スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

自分のスイングをすると決めていた

2007年06月30日
ありがとう、うなぎいぬ・・今日は助かった。

■広島8-6讀賣(TBSエキサイトBB)

広島が連敗を2で止め最下位転落を免れた。広島は1回、栗原・新井の連続タイムリー2ベースで2点を先制。1点を追う6回には、1死満塁から代打・前田智徳の押し出し四球で同点、梵の2点タイムリーで勝ち越し、さらに栗原のタイムリーで2点を追加した。先発・黒田は6回を6安打4失点で8勝目、永川が1ヶ月ぶりの13セーブ目を挙げた。巨人は6回に高橋由伸18号ソロ・球団通算8500号となる小笠原18号ソロ・二岡9号2ランで一時逆転、9回に1点を返すが及ばず。先発・GGは5回1/3を投げ5失点で来日初黒星なった。

3-0で勝てる・・と思った展開だったのですが、解説の達川さんの嫌な予感が的中ですよ。
「何かが起きるとしたらこの6回ですね」
起きちゃいましたね。ヨシノブ、小笠原、二岡の一発で逆転。黒田が1イニング3つの被本塁打ってこの数年では記憶がありません。
イ・スンヨプを三振にとったときにトレーナーが出てきたのですが・・・
続投。肘に何か違和感があったのでしょうか?勝ったもののここでエース黒田の離脱は痛いですからね。心配です。


■広島3連打で2点を先制(ニッカン)

広島が初回に2点を先制した。1死から東出が中前打で出塁。続く栗原、新井が連続適時二塁打で巨人先発GGの出ばなをくじいた。エンドランを先制打とした栗原は「今日はストライクゾーンの球が来たら自分のスイングをすると決めていた。そういう気持ちがあったから強い打球を打ち返すことができた」と胸を張った。

一度は逆転をされたものの、やはりこの先制でゲームを進めたことが結果として勝利に結びついたと思います。
讀賣に複数点を取られて試合を優位に運ばれると、昨晩と同じような結果になる確率が高いでしょう。
今日は梵、東出の1,2番でしたが、やはりいかにこの2人を固定出来るかがカープ浮上のキーになると思います。
今日のようなスライダーにキレのある投手でしたら梵が厳しくても東出が塁に出る。
この形を固定出来たらスコアリングポジションにランナーを置いてクリンナップに”お仕事”を待つだけです。
夏場になったら栗原、新井、嶋は大暴れしてくれると信じています。
その前にランナーを・・・今日決勝打を打った梵には特に期待しています。


■木元が“劇的”オリックスデビュー(デイリー)

何が何だか分からないまま、でっかい仕事をやってのけた。入団会見の日にお立ち台という劇的デビュー。しかも、打った相手は古巣日本ハムのエース・ダルビッシュ。一躍、ニューヒーローとなったオリックス・木元は「まだ実感ないけど、ホッとしています」と照れ笑いを浮かべた。
京都出身の生粋の関西人。実は、小学校の卒業文集には『オリックスの選手になりたい』と書いたほど。トレード加入ですぐさまダルビッシュ撃破につながる一打に「いいスタートを切れた」と木元。昨オフのトレード失敗による宮内オーナーの怒りが静まる日も、近いかもしれない。

へー、オリックスとはそんな縁もあったんですね。
しかもデビューは古巣ハム戦。因縁というより何かそういった星の下にいたのかも知れませんね。大阪・神戸で輝いて下さい、木元選手!これからも応援しています。
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(2)

今はプレーオフに行くことしか考えていない

2007年06月30日
あぁ借金14個

■広島6-12讀賣(TBSエキサイトBB)

巨人が17安打、今季7度目の2桁得点で広島戦3連勝、2位中日と4ゲーム差とした。巨人は4回、阿部の17号3ランで3点を先制。5回2死後、高橋由伸からの6連打で4点を追加、3点差で迎えた8回には谷の2点タイムリー2ベース、阿部の18号2ランで加点、阿部は6打点でウッズに次ぎリーグ2位の53打点。先発金刃は、広島戦無傷の3連勝でルーキートップの6勝目。広島は、先発フェルナンデスが4回2/3失点7で4連敗で6敗目、今季8度目の2桁失点で借金最多の14、リーグ最速の40敗で最下位ヤクルトとゲーム差なし。

ダイジェストをニュースで見ました。
うーん、勝てませんね。なぜにフェルナンデス?←文句はないけど。黒田じゃないの?
黒田はデイゲームじゃないと投げないのか?なんか巨人の星の大リーグボール2号でそんな話があったよね?黒田のカットボールはデイゲームじゃないと投げれないとか?!←考え過ぎ
ちょっとウナギイヌに打たれすぎですね。2ホーマーはいただけません。
やはり讀賣を相手となるとかわすピッチングでは勝ち目が少ないですね。

うーん、セ・リーグとの対戦に戻りましたが、3試合は多過ぎる!(w

負けけど3点差までよく追いつきました。廣瀬がナイスホームラン!
明日は勝つぞ、カープ!


■広島新井、現時点では残留(ニッカン)

順調なら8月中にFA権を取得する広島新井はシーズン前から「FAなんて考えたこともない。今はプレーオフに行くことしか考えていない」と繰り返してきた。ここ2年は本塁打王、100打点と4番として安定した成績を残し、球界でも屈指の存在になった。だが現時点では残留の可能性が高そう。「広島で生まれ育ち、カープに育ててもらった。このチームで優勝したい気持ちは強い」と語っている。

このFAについて本人に聞いたことがあるのですが(笑)。
いろんな意味で新井は広島から出してはいけません!
メジャーなんてとんでもないです。
「過去ホームラン王になった男」なんてフレーズをつけられたらプレッシャーでつぶれてしまいます!新井はカープの宝です。絶対残留!


■木元と清水が入団会見(スポニチ)

日本ハムから交換トレードでオリックスに移籍した木元邦之内野手と清水章夫投手が29日、京セラドーム大阪で入団会見を行った。
木元は「長打を左右に打てるところがセールスポイントだと思っているので、本塁打や二塁打、三塁打を打って活躍したい」とアピールした。中継ぎ左腕として期待される清水は「与えられたところで投げないといけないので、しっかりやっていく」と話した。背番号は木元が12、清水が42。

そして木元はいきなりの活躍です。ハム先発のダルビッシュから逆転のきっかけとなるレフトへヒット。それまでは内野安打1つで抑えられていましたから、この木元のヒットが大きかったですね。
明日はスタメンかな?!
どこのニュースを見ても・・・さっぱり出てこない。テレ東だけでしたね。
ハムでの木元が大好きでした。移籍を聞いてショックでした。
でもオリックスのユニフォームを着ていきなりの活躍。しかも似合っている!
ビジターユニを1着発注しました。もち「KIMOTO 12」です。
野球全般 | Comments(0) | Trackback(3)

2軍戦とは思えないほどのアレックス・コール

2007年06月28日
さてセ・リーグとの対戦に戻ります。

■アレックス 3タコでも自信タップリ(デイリー)

広島のアレックス・オチョア外野手(35)が27日、ウエスタン・中日戦(ナゴヤ)に「1番・センター」で出場。3打数無安打1四球と結果を残せなかった。しかし、中日に4年在籍した人気者は、ファンから多くの声援と拍手を浴びてプレーした。7月3日からは中日3連戦。「それまでに準備はできると思う」と1軍の舞台での活躍を誓った。
赤い帽子をかぶっても人気に陰りはなかった。初回に打席へ向かうときだった。場内から、2軍戦とは思えないほどのアレックス・コールが起こった。打席に入ってもやむことはなかった。

ドラゴンズファンのみなさん、ありがとうございます(泣)
本当に愛されていたんだなぁってこの記事で改めて感じました。
この声援と拍手はオチョアにとって忘れることは出来ないでしょう。
是非ドラゴンズ戦で活躍してね(笑)

急な結果は求めません。実戦に慣れたときに彼の活躍がカープの流れを呼び戻してくれると期待しています。遠慮なくチームを牽引していっていただいても構いません(笑)
いまカープにはスタメンを発表しただけで相手に警戒させることが出来ません。
それだけ選手の調子が悪いこともあるのですが、やはり外国人選手はどんなにスランプでもここ一番の場面でプレッシャーを感じないで打席に立つことが出来ます。
昨年の東京カープ会の高橋慶彦氏の言葉を思い出しました。


■斉藤“炎上10失点”6敗目 ウエスタン中日戦(スポニチ)

<中日13-4広島>斉藤がウエスタン中日戦で4回10失点と炎上、リーグワーストタイの6敗目を喫した。初回いきなり中村紀に2ランを被弾。3回には連打で無死二、三塁とされ、森岡の中前打を中堅が後逸し2点三塁打とされるなど、守備のミスが絡み一挙5失点。4回にも再び中村紀に2点二塁打を浴びた。1軍級の打者相手とはいえ、苦しい投球が続いている。

斉藤は昨年の10月1日に東京ドームで華々しいデビューを飾りましたが、年が明けたらフォームを固めることが出来ず今に至る・・。
このところ結果だけを見ても大きな失点が目立ちます。
いまの2軍の先発では前田健太しか結果を残していないのですが・・・
大島、小島、斉藤、そして河内・・・左の先発候補がここで足踏みは寂しいですね。
それにしても2軍はチーム成績が5位(最下位)。しかも借金を全部背負い込んでいる。
こんな環境で「勝つ」ことにどん欲になれるでしょうか。3塁コーチで疑問視された山崎監督ですが今回もあまりいい評判は聞こえてきません。
まずは結果を残して下さい。
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

このままでは終われない

2007年06月27日
この予備日が消化したら・・・讀賣戦。いろんな意味で楽しみです。

■決起集会で一致団結!「このままでは終われない」(スポニチ)

ALL-INで巻き返す!広島ナインがきょう27日に広島市内の飲食店で決起集会を開くことが分かった。開幕直前に続く今年2度目で、シーズン中の実施は異例。選手会長・新井と黒田が話し合って先週球団に申し入れ、了承された。
「みんなで一つになってもう一度という気持ちでいきたい。終わったことはしょうがない。今からどう戦うかが重要」
新井は言葉に力を込めた。1軍選手はもちろんブラウン監督、コーチ、裏方まで全員が参加。1カ月で借金が13に膨らみ、意気消沈気味のチームの結束力を高めるのが目的だ。
「まだまだチャンスはあると思っている。これから。このままでは終われないし、終わるつもりもない」(新井)。シーズンはまだ78試合を残している。プレーオフ進出へ、一丸で再スタートを切る。

前田キャプテンは何をしちょる?
借金13なんてまだまだ。1つ1つ消化してまずは5割を目指して欲しいです。
個々の力は未熟ですが、総合力でチームの勝利に結びつけるそんなカープの野球が私は見たいです。まだまだ諦めていませんよ!


