日、西武の裏金問題で現行のドラフト制度の見直し論が起きていることに「あまりにも短絡的。不安を感じる」と否定的な考えを示した。
 完全ウエーバー制については「才能ある選手が海外に流出していくのではないか。これまでの制度の中で行ってきた独自のドラフト戦略が制約されることになると、うちのような球団はつらい」と話した。


今回の西武の栄養費問題で完全ウエーバーのお話が出てきました。多くのカープファンは「これで公平でにドラフトで選手が獲得できる~」・・・ってそんなことはないのよ。
松田オーナーが言っているようにこれってカープには実は不利なんですよね。

メジャーという選択がなければ「NPB」という枠の中で優秀な人材を分け合うことが出来ますけどね・・・昔みたいにね。

ただ、ただですね。ここはオーナーは弱気にはなって欲しくはないのです。
「魅力ある球団」をいまこそ追及して欲しいです。

これまでは独自の戦略で選手を獲得してきましたが、今度はドラフト候補全てに「カープに行きたい。あの球団であの選手とあのファンの中でプレイをしたい」と思わせたらいいのです。

オーナーはいつぞや「私の使命はカープを残すこと」と言ってました。
でももっともっと高いとこを目指しましょう。お金をたくさんもらえる球団だけが、大都市にある球団だけが、素晴らしい球団とは限りません。

壮大な夢をみんなで追いかける。昭和50年を思い出して下さい、オーナー。
いまこそ、球団・選手・ファンでALL-INですよ、オーナー。
野球全般 | Comments(2) | Trackback(3)

マエコレ!Tシャツ第4弾、5弾

2007年03月12日
完全に前田は球団に遊ばれています(笑)

■『 前田応援セット 』 発売のお知らせ(カープオフィシャル)

2000本安打達成を目指す前田選手を応援するためのセットを発売します。
お土産はこのセットでしか手に入らない、前田選手が意外なキャラクターに変身して登場する
『マエコレ!Tシャツ(T-shirt collection)』です。
Tシャツデザインは5パターンあり期間によってかわります。


今日球団から第4弾と第5弾のTシャツのデザインが発表になりました・・・が。

第4弾
maeda_T04
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
怖いよ、怖いよー、人相が悪いワンコだよ~(≧∇≦)ノ彡 バンバン!


そして第5弾
maeda_T05
´∀`)・ω・) ゜Д゜)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)Σ(´`lll)微妙っっ!

やっぱり第三弾がまともですね。(これでも)
maeda_T03

第一弾と第三弾は現地まで行っていただこうと思っています。
しかし、カープ球団も遊び心というか企業としてマーチャンダイジングに力を入れて来ましたね。ファンとの距離も近くなりますし、黒字経営には欠かせない商法だと思います。
カープファンは常に「少しでもカープのために」という気持ちがあります。少ないお小遣いをグッズやチケットにしているファンも多いでしょう。
これからもファンが思わず欲しい!と思えるグッズの開発を楽しみにしています。


■黒田は万全!敵将・王監督&小久保も脱帽(スポニチ)

尾道は昨年3月12日にオープン戦初登板した場所。その時の倍近い7034人観衆は、今季の黒田に対する期待の表れともいえる。敵将のソフトバンク王監督は「十分良くなっている。できるヤツはやるんだよ」。小久保も「手術したとはいえ、いい球を投げるね」と賛辞を惜しまなかった。
 3月30日の開幕阪神戦まで登板はあと2試合、各週末のオープン戦でマウンドに立つ予定だ。ブラウン監督は「次は4、5イニングになるだろう」とプランを披露。エース復活劇の最終章まで、ページはあとわずかだ。

気持ちのいいタイトルですね~
これであと2回の登板があるのかな?
そうなると週末の関東の4つの試合で2つ投げることになりますね。
おっと、黒田のプラカードを作らにゃーと。でも東京ドームはうるさいんだよね。
たぶんどこかのファンがもめたので、サイズや内容をチェックするようになったんだろうね。
いい迷惑だよ。
17日(土)の西武戦用のプラカードはただいま製作中です。あとは黒田用だけです。
今回は内野で応援しようと思います。
ちなみにいまから作成しようとされている方はあの球場は規定サイズがありますので、ご注意下さいね。詳しくは→こちら

<ボード・幕について>
●外野席での使用サイズ 
縦100cm x 横150cm以内
●内野席・BOXシートでの使用サイズ
縦70cm x 横70cm以内
野球全般 | Comments(5) | Trackback(3)

気持ちだけでは負けない

2007年03月11日
今日は映像で確認が出来ませんでした。どっか放送してよ、もー。

■梵、1番の働き ファウルで粘り好機で2点タイムリー(サンスポ)

今季から1番を任される梵が、打撃にしぶとさを増している。二回二死満塁の好機で和田からファウルでしつこく粘り、根負けしたように甘く入った11球目の速球を左前へ。「あそこまで粘ったので、気持ちだけでは負けないようにと思った」と胸を張った。

