スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

永川が3人できっちり9回を終えた件

2008年04月30日
ナゴキューの2日間は非常に楽しかったです♪

■讀賣3-2広島(TBSエキサイトBB)

巨人が東京D4連勝で借金は2、3位ヤクルトとのゲーム差1で変わらず。巨人は1点を追う2回、ラミレスの7号ソロで同点に追いつくと、4回にゴンザレスのタイムリーで逆転。同点の7回には、ゴンザレスが1号決勝ソロを放った。先発グライシンガーは7回を5安打2失点で自身3連勝の3勝目。セーブはクルーンで7個目。広島は1回、天谷のプロ入り初HRが先頭打者HRとなる1号ソロで先制。1点を追う7回、ルーキー小窪のプロ初打点となるタイムリーで同点に追い付くが、借金は今季ワーストタイの5。2人目梅津が今季初黒星。


■讀賣3-4広島(TBSエキサイトBB)

広島が連敗を2で止め10勝目。広島は1回昨年の高橋由以来、広島では96年7/17・18の緒方以来となる赤松の2試合連続2号先頭打者HRで先制。1点を追う8回に東出のタイムリー2ベースで追い付き、9回にシーボルのタイムリーで勝ち越しに成功。先発大竹は6回2/3を投げ6安打2失点。3人目永川が去年の8月24日の巨人戦以来、今季初勝利。巨人は1点を追う7回、亀井の今季初、06年7/26以来自身2度目・1試合2HRの2ランで一時は逆転するも、中継ぎ陣が踏ん張れなかった。5人目の門倉が今季初黒星。

昨日の試合は見ていないので感想はパス。
そして今日ですが途中からTV観戦をしました。コズが亀井に打たれて「あぁここまで」と思ったら、東出がやってくれました。+ラミレスの守備力に助けられました。
今日のヒーローインタビューは永川でしたが、解説の江川氏が言う通りよくフォークを石原がランナー3塁にいても投げさせました。
インタビューのときに気づきましたが、非常に永川は淡々。平常心?でも本人は勝ち越したので絶対に勝たないととコメントしていましたので内に秘めたものは熱かったようです。しかし8回の四球はいただけないぞ。
9回の攻撃ですが、アレックス、天谷がよくつなぎました。やはり左打者のあの打球・・・決して速くないランナーが3塁へ行く姿をみて「これこれ、これが見たかった」
しかし15安打で4点というスコアが物語っているように拙攻も目立ちました。
7回の先頭の赤松が足が生きた2塁打。しかもノーアウト。しかしランナーを進めることの出来ないキダゴー。うーん?ここは小窪でもよかったのでは?
キダゴーが準備をしていたのでそのまま打席に立たせましたが「ランナーを進める」という選択肢はネクストサークルにいたキダゴーにはなかったのでは?
あそこは準備はしていたけど、小窪にも準備はさせておくべきだったでしょうね。あれはベンチのミス。
それと同点に追いついた8回。1アウト1-2塁で赤松。今日先頭打者ホームランを含むマルチの2安打でしたが・・・ここは経験のある門倉。
しかもフォークを連投されるとなかなか初対決の選手には厳しいのかな?と。それならばセーフティバントで揺さぶる選択はなかったのでしょうか?
悪くても2アウト2-3塁。うまくいったら相手が赤松の足がきになってファーストへの送球が逸れる可能性もあった。謙二郎も言っていましたが「3塁へランナーを進める」という貪欲な姿をもっといまのカープに欲しいです。
以前もここに書きましたが、「1アウトランナー2塁でバッターは投手」でしたら送りバントで「2アウト3塁」の選択があってもいいと思います。特にいまは1-2番の足の速い選手に続きますからタイムリー内野安打の可能性もある。
また3塁にランナーがいたらフォークを投げる選手には多少のプレッシャーになる。もしそれが点につながったら相手へのダメージも違う。うまい点の取り方・・それをもっといまのカープは追い求めて欲しいです。
その目標につながる手段が”機動力”だと思うのです。

名古屋で写真を数枚ですが撮ってきました。明日の日記でご紹介しようと思います。



スポンサーサイト
野球全般 | Comments(3) | Trackback(2)

4月29日-30日 ウエスタン☆ドラゴンズ戦(ナゴキュー)

2008年04月29日
今日は名古屋です。

ウエスタンです。東京ドームで1軍の試合があるのに名古屋です。
速報の余裕があったら書こうと思います。(コメント欄に)

書けないときは家に帰ってから写真を貼ろうと思います。すみません、やっつけ気味でw
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)

ウエスタン順位表の謎

2008年04月29日
名古屋に行ってきますので今日の日記は先にネタを書き落とし。

オリックスの公式サイトからウエスタンのチーム成績を見る。

zyuni_01


得点5、失点8。で1位だそうです。ちなみに土曜日現在もこんなバグっぷりでした。
うーん、1勝を1対0の完封勝ちにしても最大で5勝。でも9勝している・・・なんかヨーロッパのサッカーみたいなペナルティでもあったのだろうか?それにしては1位は変だがw

仕方がない、ソフトバンク・・・と思ったが今年からパリーグは共通なんだよね。個性ネー。

本当に仕方がない、老舗阪神サマなら間違いないだろう。

zyuni_02


orz  順位表がない。ファームは関係ないのか。昨日の結果(スコア)すら更新されていない。

仕方がない、明日の相手ドラさんを見よう。

zyuni_03


あれ?カープが首位じゃなかったのか??

カープのサイトへ行ってみる。

zyuni_04


あ、2位なんだ。一度首位になって6連勝していて2位?SBも連勝しているということか・・・

あれ?SBが10勝になっている。1勝多くないか?wwwww

NPBを見るとどうやら「9勝でソフトバンクが首位」のようだ。
ということでカープが違う!(w

たぶんだが、ソフトバンクが讀賣と交流戦をしているのでそれを含んでいるのではないだろうか?
まて、交流戦の成績は含まれないのか?含むとしたらカープは正解でNPBが間違っていることになる。

誰かこの謎を解いてー!   謎ってほどじゃねーと思うが



野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)

ボール球に手を出したり、打ち損じたり・・・

2008年04月28日
鞘師組(仮)からいらしたお客様へ
昨日の日記をご覧下さい。でも「赤羽のベンチ」の答えはありませんよ(笑)

■ブラウン監督、初物&退場翌日勝てません(ニッカン)

試合前のミーティング。初対戦の小林に対しての攻略法が説明された。「高めの甘い直球に狙いを定めて打つこと」。シュートやチェンジアップ、スライダーなど変化球は低めに集まる。速球が高めに浮きやすい投手であることは確認済みだった。しかし、高めは高めでもボール球に手を出したり、打ち損じたり。技術面の問題もあった。

技術面か・・それはファンも承知だが、コーチ面はところで足りているのか?
そりゃぁ「狙い絞って振りぬけ♪」とはファンも歌ってはいますが、高めの甘い直球に狙いを定めて・・・って。右中間左中間を狙って強く打てぐらいのほうがいいんじゃねーか?あ、技術面か(泣)
昨日は練習を見ていても土曜日よりも打球は伸びず。風の影響もあったかも知れませんが、全体的に元気がないですね。
土曜日は梵の突然の2軍降格でピリピリした空気を感じたのですが、気のせいだったのでしょうか。


■相沢悔し3失点…制球力に課題 ウエスタンT戦(スポニチ)

3年目の左腕・相沢が5回1/3を3失点(自責点2)で降板した。4回には1死満塁から一、二塁間を破られる適時打と広瀬の遊ゴロ失策で逆転を許した。味方が同点に追いついた直後の6回にも2人の走者を許し、マウンドを譲った。4回以降はボールが先行する苦しい投球だっただけに、制球力に課題を残した。チームは4人の継投で6連勝を飾った。

強いねー、2軍は。
昨日広池のブログを読んでいたら最近の好調は選手の数が増えたこと、と。信じられない話ですがちょいこの前まではキャッチャーをレフトに守らせたりしていました。専門の守備位置につけないのですから「選手の成長」は妨げるのは当然でした。
井生くんも大野で打ち込みをしていたそうですから、1軍を行き来する選手も自分のメニューで調整をすることが出来ます。
梵ももしかしたら名古屋は帯同しないかもね。それでも「32」ユニは持って行こうと思います。とりあえず明日の名古屋は晴天と聞いていまから心浮き浮きモードです。
大島、今井、篠田、マエケン、相澤のローテはなかなか魅力的!予定通りなら大島が見れそうです。


さて。悲観的な1軍への私のコメントが続きますが。それでも3位の目は無くなっていないと思っています。
確かに打線は湿っていますが、ちょっとしたきっかけで調子を戻すことはあります。しかし投手、特に先発はそうはいかない。
この数年鯉のぼりと共に下がってしまうのは「魔の交流戦」。先発がゲームを作れないことがチームの成績に直結していると思います。
しかし今年は違う。ルイス、建が安定したピッチング。そして大竹ももうちょっと。3人10勝出来る見込みがあればAクラスは夢ではありません。
確かこの10年で3人の10勝投手がいてAクラスにならなかったチームは1つしかなかったかな。(週ベで特集していましたよね?)
いま欲しいのは打線の勢い。ムードメーカーが欲しいね。ファンが見ていてわくわくするような選手。
このブログでも開幕前に書いたけど、松山が3番で起用とかね。技術面ではまだ問題はあるけど、小早川のデビューのようなイメージが私はあります。
あれはフレッシュで試合を見るのがいつも楽しかった・・・あの雰囲気がまたカープに帰ってこないかな、と思っています。
ただ「サード松山」は練習を見る限り怖すぎます(笑)




楽天は調子いいなぁ・・・
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

天谷ぁぁ、ベンチベンチ、ベンチ見ろ!