■ブラウン監督「残り全カード勝ち越せ!」(ニッカン)

巨・竜に勝ち越せ! 広島ブラウン監督は練習再開日の26日、選手との個人面談をスタートさせた。新井、栗原らに「全カード勝ち越すつもりで戦え」と熱弁した。クライマックスシリーズ(CS)の第1ステージは3試合制。1カードをCSに見立てて戦っていく。セ・リーグ再開後はいきなり巨人、中日とプレーオフ進出が有力な強豪と激突。背水の陣でカード勝ち越しをもぎ取る。

いいねー、いいねー、いいねー、もう一つ、いいねー!
監督が全然諦めていない。プレイオフに出るんだ!と指揮官が叫び続けていたら、選手はきっと結果を残してくれます。そう、2勝1敗ペースでいいんです。ときには1勝2敗もあるでしょう。絶対に避けるのは3連敗のみです。
先発、中継ぎの整備をもう一度しっかりとすればGWのような連勝は出来ると思います。いや、絶対に出来ます。
いまの讀賣と中日に勝ちこすのは容易ではないでしょう。
個人成績を見てもそれは明らか。しかし試合はやらないと結果は出ません。
青木のまず1つの勝ち星、そして梵・東出の出塁力アップ。ここが実現したらカープに大きな波が来ると思います。
くれぐれもその波に飲み込まれないように・・・
野球全般 | Comments(0) | Trackback(2)

マーティー、続投

2007年06月26日
ハムの木元がオリックスへ・・。大ショックです。

■左ひざ痛める広島梵が全体練習に参加(ニッカン)

広島梵英心内野手が26日、全体練習に参加した。17日に左ひざを痛め、完治はしていないが、リーグ戦再開からの先発復帰を首脳陣にアピールしている。屋外でのフリー打撃も行い「まだ休みボケしている感じ。やっぱりベンチにいるとモヤモヤした気持ちになるし、1軍にいる限りは試合に出ないといけない、と常に思っている。足は問題ないです」と充実感を漂わせた。

今日横浜で「横浜vs日本ハム」戦を浜スタで観戦して来ました。
ハムの1番は森本、そして横浜の1番は仁志。
両チーム好調な成績を残しているのは、この先頭打者がしっかりと攻守の軸となっているのが大きな要因でしょう。
梵はどうでしょうか。2年目の壁はまだ打ち破れていませんね。
やはり「1番梵」をしっかりと固定することで、カープの成績も安定してくると思います。
いまの投手力を考えると「先行をいかに早くするか」。しかも「複数点を取るか」だと思います。(何度もこの日記で書いていますが)
この交流戦で5回まで0行進が実に9試合・・そりゃ5勝しか出来ませんわ・・・。
やはり梵、東出の出塁力でしょうね。この二人の活躍はイコールセンターラインの強固な守備です。いまカープに「勝ちのリズム」を作るならまずココの再生です。


■ブラウン監督「続投決定的」オーナー明言(スポニチ)

06年からの3年間が既定路線。松田オーナーは「最下位になってチームがぐちゃぐちゃにならなければ」と前置きした上で「結果より中身。苦しいかもしれないが道を見つけないといけない」と話した。

オーナー・・呑気過ぎますよ。すでにその域にリーチですよ。しっかりしてください。


今日はWWEのスーパースター、クリス・ベノアさんの死去のニュースでびっくりしました。新日でもペガサス・キッドとして活躍しました。
ダイナマイトキッドに憧れた、WWEで数少ないレスリングの出来るレスラーでした。
一昨年のエディに続いて哀しいニュースです・・・ご冥福をお祈りいたします。
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

それもありありでしょ

2007年06月25日
楽天の組織票がドカっと入りました。さて7月2日の結果が楽しみです。

■イヌワシろっかーるーむ(河北新報社)

中島俊哉外野手(1番で起用され、2試合連続の2安打)「フェルナンデスの球は相当動いていたが、遅かったのでよく見え、対応できました」

こんな若造さんに見極められちゃって大丈夫ですかぃ...


■新たな闘志「ナインよ下向くな」(スポニチ)

広島・ブラウン監督(あくまでもプラス思考で)学ぶことはたくさんあった。苦しんだ経験をプラスにして、もう起こらないようどうすればいいのか考えてほしい。

うん、そうです。まだシーズンは終わっていません。
シーズンが終わったときに「交流戦は苦しかったけど、あれがいい肥しになったよ」と言えればいいんです。


■横浜が新外国人ホワイトと契約へ(サンスポ)

この新助っ人は億万長者だという。数年前に購入した土地から、高価な建築用石材がザクザクと出てきた。推定総額24億ドル、日本円にして約2976億円のお宝を手中にしたが「人柄がよく、まじめな性格。換金もしていないし、その話題は好きじゃないみたい」(球界関係者)。
超セレブ助っ人はリーグ戦再開にあわせ、早ければ今月末にも来日する。

6億円のtotoが霞んでしまいます。お友達になれないかなぁ・・(笑)


■雨ニモマケズ(琢朗ブログ)

ところで、今日和田クン投げてましたね。ソフトバンクの。
しかも勝ってた。よね?  おめでとうざんす。
和田クンのHP遊びに行ったら、さっそく娘ネタ書いてましたね。
思わず書き込みしちゃおうかなとも思いましたが、
さすがにそこは遠慮させていただきました。
ここからも遊びに行ってくれたヒトいるみたいで。うん、いいことです。
この際、ベイファンも、若鷹ファンも、そして他のファンのひとも交流をしちゃいましょうよ。
それもありありでしょ。

このブログ感動したなぁ。
琢朗には色々注文をしたけど、やっぱこいつ好きだわ。
それもありありです!
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

5勝18敗1分のダントツ最下位

2007年06月24日
残念ですが、連勝出来ませんでした。悪夢の交流戦終了。
オールスターのファン投票も終了。

■広島1-8楽天(TBSエキサイトBB)

楽天が連敗を3で止め昨年より19試合早く球団史上最速で30勝到達。楽天は3回に高須の犠飛で同点とすると、4回に山崎武司の2試合連続27号ソロで勝ち越す。8回には代打・草野の3点タイムリー2ベースと高須のタイムリーで4点を追加。草野は9回にも3号2ランを放ち、5打点。先発・朝井は6回1/3被安打8、奪三振5、四球1、失点3、3連勝で4勝目。広島は1回に新井のタイムリーで1点を先制も10安打・10残塁で借金は13、交流戦は5勝18敗1分で最下位。先発フェルナンデスは5回2失点で3連敗で5敗目。

楽天だけが対戦勝ち越し出来るチャンスだったんですけどね。残念ながら2勝2敗。
チームも交流戦は連勝なしの5勝18敗1分のダントツ最下位。
これでセ・リーグ最下位じゃないのが奇跡です。
いま讀賣vs西武をTV観戦していますが、こんな打線とカープは戦うんですか?
8番ショートニ岡って何ですか?いつから守備の人になったの?
.264 で8本ですか。まぁカープなら(以下自粛)

内海と西口の(ほぼ)投げあい。
西口はフォームに躍動感があって腕の振りが速い。
これは打者は打ちにくいでしょうね。
そして内海は悪いながらも内角高めのストレートは決まっています。
これだけ高低を使えるとバッターも的は絞りにくいでしょうね。
ため息が出ちゃいます。カープは黒田以外にこれだけの球を投じる投手がいるでしょうか。
先日ホークスの練習を浜スタで見てきましたが、同じようにため息しか出ません。
なんであれだけスタンドに放り込む吉本が控えなんですか?

カープは戦力に関係なく大好きだけど、「勝ち続ける」という視点になると戦力不足はあきらかですね。
投手では黒田級とはいかないまでもローテを守れる投手が欲しいです。
青木(ペ)はローテにずっと入っていますから、彼がまず一つ勝つこと。
あと中継ぎに疲れが出てきています。結果も出ません。左投手も不足していますね。
佐竹と河内はどうした!?
小島・大島には先発を期待していますが、中継ぎの適応能力はないものでしょうか。

打では1番~5番の固定。多少相手投手に合わせて組み替えもいいのですが、1番梵、2番東出は辛抱強く使って欲しいです。ここが塁に出る形を作れないと序盤で1~2点すら取れません。あとは3番~5番は犠牲フライはもちろん、ランナーを1つでも進める、そして何よりホームにランナーを返すバッティングをして欲しいです。ただ球を強く叩いて、遠くに飛ばすだけが仕事ではないと思います。
泥臭く点を取る姿勢を持つことで相手投手にプレッシャーをかけることが出来ます。
どんなことをしても甘い球を投げさせて、それを打つ。そして点を取る。
投手が春先は頑張ったが打線が沈黙。いまは中継ぎが厳しくなったのだから、今度は打線がチームを盛り上げて欲しいです。
野球全般 | Comments(0) | Trackback(2)

黒田の今季4度目となる完投勝利

2007年06月23日
勝った。今月3勝目!(素直に喜んでおきます←当たり前)

■広島4-1楽天(TBSエキサイトBB)

広島が黒田の今季4度目となる完投勝利で連敗を6で止めた。広島は1点を追う6回、1死満塁から代打前田の押し出し死球で同点とすると、続く代打喜田のタイムリーで逆転。この回打者9人を送り4点を奪った。先発黒田は2回に1点を失うが、3回以降を3安打に抑え、被安打6、奪三振5の無四球完投で7勝目。4完投はリーグ最多。楽天は2回に山崎武司の26号ソロで26イニングぶりの得点を挙げるが、その後は加点できなかった。先発有銘は5回1/3、3失点で5敗目。楽天は今季5度目の3連敗で交流戦の負け越しが決まった。


今日は気づいたことを箇条書きしていきます。録画を再生→ON

・初回の新井。前からフォームに違和感があります。
好調だったときに比べて構えているときのバットのヘッドがピッチャーのほうに向きすぎではないでしょうか?振り後れて右への打球(とくにファール)が増える予感。

・嶋の3番を切望したけど、5番嶋もなかなかシックリきますね。
ただ左対策をしっかりしないとこの先またバランスを崩しそうです。カラダの開きが早すぎるのではないでしょうか。

・山崎は26号。あのシュートをレフトポール際に持っていきました。
本人も戻って来たとコメント。大したもんです。オジサンの星。
それにしてもホームランがあっても静かなものです。強いカープのときはいつも市民球場はこんな様子でした。

・中東の足が相手に脅威を与えるようになってきたか?
マーティーが辛抱強く起用出来るかだが・・・アレックスの加入でどうする?