打線は心配なところばかりだけど、唯一元気なのが1,2番。
この数年のことを考えたら贅沢ですよね。2塁とショートが固定して、同時に1,2番に足の速い選手がいる・・・あとは長距離砲なんですが今日も嶋&栗原は全タコだったみたいですね。
廣瀬と大須賀をもっと起用して、この二人を焦らさないと。ちょっとマーティー辛抱し過ぎだと思います。

今日は黒田、大竹も登板したのですね。

◆黒田(2度目の実戦で3回2失点)
「いいボールもあったが、まだまだ。修正しなきゃいけない部分は頭に入っている」

◆大竹(3回4安打3失点にも)
「右打者のシュートを意識して、それはうまくいった。まだこの時期ですし、これから状態を上げていきたい」



そして森笠がスイッチに戻して右打席でタイムリーを打っています。

◆森笠(4年ぶりに両打ちに再転向。右打席で初安打を放ち)
「自信にはなるし、プラスにしていきたい。ただもっと振り込んでいかないと」



■応武監督が西武を痛烈批判!(サンスポ)

 「事実を知りません。寝耳に水で意味がわからない。西武のクソバカたれはなんてことに巻き込んでくれるんだ。冗談じゃない。社長がここ(沖縄)に来て土下座しても許さない」
 同監督の怒りはこれだけにとどまらない。金銭供与を受けたとされるのは早大の野手であるA選手。西武から計1025万7800円の現金が与えられ、05年6月に12球団で申し合わせた「倫理行動宣言」が採択された後の同10月まで支払いが続いた。
 「やめようという話になってからも続けていたんだから、西武は球団を持つ資格がない。西武は球団をやめなさい」


あのー、学生を預かっている身分の方がそういった他人事のような発言はいかがなものでしょうか?指導者として責任を問われるんですから、許す許されないはあなたの問題でもあるのですよ。大丈夫ですか?
しかも「西武のクソバカたれ」ってねぇ....それって指導者の言葉じゃないよ。
野球全般 | Comments(7) | Trackback(3)

東出のバント内野安打1本だけで勝利

2007年03月11日
お昼にケーブルTVの工事が終了したので、ESPNが視聴できました!

■広島、わずか1安打で逆転勝ち(ニッカン)

広島が競り勝ち、4勝1敗でオープン戦首位を守った。安打は東出の1本だけだったが、新井の犠打などで6回に逆転に成功。投手陣も長谷川のあとを継いだ林、広池が粘り、ソフトバンク打線を1点に封じた。ブラウン監督は「今日は投手がよかった。長谷川は成功するためには今日のように常にカウント有利の投球を心がけてほしい」と目を細めていた。


ケーブルTV会社のおかげで初回からTV観戦が出来ました。
カープの先発は長谷川、ホークスは斉藤。これがまた両者内容がすごくよかったです。

斉藤は初回からストレートのコントロールが定まりませんが、スライダーでしっかりカウントを整えます。結局打てずカープを5回0安打。間違いなく開幕投手でしょうね。

さて我がカープの先発の長谷川は開幕ローテへの大きなチャンスを掴みました。
バットをへし折ること3回。ストライク先行で追い込んで厳しいコースで打って取る投球はベテランのような落ち着きが伝わってきます。
5回2安打1失点は立派です。間違いなく先発ローテに入ってくるでしょう。

打たれた松中の一発も失投ではありませんね。
すこし外へスライド気味でしたよね。初球もいい球だったので、あれを打つのはやっぱり松中です。素晴らしいです。

松中も斉藤もパ・リーグでよかったです(笑)


■広島4番新井が勝ち越し犠飛(ニッカン)

広島新井貴浩内野手(30)が、4番らしい仕事をした。6回に1-1と同点に追いつき、なお1死二、三塁のチャンスで中堅に大きな犠飛を放った。2-1とする勝ち越し打に「チャンスだったので、走者をかえすことを考えていた。最低限の仕事はできたと思う」と満足そうだった。

さて打線ですが、今日は東出のバントヒット1本でした。
5番嶋、6番栗原が・・・・全然ダメ。打てそうにないです。
特に栗原は投手が投げ出すまでのアドレスに落ち着きがありません。
スイングからも自信が伝わって来ません。この時点でプロじゃないす。
オープン戦1安打でしたら、他の選手も起用してチャンスを下さい、マーティー。

尾形を守りで試したいでしょうし、大須賀を1塁という起用もいいと思います。
まだ6、7番の結論は早いですよ、マーティー。

あと何気に前田も2三振と気になりましたが・・・背番号が「24」だったので、中身も河内だったのでしょう。河内が2三振なら仕方がないですね(笑)


■白浜、フェルナンデスの“女房役”を見事に務めた (スポニチ)