2008年04月27日
今日は試合結果の前に。

終盤だったと記憶していますが。某有名サイトの中の人が「天谷!ベンチベンチ!」と。
彼は私の隣にいたのですが。どうやらベンチの永田コーチが左中間を詰めろと指示をしている。しかし気づかない天谷・・・
1球....2球...3球と続くが気づかない天谷。でもベンチからは視線を感じる(私たち一部のファンがw)

そしてそのときは来た。我慢できずに私も含めて数人で叫んだ「天谷、ベンチ見ろ!」

そして天谷。

amaya モデル;キャシャーン

ハっ!とやっと気づいてベンチの指示をもらう。「あ、こっちすか?」と言わんばかりにセンター方向を指差すwww

ファンにベンチの指示を教えてもらうカープのレギュラー選手・・・こんなんで勝てるわけがねーだろ(泣笑)

■横浜3-1広島(TBSエキサイトBB)

横浜が今季4度目の逆転勝ちで借金11。開幕から9カード目で初のカード勝ち越しと、今季デーゲーム10戦目で初勝利。横浜は1点を追う6回に、村田が8試合ぶりとなる6号2ランで逆転。8回には2死から内川の適時打で1点を追加した。先発小林は6回を被安打6、1奪三振無四球1失点、チームの新人では山口が06年6/29巨人戦で記録して以来のプロ初先発初勝利。寺原は06年7/1ロッテ戦以来の救援、02年10/6ロッテ戦以来のセーブを挙げ通算2セーブ目。広島は3カードぶりの負け越しで借金4。青木高は今季初黒星。

「まぁ小林打てなきゃうちの打線は重症だよ」と試合開始前に仲間に宣言をしておきましたが、ここまで重症とは。
先日横須賀で見たときの印象は「早いけど、コントロールがねーなー」。しゃるさんの情報だとヤマハは1イニングで5点取ってことがあるそうだが・・・
外角のスライダーかな、あれがよく決まっていましたね。しかしあんだけカープファンが詰め掛けて「栗原のポテンヒットで1点」とはやる気あんのか?君たちは?と問いたい。もしくは1700円返せ。

試合を振り返ると8回裏の岸本が内川を迎えたとき。うーん?ここは歩かせて次にタカノリを代打で出させてコズにスイッチ・・という選択は・・・あああああああああ、ときすでに遅し。
マーティーに直電出来なかった私の責任です。

ま、試合のことはこのぐらいでいいか。暗くなる。

しかし今日のレフトスタンドは熱かった。もう土日の横浜・神宮は開門までに並ばないと自分の好きな席には座れませんね(もちろん自由席ね)。
たぶん今日も昨日と同じだと思いますが外野自由当日券はレフトのほうが先に売り切れたと思います。昨日は試合開始後40分ほどで売り切れたとか。
で、この3試合のカープの得点はいくつでしたっけ?2点、2点、1点。勝ち越せるわけがない。
全然客が押し寄せてもなんも変わらないカープ。マイペース。あ、試合の感想に戻っていましたw

ご自分の席を希望される方は前日にシートを貼ることが出来ますから(前日に試合がある場合は試合終了後)それを有効に使ったほうがイイと思います。
長蛇の列だと入場するまでに疲れてしまいますからね。特に夏場。5月の連休が明けての週末に神宮3連戦がありますのが、チームの成績は全く関係なく満席になると思います。
遅くなってしまう方は内野席のほうが賢明かも。神宮の外野だったらどこかには座れると思いますけどね。(ハマスタはこのところ必ず立ち見が出ています)
野球全般 | Comments(8) | Trackback(3)

建、貫禄のピッチングで3勝目!

2008年04月26日
ネタ満載で建の好投はヒーローインタビューで気づいたくらいだw

■横浜1-2広島(TBSエキサイトBB)

広島が借金を3に減らした。広島は7回、無死満塁からシーボルのタイムリーで先制。さらに8回、代打・緒方の昨年5月23日以来の打点となるタイムリー2ベースで追加点。先発・高橋が7回を3安打5奪三振2四球の無失点で、自身3連勝の今季3勝目。3人目・横山が3セーブ目をマークした。横浜は2点を追う8回に内川のタイムリーで1点を返すのみ。先発・三浦は7回3安打1失点で3敗目。なお広島のブラウン監督が、7回に審判への暴言で退場。監督としてはリーグ最多の6度目。広島は監督退場試合は6戦全勝。

ネタ満載。
練習時。梵がいない・・・どこにもいない・・・あれ?白濱がいる。いや違う、あれは小窪だww ということは・・・梵はお里帰りか?

ピッチャーは高橋建。今日もコーナーにすばらしいコントロール。あの右打者への外角のシュート。とても有効。
開幕当初、建がローテ投手?ありえない・・・と言っていたが今年のシーズン終了後に「頼む、メジャーに行かないで」と願う自分がすでに負け気分。

カープは初回に東出のライト前でチャンス到来。しかしアレックスのライトフライで飛び出す東出。3人で終了。いつもながらの光景だ。慣れている。

ここから0行進が続く。なんとカープは2回から6回までノーヒット。そして問題の7回。
先頭のアレックスが打席に立ったときに最近カープファンがハマっているあのコールだ。「ア、レックス、ア・・・・村田弾いたww」
レフトスタンド3000人のカープファンが皆思ったに違いない「村田はきっと俺たちのコールで驚いたんだ」
そうそう解説の与田が「カープファンのほうが多いですね」と。与田さん、それは禁句なんですけど・・・。

確かに今日のカープファンの外野列はすごかった。昨日の晩のシート張りから気合入っていましたからね。
偵察でライト側の列も見てきましたが普通・・・かな。カープのほうがちょっと多かったかも。横浜調子悪いしね・・・
でもうちも悪いのですがね・・負ければ負けるほど客が来る。そんなチームは世界中探してもありません。オンリーワン。

話は試合にリターン。栗原も続いて1,2塁。
このときも実は「栗原選手にはいつもホームランというと力んでしまうので、ここは基本に戻って・・・ヒット、ヒット栗原!」とレフトで応援団のリード。
そして見事ヒット。気持ちは通じるのか?ならば「勝てカープ!」

そして「今日の出来事」。前田がバントの構えをしたが引っ込める。そしなぜかストライクの判定。前田怒る。マーティー怒る。
球審は球界の問題児&アンチカープの谷だ。
レフトスタンドからもよく見えましたよ。でもあれってコトが終わりかけてから球審が「なんですか?」と突っ返しませんでしたか?
それにマーティーが怒って退場になったような。友寄のときもそうですが「過剰に反応しずぎですよ、日本の球審さん」。
マーティーは演技ですから・・・全国放送のときしか退場になりませんからww
まぁマーティーはベースに砂をかけて平泳ぎみたいになっちゃって帽子まで投げちゃって・・・・子供みたいw
喜ぶカープファン(笑) 退場とコールされて喜ぶカープファン(笑)そして喜ぶ横浜のファン・・・・・おぃおぃ全くカープの野球を全く知りませんね。「マーティー退場は全勝」ですからw

もひとつびっくり横浜ファン。コズのボークでランナーが2塁に行ったのに「ポカーン」。
あのー、敵が言うのもなんですが「もっと喜んだほうがよろしいかと・・・」ゲーム誰も見ていないのかと心配しちゃいましたよw

で、ネタは続いてノーアウト満塁でシーボッさんが右中間!!!あれ?シーボッさんがファーストに戻っている???
これ栗原のスタートが激遅かった・・・見えていました。で、3塁コーチとぶつかってこれもアウト。あああああ、なんだこのアマでも出ないプレイ。
これでも負けなかったのですから、横浜さんの拙攻というよりマーティーの呪いでしょ、これ。

8回は2アウト2塁から緒方が初球を打ってセンターオーバー。このときも緒方ファンファーレで「カキーん!」
応援していた人にはたまらん試合でしたね。ピッチャー交代時にレフトからセカンドベースにいる緒方へコール!
「お が た!お が た!」  そして帽子を取って両手で応える緒方     ・・・カッコいい、もう抱いてww
レフトスタンドのファンがもうメロメロ。男女関係なし。さすがスター緒方。

8回からはコズ。そして途中から横山。9回も横山。そして最後の鈴木タカを外角ストレートビシっ!で見逃しの三振!

フー、勝ててよかった。ナイターで唐川くんが初登板で勝っただけに今日負けていたらカープファンは眠れない長い夜になるところでしたよ。

でも眠い目をこすってまた並んじゃうんだろうなぁ。長年カープファンやっているけど「地球温暖化と比例してカープファン熱は上がっています」

最後になりましたが今日の勝因は色々あり。でも忘れてはいけないのは8回の小窪のバント成功。そして点にはつながりませんでしたが赤松の3バント成功。こういった小技をしっかりと決めていけば手堅い野球は必ず出来るようになります。
それと内川が建の打球を逸らしましたがちゃんとバットでタイムリー。こういった姿勢は・・見ているか!梵!2軍できっちり鍛えてから1軍に帰って来い!