・高明のショートは本当にもう怖いっす。梵、はよ戻って来て下さい。

・2回からの黒田は決していい内容とは思えません。4回の藤井のゲッツーは助かりました。前回の猛攻撃が頭をよぎった人も多かったのではないでしょうか。もしかしたら本人も・・・。この打席では粘られたものの配球にミスはなし。今年の黒田はムラっけがありますね。

・鉄平の返球。これはいい判断でしたね。こういったチャレンジをするプレイは気持ちがいいです。

・先日友人から「予選落ちした三菱ふそう川崎は主力が抜けたのがイタい」と。なるほど、渡辺正人はいい選手だ。

・5回の黒田はキレがありましたね。プッシュバントのカバーも早く、高須は三球三振。
ここからエンジンが順調に動き出したのかも知れません。

・達川が東出8番を疑問視していましたが、私もそう思いますね。
高明8番でいいかと。でも腰の具合を考えているのかも?・・・でも出ている限りは・・とも思いますが。

・6回表、栗原がトス→黒田はじく。栗原のエラー・・・でも黒田のグローブが閉じていたと思いますがね?(笑)

・山崎にはホームランを打たれたものの、その後の対戦で黒田は慎重なピッチングでした。
2つの三振の内容はご立派。6回のフォークでの三振は爽快です!さすがエース。

・達川「新井にはここで0アウト1,2塁で進塁打を打つのではなくて、2アウト1,2塁の気持ちで打って欲しい」→結果、進塁打(犠牲フライで1,3塁)

・前田の死球。くるぶしはちょっと外れていましたね。

・さすが”代走”石原。ナイスラン!

・いいピッチャーはバントもうまい・・・というのはウソだな(例:黒田)

・芳彦のショートはやっぱり違和感あるw

・点を取ったあとの回はサクサク終わること。流れを相手に与えない→さすが黒田

・緑、黄、青の風船はやめて赤一色にして欲しいです。

・芳彦の1塁ヘッドスライディング。いいじゃない。必死でイイ!

・うーん、新井がやっぱり気になります。振り後れている。

・石原が2割9分まで来ましたか。確かにフリー打撃を見ても好調だとわかります。

・高須はファン投票1位の価値がありますね。組織票でなんであろうと。

・栗原が上位にいるのは楽天ファンのおかげです。ありがとうございます。

・9回の黒田はカッコいい。良すぎます。これでセ・リーグナンバー1の4完投。
エースは9回までブン投げなきゃね!


■広島喜田が逆転適時打(ニッカン)

広島喜田が6回に逆転適時打を放った。前田の押し出し死球で同点とした直後に代打で登場。甘く入ったスライダーを中前に弾き返した。「同点になりなおチャンスだったので、楽しんで打席に入ることができました。いい仕事ができました」と笑顔を見せた。

青山の前田への2球を見ている限りは、なかなか甘い球は・・・と思っていたら高めに浮いて来ましたね。6月3勝のうち2勝は黒田と喜田が決めました。喜田はしっかり振っているので、見ているほうはワクワクしますね。
いい選手を獲得出来たものです。ガッツポーズがかわいいのー(笑)
野球全般 | Comments(0) | Trackback(4)

アレックス いきなり快打連発!

2007年06月22日
仁志に大きな票が入りましたね。セ・リーグトップです。

■広島ブラウン監督、連敗阻止へ秘策は…(ニッカン)

広島マーティー・ブラウン監督(44)は22日、6連敗ストップへ「相手がどうとか、エースの黒田が投げるとか関係なく、相手を強く意識しないことが大事」と平常心を強調した。日程上、投手陣に余裕ができるが「1試合ずつ、いつもと変わらない試合をしたい。日程に余裕があっても、あえて投手をつぎ込むことはしないと思う」と話していた。

イマイチわかり難いコメントですが、あえて投手をつぎ込むことはない・・という点は気になりますね。
このところ中継ぎの負担も多くなってきているので、特に7月の関東連戦をどう乗り切るかは中継ぎがキーであると分析しているのではないでしょうか。
ここまではチーム成績が低迷している・・・その監督、マーティーの計算が今度こそ大正解!となることを願っています。願ってばかりだけどさ(笑)
これだけお願いしたら、野球の神様もたまには夢を実現してくれるでしょう。
え?まさかGWの快進撃がピーク?(笑えねー)


■アレックス いきなり快打連発!(デイリー)

最初はブラウン監督を相手に、31スイングで安打性の当たりは16本。続いて左腕の打撃投手を相手に25スイング中、安打性は13本。合計56スイングで、安打性の当たりは約半分の29本。サク越えも7本放った。しかも28本中、18本が中堅より右方向への当たり。ケース打撃を掲げるブラウン監督好みの、球に逆らわない柔軟な右打ちを存分に見せつけた。

85スイングで7本なら十分ですわ・・・10スイングで1本も外野にすら飛ばない人もいますから・・・。
体の方は80%くらい=うーん、よく読むと微妙だな(笑)
ファンからは低迷への起爆剤と期待も大きいですが、まずアレックスも伸び伸びとプレイをして欲しいです。さて何番を打たせるのでしょうか、マーティーは。
いまんとこ6番が有力かな?


■宇梶剛士総監督の岩手赤べこ軍団 没収試合で全国大会逃す(サンスポ)

22日に仙台市のフルスタ宮城で行われた野球の全日本クラブ選手権東北地区予選準々決勝で、俳優の宇梶剛士が総監督を務める岩手21赤べこ野球軍団が、登録されていない選手を起用したため没収試合となり、全国大会出場を逃した。
 岩手21赤べこ野球軍団は、4強に与えられる全日本クラブ選手権(9月・グッドウィルドーム)の出場権を懸け、郡山ベースボールクラブと対戦。序盤から投打に圧倒し四回までに14-0とリードしたが、五回に代打で出場した選手が大会の登録メンバーに入っておらず、規定により没収試合のため0-9で負けとなった。
 監督を務める元プロ野球西武の羽生田忠克氏は「こちらのミス。全国大会を目標にやってきたので非常に残念。選手に申し訳ない」と落胆していた。

(・∀・)ありえねー
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

なんと1860万円!

2007年06月21日
■広島アレックスがチームに合流(ニッカン)

広島に入団が決まった元中日アレックス・オチョア外野手(35)が21日、広島市民球場でのチーム練習に参加した。フリー打撃では右に左に快音を響かせた。5月中旬にレッドソックス傘下3Aを自由契約になり、その後のブランクが心配されたが「米国でもフリー打撃はやっていた。今日打った感触はかなりよかったよ。新しい環境で、新しいチームメートと野球ができて楽しかった」と笑った。



■新加入アレックスが入団会見 古巣中日に対抗心(スポニチ)

広島に新加入したアレックス・オチョア外野手(35)が20日、広島市民球場で入団会見を開いた。「今は敵。試合で勝つことに気持ちを切り替える」と03年から4年間在籍した中日に対抗心を燃やした。年俸は15万ドル(約1860万円)プラス出来高払い(推定)で1年契約。背番号は43に決まった。今年はレッドソックスとマイナー契約していたが5月中旬に解雇された。きょう21日の練習からチームに合流。ブラウン監督は「状態を見てファームの試合に出すか考える」としたが、約1カ月実戦から遠ざかっているため、2軍戦を経て1軍昇格となりそうだ。



■アレックス豪語、ローズくらいアーチ打つ(ニッカン)

「自分のプレースタイルを貫きたい。今までやってきたことを続けていきたい。アグレッシブに一生懸命プレーして、野球を楽しみたい。(日本球界に復帰した)オリックスのローズくらい本塁打を打ちたい」



ローズを尺度にする意味がよくわかりませんが(笑)
いまのローズ?55本のローズ?

なんにしても・・・

オチョアようこそ、カープへ!

カープVロードにサインをしたとか・・・また市民球場に行く楽しみが出来ました。

ん?マーティー、オチョアは2軍スタートっすか??
いますぐにでもムードを変えたいところですが・・まぁそれだけ選手を大切にしているマーティーなら「らしい」ですね。早くみたいわー。

暗いネタは書きたくないから、今日はここまで!
野球全般 | Comments(0) | Trackback(1)

オマケに過去最低勝率

2007年06月20日
ん・・・。ん・・・。まぁいつか勝つでしょ、いつか・・・。

■広島1-7北海道日本ハム(TBSエキサイトBB)

日本ハムは今季25度目の2ケタ安打で、今季の広島戦4連勝を飾る。日本ハムは2回、坪井のタイムリー2ベースで先制。5回には、高橋のタイムリーで1点を追加すると1点差で迎えた9回、ともに2試合連続となる稲葉の8号3ランと高橋の5号2ランで一挙5点を追加し、試合を決めた。日本ハムは3人目の江尻が、自身2度目の4連勝で今季4勝目。広島は5回まで毎回残塁の11と拙攻が響き、8回の廣瀬の2号ソロで1点を返すに留まる。これで3カード連続の負け越しで、6連敗。先発・青木高広はリーグ最多タイの今季8敗目を喫する。

結局ハムには1勝も出来ない交流戦となってしまいました。あ、ロッテもでしたね。
しかしやんなっちゃうぐらい勝てませんね。
唯一明るい材料は「廣瀬の一発」。やっと怪我から完全復帰でしょうか?
明日この2日間の録画を見直そうと思います。
しかし前田がついに2割6分を割りました・・・こりゃ2000本安打は7月は厳しいね。
まぁカウントダウンプラカードは考えていますけどね、神宮で。

今日も昨日に続いて浜スタに行って来ました。
代打小池のときに「小池の曲が好きなんだよね」と言っていたら、2打席目にサヨナラホームランですって!(笑)横浜5割ですって!
マリンで2敗、所沢で2敗、横浜で2敗。私が観戦する側のチーム・・・6試合勝ちゲームを私に見せてくれません(涙)
いっそ次回のカープ戦で敵チーム側に座ってみようと思います(笑い泣き)


■広島の交流戦最下位決定、オマケに最低勝率も確定(サンスポ)

広島は交流戦最下位が決まった。しかも残り2試合に勝ったとしても6勝17敗1分けで勝率は・261となり、2005年の楽天の勝率・306を下回る交流戦の最低勝率という不名誉なオマケ付きだ。この日も低調な打線は11残塁の拙攻だった。ブラウン監督は「対パでは情報が限られ、ウチの攻撃陣は戸惑ってしまった」と険しい表情。交流戦だけで借金13の大失速にも「プレーオフ進出に向けて、まだ時間はある」と必死に前を向いた。

まだまぁ!俺も諦めないよ!ファンが諦めたときは選手もジエンド。

反省はシーズンオフにすればよし!
野球全般 | Comments(0) | Trackback(1)

嶋が代打3ラン!(しかし負けた)

2007年06月19日
さすが記録プレゼンター・・おいおい。

■広島6-10北海道日本ハム(TBSエキサイトBB)

日本ハムが今季初の1試合5本塁打、4月30日以来今季4度目の2ケタ10得点を挙げ貯金9とし首位ロッテとのゲーム差を2とした。日本ハムは1回セギノールのタイムリー2Bで先制、3回セギノール14号2ラン、6回セギノール15号ソロと高橋4号ソロ、7回稲葉・セギノールが7号3ラン、16号の2者連続HRを放った。2人目武田勝が5回を無失点に抑え今季3勝目。広島は今季2度目の5連敗で借金ワーストの12。セギノールの1試合3本塁打は自身初、7度目の左右両打席での本塁打は、松永浩美を抜きプロ野球新記録。

前田、どっか悪いなら休んでくれ。もし万全で臨んでいるなら、千葉と所沢のファンの声は届いていないのでしょうか。
嶋が代打って何?一番振れているバッターがスタメン外れるって・・・そんな余裕ないだろうちは・・・って思っていたら嶋は昨日練習を休んだらしいね。
彼も怪我じゃないのか??