白浜がフェルナンデスの女房役を見事に務めた。先発マスクをかぶり、ナックルを緩急巧みに要求。「外国人の投手は投げたい球を持っている。好きなボールを投げてもらう環境をつくろうと心がけた」。試合前の入念な話し合いの成果をみせ、無失点投球を後押し。フェルナンデスも「相性が良かった。やりたいことを理解し合った」と満足げだった。白浜はバットでも5打数2安打と好調で、初の開幕1軍へアピールをみせている。


白濱の株がグングン伸びていますよね。今日は中東が捕手として大村の盗塁を刺しました。
外野だけでなく捕手枠の争奪戦も激化してきました。
倉と石原が当たり前のように1軍・・・ってわけにもいかなそうです。


■裏金受領は東ガス木村投手、もう1人は早大外野手(報知)

プロ野球西武のスカウトがアマチュア選手2人に金銭を供与していた裏金問題で、社会人野球の東京ガスは10日、同社野球部の木村雄太投手(21)=秋田・秋田経法大付高出=が金銭を受け取っていたことを明らかにした。西武は同投手に270万円を供与したと発表している。1025万円余りを供与されたのは早稲田大野手と分かり、この野手の父親も同日夜、神戸市の自宅で「奨学金のようなもの」との認識で現金を受領したことを認めた。


球界がまた揺れています。
木村雄太本人は「その当時は家が金銭的に苦しかったので、少しでも足しになればと思った。(西武に)入団する名目での親への振り込みだと理解した」
早稲田の野球部員は退部確定だわな。
木村のロッテと相思相愛って何だったのでしょうか?
西武に入る意志がないなら返金では?
木村の問題はこれだけで済むとは思いません。

素直にカープに入っていたら・・・あ、お金の問題ですか、あーそうですか、そうですか。
野球全般 | Comments(3) | Trackback(3)

バットを振る量が足りてないから

2007年03月09日
あー、今日は久しぶりの野球談義で大満足です。お腹一杯、食べてないのに(笑)

■フェルナンデスが好投(ニッカン)

広島ジャレッド・フェルナンデス投手(35=ブルワーズ)が久しぶりに好投を見せた。9日、広島市民球場で行われた社会人オール広島(選抜チーム)戦に先発。4回を投げて3安打無失点に封じた。2登板連続で3回3失点が続いていただけに、アマチュア相手とはいえひと安心。「今日はナックルがよく落ちた。しっかりストライクをとることがテーマだったが、テンポよく投げられたよ」と話していた。

あららら、ナクシーまで調子を戻して来ましたね。上野も戻って来ますから、ますます1軍枠争奪が激しくなりますね。
アマチュアが相手でしたが、やはり結果を残さないと次のチャンスはありませんからね。
赤いハンカチ王子は厳しかったようですし・・・ナクシーさん次ですよ、次!次が大事です。「フェルナンデスを除いた防御率は0・69」なんて報道は悔しいじゃないですか!



■宮崎、追試合格!実戦最長4回1失点(ニッカン)

前回とは別人だった。2日の紅白戦では、白浜に2ランを浴びるなど、2回に集中打をくらい5失点、3回にも1点を失い、合計6失点と散々だった。試合後「単調になってしまった」と反省していたが、この日は低めにボールを集め、ランナーを背負っても要所を締めた。3回、1点を失った後の2死二塁のピンチでも、冷静に前田智を一ゴロに打ち取った。「前回(の紅白戦)は球が高めに浮いた。今日は低めに集められた。打たれながらも抑えられた。ひとつの自信にしていきたい」とクールな右腕は表情を変えずに話した。

宮崎がここで146kmを出してきましたか。先日のOP戦で見たときは「単調かな」という印象がありましたが、これだけスピードが出てきたらあとはフォームを固めるだけ。
これで宮崎の先発ローテもありえますよね・・・長谷川か宮崎か、それとも小山田か。
最後はすごい個人的希望ですけど。ナクシーさんは中継ぎかな、と思っています。



■緒方が志願の特打(ニッカン)

広島緒方が志願の特打を行った。紅白戦終了後、約20分間、黙々とバットを振った。「打ち込んだことで左のワキが甘かったのを修正したかった。残って特打したのは、バットを振る量が足りてないから」。オープン戦の打率は2割5分。8日は無安打だった。プロ21年目のベテランが、あと3週間で調子を上げていく。

21年の大ベテランは自分に甘えません。
若手選手が彼に憧れるのは自然です。引退をかけて今年1年挑む緒方ですが、まだまだ簡単にレギュラーは渡さないと思います。
今年も球場に行ったら必ず緒方に声をかけたいと思います。

「緒方ぁ!今日もお前の守備を見に来たぞ!今日も頼むぞ!」
野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)

「いけるか?」「もちろんです」

2007年03月08日
今日の紅白戦で東出が2-2で1打点とか。どうなってる!?