野球全般 | Comments(4) | Trackback(2)

カープ、横浜に今期5勝目をプレゼント

2008年04月25日
多村・・・。どんだけお前はスペランカーなんだよ。→右腓骨骨折で前半戦絶望的

■横浜3-2広島(TBSエキサイトBB)

横浜が連敗を5でストップし今季5勝目。横浜スタジアムの連敗も4で止め借金11。横浜は1点を追う2回内川のタイムリー3Bで同点。再び1点を追う7回に広島ショート梵の野選で同点、さらに仁志の遊ゴロ併殺崩れ間に勝ち越す。先発ウッドは6回2/3を5安打2失点、2人目・マットホワイトが来日2年目で初勝利、横山・木塚と継投し5人目・今季初登板の川村が06年9/19中日戦以来となる通算4セーブ目。広島は散発6安打、2回栗原2号ソロ、3回天谷2号ソロのみで借金は4。先発ルイスは8回を7安打8三振3失点も3敗目。

今日の1負は大きな意味がありますね。
まず5連敗と弱っている横浜を叩けなかったこと。そしてルイスで負けたこと。
本当に讀賣が徐々に上がってきましたので力関係でヤクルト、横浜、この2チーム簡単に負けているようでしたら4位以上はありえません。
そして今日は試合運びが今年1番昨年並みじゃなかったかな。

広島 0 1 1 0 0 0 0 0 0    2
横浜 0 1 0 0 0 0 2 0 X    3

着いたら天谷のホームランの後でした。ということで「今日は宮島さん歌っていません」

惜しい攻撃は5回ですね。赤松が俊足を生かして内野安打。そして盗塁、そしてルイスのバントで1アウト3塁。
足を使ったこのリズム。しかし天谷が浅いセンターフライ。
これねぇ・・・赤松に「タッチアップやろ!」という野次がありましたが微妙でしたね。落としてから走り出してもホームはつけませんでしたね。
タッチアップをするにはセンター金城だっただけにリスクもあったかと。東出ここで打って欲しかった。
8回も2アウトから栗原四球、シーボルヒットで1-3塁。ここで石原に代えて「代打前田」。しかし球を抜かれて空振り三振。
今日は「前田組不発」。
そんなこんなの拙攻が続いたら村田の好守備で相手にリズムが。決して取り戻したわけではないのですが、梵の判断力欠落のスキをやられました。 orz

9回の先頭打者も梵。代打でいいかな?と思ったのですがマーティーは名誉挽回のチャンスを彼に与えました。
結果は見逃し三球三振。努力とか気持ちの問題じゃない。何でもいいから塁に出る結果を出さないとダメ。
チームリーダーを目指す男がこんなションボリした結果では誰もついてきませんよ。厳しいことを言いますがチームの要とならなければいけない男です。

明日の梵を楽しみに球場に行きます。
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

東出が大活躍、全得点に絡んで猛打賞!

2008年04月24日
久しぶりに野球ザッピングしました。小田すげー!

■広島5-3東京ヤクルト(TBSエキサイトBB)

広島がシーボルの3打点の活躍で借金3とした。広島は1回2死満塁からシーボルの2点タイムリーで先制。3回無死2・3塁から栗原の今季2本目となる2点タイムリー、5回にはシーボルのタイムリー2Bで加点。先発大竹は6回5安打3三振3失点で今季初勝利、永川・コズロースキー・梅津の継投から5人目横山が今季2セーブ目。ヤクルトは4回宮本の押し出し四球、6回青木の2号2ランも勝率5割に逆戻り、4位巨人に1ゲーム差に迫られる。先発リオスは5回8安打5失点で今季3敗目。青木と田中が同率の.375で打率リーグトップ。

今日の1勝は大きな意味がありますね。
まず同一カードを負け越さなかったこと。1勝1敗。ホームで負け越しはいけません。
しかも讀賣が徐々に上がってきましたので力関係でヤクルト、横浜、この2チームに負け越しているようでしたら4位以上はありえません。
今日は試合運びは今年1番じゃなかったかな。

東京 0 0 0 1 0 2 0 0 0    3
広島 2 0 2 0 1 0 0 0 X    5

エラーも絡みましたが”初回”にシーボッさんの2点タイムリー。そして中押しで4番栗原が2点タイムリー。力強いいい打球でした。
そこから失点はしますがシーボッさんがさらに中押しのラッキータイムリー、今日3打点。
大竹は電池切れで青木に初球を叩かれて2点差。もうここからは点を入れさせないリレー。永川、コズ、梅津、横山のゴールデンリレー。
最後の横山はよくわかりませんでしたが、何かデータだったかな?
この試合運びを見たかった。強いチームは8裏に駄目押し・・・なんてありますがカープにしては上出来ですよ。明日のマーティーのコメントが楽しみです。
冷や冷やする場面(ナガカーが出てきた瞬間がドキドキピークでした)もありましたが、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

さて今日から選手入れ替えが激しくなりそうです。昨日打たれた広池が2軍へ。本人も悔しがっていますね。29日の名古屋は来られるのかな?応援に行きますよ!遠征します。

そして入れ替えでルーキー松山が上がってきました。早速代打で登場。結果はセカンドゴロで終わりました、が。
皆さん、見ました? 初球を迷わずまずスイング! そしてセカンドゴロでも全力疾走です。結構足速いじゃんw
「打撃の状態はいい。出た時には、結果を考えずに思い切ってやりたい」→有言実行!
ルーキーらしく実にすがすがしい。この気持ちを持って打席に立てば初ヒットはそう遠くはないでしょう。

あとペローンが上がってくるそうですね。宮崎が横浜戦にスライドしたのですが、もしかしたら日曜日に先発で登板?という情報も。
しかし広池が2軍なので左の中継ぎとして起用じゃないのかなあ?

あ、東出のことを書くのを忘れていました(笑)
今日は猛打賞。3打席目の2塁打を見たのですが「実にうまいバッティング」。あんな技術をもっていたのか??!
お立ち台はシーボッさんでしたが、私は東出でもよかったと思いますよ。出たヒットは全部得点に絡みましたからね。

さあ明日から浜スタで横浜3連戦。相手は4勝16敗と下降気味ですが、昨年のカープとの戦いぶりを考えたらそんな成績は関係なし。
ルイス、建、宮崎(ペローン?)で勝ち越しましょう!




野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

ブラウン監督は先発陣に「初回無失点」を厳命

2008年04月23日
野球の神様にはあまり好まれていないカードなんでしょうね(ヤクルト戦これで3試合雨で中止)

■ブラウン監督「初回無失点」厳命(スポニチ)

先発陣に厳しいカツだ!長谷川が立ち上がりに2点を許して、勢いをつかめないまま惨敗。これで初回に失点した8試合では2勝6敗となった。ブラウン監督は先発陣に「初回無失点」を厳命。2軍で好調な投手との入れ替えもちらつかせ、チームの活性化を図る構えも見せた。打線が不調ならばまず守備から。赤ヘル軍団は勝機をたぐり寄せるのに必死だ

正解!
最近奇抜な起用しか目立たず「どうなんだろ?」とややマーティーに呆れ顔の私でしたが、これ大正解。
やっぱりね、縦社会の球界ではこういった具体的にクリアすべき目標を立てたほうが選手もわかりやすいと思います。あれやこれや沢山ノルマを与えても仕方がないですからね。
あとやや具体性に欠けた指示とかね。そう、例の「ケースバッティング」とかね。あれだって”ノーアウトでランナーを出したらバントで2塁に進めるか、ヒットで1-3塁のカタチを作れ”ぐらいのことを言ったほうがいいんですよ。
全てのケースに「ケースバッティング」適用じゃ選手も頭パンクしちゃいます。
「初回無失点」は同時に「先制点を早くとれ」と野手に言っているようなもの。前から書いていますが、逆転で勝つ試合が続いてもチーム力は付きません。
投手が序盤を抑えて、攻撃で序盤に先制する。そして中押しできれば駄目押し。出来ないときは7回から中継ぎがパーフェクトに抑える。
そこんとこよーく考えてプレイでよろしくカープ選手諸君。


■讀賣6-2横浜(TBSエキサイトBB)

巨人が4/17中日戦以来今季2度目の逆転勝ち、今季3度目の連勝で借金3。巨人は2点を追う6回小笠原のタイムリーで1点を返すと、7回2死1・2塁から谷・坂本・代打木村拓の連続タイムリーで4点を奪い逆転、8回阿部のタイムリーで加点。先発グライシンガーは6回6安打2失点、2人目の西村が今季2勝目。横浜は6回村田のタイムリー、ビグビーの犠飛で先制も今季初の4連敗で借金11、開幕から8カード連続負け越しの球団ワースト記録。先発寺原は6回2/3被安打4失点3で今季3敗目、プロ入り以来巨人白星なしの5連敗。

今日は帰ってきてこの試合をTVで見ていました。
勝負の分かれ目は「7回裏1アウト1-2塁の古城」だったかな。結果は古城がボール球に手を出して凡退。そして木塚に交代。
これで流れが来たと思ったら谷が同点タイムリー、坂本が勝ち越しタイムリー。←すごく打つ気がしました....。
やはり抑えの切り札がいないことで寺原を引っ張りすぎましたね。私は古城に0-2となったところでマットホワイトに切り替えてよかったと思います。大矢さんも迷っていましたね。
最後は相手の抑えの切り札、しかも昨年まで仲間だったクルーンが出てきて「はい、終わり」。なんかカープ戦の横浜とは随分違いますね・・・元気ない。
でも吉村のときのチャンテ、レフトスタンドの声はずっと続いていて感動しました。一緒に選手と戦うんだ!という気持ちが入っていましたね。多いところにただ群れて声を出しているチームとは違います。
この気持ちはきっと選手に届くと思います。横浜ファンの皆さん、一緒に上位球団を叩きましょう!
(でも今週末はカープ叩かないでねw)

その横浜さんですが、昨日こんな報道が。

■野茂に横浜熱視線 先発陣立て直しに期待(スポニチ)

横浜が、ロイヤルズから戦力外通告を受けた野茂英雄投手(39)の獲得に興味を示していることが明らかになった。球団幹部が日米通算201勝右腕の存在感を高く評価。加えて最下位に低迷するチームにあって、防御率4・93と先発投手陣の立て直しが急務となっている。野茂は人気低迷する球団の起爆剤としても期待が懸かり、14年ぶりに日本球界に“電撃復帰”する可能性が出てきた。

昨日のスポニチの一面記事でした。
どうなんでしょうね。年齢も問題ですが「あの野茂が3試合連続で打たれた」というのが気になります。メジャーではダメだったけど、日本ならいける・・・ということもないでしょう。
それに野茂は日本野球界にいい印象を持っているように思えないんですよね。あれだけメジャーを望んでやっと立てたメジャーのマウンドで結果が出なかった・・・心残りはメジャーのマウンドでないとクリア出来ないと思います。
あと興行面も考えて横浜が獲得するかも・・・という報道ですが「人気よりも実力が欲しい」という横浜ファンもいるでしょう。私はアリだと思いますけどね。
興行面で成功をしたらその資金で次回にいい選手を獲得することもできます。人気選手の獲得は間接的ですが技術面でも貢献すると思います。それに「野球にちょっとだけ興味のある人」を球場に呼ぶにはネームのある人を欲しいところです。もちろん勝ち続けることが一番ですけどね。


挑戦すれば、成功もあれば失敗もあります。でも挑戦せずして成功はありません。何度も言いますが挑戦しないことには始まらないのです。
(野茂英雄)





  

あ、そうだ。大島が昨日も8回自責点0。なんと防御率 0.39
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

彼は試合に向かっていく準備ができているのか

2008年04月22日
梵が体調不良?下痢と嘔吐?何を食ったのですか??