1,2番の固定が出来ないのも苦しい。梵は以前にも膝に違和感があったようですね。
打撃の調子が上がらないが彼のショートの守備は捨てがたい。本人は納得していないようですが、高明のショートよりも安定感があります。
東出も腰の状態が悪いのでしょうか?8番はないな。彼は今年は流し打ちが非常にうまくなっていると思います。中東、東出、嶋、新井、喜田、栗原・・・このオーダーのほうが厚みがあると思います。何より一番当たっているバッターを3.4番に置く。そしてなんとか1,2番のどちらかが出塁する。ぶっちゃっけ7~9番打者はしっかり守ってくれたら、打席に立っているだけでもいいです。

まぁ投手の問題もあるけどね。交流戦で防御率最下位だもんね。やれやれ...。


■四国アイランドリーグ社長が広島球団を訪問 経営参加を打診(サンスポ)

野球の独立リーグ、四国アイランドリーグ(IL)の運営会社IBLJの鍵山誠社長が19日、広島市民球場を訪れ、広島の鈴木清明球団本部長に同リーグへの経営参加の打診などを行った。
18日にはロッテが同リーグの1チームの買収を検討していることを表明しており、鈴木本部長は「球団買収の問題点は実行委員会で検討すべきだ。(各球団の四国ILへの出資は)これから可能性を探っていけばいい。育成選手の派遣は問題ないと思う」と語った。

一部新聞ではロッテは高知を買収?らしいですが。カープにも打診がありましたか。どうなんでしょうね。
まだ先の話とは思いますが、四国の野球ファンにカープに愛着を持っていただくのは、中国地方に本拠地のあるカープには有効的だと思いますけどね。それを承知でカープに打診をしたのではないでしょうか?
今後の行方を注目しようと思います。


■群馬県で新球団設立へ(デイリー)

新潟、富山、石川、長野各県に本拠地を置く四球団の独立プロ野球リーグ「北信越ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCL)」入りを目指し、群馬県内の青年会議所OBらが十九日までに、球団設立準備委員会を発足させた。
 今秋までに株式会社制の新球団を設立、後援会員や協賛企業を募り、来春からの参戦を目指す。球団事務所は群馬県高崎市に置き、球団名は公募で決めるという。
 北信越BCLは二〇〇五年発足の四国アイランドリーグに次ぐ独立リーグとして、今年四月に四球団で開幕。運営するジャパン・ベースボール・マーケティング(新潟市)によると、福井県などでも新球団設立の動きがあり、来春は六球団になる可能性がある。
 同社は「ありがたい話。球団が増えてもしっかりした運営ができるよう検討していきたい」としている。

個人的にはすごく嬉しいニュースです。
実は高崎市は2年ほど住んでいたことがありまして。
第二の故郷ぐらいだもんなぁ・・・ホリコシFCの愛称募集でも申しこみしましたし(永久パスを狙ったんだけどw)。
球団が出来たら絶対に応援しまちゃいます!
野球全般 | Comments(3) | Trackback(1)

始まりの鐘が鳴りました!

2007年06月18日
ようこそ、カープへオチョア!

■永川、一死も奪えずサヨナラ負け「申し訳ないです」(サンスポ)

抑えの永川が崩れ、今季4度目のサヨナラ負けを喫した。九回に一死も奪えず、4敗目を喫した右腕は「チームに迷惑をかけました。申し訳ないです」と言葉少なだった。西武は抑えの小野寺に白星がついただけに、両チームの明暗がくっきりと分かれた。

マーティー、しばらく永川からDSを取り上げて下さい!
その代わり、きっちり抑えたらソフト1本付けて返してあげてやって下さい!


■ブラウン監督「守護神は永川」(ニッカン)

広島ブラウン監督が不調の守護神永川の「続投」を明言した。17日の西武戦(グッドウィル)でサヨナラ打を浴び、これで6月は5登板のうち3回失点。サヨナラ負けを食らった試合も今季3度目になったが「今後、勝ち進んでいく上で必要な投手。起用もクローザーでしか考えられない」と断言した。18日は全体練習だったが、永川を含めリリーフ陣は休養した。

うーん、本当に頑固ですこと。あとはこれに永川がどう応えるかでしょうね。信頼はひとつの壁ですね。これを越えることが出来るのでしょうか。
ただベンチから球種サインが出ていたとしたら、栗山と片岡への配球は見直して欲しいです。


■広島が元中日アレックス獲得を発表(ニッカン)

広島は17日、昨季まで中日で4年間プレーしたアレックス・オチョア外野手(35)の獲得を発表した。19日に米国から来日し、正式契約を結ぶ予定。20日に広島市内で入団会見を行う。日本での通算成績は550試合、打率2割8分3厘、75本塁打、309打点。今季はレッドソックスとマイナー契約したが5月に解雇されていた。広島は手薄な右打ちの外野手を開幕前から探していた。

廣瀬は悔しいと思いますよ。開幕からセンターの位置を狙っていた・・でも開幕戦の怪我で出遅れてしまった。そしてオチョアを獲得。もちろんカープのために頑張ってくれる選手はウエルカム。さぁ外野ポジション争い、始まりの鐘が鳴りました!
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

内野観戦で3度目のサヨナラ負け(今年)

2007年06月17日
この負けっぷりは芸術に・・・なるわけがない。

■西武5x-4広島(TBSエキサイトBB)

西武が今季2度目のサヨナラ勝ちで今季3度目の4連勝、借金を6とし広島戦3年連続の勝ち越し。西武は1点を追う2回細川の5号2ランで逆転、3回に石原のタイムリーで同点とされるが6回にG.G.佐藤の15号2ランで勝ち越す。7回に嶋の2点タイムリー2Bで同点とされるが、9回片岡が自身2本目となるサヨナラタイムリーをライト前に放った。勝ち投手は小野寺で今季初勝利。広島は西武を上回る12安打を放つも10残塁。負け投手は永川で4敗目。広島は今季4度目のサヨナラ負けで今季4度目の4連敗、借金は今季最多の11。

今日も行って来ました、所沢。なんすかね・・・
今日はバックネット裏からの観戦でしたので、前田のフリー打撃をじっくり見ました。
彼の本来のライナー性で快音はちゃんと私の耳に入って来ました。
ただ後半になると当たりが鈍ってきました。いわゆるムラが出ていました。
どこか怪我でもしていないかと心配でもあります。スタメンも外れましたしね。

試合の結果はあまり振り返りたくないのですが・・やはり最後のシーン。
これね、栗山を2-0に追い込みながら2-3になるのは永川の責任。
このあとのストレートはあまりにもミエミエ。でもストレートと選択するならば内角をなぜ狙わない?コントロールミスか?
そしてフィルダースチョイスとなった永川の送球。あんな高く投げてタッチプレイはありえない。
そして片岡への配球。1-3からストレートという選択。はぁ?もう狙う打ちですよね。
素人の私でもストレートと読めました。あそこは3番中島、4番カブレラ、5番和田ですから満塁策覚悟でフォークという選択もあったのでは。もしくは高めのストレート。
たらればですけどね・・。ガッカリです。負けることで帰路×2倍気分です。

永川・・・DSLiteやっている暇があったらファンにサイン1枚ぐらい書きませんか?
そのDSの親指が微妙なコントロールに影響してんじゃない?って疑いたくもなります。

これで1軍・2軍・オープン戦を含めて私の今年の観戦成績は、

5勝17敗1分

勝つのが奇跡の領域になって来ました。

しかも今年の関東での内野観戦成績

0勝3敗  3サヨナラ負け    どういうことよ?

市民でも2試合内野で観戦しているけど、1試合は梵・前田の1号でドラに勝ち。
もう1試合は、黒田が松中に・・・記憶がハッキリしません・・。orz


オールスター中間発表(6月15日現在)
http://www.gulliver-allstar.com/fanvote.html

<セ投手>
1 黒田 博樹 233,108
2 川上 憲伸 112,584
3 内海 哲也  95,080

<セ捕手>
1 阿部 慎之助 233,402
2 谷繁 元信 141,298
3 矢野 輝弘 115,098
4 倉 義和 113,830

<セ1塁手>
1 栗原 健太 201,468
2 タイロン・ウッズ 196,964
3 李 承ヨプ 187,812

<セ2塁手>
1 仁志 敏久 270,909
2 荒木 雅博 168,710
3 東出 輝裕 123,338

<セ3塁手>
1 小笠原 道大 251,888
2 新井 貴浩 190,604
3 中村 紀洋 120,777

<セ遊撃手>
1 二岡 智宏 203,752
2 井端 弘和 200,477
3 梵 英心 161,026

<セ外野手>
1 福留 孝介 249,787
2 前田 智徳 242,929
3 青木 宣親 229,118
4 金本 知憲 213,338
5 高橋 由伸 185,434
野球全般 | Comments(6) | Trackback(1)

試合とは関係ないよ

2007年06月16日
ついに交流戦最下位になりました。

■西武12-2広島(TBSエキサイトBB)

西武が4/30~5/3の4連勝以来、今季3度目の3連勝で交流戦最下位を脱出した。西武は1点を追う4回、和田とG.G.佐藤の連続タイムリー2ベース、細川のタイムリーなどで4点を挙げ逆転。5回に和田の7号3ラン、6回には中島の6号3ランと和田の2打席連続8号ソロなどで、5/8以来今季4度目の2ケタ得点。先発・西口は8回2失点で6勝目を挙げ、自身の連敗を5、交流戦での連敗を6で止めた。広島は先発・黒田が今季ワースト7失点。チームは2試合連続6度目の2ケタ失点で3連敗。交流戦最下位、リーグ5位に転落。

今日も懲りずに観戦に行ってきました。所沢まで・・・しかし遠い・・・。
立ち上がりは先週の黒田より「良い!」と思ったのですがね。
2試合連続の二桁失点。エースで7失点では勝てません。
それにしても我がカープは喜田と嶋しか打つ雰囲気が無いってなんでしょうね?

試合前に見てしまったのですが、前田の先日のコメントです。↓


■前田智、36歳涙のバースデー(ニッカン)

広島前田智は36歳の誕生日を白星で飾れなかった。「5番DH」で先発したが6回に併殺を食らうなど3打数無安打で、8回の打席から鞘師と交代した。試合前はナインに祝福され「この年になるとうれしくもないよ」とはにかんでいたが、大敗した試合後はむっつり。「(誕生日は)試合とは関係ないよ」と一言だけ残して球場を去った。

ガッカリですね。これがキャプテンのコメントですか・・・。
誕生日は試合とは関係ない?誕生日だから駆けつけたファンにそのコメントですか?
呆れましたね。それって打ってから言うコメントじゃないの?