■青木高、光る制球力 教育L阪神戦で3回無失点(中国新聞)

結果以上に、内容にも見るべきものがあった。これまでの紅白戦などで単調になりがちだった投球リズムを反省。一球ごとに間合いの長さを変えた。「相手がじれるのが分かった」と、打者の顔色をうかがった。三回にはセットポジションで制止せず、ボークと判定されたが、「あえて速いテンポで投げた」。プロでのボークの基準を試した結果だったという。

すごい・・新人とは思えない心理戦。
ストライク先行はやっぱり大事ですね。守っているほうもリズムが狂いません。
いま黒田・大竹・佐々岡を先発当確としたら、のこり3枠。ここに二人サウスポーが欲しいですね。青木は記事を読む限りですが、可能性高いと思います。
今度は1軍のオープン戦を楽しみにしています。関東4戦のどれかには投げて来るでしょうから、楽しみにしています。
もちろん4戦全部行きます。


■甲斐、教育リーグで代打復帰(ニッカン)

昨年9月に右ひざのじん帯を部分断裂した広島甲斐雅人内野手(24)が、試合復帰を飾った。教育リーグの阪神戦で9回に代打で登場。一邪飛に終わったが「思ったより実戦感覚を失っていなかった。開幕もいけそうな気がします」と明るく話した。3日前に痛みが出て、2日間静養した。そのため、7日は出場予定がなかったがベンチ横で素振りをしていると山崎2軍監督から「いけるか?」と聞かれ「もちろんです」と答えた。今は打撃練習も守備練習も通常通り行っている。スライディングなど細かい練習をこなせれば、本格復帰が見えてくる。

来ましたか!甲斐くん、ちょっとこのところ怪我でついていませんね。
力強く「もちろんです」。大丈夫でしょう。
そして「開幕」は1軍でお待ちしていますよ!


■鈴木、2年越しプロ初安打(ニッカン)

広島の昨年の高校生ドラフト1巡目、鈴木将光外野手(19)が2年越しのプロ初安打を放った。7日の教育リーグ、阪神戦(由宇)に「9番中堅」で先発。2回の第1打席で右腕玉置から右前に運んだ。「詰まり気味だったけど、すごくうれしい。試合間隔も1年くらい空いていたので…」と笑顔がはじけた。

鈴木おめでとう!嬉しいでしょうねぇ。よくここまで回復しましたね。
あまりいい噂も聞かなかったしね・・・まだ若い、これからです。
ガンガン打ってカープ外野陣争いに加わって来て下さい!
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

先発、サバイバル~♪

2007年03月07日
あー、報道ステーション見れませんでした(泣)

■OP戦4試合で打率.636も「まだまだ」(サンスポ)

昨季、二塁のレギュラーに定着した東出のバットが好調だ。この日の2安打は、いずれも追い込まれてから逆方向の左前にしぶとくはじき返した。オープン戦4試合で計7安打、打率.636。今季の目標である打率3割に向けて「いいスイングの軌道ができているが、まだまだやることはある」と口元を引き締めた。

この時期に好調だと「本番で大丈夫?」という心配もあるのですが、レギュラーを約束されている東出でも若手に隙は見せたくないでしょうからね。必死だと思います。
本当に昨年1年で変わったなぁ、東出・・・


■高橋&長谷川、ローテ候補が“無失点競演”(スポニチ)

先発サバイバルだ!先発の高橋と2番手・長谷川の先発ローテーション候補2人が無失点投球で競演。ブラウン監督は「いい悩みですね」と満足げな表情を浮かべた。
 オープン戦初登板となる高橋が2回で1安打無失点。「どんどんストライクで攻める有利な投球を心がけた」と話せば、3回を2安打無失点に抑えた長谷川も「低めを意識して狙い通りにいった。去年中継ぎで結果を出せたのが自信になった」と手応えを見せた。

この記事の続きですが、先発は黒田・大竹・佐々岡の他の3つの枠を8人で争うと報道しています。
宮崎は落ちるボールが課題ですが、やはり可能性は高いと思います。
あと斉藤、青木高、大島、高橋建のサウスポーから2名じゃないでしょうかね。
開幕時から先発に左投手がいるなんて(なんて低レベルなお話なんだ)
開幕の阪神との3戦目でサウスポー来るんじゃない?!
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

今季は振りかぶって投げている

2007年03月06日
今日試合があることを忘れていました。 orz

■広島投手奮闘、20イニング連続無失点(ニッカン)

広島が2試合連続の完封勝ちを収めた。先発高橋から長谷川、佐竹、林、広池、梅津とつないだ。これで計20イニング連続無失点と投手陣の奮闘が光る。3回1安打無失点と好投した長谷川は「今日は狙ってゴロをとりにいけた。去年、中継ぎで結果を残したことが自信になっている」と胸を張った。初回の新井の先制打による“スミ1”を守り切った。