■広島1-8東京ヤクルト(TBSエキサイトBB)

ヤクルトが広島戦の連敗を3で止め、貯金1。先発石川は自身3度目となる100球以内、9回を96球4安打無四球1失点、自身7度目・無四球は6度目の完投勝利でリーグ単独トップ、昨年の自身の白星に並ぶ4勝目で02'からの広島市民球場での連勝を7に伸ばした。1回に宮本のタイムリーで2点を先制。6回に宮本、石川のタイムリー、飯原の押し出し四球で3点、9回も青木のタイムリー2B、ガイエルのHRダービートップタイ8号2ランで3点を加点。広島は連勝は2で止まり借金4.先発長谷川は5回2/3を7安打5失点で3敗目。

丁度運が悪く6回からTVで観戦しました。
2回から5回までは順調だったので「あ、先日のルイスと一緒だね、これから味方が点を取って・・・」
でもマウンドにいるのはルイスじゃなくてやっぱり長谷川でした。
リグスは三振をしましたがあの高さじゃ・・・加えて好調宮本。結局打たれて岸本が後から出てくるのですが、出せるならリグスのあとで「ピッチャー岸本」でもよかったのでは?
割とマーティーは先発投手を引っ張りますね。シーズン当初ですから長谷川の力を試したいのでしょうけど「勝ちに行く」なら、それも借金があって連勝して波に乗ろうとするならば、あそこは決断して欲しかったですね。
ええ、もちろん結果論(笑) 
石川に初球を打たれて「ハイ、ジエンド」

しかし今日の石川、今年の石川ではなかなか点が取れませんね。シーボッさんのレフトへの打球!「いったああああああ!」と叫び損。

とても連勝したチームの戦いではありませんでしたね。


■広島、粘りなく3敗目…首脳陣は長谷川に辛口コメント(サンスポ)

長谷川は点の取られ方が悪すぎた。立ち上がりの一回に2四球が絡んで2失点。六回は二死満塁で投手の石川に不用意に投げた初球の直球を中前にはじき返され、飯原には押し出し四球。昨年のような要所での粘りがなく3敗目を喫した。
首脳陣は厳しかった。ブラウン監督が「彼は試合に向かっていく準備ができているのか」と言えば、小林投手コーチは「物足りない。ベテランだし、結果を出してほしかった」。次が正念場となりそうだ。

まぁ今日の内容でしたら「優しいマーティー」ではいられないでしょうね。
ただね・・・先発が他にいるか?という悩みどころもあります。思い切って2軍から・・・と思うのですが、珍しく(笑)投手が頑張っています。篠田はまだかな?

大島 崇行 1勝1敗 防御率 0.59
相澤 寿聡 1勝1敗 防御率 3.65
今井 啓介 1勝1敗 防御率 3.86


ま、これからかな。大島は1軍でも経験がありますし、期待したいですね。相澤、今井は実際にまだ見ていないので楽しみにしています。


■「気持ちはわかる」南球団社長、岡田監督の報復発言は不問に(iza)

大阪市内の電鉄本社で行われた阪神の定例オーナー報告会後、南球団社長が前日20日のヤクルト戦(神宮)後、岡田監督がヤクルトへ“報復予告”ととれる発言をしたことについて触れた。「(ヤクルトから抗議は)何もないですし、こちらからも何もしないです」と“不問”にするとした。

これでしょ?→「次、(ヤクルト戦は)甲子園(29日から3連戦)やからな。ヤクルト、(ベンチ入り捕手は)2人しかおらんのやろ。ホンマ、ええ加減にしとかなあかんで」

このガラの悪さをわかるわけねーだろ!w



野球全般 | Comments(6) | Trackback(0)

失敗もするけど、誰にもとれない打球を捕るんだ

2008年04月21日
気づきませんでした。やっぱりルイスって凄い投手なんですね。

■ルイス3勝目!奪三振をリーグトップの41に伸ばす(サンスポ)

ルイスが3勝目を手にした。一回に小笠原に2ランを浴びたが、二回から七回まで無安打。「低めに決めること、テンポよく投げることを意識している」と胸を張った。この日も8三振を奪い、リーグトップの41奪三振にも「気にしていない。投手はアウトを取ることがメーンだから」とそっけなかった。

そっけなかったwww サンスポ記者さん、そうはぶてるなw
気になったのでランキングをチェックしてみました。

1 ルイス(広) 41
2 安藤(神) 27
3 内海(巨) 22
4 藤川(神) 21
4 グライシンガー(巨) 21
4 村中(ヤ) 21

ローテクラスでは最多の5登板ですが、ダントツの1位なんですね。安藤かぁ・・そんなに三振を取るイメージはないのですがね。

>4 藤川(神) 21

よく見たらリリーフがいるじゃん。確かに登板数は多いけど10試合で21奪三振。なんと奪三振率が18.9! ヒー
そしてすでに10セーブ。抑えがしっかりしていないと厳しいのかセントラル。クルーンが抜けた横浜はやっぱり苦しい試合が多いですものね。

ついでに”足を使った野球”は?と盗塁をチェック。

1 赤星(神) 8
1 青木(ヤ) 8
3 飯原(ヤ) 7
4 梵 (広) 3

うーん、天谷が3割を打ちながらも盗塁1個は寂しくないか?
アレックスは本来5番か6番にして3番はやはり仕掛けるサインを出すためにも左打者が欲しいですね。
足の問題はありますが当てることの技術の高い前田が3番がイイと思うのですがね・・・まぁ2番に起用したときの前田の様子なら無理か?
それだったら前田5番で3番を左打者。嶋が浮かびますがもう守る場所が無い。そうなるとサード起用でキダゴーか佳紀か。うーん、勢いで松山の起用はどうでしょうね。
彼の実力は今度生で見てこようと思います。出来れば29日のナゴヤで。


■広島G戦勝ち越し、天谷が超美技(ニッカン)

18日の巨人戦。0-0の4回、2死二塁から巨人高橋尚の打球はフラフラと上がった。この打球を梵、天谷の連係ミスで天谷がまさかの落球。これで先制点を与えた大竹は7回5失点で負け投手になった。その翌日、試合前の練習で永田外野守備走塁コーチの下、天谷は浅いフライを捕球する練習を繰り返した。「(落球した)あのプレーは忘れないで、でも引きずらないように積極的にやっていきたい」。この日の試合後、天谷は静かにそう話した。
先発ルイスは「あの打球が抜けていたら、違うイニングになっていただろう」と好守に感謝。永田コーチも「あれが天谷の持ち味。失敗もするけど、誰にもとれない打球を捕るんだ」と大絶賛。ひとつの落球を乗り越えて、天谷が大きな勝利を呼び込んだ。

このニッカンの記事は読み応えがあっていいですね。このプレイは今日のハイライトで見ましたが「お見事!アッパレ!」
あの落球が天谷の転機になるかも知れませんね。

『間違いを犯しても、深刻なものであっても、やり直す機会は必ずある
失敗とは転ぶことではなく、そのまま起きあがらないことなのです 』 (メアリー・ピックフォード/女優)




野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)

上原をKO!カープ讀賣に2勝1敗!

2008年04月20日
代打大道は確かにおかしいと思いました。

■広島5-4讀賣(TBSエキサイトBB)

広島が今季2度目の連勝で借金3、巨人に替わり4位浮上。広島は1点を追う5回東出のタイムリーで同点、アレックスのタイムリーで勝ち越すと前田智の犠飛で追加点、6回には石原の2号ソロで加点。先発ルイスは7回93球2安打8奪三振1死球2失点で3勝目。9回を三者凡退に抑えた4人目梅津が06年8/18横浜戦以来のプロ2セーブ目。巨人は06年8/6横浜戦以来、プロ5度目の中4日先発上原が5回82球7安打1奪三振1四球4失点で白星なしの3連敗で借金5。3人目藤田が526試合連続救援登板のプロ野球タイ記録を達成。

今日は7回の裏のカープの攻撃からTVで見ました。すでに逆転済み。今日も上原はダメでしたね。
先日スポニチで解説の牛島さんが上原のピッチングについてコメント。1年間抑えをやっていた投手が先発に戻るときによくあるそうです。
抑えはもうここ一番の場面で出てきますからコーナーの際どいところへ投げる必要があります。しかし先発がそれをやっていたら6イニング7イニングと長く投げるのには不向きなんだそうです。
上原の力をもってすれば戻るであろうと・・・このコメントを読んでいたので小笠原の先制2ランで嫌な予感はしたのですが・・・お見事逆転勝ち。
ダイジェストで見ましたが、先制されて2回の裏の石原の右へのタイムリーはチームに勢いをつけましたね。ルイスは1回以外はなんとパーフェクト。
5回の裏に石原のヒットから東出の同点タイムリー。そしてアレックスの勝ち越し打。駄目押しは前田の犠牲フライ。←これ割と珍しいかも。
そして6回にまたまた石原がやってくれました。2号ソロホームラン!昨日倉で完封勝ちしましたからね、石原も負けていません。

倉と石原の併用についてファンの意見は様々。確かに倉のリードのほうが安心して見ることが出来ますが、石原のリードも進歩していると思うのですがどうでしょうね?
あと石原はバッティングフォームでタイミングの取り方を変えたせいかボックスの姿がなかなか頼もしいです。
私としては「どっちも頑張れ」ってとこかな。固定しなくても投手の相性を考えて併用でいいのかなと思います。
欲を言えば城島のようなスーパーキャッチャーが欲しいけどw

さて今日の投手起用ですがどうなんでしょうね。達川も言っていた通りルイスの登板間隔を考慮したのでしょうけど、昨日の建完封を見た後だけに「行ってもいんじゃないかな」というのがほとんどのファンが思ったのでは?
まぁ大丈夫じゃなかったのですが(苦笑)
横山はキレのある変化球をうまくつかえばそうは打たれない。でもストレートが高めにいくと古城でも軽々とライトにもっていきます。ちょっと軽いんですよね。横山が打たれたときはよく球が飛びます。
このあとは石原が焦ってキャッチャーゴロをセカンドへバンド送球。梵はあれを捕れなかったでしょうか。この後は讀賣の拙攻に助けられてなんとか1点差。
ヨシノブが打った瞬間頭を抱えたのは私だけ?