「今日は誕生日ですからよく活躍が出来たのは嬉しいんじゃないですか?」→。「(誕生日は)試合とは関係ないよ」

↑こうじゃないかね?

千葉で6回表からあんなにファンが熱く応援して新井は打てなくても四球で出塁しましたよ。なんとかしようという気持ちが伝わりました。で、前田は何?ゲッツー?ふーん。
それで「(誕生日は)試合とは関係ないよ」ですか。
あー、そうなんでしょうね。自分の世界ならそうなんでしょう。
でもファンの気持ちをわかっていない人がチームをまとめるキャプテンなんてチャンチャラおかしくないですか?

キャプテンなら結果を残してからコメントして下さい。
それまでは黒田と同様に「ノーコメント」で結構です。
野球全般 | Comments(6) | Trackback(2)

念願のサインを2ついただきました

2007年06月15日
今日久しぶりに順位表を見ました。限りなくドベに近いんですね。

今日は先にオールスターの中間発表を。
6月15日 発表

<セ投手>
1 黒田 博樹 233,108
2 川上 憲伸 112,584
3 内海 哲也  95,080

<セ捕手>
1 阿部 慎之助 233,402
2 谷繁 元信 141,298
3 矢野 輝弘 115,098

<セ1塁手>
1 栗原 健太 201,468
2 タイロン・ウッズ 196,964
3 李 承ヨプ 187,812

<セ2塁手>
1 仁志 敏久 270,909
2 荒木 雅博 168,710
3 東出 輝裕 123,338

<セ3塁手>
1 小笠原 道大 251,888
2 新井 貴浩 190,604
3 中村 紀洋 120,777

<セ遊撃手>
1 二岡 智宏 203,752
2 井端 弘和 200,477
3 梵 英心 161,026

<セ外野手>
1 福留 孝介 249,787
2 前田 智徳 242,929
3 青木 宣親 229,118
4 金本 知憲 213,388
5 高橋 由伸 185,434

番外ですが、
>陽 仲壽 40,157
>林 威助 84,757

↑嶋は林に負けているぞ・・緒方も危ない・・。


昨日の日記でも書きましたが、今日現在でも黒田、栗原が1位です。
チーム成績はこんなんですけどね。
たぶんですが、この両名はパ・リーグのファンがたくさん入れてくださっていますね。


そのロッテとの対戦ですが、2試合連続1イニング6失点ですよ。
なんでしょうね・・6点なんてとった記憶がないので・・。

明るい話題を(自分的に)

マーティーにやっとサインをいただきました。
cap_marty
キャップなんですが、これマーティーが選手時代に最初に入団したキャップなんです。
「マーティー、ロチェスター、ルーキー」「オー、イエーイ、ウエルカム!」
ええっと、私は横浜から来たのですが(笑)
きっと日本には売っているとは思えないので、地元から来たと思ったのでしょうね。
かわいいぞ、マーティー(笑)

そしてもうひとつが「新 Mr.赤ヘル 新井」にデカっとサインをご本人からいただきました。
mr_akaheru_arai mr_akaheru_arai2

これは3年使っているので、嬉しかったなぁ。やっとご本人に確認も出来ました。
「新井さん、これレフトで見たことがありますか?」
「あぁこれね、知っていましたよ」
嬉しい(><)。。。

明日から2日間、グッドウイルの観戦。いまんとこ負けっぷりモード全力ですが、あの雨の応援に選手はきっと応えてくれると思います。
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)

今日のハイライトはファンの元気の良さだ

2007年06月14日
ファンのハートは選手のハートに伝わるんです。


■千葉ロッテ7-3広島(TBSエキサイトBB)

ロッテが久保の交流戦通算勝利数単独トップの11勝目を挙げる活躍で連敗を3で止め、2位日本ハムとの差を3に広げた。1回福浦の3号3ラン、ベニーのタイムリーなどで6点を先制しそのまま逃げ切った。先発久保は7回を被安打10ながら無四球3失点で'06年5/18~6/1以来の自身3連勝で今季6勝目。広島は6回に新井、前田の連続タイムリーで3点を返したが、反撃及ばず千葉マリンで6連敗。先発フェルナンデスは自己ワーストの1回6失点で3敗目。3年連続交流戦の負け越しも決まり、借金も今季ワーストタイの8となった。

あぁあの「6」点がなかったらね・・

■千葉ロッテ14-4広島(TBSエキサイトBB)

ロッテが2回を除く毎回の18安打で今季最多タイの14得点。本拠地5連勝で3年連続の交流戦勝率5割以上を決めた。ロッテは1回、サブローのタイムリーで先制。同点とされた3回には、福浦、里崎、青野のタイムリー、ベニーの6号2ランで6点を勝ち越し。先発・小林宏之は、6回を5安打1失点で自身5連勝の8勝目。交流戦通算勝利数を最多タイの11とした。広島は今季5度目の2ケタ失点でロッテ戦4連敗。2005年から千葉マリン7連敗で借金はワーストの9。先発・青木高広は3回7失点で両リーグワーストタイの7敗目。

あぁあの「6」点がなかったらね・・


試合の中身を掘り返しても暗くなりますので・・特に観戦してゲームは・・

さて、恒例になりました「千葉、前に出て来い」(笑)

雨になるとあの球場は外野奥が雨に濡れないので、前のエリアにはファンがいません。
ロッテもそれは一緒。

そこで東京緋鯉会の恒例「前に出て来い」。雨に濡れながら、そして中央に密集して、大きな声で応援します。
この応援、監督、選手に響きました。ハッピーバースデイの前田はどうなんだか知りませんが。

中国新聞より
http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cs200706140367.html
>ブラウン監督は「今日のハイライトはファンの元気の良さだ。彼らは誇りに思える戦いを求めている」。選手たちの心に訴えかけた。

>大敗にも、4番新井は意地を見せた。2試合連続の複数安打で、この日2打点。「雨の中、一生懸命応援してくれたファンのためにも、何とかしたかった」と責任感の強さをにじませた。

嬉しいですね。ぐったり疲れて帰ってきましたが、疲れが取れます。

自分達の気持ちは伝わる。グッドウィルの応援にも熱が入りますね。

実はこの2日で2つのサインを頂きました。
明日ゆっくりご紹介しようと思っています。

あとオールスター1塁手で栗原がトップになりましたね!
前田も2位です。
野球全般 | Comments(7) | Trackback(1)

元ドラゴンズのアレックス獲得へ

2007年06月13日
ついに助っ人で補強ですね。私は賛成ですよ。
しかしアレックスとはビックリだ。

■アレックス獲得へ 打線を緊急補強(中国新聞)

広「貧打」解消へ、広島が緊急補強に乗り出す。元中日のアレックス・オチョア外野手(35)=183センチ、90キロ、右投げ右打ち=の獲得に動いていることが12日、明らかになった。広島は今季、開幕から貧打に苦しみ、12日現在のチーム打率2割4分4厘は12球団最低。交流戦でも、1試合平均得点は阪神と並んで12球団ワーストの2・44と復調の兆しが見られず、打撃陣のてこ入れが急務な状況となっていた。

このニュースを聞いたときに「打撃補強?守備もでしょ?」と思いました。
最近レフト前田、センター嶋、ライト喜田とか、市民球場規模でしか通用しない守備陣で、後半戦もこのまま?と思っていたところのニュースでした。
かなり小西記者の記事によると入団濃厚のようですね。
キャラ的にも愛されている選手ですのでカープでも人気が出ると思います。
いよいよAクラスに本腰を入れて来ましたね。どんなに不調でも外国人選手は相手投手にプレッシャーになります。私は歓迎しますよ。


■フェルナンデス、先発&抑えに魔球フル回転(スポニチ)

また仰天プランが飛び出た。広島のマーティー・ブラウン監督(44)が12日、フェルナンデスを先発、中継ぎだけでなく、守護神として起用する考えを示した。先発と抑えの併用は異例。永川が不安定なだけに、交流戦で防御率1・69を誇るナックル右腕のストッパー案が持ち上がった。きょう13日のロッテ戦は先発が濃厚。5連敗中の鬼門・千葉マリンで魔球使いが勝利をもたらす。

どうやら今日の千葉マリンの先発もナクシーのようですね。しかし先発&抑えですか(笑)。
いやー、いくらなんでもランナーがいるときのナクシーは怖いけどなぁ。
まぁカレの器用については、マーティーに託すわ(笑)

今日から千葉2つ、そして所沢で2つ、観戦に行って来ます!
野球全般 | Comments(3) | Trackback(2)

私はトレードで欲しいと言ったんだ

2007年06月12日
今日は市民球場で12時まで選手は練習。そして移動。
私も移動→家に帰ってきただけですけどね。

■喜田が移籍後初のサヨナラ安打(毎日新聞)

広島がシーソーゲームを制し、連敗を5で止めた。六回、前田智の適時二塁打で同点とし、九回2死一、三塁から喜田が左前にプロ6年目で初のサヨナラ安打。オリックスは五回に一時逆転したが、4失策と守備が乱れたのが痛かった。
▽広島・ブラウン監督 これから喜田は一流の選手になる。だから私はトレードで欲しいと言ったんだ。

マーティーの力強いお言葉ですね。
今日は12時までの練習を見学してきました。キダゴーもいましたよ。
今日はたまたま田辺一球さんにお会いしてバックネット裏から一緒に見学をしました。
「44番は福地っていうイメージだったけど、これで喜田ってイメージ出来るね」と。
そこで昨日の少年のグラブの中にボールが入った話をすると、「漫画みたいな話だね」。

私のほうが先に球場で見ていたので嶋が調子いいですね!と言ったら田辺さんも同じ意見と。あと選手全体に活気があって好調に見えたのでそのことを言ったら「昨日と今日では練習の様子が大違いだよ」やっぱり連敗が止まったということは選手にとってはすごく精神的に違うそうです。

商品部にもお邪魔しました。
カープ坊やのパペを友人に頼まれたので購入。ついでに「喜田選手のレプリカ(5000円)は在庫あるんですか_?」→「在庫はないのですが、2-3日で出来ますよ」
ネットだともう少しかかると思いますが、結構早く出来るものなんですね。
でも・・・もう昨日のヒットで欲しい人が沢山いると思いますよ。在庫してくださーい。

そうそう。
昨日の試合終了後に2人の方に声をかけていただきました。
「新 Mr.赤ヘル 新井」で気づいてくれたそうです。
結構知られていたのでビックリしました(笑)