えっと、貧打線?見てないからわかんないや。
讀賣さんは調子悪いですね。これで4連敗。
数日前に原がかなり怒っていたニュースを見ましたが・・・
どうぞ目を覚まさないでね(笑)

今日のカープは6安打。梵、東出×2、新井、緒方、井生。
初回4番のタイムリー。あとは建、長谷川、佐竹、林、広池、梅津のリレーで完封。20イニング連続無失点?投手おうk(ry
慎重慎重・・。


■フェルナンデス「異例」のオープン戦全試合に帯同(スポニチ)

新外国人右腕フェルナンデス(ブルワーズ)がきょう6日の巨人戦(宇部)以降、登板の予定にかかわらずオープン戦全試合に帯同する意向を示した。外国人の先発候補としては異例だが「同じリーグの打者を見て、ノートに気付いた点を書き留めていきたい」と意欲的だ。すでに中日の試合をビデオ観戦し、背番号で特徴をメモ。「途中で背番号が変わったらお手上げだね」とおどけていた。

あははは、またナクシーは笑わしてくれますね。明るい性格なのかなー。
あまり成績は上がってこないけど、自分の力を信じて真面目に取り込んでいる姿は想像できますね。ファンからはダメ出しがもう出てきていますが、頑張っている選手を応援しなくてどうするのよ!どうよ、カープファン諸君!


■大竹、制球重視の新スタイルスライダー好感触(中国新聞)

力みを消し、制球を重視した。右打者へはシュート、左打者へは今春のキャンプで覚えた曲がりの小さいスライダーを決め球に使った。リズムの良い投球で、開幕オーダーに近い紅組攻撃陣を倉義和捕手の1安打に封じた。「内角を意識して投げた。スライダーは何球かいい球があった」。計算通りの内容に、手応えを口にした。
 変わったのは投球スタイルだけではない。昨季は走者がいなくてもセットポジションで投げたが、今季は振りかぶって投げている。熱心に応援してくれる親せきの方から提案があったという。フォームのリズムやテンポなど、「多少(セットポジションとは)違う面も出てくるが、今日は良かった」。

いやー、何気ないニュースのように見えますが・・・「今季は振りかぶって投げている」←ここ、ここですよ。大竹が振りかぶって投げる!こりゃあ嬉しいね。
セットにしたって大したコントロールが無ければ、振りかぶってストレートを見せ球ぐらいの気持ちで力強く投げ込めばいいんですよ。全部見せ球では困りますがw

あー、今年のカープは楽しみがイッパイだね!
野球全般 | Comments(2) | Trackback(4)

8投手の継投で楽天に完封勝ち

2007年03月05日
いつもみなさんコメントありがとうございます。
必ず返信はさせていただきます。どんどんお書き込み下さい。アラシは要りませんけど(笑)

■広島が8投手の継投で楽天に完封勝ち(ニッカン)

広島が8投手の継投で楽天打線を完封した。先発して2回を投げたエース黒田に引っ張られるように、斉藤ら若手もベテランも最後まで粘りの投球を見せた。ブラウン監督は「連投した横山を含めて、リリーフ陣の登板は予定通り。黒田は(手術した)右ひじも問題なさそうだし、内容もよかった」と満足そうだった。


今日は柏でジュビロの開幕戦があったので、13時からのネット中継が見れない・・・ところだったのですが、待ち合わせが「柏駅に15時」だったので、13時に柏に行ってまんが喫茶に飛び込みました(笑)

ネットに必要なインストールを完了させたとき、丁度1回の表を抑えてベンチに戻る黒田の姿が目の前に飛び込んで来ました。
どうやら1アウト1,3塁のピンチをショートゴロゲッツーでピンチを切り抜けたようですね。あとでハイライトを見たら梵の軽快なフィールディングでした。東出との息もピッタリですね。

その梵ですが、いきなり先頭打者でセンターバックスクリーンへホームランです。
しかも2打席目も完璧なレフトスタンドへの一発。
元々社会人時代にも都市対抗で東京ドーム左中間にブチ込むパンチ力はありましたからね。
今年はバットを長く持つのでしょうか。この一発はグリップから少しだけ余らせていただけでした。8番打者が塁に出て2アウトでもイヤーなバッターになりそうですね。
これまで以上にマーティーが「8番捕手」に打撃力を求めるかも。

今日の倉はボールが見えていない空振り三振でしたね。
その後に白濱が出てきましたが、本当にたくましいカラダになっていました。
驚きましたよ。いままで見た白濱は線が細くて正直「どこを期待したらいいのだろう?」と思いましたからね。捕手としての能力をクリア出来たら今年はチャンスが多くなりそうですね。