そして8回裏。嶋が代打で登場。え?ナガカー出すの?と半分冷や冷や、いや相当冷や冷やして待っていたら「ピッチャー、梅津」。
ナガカーは当分リードされた場面しか出てこないようですね。実力主義ならそれは間違いなし。
梅津は丁寧にコーナーに投げていましたね。タクヤをどうして起用しないのでしょうか???結構カープ戦強いと思いましたが。

まぁ讀賣の拙攻に助けられた試合でもありましたが、なんとかこのカード2勝1敗。ビジターは1勝2敗でもホームは2勝以上。いまのカープはこのペースを守らないとね。


■ブラウン監督激怒、梵を“懲罰交代”(ニッカン)

試合後、ブラウン監督は「私は監督として大切なルールを設けている。そのルールに抵触する彼の行為にカッとなった」と説明。懲罰交代の理由は直前の4回裏、梵の行為にあった。2死走者なしで、この日2打席目はあえなく三ゴロ凡退。ベンチに退く際に、コーチに手渡すべきヘルメットを、思い切り地面にたたきつけた。
「落球? 積極的にいった上でのミスは仕方ない。それ以上に野球に対して、コーチやスタッフに対して失礼な行為をした」とブラウン監督。指揮官はこの日、個の暴走を許さない確固たる信念を貫いた。

梵に何か響いたかな。今日天谷はスーパープレイしたぞ。
チームリーダーに必要なもの、これを機によーく考えてくれ梵。




野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

高橋建、涙の5年ぶり完封勝利

2008年04月19日
じーん、ときました建のインタビュー。ナイスピッチング!

■広島1-0讀賣(TBSエキサイトBB)

広島が今季2度目の完封勝利で、連敗を4、巨人戦の連敗を6でストップさせた。巨人戦の1-0完封勝利は05年8/20以来。広島は5回先頭シーボルの3号ソロで先制、これが決勝点となった。先発高橋は9回5安打で102球の完投は自身最少。完封勝利は03年以来自身8度目、1-0完封は02年8月28日の巨人戦以来2度目。巨人先発の木佐貫は8回3安打1失点も打線の援護がなく、今季初黒星。チームは今季2度目の完封負けで連勝は2、広島戦の連勝も6でストップし借金は4。なお2時間6分は両リーグ今季最短。


■高橋、涙の5年ぶり完封勝利(ニッカン)

広島の高橋建投手(39)が03年以来5年ぶりの完封で今季2勝目を挙げた。5回の1点を最後まで守りきった。5安打、102球の熱投。「気持ちだけは負けないようにと思って投げた。前回の完封も完投も覚えてないよ。うれしいです」と目を潤ませていた。

うるうるしていましたよね。もらい泣きなイイ!インタビューでした。最後インタビューアが間抜けでしたがw
7回からの投球をみましたが、やや球は高かったのですが気持ちがはいっていましたね。あの内容でしたら9回続投はうなずけます。マーティーナイス采配です。
阿部の見逃し三振もややボールでしたね。でもあのキレがあれば主審も「今日の高橋は違うぞ」と有利な判定をしてくれます。
今日の完封はローテ投手陣にいいお手本になりました。最年長の建が完封で讀賣に勝ったのは大きいですよ。これからのカープにも価値ある1勝だと思います。全然今年のローテから外れると思っていたのですけどね・・・まいりました。
今度のハマスタで練習中の建さんに「ナイスピッチング」と声をかけましょう!


■シーボル先制3号ソロ(ニッカン)

広島の新外国人スコット・シーボル内野手が5試合ぶりの先制3号ソロを放った。先頭打者の5回、巨人先発木佐貫の内角真っすぐを左翼席へ。「出塁することだけを考えていた。入るとは思わなかったよ。本当にうれしい」と話した。

シーボルさんが打ったことを知っていても”今日のハイライ”トでは私も入るとは思いませんでしたw
こういう打球を打てるのが外国人選手なんですよね。なかなかスタメンから外せないだろうなぁ・・・でも私は外して欲しいけど(苦笑)


さてネットではすでに話題になっていますが、梵が凡打のあとにヘルメットを投げて自分で拾わずに(天谷が拾った?)ベンチに戻りました。
その後にコーチとのやりとりがあったのでしょうか。即木村と交代になりました。
詳しいことは明日のニュースになると思いますが、打てない自分に苛立ちがあった模様です。しかし道具をなげてはいけません。ベースも投げてはいけません(苦笑)
頭を守ってくれる大事な道具です。大切に扱って欲しいですね。悔しくてそれを消化する方法はいくらでもあります。とりあえず走ってこい!梵!
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

野球に失策はつきもの   ?

2008年04月18日
そういえば。
「前半戦は借金5だったらイイですよ」とあたかもAクラスの可能性を数日前に書いていましたが。

もう借金5です。  orz


さて。
最近のスコアを見ると。

4/15 T × 5-0
4/16 T × 5-1
4/18 G × 1-5

3試合連続。簡単だ、6点取れば勝てる。取ればのお話。

■広島1-5讀賣(TBSエキサイトBB)

巨人が2連勝で借金3、広島戦は昨年8/25から6連勝。巨人は4回にレフト天谷のエラー、亀井の2点タイムリー3ベースで3点を先制。7回にも古城、プロ初の1番に入った坂本のタイムリーで2点を追加した。先発高橋尚は5回1/3を投げ被安打5、1失点で今季初勝利。広島は今季2度目の4連敗で、今季10敗目を喫した。打線は4回に栗原のタイムリーで1点を返すのみ。7回を投げた先発大竹の被安打14は自己ワースト。なお、この試合ラミレスが史上425人目の1000試合出場を達成。外国人では史上8人目。

天谷落球って? R25を見て頭を抱えましたよ。先制をエラーで謙譲。
最近1点しか取れないカープにはキツイ失点でした。
マーティーは「野球に失策はつきもの」とフォロしていますが、天谷、梵はどう思っているのでしょうかね。

このぐらいのことでカープは嫌になりませんし、ファンをやめる気もありません。

でも。明日からネタモード突入かも(笑)

明るくいきますよ。ファンが暗く生活していたって仕方が無い。 上を向いて応援しますよ。

今日も試合が見れなかったのでここまで。
野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)

そこにネックレスという新しい「おしゃれグッズ」が加わる

2008年04月17日
あ あ 残 念 だ な あ 甲 子 園 中 止 か よ

■コイ投のWA!おそろいのネックレス発注(ニッカン)

広島の投手陣が斬新なアイデアを取り入れる。開幕後に長谷川のほか梅津や林が中心になり、そろいのネックレスを作る案を出した。高橋、広池らベテラン勢も一様に快諾し、投手陣全員が同じネックレスを装備することが決まった。
以前から投手陣のまとまりには定評があった。毎年、シーズン前には2軍も含めた全投手の名前がプリントされたTシャツを作成。デザインも凝ったもので、練習時に多くの選手が愛用している。そこにネックレスという新しい「おしゃれグッズ」が加わる。

で野手陣のまとまりにはどうなっているのか、そこを詳しく柏原記者!
練習を見ていても投手陣はいつも雰囲気がいいですよね。やっぱり建、広池の人柄なんでしょうかね。
それに比べて野手は・・・まぁ雰囲気がよかったら選手会長任期1年を残して移籍(裏切り)なんてしなかっただろうしね。
こういってはなんですが前田、緒方の両ベテランと他の野手との関係は「びみょー」なんでしょうね。
そもそもこの二人が話をしているところなんて見たことがありませんしね。
その辺は薄々気づいてはいましたよ。その辺の選手間の雰囲気が新井の移籍の理由でしょ?もちろんどんな理由でもタンパリングを利用して同一リーグの阪神に行ったことは許せないけどね。


■3連敗、40イニング適時打なし(ニッカン)

広島は今季2度目の3連敗で、借金も最多タイの4に逆戻り。得点は初回のアレックスの先制4号ソロの1点だけ。下柳にあっさり完投を許した。40イニングも適時打が出ていない打線について、ブラウン監督は「4番の栗原が15試合でまだ(本塁打による)1打点だけ。それがチーム状況を表している」と淡々と振り返った。

しかもその1点ってソロホームランの1点でしょ。こりゃ勝てないわ。
チャンスメークが出来ても「打点を捕る」ことが出来ないと4番は失格。でもね、新井が急に抜けた後の栗原ですからね。私は調子が出てくるのを待っていますよ。大丈夫です、そろそろガッツンガッツンと打ってくれます。
あとは1,2番の出塁ですね。天谷、赤松が相手の投手にプレッシャーを与えるような活躍にはまだまだ時間がかかるでしょう。
でもここまで来たら前半戦は辛抱強く使って欲しいですよ。「ただ希望もなく負ける」のとは違うのですから。


■赤松、古巣相手に意地見せるセーフティーバント(スポニチ)

赤松が古巣の阪神と初対決。6回までの3打席こそ凡退したが、4点を追う8回1死一塁で三塁線にセーフティーバントを決め(内野安打)意地をみせた。前回の地元3連戦は離脱中。先送りとなっていた古巣との対戦には「特に何もない」と素っ気なかったが、自慢の足を生かした8回は「点差が点差だし、どんな形でも出塁して走者をためようと思った」。ただ、敗戦に表情はさえなかった。