オールスター中間発表(6月12日現在)
http://www.gulliver-allstar.com/fanvote.html

<セ投手>
1 黒田 博樹 167,386
2 川上 憲伸  78,053
3 内海 哲也  73,893

<セ捕手>
1 阿部 慎之助 181,005
2 谷繁 元信 96,425
3 矢野 輝弘 85,918

<セ1塁手>
1 李 承ヨプ 145,755
2 タイロン・ウッズ 141,151
3 栗原 健太 138,444

<セ2塁手>
1 仁志 敏久 213,102
2 荒木 雅博 117,042
3 東出 輝裕  83,236

<セ3塁手>
1 小笠原 道大 195,142
2 新井 貴浩 132,794
3 中村 紀洋 85,001

<セ遊撃手>
1 二岡 智宏 151,297
2 井端 弘和 139,914
3 梵 英心 114,430

<セ外野手>
1 青木 宣親 180,981
2 福留 孝介 180,247
3 前田 智徳 172,397
4 金本 知憲 162,188
5 高橋 由伸 142,558
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

生まれて初めてのサヨナラゲーム

2007年06月11日
やっぱり市民でのナイター観戦は美しいです。

■広島7x-6オリックス(TBSエキサイトBB)

広島が今季3度目のサヨナラ勝ちで連敗を5でストップ、本拠地での連敗を5で止め、阪神と並び4位タイに浮上。広島は1回に栗原の12号3ランで先制し、嶋の5号ソロで1点を追加。5回に一時逆転されるが、6回代打前田智徳のタイムリー2ベースで同点に追いつき、9回喜田の自身初となるサヨナラヒットで勝利した。5人目のフェルナンデスが3勝目。オリックスは、5回にローズの2点タイムリー、アレン、日高のタイムリーで逆転するが今季3度目のサヨナラ負け。広島市民球場での連勝は3でストップ。5人目の岸田が今季初黒星。

市民観戦の3つめは劇的な勝利でした。
カープファン30年やっていますが、カープのサヨナラ勝ちをこの目で見たのは初めてです。
昨日もそのチャンスはあったのですがね。
キダゴーが2アウト1,3塁のチャンスをものにしてくれました。
初回の栗原のホームランも嶋のホームランも遠い昔になりそうなときに打ってくれましたよ。

ただ試合展開としては相手のミスで勝たせていただきましたね。すぐに1点差に追いついたのが大きかった。
あと前田を勝負という選択も本来はなしですね。

あと勝利を呼び込んだのは、9回表の1アウト1塁からフェルナンデスの登板。
2-1からウエスト、そして2-2からのウエストでスチールを阻止。これが大きかったですね。
それにしても1球1球をこんなに注目される投手も珍しいですね。選手交代のアナウンスで「フェルナンデス」に球場騒然!
人気者ってチームの雰囲気を変えるんですよね。大事ですよね。
それにしてもこのナクシーの登場で千葉マリンの水曜日の先発がわからなくなっちゃいました。

もちろん連日観戦しますよ。この1週間は選手と一緒に帯同します(勝手に)。

ちょっと小ネタを。これ球場で、しかもライトポール際のファンしか目撃していないです。
実は愛媛から2つの小学校の修学旅行生がライトポール際に来ていたんです。
ライトのポジションはキダゴー。イニングの合間のキャッチボールが終わるとスタンドにボールを投げ込みます。
修学旅行生はもちろん「ボール下さい!」と叫ぶ。その中に一人だけグローブを持った少年。
結構な距離でしたが、キダゴーはその子を目掛けてなげたんでしょうね・・・グラブにスポっと。
少年大喜びですよ。この瞬間にキダゴーの活躍を予感していてもよかったな、と後で思いました。
野球全般 | Comments(4) | Trackback(2)

このまま連敗で千葉はマズいすよ

2007年06月10日
さ、どこをどう突っ込みましょうね。

■広島1-2オリックス(TBSエキサイトBB)

オリックスが、連勝で西武にかわり5/1以来の最下位脱出、交流戦の成績を10勝4敗としロッテに並び2位に浮上。1点差の6回に代打ラロッカの押し出し死球で同点、10回に先頭の北川が5人目永川から6号ソロを放ち勝ち越した。9回裏1死一・三塁のサヨナラのピンチを凌いだ6人目吉田修司が2勝目。広島は2回に新井の5/13以来となる15号ソロで先制も、9回のサヨナラ、10回の同点のチャンスにあと1本が出ず今季初の5連敗で5位転落となった。広島市民球場でも5連敗で、借金も今季ワーストタイの8。

今日はぶっちゃけですが、試合開始からラロッカ登場まではレフトスタンドで見ていました。まー、オリックスの応援というよりも「一度は市民球場のレフトから眺めて見たかった」。
ラロッカの登場はすごい場面。あー、非常に微妙な心境。
で、結果は横山の投じた初球がラロの肩に直撃(なんだそれ)→押し出し。
横浜から持ってきたラロユニはその瞬間仕事終了です。それグッドウィルのOP戦と一緒じゃん。

さて試合ですが、新井がほぼ1ヶ月ぶりの先制ホームラン。上記の押し出しで同点にされるものの、9回にキダゴーのヒットで1アウト1・3塁。
バッター森笠。結果は内野ゴロで新井ホーム憤死。廣瀬も打ち上げてサヨナラ逃す。
初めてのカープサヨナラ勝ち観戦の大チャンスだったのに。もうサヨナラの瞬間を妄想していた私のバカっぷりが余計落ち込ませました。
10回の表に永川が出てきたときに「やーな予感」。
投げた直球が高めに浮くってことは抑えとして致命傷ですよ。結果カウントを悪くして北川にレフトに持っていかれました。
その裏も中東のヒット→盗塁→倉バントで1アウト3塁。
でもチビっ子2人は内野ゴロで試合終了。3塁側で三次からの応援団が来ていましたが、梵も永川もいいとこありませんでした。

なんかねぇ。ラロッカ&ローズ抜きのオリックスに勝てないとは・・。
結果だけを求めませんが、いかんせん観戦した試合で勝てないのは気持ちが滅入ってしまいます。
ファイト俺、明日も試合があるぞ。


■鬼嫁来たのに…広島逆転負け(ニッカン)

元女子プロレスラーでタレントの“鬼嫁”北斗晶(39)が、広島-ソフトバンク4回戦(広島)の始球式に登板した。自身が出演する地元放送局の番組PRを兼ねたもので、投球前に三塁新井にけん制を投げるなど、ソフトバンクをかく乱? した。「広島で番組を持っているのでカープを応援している。先陣を切ってタカ狩りをしようと思った」と笑顔で話したが、逆転負けにガックリだった。

これ昨日の始球式のお話ですが、彼女好印象です。
もしかして新井ファン?始球式でけん制なんて記憶ありません(笑)カープファンとは知りませんでした。かなりガチファンだと思いますよ。試合終了までいましたし、大型の「CARP」旗の「C」を持って登場もしたんです。勝利の女神とはなりませんでしたが、彼女の活躍も注目しちゃいますよ。カープファンって言うだけで親近感←単純(笑)


■桑田 ニューヨークでチーム合流 (スポニチ)

米大リーグ、パイレーツの桑田真澄投手(39)が9日、遠征先のニューヨークでチームに合流した。故障した選手に代わって傘下の3Aインディアナポリスからの昇格で、背番号は日本で付けていた「18」に決まった。
 インディアナポリスを同日早朝に出発した桑田は夕方にニューヨークへ。球団広報によると、ヤンキース戦がデーゲームだったため、球場ではなく宿舎でチームに合流し、関係者にあいさつを済ませた。10日午後(日本時間11日未明)のヤンキース戦からベンチ入りする。

昨晩は遅く帰ったので球場入りまでゆっくりとホテルにいたのですが・・・衛星1を見ていたらこのニュースが。
え?桑田メジャーなの??
嬉しかった・・というより驚きが先でした。あんな不運な怪我からよく今シーズン中にメジャー昇格出来ましたね。
明日登板のチャンスはあるのかな。ちょっとメジャー中継を久しぶりに見たくなりました。
桑田のクレバーな投球はどこまでメジャーに通用するのでしょうね。
野球全般 | Comments(2) | Trackback(3)

タイトルが浮かばない、嗚呼4位転落

2007年06月09日
気迫は最後まで見せないと。それがホークスのほうが優れていました。

■広島3-6福岡ソフトバンク(TBSエキサイトBB)

ソフトバンクが5/16以来の連勝で、2位日本ハムとのゲーム差を0.5とした。ソフトバンクは2点を追う8回、本多の犠飛で1点差とすると、松中の11号3ランで逆転に成功。先発大隣は7回3失点でチームでは04年の馬原以来となるプロ入り初登板初先発初勝利。3人目の馬原が19セーブ目。今季5連勝中の広島先発の黒田は8回5失点で3敗目を喫し、03年6/1以来続いたデーゲームでの連勝も13でストップした。広島は梵がプロ入り初となる先頭打者HRを放つも2試合連続の逆転負けを喫し、4連敗で4位転落。

お昼前に広島空港についてバスセンターまでのバスの中。
マークシートを塗りながら、フト窓を見ると結構な雨、雨、雨。「こりゃ、やばいな」と思っていましたが、センターについて球場に向かうとピーカン。
なんじゃこれ?何かが起きる・・。
と思っていたら「松中3ラン」ですよ。そんな勘は何故か相手チーム有利に働きます。
困ったものです。

困ったものはカープでして、これで4連敗。しかも黒田で勝てません。
あの1球ですが黒田はストレート?カウントもまだ有利でしたのでもっと落ちる球での勝負は出来なかったのでしょうか?
しかし序盤からいい調子とは見えませんでした。かなり足元も気にしていましたしね。

悔いても仕方なし。栗原も前田も調子は上向きです。梵も大丈夫。
明日のオリックス戦で今日以上の結果を見せてくれるでしょう。(つまりのところいい加減勝て)

実はオリックス系列のブルーウェイブインというホテル。ここからいまアクセスを部屋からしています。
フロントの女性は「ORIX」の胸ロゴのある紺のビジターユニで受付をしています。
交流戦がある間は着用をするそうです。へー ←勝手に感心してみた(笑)

では、明日のオリックス戦に向けて休むことにします。
野球全般 | Comments(0) | Trackback(2)

気迫は伝わって来た試合

2007年06月08日
負けたけど、気迫は伝わって来た試合です。

■広島4-6福岡ソフトバンク(TBSエキサイトBB)

雨天で2度の中断を挟んだ試合をソフトバンクが今季最大、3点差逆転勝ちで制し貯金を7とした。3点を追うソフトバンクは6回、代打ブキャナンの8号ソロ、7回には多村の9号ソロ、代打柴原のタイムリーで同点に追いつく。7回、5/8以来出場の嶋に4号ソロを許し勝ち越されるも、8回に多村のタイムリー、小久保の2点タイムリーで3点を挙げ逆転に成功。勝ちは2人目の佐藤で2勝目で04年から自身9連勝。4人目・馬原が18セーブ目。広島は4回に栗原の10号3ランで先制するもリードを守り切れず今季4度目の3連敗で借金は6

ちょっと借金も限界の域になって来ましたね。
録画で見ている限りですが、新井のヘッスラ、嶋のスライディング。今日のカープは序盤から「点を取ってやるんだ」という気迫が伝わって来ました。
この気持ちが沸いてくるチームは上向きです。がむしゃらな姿勢は決して無駄にはなりません。
試合運びとしては3点リードを守れなかったこと。この3点を自慢の中継ぎで逃げ切らないといけません。永川もいただけない。
明日こそ!