さて少し回を追って見ます。残念ながらまーくんは見れなかったのです。

<1 回 裏>
梵のHRと嶋のタイムリーで昨日に続いて初回に3点を取りました。
初球を見逃さないで嶋がセカンド頭を超えた打球!永井の立ち上がりが悪かっただけに初球打ちは正解でしょう。
しかしあとで1アウト3塁ですくうような打ち方はいただけなかったですね。
ケースバッティングをよろしく嶋。

<3 回 表>
黒田が2回を抑えてこの回からは、昨年10月1日に初勝利をおさめた斎藤です。
草野を外角球で三振、嶋には四球、そしてリックをサードゴロゲッツー。
このリックへの配球が素晴らしかったですね。外角へスライダーでボール。
本来は外から入る球でストライクを取りたいそうですが、ここは外国人ですので高めの場合はボールでいいでしょう。その後に落ち着いてスライダーでストライク。そして高めストレートでファール。ここまで追い込むのがなかなか若手には出来ませんからね。リズムもよく今後の投球が楽しみに思う内容でした。次回は3イニングぐらい見たいですね。

<4 回 表>
この回からルーキーの前田健太が初登板です。
先頭の高須には高目のストレートをセンター前ヒット。
鉄平はサードへ強烈な打球を打ちますが、新井が横っ飛び!でセカンドフォースアウト!
フェルナンデスへは徹底した内角攻撃。四球になりますが、全てストレート!
その後はウィットをセンターフライ、礒部をセカンドゴロで打ち取りました。
この1イニングだけでしたが、彼の持ち味と課題は十分詰まっていた1イニングでしたね。
PLの先輩桑田のような縦に割れるカーブでストライクが取れません。
あのスピードで明らかなボールとなると打者を追い込めません。これではストレートに的を絞られて痛打されてしまいます。
その後のインタビューでも感じましたが、度胸満点です。この性格をボールに乗り移すことが出来たら彼は将来のエースの可能性がありますね。楽しみなピッチャーです。

<4 回 裏>
2アウトからですが、白濱がうまいレフト前を打ちましたね。
誰かに雰囲気が似ているなぁ・・・あ、ちょっとジョーっぽかったぞ。
その後はパスボールで2塁に行って、梵が今度は左中間へタイムリー2塁打!
本人は2本のHRよりもこの1点を高い自己評価をしていました。

<6 回 裏>
ここでは”ダブルオガタ”が出塁をして、大須賀が左中間へ2塁打!
何で讀賣さんが手放したのかわかんない。すごいセンスのいい選手じゃないですか。
バッティングも構えがいいんですよ。カッコいいです。
ショートもセカンドも守れる内野のユーティリティー選手ですので、高明も1軍ベンチが約束ってわけにはいかなくなってきました。いい悩みが出来ましたね、マーティー。

試合は6-0で勝ったのですが、私がネット中継を見ることが出来たのはここまででした。

相手の永井が調子悪かっただけに大味な試合になりそうでしたが、変化球主体のピッチングに変えて来たらカープ打線が空を切るシーンが多かったですね。
主力級の投手を打ってこそ今年のカープの力が見えてくるでしょうね。

次は6日(火)の宇部での讀賣戦ですね。誰が先発するのかな?大竹かな?
野球全般 | Comments(3) | Trackback(7)

尾形、人生初のサヨナラアーチ

2007年03月04日
やはりこの人は何かをもっているのでしょうか。

■尾形“サヨナラ弾”開幕1軍へ猛烈アピール(スポニチ)

開幕1軍入りへ強烈デモ-。広島の尾形佳紀内野手(28)が3日、楽天とのオープン戦(福山)で人生初のサヨナラアーチを放った。第1打席も強烈なライナーの右前打を放ち、オープン戦2試合で3打数3安打。走塁、守備でも軽快な動きを披露し、2年前の右ひざ前十字じん帯断裂からの完全復活をアピールした。

人生初だったんですね。完全復活じゃないの、これは!(喜)
しかし日本のテレビ局は終わっているんじゃないの?
この超素晴らしいHR(見てないけど)をどこも映像で流しません。“o( ̄‐ ̄*) プルプル
1年半も戦線から離れたら過去の人ですか?

(#ノ゚Д゚)ノ ・゚・┻┻゚・:.。o
(#ノ゚Д゚)ノ ・゚・┻┻゚・:.。o
(#ノ゚Д゚)ノ ・゚・┻┻゚・:.。o

今後全国のカープファンの家のちゃぶ台がこれ以上壊れないことを願います。



■広島先発佐々岡、初実戦で2回無失点(ニッカン)

広島先発の佐々岡が2回無失点と好投した。紅白戦も含めて今年初めての実戦だったが制球、リズムともよく、テキサス安打1本に封じた。「今日は内容よりとにかくフォームをチェックすることを考えていた。全部の球種を投げられたし、よかったよ」と満足げ。“ぶっつけ本番”でベテランらしい落ち着いた投球を見せた。