赤松のプレイはオープン戦のときから感じていましたよ。彼は足を生かしてなんとしても塁に出ようとしています。自分の役割というのかな。足にはスランプはありません。代走にしておくのはもったいないです。
守備の面でも彼がいたら投手は頼もしいでしょう。1点を捕ることは出来なくても1点を防ぐことはできます。
浅いイニングで点を取り中継ぎが辛抱してゲームに勝つ。このスタイルをカープが理想とするならば赤松の存在は絶対に必要です。
私は前田をスタメンから外しても彼を出場させて欲しいです。
野球全般 | Comments(8) | Trackback(0)

今季2度目の3連敗で今季ワーストタイの借金4

2008年04月16日
録画をうっかり忘れてしまったが・・・(以下省略)

■阪神5-1広島(TBSエキサイトBB)

阪神が下柳の05年10/5横浜戦・10回完投勝利以来自身11度目の完投勝利で、貯金は今季最多の10、球団初の開幕から6カード連続勝ち越し。阪神は1回金本のタイムリー2Bで同点、3回に新井のタイムリーで勝ち越し、6回には今季初スタメン関本の2点タイムリー2B、下柳のタイムリーで3点を加点し今季2度目の4連勝。金本・新井が打点ともに打点を挙げた7試合は全勝。先発下柳は9回を97球被安打8奪三振3無四死球で開幕から3連勝。広島はアレックスの4号ソロで先制も今季2度目の3連敗で今季ワーストタイの借金4。

たった1日だけどカープも成長したね!5-0で昨日負けたけど今日は5-1だよ!やったね!
・・。

なんだよ下柳完投って?

なんだよ4回7回8回に連続ヒットが出ても無得点って?

1 (左) 天谷
2 (中) 赤松
3 (右) アレックス
4 (一) 栗原
5 (三) シーボル
6 (遊) 梵 
7 (捕) 石原
8 (二) 山崎
9 (投) 宮崎

うーん、今日は赤松を起用してくれたのは嬉しいよ。8回にセーフティバントも決めてくれた。
しかし、8番山崎って?東出で問題ないのでは?左投手だから?
打順を日替わりって・・そんなに器用な選手が揃っていないだけにどうなんでしょうね。大きな連敗をしたときにはクリンナップを変えてもいいと思いますが、いまの阪神のように上位打線はそうコロコロ変えないほうが選手はプレイ前も落ち着いて望めるのでは?

これで借金は4つ。讀賣がこのままで終わるわけもないし、横浜は本日猛爆。
そろそろ底を見なきゃいけないのですかね?

今日尾形佳紀が2軍に復活したのを知りました。芳彦もそうだけどムードを変えるため、いや実績を2軍で出している選手をどんどん起用して欲しいです。
負けているのが大きな原因なんでしょうけど、どうもワクワクするものがないです。キダゴーをもっと起用したいけど守備がなぁ。
栗原サード、キダゴー1塁なんて一足早い肝試しだもんな。

今日の負けで対阪神1勝4敗。序盤で1、2番が出塁して中軸でランナーを返す。このカタチが出来ない限りは1勝したところで波には乗れないでしょうね。



あぁ黒田ぁぁぁ、助けてぇぇ......
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

点が取れないときだってあるよ

2008年04月15日
帰ってきて録画を再生・・・いや削除。とても現実を正面から受け止められない。

■阪神5-0広島(TBSエキサイトBB)

阪神が今季3度目の完封勝利で今季2度目の3連勝、貯金を今季最多の9とし首位をキープ。阪神は1回金本のタイムリーで先制、8回に新井のタイムリー、鳥谷の3点タイムリー2Bで4点を加点、3試合連続で今季8度目の2ケタ安打。先発アッチソンは6回104球3安打7奪三振2四球無失点で来日から無傷の3連勝。阪神は今季12勝の内、11勝が先発投手の白星。広島は今季最少の4安打、昨年9/15・16巨人戦以来の2試合連続、今季3度目の完封負けで借金は3。先発ルイスは7回1/3を8安打7奪三振1四球3失点も2敗目。

いくらルイスが頑張っても「0点」じゃ勝てませんわな。
これで2試合連続の完封負け。しかも今日は4安打ですよ、4安打。この状況で猛打賞がいるってなんだよ!
無駄に阪神ファンがはしゃいじゃうような試合じゃないですか・・・もうちょっとしっかりしてくださいな。
今日は試合開始時にスタメンは確認できました。

1 (中) 天谷
2 (遊) 梵 
3 (右) アレックス
4 (一) 栗原
5 (左) 前田智
6 (三) シーボル
7 (捕) 石原
8 (二) 東出
9 (投) ルイス

また、2番梵か。そして4タコか。

まさか明日もこのオーダーじゃないだろうな。
2 試 合 連 続 タ コ ゲ ー ム し て お き な が ら 。

■貧打に泣きルイスが2敗目(ニッカン)

広島コルビー・ルイス投手(28)は打線の援護に恵まれず、2敗目(2勝)を喫した。初回に1失点したあとは、ひたすら味方の得点を待った。結局8回に打たれ、この回途中で降板した。好投が続く助っ人右腕は「援護がないのは気にしていない。点が取れないときだってあるよ」と冷静に振り返っていた。

どうやらこの助っ人さんはもっと痛い目にあわないとわかんないみたいだねw
点が取れないのはショッチュー!だってことを。

しかし鳥谷にはいい印象がないな。カープ投手はいつも打たれている気がする。

あー、もう、借金3だよ。まぁ前半戦は借金5以内だったらいいや(←もう危ないだろw)

あー、なんで阪神に貯金が9つもあんだよ。タンパリング容認チームのくせに。

あー、なんで後だしジャンケンのバンクがパウエルでオリックス相手に勝っているんだよ!

あー、ハムなんで勝ち切れないんだよ!

あー、もう寝よ。




楽天も負けたんだな・・・
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

機動力野球をするためにも先頭打者はカギになる

2008年04月14日
「横浜開港記念特別ゲーム2008」開催→これイイネ
内野指定が2000円だよ。月曜日行こうと思います。


■広島完封負け、ブラウン監督ため息1敗記事を印刷する(ニッカン)

うめき声は他の首脳陣からも聞こえてきた。内田打撃統括コーチは「11安打も打って、完封されるような試合じゃないね」。小早川打撃コーチも「しぶとい打撃ができなかった。11本で0点だからね」。この日は開幕カード以来の2番に梵を入れるオーダーを組んだが機能しなかった。これで今季2度目の0封負け。チーム打率2割8分9厘は12球団1位だが、「線」としてつながらない。あとひと押しで「点」になる。課題はどこまでいっても「点と線」だ

昨日の続きですが。
やっぱり一夜明けても「2番梵」の理由がよくわかりません。そもそもランナーを置いて「つなぐ打撃」が出来る選手じゃないし。ただ足を考えて並べたのでしょうかね?
マーティーは「機動力野球をするためにも先頭打者はカギになる。一塁にスチールはできないのだから」と自分でも言っているのですがね?
やっぱり前田下げてでも「赤松を2番」で起用して欲しかったです。結果論ですけどね、でも結果が出てもぼやく私ですがね(笑)


■ルイス、初の甲子園大歓声も問題なし記事を印刷する(ニッカン)

広島コルビー・ルイス投手(28=ロイヤルズ)が初めての甲子園での登板にも平常心で臨む。「大歓声にエキサイトしているようではダメ。マウンドに立てばいつも集中しているし問題はない」。14日、広島市民球場でチーム練習をこなしたあと神戸市内の宿舎に移動。15日からの対阪神3連戦で登板が予想される。3日の阪神戦(広島)では7回2失点で来日初勝利を挙げ、2連勝中と好調だ。

いいコメントですよね。こういったチームを奮い立たせるコメントは読んでいて気持ちいいです。さすが自分のピッチングに自信がある男は違いますね。
その勢いで#25の内角に抉るボールを1つお願いしますよ、ルイスさん。くれぐれも四球なんてガッカリな結果はやめてくださいね。

ペローンが2軍だそうです。29日に名古屋日帰りをしようと思っているのですが・・・
どうなんだろうね。昨年は先発であれだけ起用して今度は中継ぎ。本人も気分的にどうなのかね。



野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

2番梵、この起用は理解できない

2008年04月13日
2番の差がそのまま勝ち負けクッキリ。

■広島0-7中日(TBSエキサイトBB)

広島が中日戦今季初勝利で借金を1とし、昨年10/4から続く中日戦の連敗を4で止めた。広島は1点を追う4回、アレックスの3号2ラン、シーボルの2試合連続となる2号ソロで逆転に成功。先発高橋は6回0/3を5安打1三振1四球1失点で今季初勝利。自身の中日戦白星は03年6/21以来5年ぶり。4人目コズロースキーが2セーブ目。中日は2回、森野の3号ソロで先制、先頭打者を5回出すが、散発6安打、3つの併殺でチャンスを生かせず今季初の広島戦黒星。先発小笠原は5回を8安打3三振無四球3失点で今季1敗目。

外出先から「1番天谷、2番梵」を確認。なんじゃそれ・・・思わずぼやいちゃいましたよ。
高橋建も赤松の守備に助けられたとコメント。そしてアレックス2ランも赤松がチャンスメイク。それなのに今日は控え?うーん??
なんか昨日も先行されてようやっと勝ったゲームなのにその流れを切る「2番梵」。結果出せばもちろんここに書かないけど(笑)なんだ最後の打席のライトファールフライ。
ガッカリもいいところだ。
五十歩譲って「2番東出」、百歩譲っても「2番石原」ですよ、今日は。帰ってきたときにはすでに7対0。すんません、ハマスタにチャンネル変えました。