■横浜1-12千葉ロッテ(TBSエキサイトBB)

ロッテは今季4度目の4連勝、横浜戦も昨年から4連勝とし貯金を今季最多の16とした。ロッテは1回に福浦の2号2ランで先制。その後はベニーの5号ソロなどで1回から5回まで毎回得点。今季3度目の先発全員安打となる16安打で12点を挙げた。先発・清水はプロ入り初安打を放ち、投げては9回2死から1点を失うも7安打3奪三振2四球1失点で今季初完投勝利。横浜は横浜スタジアムで7連敗を喫し借金は6に。なおロッテ・サブローは1回に三振を喫し、連続打席安打は9でストップした。

今日はこの試合を見てきました。球場に行って「外野自由席」→「立ち見ですよ」→「は_?じゃぁライトか」→「立ち見です」→「は_?」

結局内野B3500円です。レフト見たら「真っ黒です」。すごい、熱いよ、ロッテファン。
試合も熱かった・・一方的に。
内野ゴロで2つで2点、当たりが鋭い。黒田以外でうちは勝てるかな?自信ないなー
来週の千葉マリンが怖いです。そろそろ前田の調子が上がらないとエライめにあいそうです。明日期待!マエコレで見ますよ!


オールスター中間発表(6月8日現在)
http://www.gulliver-allstar.com/fanvote.html

<セ投手>
1 黒田 博樹 108,812
2 川上 憲伸  55,254
3 内海 哲也  50,424

<セ捕手>
1 阿部 慎之助 129,257
2 谷繁 元信 67,843
3 矢野 輝弘 65,436

<セ1塁手>
1 李 承ヨプ 102,357
2 タイロン・ウッズ 101,965
3 栗原 健太 91,620

<セ2塁手>
1 仁志 敏久 150,246
2 荒木 雅博  86,089
3 東出 輝裕  60,029

<セ3塁手>
1 小笠原 道大 139,485
2 新井 貴浩 90,695
3 中村 紀洋 63,575

<セ遊撃手>
1 二岡 智宏 104,133
2 井端 弘和 101,614
3 梵 英心 81,744

<セ外野手>
1 青木 宣親 135,741
2 福留 孝介 133,198
3 金本 知憲 120,202
4 前田 智徳 114,102
5 高橋 由伸 100,405
野球全般 | Comments(0) | Trackback(1)

今度も奇襲先発

2007年06月07日
土曜日の広島って雨かなぁ。

■広島ナックル右腕は今度も奇襲先発?(ニッカン)

広島ブラウン監督が今後もフェルナンデスの「奇襲先発」の可能性をほのめかした。前日6日の日本ハム戦はローテーション通りなら青木高だったが、中3日でナックル右腕を起用した。8回途中4失点(自責3)と好投したことを受け「もちろん今後も中3日、中4日や中5日での先発もあり得る」。肩の負担が少ないナックルボーラーの特性を最大限に生かす。

いやいやいやいや、少なくとも昨日は奇襲じゃないじゃん(笑)→日本ハム・ヒルマン監督が事前に情報交換

さて、ソフトバンク、オリックスの4試合ですが。
広池が登録抹消されましたね。んー、アスリートでは佐々岡?という記事があるようですが。
いま投手は踏ん張っているけど、打線がどうにも調子が上がらない。
でもね、これで打線が爆発したら「大連勝」の予感ですよね(まー、そううまく行かないのが最近のカープですが)。
どうやら土曜日の天気が怪しいので、この4戦は3勝でお願いします←どこまでもどん欲


オールスター中間発表(6月7日現在)

<セ投手>
1 黒田 博樹 65,936 → 89,061 → 100,560
2 川上 憲伸 30,279 → 42,889 → 50,750
3 内海 哲也 27,241 → 39,355 → 46,150

<セ1塁手>
1 タイロン・ウッズ 58,967 → 94,299
2 李 承ヨプ 55,838 → 81,191 → 94,013
3 栗原 健太 56,847 → 75,362 → 84,580

<セ外野手>
1 青木 宣親 79,352 → 110,447 → 126,245
2 福留 孝介 78,308 → 107,270 → 123,749
3 金本 知憲 65,543 → 93,419 → 111,393
4 前田 智徳 69,154 → 94,182 → 105,135
5 高橋 由伸 56,168 → 80,229 → 92,090
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

落ちてきました・・・。

2007年06月06日
打てな過ぎるにもほどがある・・(コピペ)

■北海道日本ハム4-1広島(TBSエキサイトBB)

日本ハムが球団記録を伸ばし13連勝、交流戦は無敗11連勝で、貯金を今季最多の9とした。札幌ドームでの7連勝も新記録。日本ハムは2回、セギノールの11号ソロで先制。同点の6回、セカンド松本の悪送球で1点を勝ち越し、8回には、稲葉の6号2ランで加点。先発・木下は7回を被安打4、奪三振6、四球2、失点1で2勝目。武田久-MICHEALの継投でMICHEALは13セーブ目。広島は、喜田の2号ソロの1点のみで2連敗。なお、ヒルマン監督の13連勝は、05年のバレンタイン監督を抜き外国人監督のプロ野球新記録。

札幌まで行って2試合で1得点。イコール札幌まで観戦に行ったファンは1得点しか見れなかった。ってこと。
どう思うよ?選手諸君。武田勝と木下の先発で1得点?2敗?はぁ??
広島でやり直し!ソフトバンク&オリックスの4連戦は最低ノルマを3勝1敗で!
ほんと、ここで負け越しなんてしたらズルズルですよ・・。
横浜とヤクルトに調子が戻って来ましたよ・・。


■日本ハム・ヒルマン監督が事前に情報交換(ニッカン)

13連勝を飾った日本ハムのトレイ・ヒルマン監督(44)が「予告先発」をしていたことを試合後、明かした。広島ブラウン監督と互いの先発投手の情報を事前に交換。「アメリカでは先発を知らせるのが礼儀。向こうの誰が投げてくるかは事前に知っていました」と話した。米メジャー、マイナーでは通常のことだと力説し、2人の間ではフェアに戦ったことを強調。試合前には広島フェルナンデス対策で打撃投手を務め、ナックルボールを多投して勝利に貢献もしていた。交流戦ではセ・リーグのルールを適用し、予告先発はないが「当たり前のことです」と堂々と話していた。

なんだよ、ナクシーは奇襲でもなんでもなかったんだな・・・でペローンはどうしたの_?このままじゃマリンで見れないんだけど??

そう言えば今週の広島・・天気が怪しいんだよね。


<セ投手>
1 黒田 博樹 65,936 → 89,061
2 川上 憲伸 30,279 → 42,889
3 内海 哲也 27,241 → 39,355

<セ1塁手>
1 タイロン・ウッズ 58,967 → 81,349
2 李 承ヨプ 55,838 → 81,191
3 栗原 健太 56,847 → 75,362   3位に落ちました...。
4 吉村 裕基 30,617 → 44,394
5 A.シーツ 29,040 → 41,705

<セ外野手>
1 青木 宣親 79,352 → 110,447
2 福留 孝介 78,308 → 107,270
3 金本 知憲 65,543 → 94,182
4 前田 智徳 69,154 → 93,419   4位に落ちました...。
5 高橋 由伸 56,168 → 80,229
野球全般 | Comments(0) | Trackback(1)

ハム球団新記録となる12連勝、を献上

2007年06月05日
打てな過ぎるにもほどがある・・

■北海道日本ハム2-0広島(TBSエキサイトBB)

日本ハムが球団新記録となる12連勝、さらに交流戦新記録となる10連勝を今季5度目の完封勝ちで飾り、貯金を今季最多の8とした。日本ハムは3回、栗原の失策、田中賢介のタイムリーで2点を先制。今季2度目の先発となった武田勝は自身最長の7回を無失点に抑え、昨年から続く自身の連勝を3に伸ばした。広島は3回の2死満塁の好機を生かせず、日本ハム投手陣の前に今季4度目の完封負け。広島先発大竹は8回2失点ながら、味方の援護がなく自身3連敗。なお、日本ハムは本拠地6連勝で、3/28以来の2位浮上。

ホント相手の記録がここ一番!ってところに献上しちゃいますねカープは。
終わってみたら勝-久-マイコーでハムの完封勝利。はい、球団新記録。

粘りがねーよー(TT)

5安打じゃ無理。栗原~ここ一番で打ってくれ・・・なんでここで下降気味。
2度のチャンスを1回生かしましょう。ここは粘り強くプレイ。そして辛抱です。


■広島新球場建設の負担割合で市・県・財界合意(スポニチ)

2009年開幕前の完成を目指す広島の本拠地新球場建設で、秋葉忠利広島市長と藤田雄山広島県知事、宇田誠広島商工会議所会頭は4日、3者の協力を確認、建設費90億円のうち市・県・経済界が拠出する46億円の負担割合に合意した。内訳は広島市が2分の1の23億円、県と経済界が各4分の1の11億5000万円。秋葉市長は「球場建設は大きな節目を迎え、本格的に動きだす。魅力的な都心づくりに全力で取り組みたい」と述べた。

やっとかよ。もう着工はしているけど、あと1年半しかないぞ。大丈夫かね?そもそも90億で出来るのか?大丈夫かね?


■マー君、ダルに1万票差…球宴ファン投票第2回中間発表(報知)

オールスターゲーム運営委員会は4日、「2007ガリバーオールスターゲーム」ファン投票の第2回中間発表を行った。楽天・田中将大投手(18)は、2位の日本ハム・ダルビッシュとの差を約1万票に広げ、パの先発部門トップをキープ。また、第1回中間発表でセの外野手部門3位につけていた阪神・金本が広島・前田智に逆転され、阪神勢で残ったのは、抑え部門1位の藤川だけとなった。最終発表は7月2日。


中間発表第二弾ですね。前田が金本を抜いて・・・それでなきゃ!

<セ投手>
1 黒田 博樹 65,936
2 川上 憲伸 30,279
3 内海 哲也 27,241

<セ1塁手>
1 タイロン・ウッズ 58,967
2 栗原 健太 56,847
3 李 承ヨプ 55,838
4 吉村 裕基 30,617
5 A.シーツ 29,040

<セ外野手>
1 青木 宣親 79,352
2 福留 孝介 78,308
3 前田 智徳 69,154
4 金本 知憲 65,543
5 高橋 由伸 56,168

もしもーし、黒田は川上に3万5千差ですよー!ちゃんと報道してー!