佐々岡はこの数年でガラっと印象が代わりましたね。
「力衰えたなぁ、引退もあるのかなぁ」って思っていませんでしたか?
昨年も唯一ローテーションを守って、今年も順調な仕上がり。立派ですねぇ。
若手がもっと自己主張しないと!自分を奮い立たせるようなビッグマウスも出てきて欲しいね。



■岡上が右ひじ手術(ニッカン)

広島は3日、岡上和典内野手(28)が1日に群馬県館林市の病院で、内視鏡による右ひじの手術を受けたと発表した。手術名は「骨棘(こつきょく)切除」と「滑膜ヒダ切除」。右ひじ痛を訴え、日南キャンプを途中で離れていた。今後は1週間ギプスで固定し、その後リハビリに移る。

どのくらいの日数がかかるのでしょうね。マーティーが「大きな怪我もなく・・」と表現していたので、復帰まで1年を要するような怪我ではないだろうと思っています。
昨年岩瀬から打った三塁打で見せてくれたサラブレッドのような足を、また皆楽しみに待っているからね!
待っていますよ、ガミ!
野球全般 | Comments(10) | Trackback(6)

今年は何だかいつもより

2007年03月03日
控えの選手も虎視眈々。

■白浜特大アーチ「常に打てるようアピールしたい」(スポニチ)

2003年のドラフト1巡目捕手・白浜が紅白戦で特大アーチを放った。2回1死三塁で宮崎の初球、高め直球を左翼席中段へ。オフに体重を4キロアップさせた、阪神・金本、新井らが通うジム・アスリートでの筋力トレの成果を披露した。「今年一番じゃないですか。新井さんには“アスリートパワーだな”と言われました。きょうだけじゃなく、常に打てるようアピールしたい」と白い歯を輝かせた。

昨年由宇と名古屋で彼を見たときに「清原にタックルされたら吹っ飛びそうだなぁ」という印象でした。
昨日の紅白戦のHRは全ての新聞で「特大」と表現しています。どこまで飛んだのでしょうね。これまで打撃を課題にして彼ですから、かなり練習した成果ではないかと思います。筋力UPした白濱の打撃を見るのを楽しみにしています。



■G滝鼻オーナーが広島球場を訪問(報知新聞)

巨人・滝鼻卓雄オーナー(67)が2日、広島球場を訪問した。「新聞の仕事で広島に来て、会わないというのも」と、広島・松田元オーナー(56)を表敬訪問。グラウンドで約1時間会談し、話題は2009年完成予定の新球場にも及んだ。
 新球場が屋外天然芝のグラウンドであることを聞いて、賛同の意を示した滝鼻オーナー。「新球場をどうするか、オーナーの希望など聞かせてもらいました。まだ、最終的な結論は出ていないようですね」と会談の内容を明かした。一方、巨人の本拠地、東京ドームについては「もう(開場から)20年ですから、古い球場なんです。プレーヤーにも負担になることは間違いないですから」と話した。

そんな大きなニュースじゃないけど、いいニュースだと思います。
もっとオーナー同士が交流して、どんな話をしたのか報道して欲しいものです。
そこに野球界の未来を感じるからです。
そしてそこにファンが意見を出していく・・・マスコミにその仲立ちをしていただければ、もっと魅力のある日本野球になると信じています。



■実に7年ぶりくらい(星の部屋)

今日は広島との練習試合でした!出場はなかったんですが、久しぶりの対外試合、いよいよだなって感じがしました!
それに、久しぶりの再会も!
ジャイアンツから広島に行った選手とか後輩とか☆
山田さん、大須賀さんと久しぶりに会いましたし、なんと言っても、高校の2つしたの後輩でもあります、今は育成選手として広島に在籍している中谷翼選手と、高校卒業以来、実に7年ぶりくらいですかね☆
頑張って欲しいと思います!!

そっか、星くんは翼くんと同じ仙台育英高校でしたね。
旧友とこうやって再会する様子なんてなかなか聞けないですよね。星くんのブログは私は大好きでよく読んでいます。選手の顔出しとか平気でやっちゃっているところがすごい貴重なんです。



■何だかいつもより(黒田博樹オフィシャルサイト)

今年は何だかいつもより、マスコミの方とキャンプを観に来られるお客さんが多いような気がします。

それはあなたのせいだと思いますよ(笑)
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

マエケン 3・4本拠地プロデビュー

2007年03月02日
さぁオープン戦が続くぞ!