しかし、今日の他球場の試合結果。

巨 人 6-4 ヤクルト
広 島 0-7 中 日
横 浜 1-3 阪 神
ロッテ 2-1 日本ハム
楽 天 12-6 オリックス
ソフトバンク 5-4 西 武

どちらかというと好きなほうのチームが「全部負けました」(笑)
つまんない日曜日です。


最後に余談ですが。昨日の金本のコメントですが、どっこにも「広島」とか「カープ」って文字がない。
そんなもんすか、ふーん。



野球全般 | Comments(4) | Trackback(1)

やっぱり金本打っちゃった(笑)

2008年04月12日
まさか建が(笑)

■広島3-1中日(TBSエキサイトBB)

広島が中日戦今季初勝利で借金を1とし、昨年10/4から続く中日戦の連敗を4で止めた。広島は1点を追う4回、アレックスの3号2ラン、シーボルの2試合連続となる2号ソロで逆転に成功。先発高橋は6回0/3を5安打1三振1四球1失点で今季初勝利。自身の中日戦白星は03年6/21以来5年ぶり。4人目コズロースキーが2セーブ目。中日は2回、森野の3号ソロで先制、先頭打者を5回出すが、散発6安打、3つの併殺でチャンスを生かせず今季初の広島戦黒星。先発小笠原は5回を8安打3三振無四球3失点で今季1敗目。

いま録画を再生しています。
結果は知っていますが、すでに森野がHRを打ちましたのでもう失点はありません(笑)
しかし建が・・・と思ったのですが、立ち上がりは全然ダメだったんですね。荒木のヒットのあとで井端にカウント0-3。そして見逃した球は真ん中高め。
ここで何か仕掛けられたほうが「怖かった」ね。結果2-3からエンドランでセカンドライナーゲッツー。ここで流れを一ついただきました。
森野には被弾されましたが、辛抱強く投げたのでしょう。まだ4回裏じゃないので負けています。逆転ゲームは派手でいいけど、本当は理想的ではありませんね。先行しなきゃ。
それでも建が踏ん張ったので3点で勝てた!ということは間違いなし、です。

さて色々ケチをつけてきた「2番石原」。今日は倉を入れて登録された赤松を早速2番で起用しました。
感想は「なるほど!」。やっぱり赤松が帰ってくるまでの暫定な打順だったのかな、と。それに石原がちゃんと機能していましたしね。
それでも今日は「左の小笠原」の先発でしたから左用?だったのかも知れません。天谷は今日は結果が出ませんでしたが足の速い選手は打席立つだけ、塁に出るだけでも見えないプレッシャーを相手に与えます。
右投手でもしばらくこの打順を組んでいって欲しいけど・・・前田が出れないのですよね。んー、ここは難しいところですね。前田がお休みさせる日に赤松起用となるのかな?

さて今日は横浜スタジアムに行ってきました。「木元の2ラン」以来の友人(阪神ファン)から招待していただきました。
金本の2000本、新井の1000本安打があと1本とは知っていましたが・・・「絶対私が行ったら出る」って思っていましたよ。公言していましたよ。やっぱり打ちましたよ(笑)
実は金本のトリプル3も神宮球場で私は見ています。よっぽど縁があるんでしょうね(苦笑)

arai_01 あんまメデタクないけど。

kanemoto_01 金本2000本の瞬間(本当)

oyamada_01 小山田4イニング無失点w

今日の試合は加藤博一さんの追悼試合でした。
両チームに在籍していたのでこのカードを選んだのでしょう。試合前にセレモニーが行われました。
昔懐かしいプレイを放映。そして両チームから加藤さんの応援。
横浜側が蒲田行進曲を流せば阪神ファンも一緒にメガホンで応援していました。いい光景です。

kato_02 入場したときにステッカーをいただきました。かわいいでしょ?


最後になりましたが、金本選手2000本安打おめでとうございます。
敵ですけどね。ほとんどの記録はカープ在籍だったわけで。同一リーグに移籍する気持ちはわかりませんが、プロ野球選手として大記録を達成したことは素直に素晴らしいと思っています。
次は2500安打を目指すそうですが、もうそろそろ(笑)。まぁ出来の悪い弟が入ったので気が気じゃなくて寿命が延びたのかもな。

新井に関しては別になしw
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

シーボル待望の来日1号

2008年04月11日
結果を知ったのは深夜でした。疲れがドットコム。

■広島3-7中日(TBSエキサイトBB)

中日が和田の2本塁打による全7打点の活躍で連敗を2でストップ。広島3連勝で単独2位に浮上した。中日は1回、和田が自身5本目の3号満塁本塁打で4点を先制。1点差に迫られた直後の5回には、再び和田が移籍後初の1試合2本塁打となる4号3ランを放ち、自身最多の1試合7打点。先発・朝倉は5回1/3を9安打3失点も今季2勝目で昨年5月8日から対広島6連勝。広島は先発・大竹が4回1/3を5安打4四球6失点で開幕2連敗。打線はシーボルの来日1号2ランを含め2回を除く毎回12安打を放つも3得点で4連勝はならず。

いきなり満塁ホームランですか。カープもシーボッさん待望の一発で追い上げましたが、軸投手が序盤4点では困ります。
安定したゲームを作るのがやはり軸投手の務め。和田のホームランは見ていませんが、四球2つはいただけませんね。
攻撃陣はヒットを打ちながらもつなげることの出来なかったスコア。見慣れているけどちょっとこのところ拙稿が多いね。前田も朝倉に強かったんじゃないんかぃ!!
岸本、広池が防御率まだ0点。天谷が猛打賞。4番栗原もマルチ!オチョアもマルチ!シーボッさんも2割5分!
さ、土曜の先発は建さんだっけ?       
・・・。ハマスタで金本を見てきますわ(笑) ←たまたま友人に招待いただきました。


■シーボル待望の来日1号も敗戦に笑顔なし(スポニチ)

点を追う4回、1死一塁。カウント0-2から内角高めの142キロの直球を振り抜き、左越え2ランを放った。「上から思い切りボールを叩くことができた。久々にいい感触だったね」。忘れかけていた手応えをかみしめるように、ゆっくりとダイヤモンドを一周した。8回にも左前打を打ち、9試合ぶりに複数安打もマークした。

先日の神宮でもいい当たりはしていましたしね。時間の問題とは思っていましたが、こんなに早く打つとは思いませんでした(w
打撃練習でも2本大きな当たりを見せていましたし、彼が見逃す球が多いのはきっと研究熱心で日本人の球筋を見極めているに違いない!・・・・と思うことにしたw
やはり外国人選手はどんな場面でも相手投手は警戒します。プレッシャーをかけるのが「ドヘタ」なカープでは貴重な存在。やっと2割5分に戻したのでこれからが本番に違います!・・・・と思うことにしたw

土曜日の試合は録画してみようとおもいます。
野球全般 | Comments(1) | Trackback(0)

本日セ・リーグ全試合中止です

2008年04月10日
さてどうしましょうかね。金本の2000本も見れませんし・・・まぁパを遠慮なく見ますけどw
本日予定されていた球場ってセは野外、パはドームとクッキリ分かれていたんですね。

今日神宮に行く予定だった方・・すぐに家に帰りましょう。風邪引かないでね。


さて昨日書きそびれたことがありましたので今日はそれを書きます。簡単に。

昨日のゲームで「ルイスいいねー。やっぱりピッチャーだよね、ピッチャー」と思ったファンも多かったでしょう。
私も先発がデームを作ると引き締まったいいゲームになるだぁと。拙攻もありましたけどねw
やはり5-6回を1,2点で抑えると「勝ち」が見えてきます。
非常に単純ですが昨年軸は黒田で5位、今年大竹、ルイスで4位、もし同等にゲームを作れる先発が出てきたら3位・・・なんて思っちゃいましたよ。
投手が勝利の7割を握っている・・なんていう言い方は嫌いですが、ゲームを作れる先発の数がそのまま順位に現れる・・・というのはいい目安だと思います。
まぁ10勝投手なしでもAクラスになれる阪神は稀かも。
今日は宮崎の予定でしたが、彼とマエケンのどちらかが10勝級になれば4位は見えてくる。もしここに長谷川、篠田なんか加わってきたらAクラスも?!
5人揃えばさすがに優勝争いでしょうけど、まぁ今年は何とか3人は10勝投手が出て欲しいです。

あとピッチャーついでに「抑え」。
昨日はコズ→横山のリレーでしたが、これはこれでよいでしょう。コズは制球力にまだ不安もありますから、打たれましたが宮本でスイッチは正解だと思います。
永川が帰ってくるまで二人で頑張ると横山のコメント。いや、奪うぐらいの活躍をして欲しいです。

そして打線。
栗原は嫁に「猫背になっている」と指摘を受けてのゲーム。練習で猫背が治っていたのには笑えたw しかも2安打。
うちのコーチは何をしているのだ?という声があってもおかしくなし。今後の栗原の打席がいろんな意味で(ネタ拾いですがw)楽しみです。

何度もここに書いている「2番石原」と「前田のスタメン」。もうここまで活躍するとなーんも言えませんが、昨日の石原はリードに集中していたのでしょうかね?
打撃練習では好調でしたが本番ではその気配がありません。ルイスばかりクローズアップされていますが、石原ナイスリード!
前田に関してはやはり守備に不安がありますね。スローイングも2年前とは随分違います。しかし現在首位打者・・・文句は言えないわなw

将来を考えると今の戦いはどうなの?とケチはつけたい。しかしマーティーは勝負の年と考えて「自分の方針」を押し通すならば筋は通っているかも。
これから打線が沈黙したときにどう動くか・・・ここだろうな、私がまたケチをつけるチャンスは(笑)
野球全般 | Comments(6) | Trackback(0)

ボクの力で黒田の穴埋めたい

2008年04月09日
ルイスのヒーローインタビューで「黒田」の名前が出るとは思いませんでした。しびれた!