栗原がかなりいいところまで来ています。もうちょっとでウッズを抜きますね。1000票差。
他球団にも結構人気あるんですね。今日も最低ノルマ10票完了しました。v( ̄∇ ̄)ニヤッ
野球全般 | Comments(0) | Trackback(1)

ブラウン監督が日本ハムに宣戦布告

2007年06月04日
あー、試合がないのにブログ書く時間が無い。
こういう日にちゃんと書きたかった・・。

■ブラウン監督が日本ハムに宣戦布告(ニッカン)

広島マーティー・ブラウン監督(44)が親友の日本ハム・ヒルマン監督に宣戦布告した。11連勝中で、交流戦もセ5球団に負けなしの9連勝中の相手に対して「連勝中のチームはいい気分でいるものだが、我々は赤いユニホームを着て、カープの野球をしっかりやるという気持ちを持てば勝てる」と自信を示した。4日は仙台から札幌に空路移動。疲れも見せず、室内練習場で約2時間の全体練習を行った。

勝てる!力強い!さすがマーティーはスキは見せません。当たり前だけどな。
さてこの2連戦の先発はどうするのでしょうね?
大竹、青木(ペ)でしょうか。ハムがわかりませんね。木下、武田勝あたりでしょうか。
中4日で吉川もあるかも。
しかし先発がこんなにいなくても11連勝ですからね。
総合力がついてきた証拠でしょう。
「ここで勝ったら目立つぞ、カープ!」


■黒田が昨年7月以来の完封で6勝-デーゲームでは13連勝(サンスポ)

黒田は昨年7月2日以来の完封勝利を飾った。4安打で三塁すら踏ませぬ快投。エースの貫録を十分に見せつけた。前日2日は、5年前に他界した母親の命日だったという。「そのために勝ちたい気持ちもあったし、それ以上にチームが勝てて良かった」。自身のデーゲームでの連勝は13に伸び、チームの連敗も4で止めた。エースの口元に笑みが浮かんだ。

太陽電池?(笑)
やはりエースの存在は大きいですね。阪神がここまで苦戦しているのは10勝勝てる井川がいないこと・・は大きいですよね。
黒田3億円残留は安かったかもね。本当によく残ってくれた、マジ、黒田はちゃんと応援しないとね。
でも浜スタとかで練習風景を見ても黒田だけは声をかけられないんですよね。
怒られることはないだろうけど、オーラが・・・声が出ないんですよね。
黒田のゲーフラも作らなきゃね。
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

黒田、完封で6勝目

2007年06月03日
録画失敗ってナンだよ、もう!俺!w

■東北楽天0-2広島(TBSエキサイティングBB)

広島・黒田が06年7月2日中日戦以来、交流戦では初、自身14度目の完封勝利。チームは連敗を4で止め、借金を3に減らした。広島は5回、梵の併殺崩れの間に1点を先制。さらに、8回に新井のタイムリーでリードを広げた。先発・黒田は4安打5奪三振2四球122球で今季3度目の完投、デーゲームでは03年7月6日から13連勝でリーグトップに1差の6勝目。楽天は再び借金1。4月15日以来、今季3度目先発の松崎が5回を4安打1失点の好投も4敗目。なお、3人目渡辺恒樹は1回1/3を無失点で22試合連続無失点を継続。

録画出来ていないのでスコアだけで感想。折角勝ったのにね・・寂しい。
今日は黒田のピッチングにつきるでしょう。4安打完封で6勝目。文句なしですね。
当初仙台に行く予定だったのですが、行けなくなったので「完全試合とかやっちゃたら困る、ヤダ」とわがままモード突入。R25で高須のヒットを見てなぜか安心。
その前に2本ヒットが出ていたようですが(笑)
4回、8回は先頭打者をヒットで出しながらも次の打者を併殺打。
さすがエースの内容です。きっと中間発表ですがファン投票1位も力になったのかなぁって。そう信じたく、そして絶対に1位にしたいと。
打線のほうは東出と倉以外はヒットが出たようですね。それで2点ってさ。
もうちょっと頑張りましょう。花丸はまだあげないよ。


今日は昨日予告した「横須賀スタジアム」に行って来ました。
湘南シーレックスvs北海道日本ハムファイターズ。2000人近くの観客でした。
結構自宅から近いんですこの球場。割と見やすくて好きですね。

試合内容はハム先発のスウィーニーが奮投するものの、最後はシーレックスがサヨナラ勝ち。目立った選手は、ハムでは1番ライト工藤ですね。
とにかく足が速い。守備もその足を生かしているし、盗塁も余裕のセーフ。
9回2アウトからボテボテの当たりでエラーが記録されていますが、完全にサードが焦った結果のタイムリーエラー。ちょっとズバ抜けていましたね。
いま1軍で活躍している森本と同じ歳。そうなると稲葉、坪井の後継者か。しかしこの二人も35、33歳ですからね。工藤の1軍での出番が非常に微妙ですね。
あと捕手登録ですが、小山の打撃センスは光っていましたね。
ファンもたくさんいるんですね。他にも尾崎、今浪、今成といい選手がゴロゴロします。
木元をカープにいただけないでしょうか・・。

シーレックスでは、先発の北ですね。入団のときにかなりビッグマウス系?と思ったのですが、投球内容も堂々としていて素晴らしかったです。3回しか投げなかったのですが、たぶん8奪三振だったのでは。少し胸を沿って溜めて投げるフォームですので力強さに加えて球の出所がわかりにくいのではないでしょうか。変化球にもてこずっていました。
もうちょっと長いイニングを見たいですね。これから要チェックです。
野球全般 | Comments(4) | Trackback(2)

打てません、4連敗です。

2007年06月02日
明日の安田記念。エイシン・・・ゴホンゴホン。

■東北楽天3-1広島(TBSエキサイティングBB)

楽天は勝率5割復帰、交流戦6勝2敗で2位浮上した。楽天は4回、藤井の犠飛で先制。6回、広島に新井の犠飛で同点とされるも、8回、1死二・三塁から代打憲史の打球をショート梵が失策、その間に走者2人が返り、勝ち越しに成功。先発有銘は7回を115球、被安打4、奪三振4、四球3、失点1も勝ち星は付かず。2人目の小倉が今季2勝目。福盛は13セーブ目を挙げた。広島は先発フェルナンデスが5回1/3を117球、被安打8、奪三振0、四球5、失点1の内容も、守備の乱れで今季2度目の4連敗、借金を4に増やした。

キーマンと何度もここで書いていた梵が・・今後爆発するきっかけの試合になりましたね。
そう思いましょ。

今日はここまで!超短!w

明日は(起きれたら)横須賀に行ってこようと思います。
野球全般 | Comments(0) | Trackback(1)

黒田、ファン投票1位(中間)

2007年06月01日
日本の野球ファンもなかなかいい目をしていますよ。

広島黒田、ファン投票1位に「うれしい」(ニッカン)

広島黒田博樹投手(32)が、球宴ファン投票の第1回中間発表で、先発投手部門の1位になった。「とてもうれしいです。でも今は自分の満足できる投球ができていない。まずは自分の投球をしてチームの勝利に貢献したい」と話した。05年はファン投票1位で出場、昨年は同2位だったが監督推薦で出場している。

01 黒田 博樹 C 36,451
02 川上 憲伸 D 20,492
03 内海 哲也 G 17,655
04 高橋 尚成 G 15,332
05 寺原 隼人 YB 15,067
06 下柳 剛  T 10,592
07 工藤 公康 YB 9,638
08 山本 昌  D 6,219
09 三浦 大輔 YB 4,352
10 石井 一久 S 3,149

この中間発表の1位はカープファンにとっても嬉しいことです。
”あの決意”をこの票で表したいのは幼稚な発想かも知れない。でも黒田に喜んでもらいたい。感謝の気持ちもあります。頑張ってくれという気持ちもあります。

冒頭の「なかなかいい目」は→

DH部門 1位 山崎 武司 70,906 

今回の最高票が武司でした。正直、黒田の1位よりも嬉しいかも。
頑張れベテラン!若いものに手本を見せてやってくれ!


■横浜3-5北海道日本ハム(TBSエキサイティングBB)

日本ハムが昨年6/20~7/7の11連勝以来となる9連勝をマーク、交流戦開幕からの連勝を7とし貯金を今季最多の5とした。1回に1点を先制された日本ハムは5回、稲葉の犠飛、小谷野の2号2ランで3点を取り逆転に成功。再び同点とされた8回には金子誠のタイムリーで1点を勝ち越すと9回にも1点を追加し横浜戦での連敗を4、横浜スタジアムでの連敗も6で止めた。2人目の押本が06年9/19以来となる今季初勝利。5人目MICHEALが9セーブ目。横浜は今季2度目の4連敗で5位転落。借金は今季ワーストの5。

相模原、横浜と連チャンで雨で中止。連チャンで球場まで行っている私。
やっとこさ、「横浜vs北海道日本ハム」を見ることが出来ました。
正直9回まで試合が見れたことが嬉しいかも(笑)

さて試合を見終わった感想「ハムは強い勝ち方を知っている」。
これにつきますね。

1点ビハインドでハムは再三チャンスをものに出来ない。
しかしタダでは終わりません、アジアチャンピオンチーム。
5回に1アウトから賢介のレフトフェンス直撃の3塁打。そして稲葉の犠牲フライで同点。
そしてセギノールは四球。・・どうも最後のボールは足元に来たらしい・・加藤に「謝れ」とジェスチャー。もう加藤はチビっちゃいました。
小谷野が、レフトへ高く打ち上げたボールはスタンドへ。これで3-1。
一度は佐伯の同点打。しかし、8回にセギ、小谷野がたった2球で「ノーアウト1、3塁」。続く坪井はショートゴロ。3塁ランナーのセギが三本間粘って2・3塁。
これで代打小田を四球にして満塁を迎えるしかない横浜。
ここで勝負アリですね。金子がタイムリーで勝ち越し。

んー、序盤は拙攻はあったものの、ここ一番のチャンスはしっかりものにします。
セギの走塁もそうでしたが、「粘り」があるんですよね、ハムは。
投手に目に見えないところでプレッシャーを与えている。もしかしたらセギの抗議もポーズだったかもね・・。
強いチームの勝ち方ですね。9連勝で、交流戦は負けなしの1位。
投手も新人の吉川が緩急をつけた未来を感じさせる内容。そして押元はマックス150km。
武田久は説明はいらない。先発投手が足りなくても中継ぎ投手がしっかりしている。
この右のパワーアームがいるのが大連勝の原動力でしょうね。

カープはまだまだだぁ・・1番森本、2番田中、3番稲葉、この3人がしっかり並んでいますよね。骨太いんですよね。そう考えると「いかに梵と東出がしっかりせなあかん!」と再認識。
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。