■マエケン 3・4本拠地プロデビュー(デイリー)

前田健が4日の楽天とのオープン戦で“プロデビュー”することになった。キャンプ中に2度も実戦形式での練習が雨で流れており、いきなり初の対外試合登板となるが、負けん気の強さは変わらない。
 「どんどんいきたい。真っすぐとカーブがどれだけ通用するか試してみたい。しっかりやるだけです」。将来のエース候補らしく、前を見据えて意気込みを話した。

どうやらマーティーは1軍でいい投手を間近で見させることも狙いのようですね。
この日は黒田も投げる予定ですので、なかなか美味しい試合になりそうです。
私は残念ながらJリーグ開幕で予定が入っているので広島には行けません。
どうぞお時間のある方は市民球場へ!
・・・マエケンはマーくんにライバル心メラメラですが、マーくん投げないでしょうかね?
そういう空気が流れると決まって逆らう監督だからなぁ・・・期待薄。


■梵が紅白戦で本拠地1号(ニッカン)

広島梵英心内野手(26)が2日、今年の広島市民球場「第1号」を放った。紅白戦の3回、日産自動車の後輩のルーキー青木高広(25)から右翼席に打ち込んだ。調整段階でバットを長く持っていることもあり、逆方向でも打球がよく伸びた。普段からかわいがっている後輩を打ったことについては「打った方が本人のためにもいいでしょう(笑い)」と貫録を見せていた。

青木のインタビューが聞きたかったね(笑)
梵も一度休んでから話題が無かったので、今日のニュースは安心しました。
パンチ力があるバッターなので、8番中東が実現したらものすごい打線になりますね。
いまんとこ「ねーだろ」と思っていますけどね。


■人気回復へ、MLBに譲歩(毎日新聞)

プロ野球が国際化に本腰を入れる端緒は、昨年の再編騒動にあった。「日の丸を背負えばファンが熱狂し、人気回復をもたらす」との発想だ。「もう1組の合併」発言が飛び出した7月のオーナー会議を受け、同26日の実行委員会では1リーグ制を想定し日本シリーズの代替案が協議された。国際化は1リーグ化と抱き合わせで論じられていた。

プロ野球が低迷?そうかなぁ。私は讀賣の人気が低迷しただけと思うのですが・・・
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

なぜあれで育成選手なのか

2007年03月01日
チョロQ戦士は間に合わないか・・・

■ダグラス“長期離脱”来日5月中旬にずれる(スポニチ)

右ヒジ故障でキャンプ参加を見送った広島ショーン・ダグラス投手(27)の来日が5月中旬にずれ込むことが2月28日、濃厚になった。26日にロサンゼルスの病院で右ひじ検査を受け、4週間後に最終検査が必要で、それまでノースローでリハビリに専念することが決定。シーズン開幕はもちろん交流戦開幕(5月22日)にも間に合わない可能性が出てきた。

外国人選手は帰国してしまうので、怪我が悪化しても状況がわからないですよね。
このリスクはわかってはいるけど、外国人枠を考えるとマーティーあいタタタタ。
皆に疲れが出てくる夏場に帰ってくることを願うしかないですね。ここはポジティブにいきましょう。


■育成中谷、背番「56」支配下選手契約に“昇格”(スポニチ)

中谷は四国リーグ・愛媛から一昨年に入団。腰痛で相次ぐ昇格チャンスを逃したが今キャンプで元気な姿をアピールした。18日の紅白戦では高橋から左越え二塁打。前田智が「なぜあれで育成選手なのか」と話す高い打撃センスを球団とブラウン監督が評価した。
 「梵さん、東出さんとのレギュラー争いに入っていきたい」。今後は6日からの教育リーグに出場する予定。球団初の昇格を果たした中谷の次なる目標は1軍舞台に立つことだ。

石毛さんも西田さんも喜んでいるでしょうね。元々彼は古田にもいい評価をもらっていましたよね。
そして前田のこの評価はゾクゾクって来ましたよ。
守備もなかなかのセンスと聞いていますので、実戦でどんどん試して下さいよ、マーティー!


■日本ハム:今年も「超満員大作戦」 地元開幕戦で第1弾(毎日新聞)

日本ハムは27日、観客増を狙い、「超満員大作戦」と銘打ったイベントを今年も実施すると発表した。地元開幕戦となる3月30日の西武戦(札幌ドーム)を第1弾と位置付け、ウエルカムイベントの実施、限定デザインのチケット発売などで盛り上げ、満員の観客動員を狙う。入場券は3日に発売される。
 昨年、札幌ドームで「超満員大作戦」を実施した試合は4戦4勝。来場者が4万人を超えた試合は13戦12勝の好成績を収め、熱狂的な応援がチームの日本一奪取につながった。スター選手の新庄や小笠原が抜けた今年も、さまざまなイベントやプレゼントを実施して観客動員を図り、チームを後押しする計画だ。


昨年交流戦で札幌に行ったときにこのチケットについては思いましたねぇ、「カープもこんな風にチケットに選手の写真を入れたら半券もいいお土産になるのになぁ」
何よりこの4万人を超えたら13試合で12勝というのがすごいじゃないですか。
やっぱり選手はたくさんのお客さんの前でプレイしてこそ磨かれるのでしょうね。
期待されてイヤな気持ちになる選手はいないでしょうからね。
今年は出来るだけ費用を工面して、市民球場に行こうと思います。
野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。