■ルイスが圧巻の11奪三振 「黒田の穴埋めたい」(サンスポ)

広島・ルイスは圧巻の投球だった。最速152キロの速球で押し、曲がりの大きいスライダーも低めに制球。8回を4安打11奪三振で無得点に抑え「真っすぐとスライダーで十分だった。ほかの球種を使う必要がなかった」と余裕たっぷりに振り返った。3月29日の初登板ではボークを3つも犯し、ブラウン監督は罰金も検討したというが、その後は2試合連続でゼロと心配はなさそう。28歳の本格派右腕は「ボクの力で黒田の穴を埋めたい」と頼もしかった。

このインタビューでレフトスタンドのファンは大興奮ですよ。
黒田の偉大さと同時にルイスはカープファンの心をがっちり掴んだことも知りましたw

・・しかし、今日の神宮レフトスタンド。異常な人・人・人の数。

jingu_0409


どんだけ皆さん家や会社で嫌なことがあったんですか?(笑)

■東京ヤクルト0-1広島(TBSエキサイトBB)

広島がヤクルトを下し今季初の3連勝。昨年5/27以来の5割まであと1勝に迫る。昨年5/2以来の1対0勝利を飾る。広島は5回にアレックスのライト前タイムリーで先制。先発のルイスは8回被安打4、四死球3、奪三振11の無失点で今季2連勝をマーク。9回にはコズロースキー、横山のリレーで今季初の完封勝利を飾る。横山は06/5/18以来のセーブ。一方ヤクルトは、4度の得点圏を活かせず今季初の3連敗。2試合連続の完封負けとなった。先発の石川は、7回を被安打7、四死球2、99球の1失点ながら今季初黒星を喫する。


■ルイス8回1失点で2勝目(ニッカン)

広島コルビー・ルイス投手(28)が8回1失点で2勝目を挙げた。6回無死二、三塁のピンチを切り抜けるなど走者を出しても粘りを発揮。最速152キロの速球とスライダーがさえた。
「調子はすごくよかった。(6回は)とにかく低めにと思って投げたよ」とうれしそうに振り返った。広島は3連勝で借金を1に減らした。

そうなんですよね。試合終了して帰ってきてマイミクさんの日記で初めて気づきました。「あ、3連勝なんだ(笑)」
とにかく今日の試合はヒーローインタビューまでしびれすぎ。勝ったことで精一杯。連勝なんて気づきませんw
しかし1-0で勝った試合ってあまり記憶がないんですよ。いつ以来でしょうか?東出が甲子園で打った以来?そんなに古くないか。自分が見た試合では相当前になるような気がします。

さて今日の試合を振り返ります。
勝因はいくつかありますが。6回のピンチ脱出が象徴しているかな・・ルイスが青木を完全に今日は封じ込めたことでしょう。報知でも指摘していますね。→青木大ブレーキ

福地とこの青木が機能してしまうと後にリグス、ガイエルとやっかいな打者が続きますからね。いくら打線が下降気味でもランナーを置いて外国人選手はバッターボックスに迎えたくありません。
打では天谷に殊勲賞だね。2安打1四球の3回の出塁は立派です。そして2アウト2塁からのアレックスのヒット。これで天谷がホームに生還。彼の足が生きました。

補足しておきますが。
今日の打順を見て「マーティー完全に増渕と思っただろ?」とか「嶋を代打っどういうことよ!」とか言っているファンの方がいらしたら、それは大きな間違いです。
恥かしい発言ですから明日学校や会社で言わないようにね(笑)

練習を見ていた人はみんなわかっていますよね。打撃練習は7:3の割合で左投手で練習をしていました。
それと嶋の打球の質が昨年と変わっています。ライナー性の球は鋭く、明らかに他の選手より調子がイイです。栗原、石原、嶋が一番振れていました。

さて。今日は実は「BT -Baseball Times-」という新しい野球雑誌を購入しました。
どなたかのブログで知ったのですが、確かにデータが多い。でもですね・・・今回ホームラン特集なのですが横浜の村田のインタビューが非常に面白いです。
もし、もしですが、プロやアマでもいい。現役で右打者の人は必見ですよ。彼の思考は非常に面白いです。
技術的、精神的な話もかなり詳しく書かれています。「右打ちは右に引っ張る」ですって。決して片手でなく両手で打つことと・・
野球を技術面で楽しんでいるファンにもオススメします。
表紙は王さんです。現役でフラミンゴの瞬間です。

*今日のオマケ。練習中のコズ。「コズ!」って呼んだら指を私に指してくれました。カッコイイ!!
そして梵。けっしてDSに熱中しているわけではありませんw

cozu_01 soyogi_01



*尾形選手の怪我について質問をいただきました。
私も詳しいことは知りませんが自打球を受けて現在足の治療をしているそうです。
全治はわかりません。また情報が入りましたら出来る限りですが書かせていただきます。
野球全般 | Comments(2) | Trackback(3)

きのう休みだったから多めに打ちたかったんだ

2008年04月08日
やっぱり雨で中止でしたね。

■7点差逆転!日本ハム9人お立ち台!(ニッカン)

日本ハムが7点差からの逆転勝利を収めた。0―7の3回、3四球に5長短打で5点を返し、4回に田中の4号2ランで同点。6回に失策で勝ち越した。打線に助けられた武田勝は開幕3連勝。試合後のお立ち台には森本、稲葉のほか合計9人がのぼった。楽天は先発の一場が崩れ、4連敗。

この試合はTVで見れなかったのですが、0-7でハムが大量先制されたのは知っていたのでこの結果を見てびっくりw
しかし9人でお立ち台って面白いね(笑) 球場で見たかったですね。ときどき「今日のヒーローは誰?」って時があるけど、これいいアイデアじゃないかぃ?
全員の力で勝ち取ったときはこれでいいと思うな。いかにもハムらしいですよね。


■シーボルが志願の特打(スポニチ)

広島の新外国人・シーボルが復調へ“突貫工事”に着手した。ヤクルト戦が中止となった神宮室内での練習後も志願の特打。打撃投手を務めたブラウン監督の球を30分間打ち返した。「ボクからリクエストしたんだ。きのう休みだったから多めに打ちたかったんだ」とシーボル。中日との開幕カードは打率5割をマークもその後は20打席連続無安打で・250まで急降下。トンネル脱出へ必死だった。

新井のトンネルを密かに楽しんでいたのに・・・うちにもいたのか。どうも彼は自信なさ気な顔で損していますよね。
昨日どっかの25番が広島で見せたことのない満面な笑みでお立ち台していましたが、あそこまではいりませんからもうちょっと明るくプレイして欲しいね。
今日も観戦に行く予定です。もち外野。

実は昨日は中止になったことを観戦仲間からメールを頂き、直接四谷三丁目のあぶさんへ。
思ったより空いていました。ホークスの試合、阪神の試合、横浜の試合など多元で。
運良く金本の打席も見れたのですがダメでしたね。しかしあのフラッシュはなんとかなりませんかね。プレイ中のフラッシュってマナー違反だって知っています?

今日はなんとか天気がもちそうかな?あぶさんに着いたときはもう雨は止んでいました。
まぁ交通機関も乱れていたので中止でよかったと思います。横浜はよく強行しましたね。あの寒さの中では選手の怪我も怖いので極力試合は避けて欲しいのですが、経営の都合とかあるのでしょうかね?
ひっそりお店に誰か来ないかなぁと思っていたのですが・・1日前に木佐貫が勝ってから来たそうです。勝ったのでやはり口は滑らかだったみたいw

カープファンの2人組みの女性とも帰り際に盛り上がり、こちらはカープファン6人。
大将に聞いたら「カープファンはよく来るよ。野球好きが多いね」と。なんか嬉しいよね。ちなみに大将は讀賣ファン。小久保ファン。
丁度昨日は復帰戦でしたね。あのレフト線への打球・・・惚れ惚れしますね。うちにあんな打球を打てる選手はいないなあ。。
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

センター、センターとつぶやいて打席に入っているのがいいのかな

2008年04月07日
明日はカープ関東開幕!・・・・・雨かよ!!!

■広島“サイクル本塁打”17点大勝(ニッカン)

広島が先発全員安打&全員得点の猛攻で17得点を奪い、今季初の連勝を決めた。2回、3安打に失策を絡めて3点を先制するともう止まらなかった。4回に天谷の1号2ランなどで3点。5回は梵の1号3ラン、とどめは6回、アレックスが無死満塁から今季2号を左翼ポール際へぶち込んだ。7回には「誰が打席に立っても打つ感じがした」という代打喜田が1号ソロ。89年8月14日阪神戦(広島市民)以来となる球団史上2度目のソロ、2ラン、3ラン、満塁の“サイクル本塁打”となった。

このネタはスカスタにいるときにR25を見て気づいたのですが、帰ってきたらすっかり忘れてしました。
いやだねぇ。。。歳はとりたくないものです。
高崎はこの試合で2連続KO。即2軍だそうです。誰あげるのかな?吉見?
先日シーレックスの先発でしたが立ち上がりは球威もなく球も高く「どうなのよ?あと1球で大偉業をしようとした男よ」なんて言っていたら元同僚の小田嶋にライトに放り込まれました。
その後は球威が急に出てきたピッチング。まぁこの内容だったら先発不足の横浜でしたらあげるかも知れませんね。

そういえば。最近2軍の試合の結果を新聞でチェックしているのですが。ズレータって2軍なんですね。
うーん、なんか精彩がないと思っていたら2軍。そして昨日は5の0だったような。ホークスにいたときの迫力がロッテに移ってから消えてしまいましたね。
それと新井(弟)が中日の4番。土曜日だったかな、猛打賞。←やっぱり気になります・・
カープでは芳彦が調子いいみたいですね。ポジションも最近はライトが多いんですね。サードが欲しい・・・が尾形は怪我。うーん、廣瀬にまだコンバートは酷ですしね。
ちょっとシーボッ!さんが下降気味ですので控えが欲しいところ。思い切って木村を起用して欲しいのですがね。守備だけでも価値があると思いますが。


■前田智この日は超美技で魅せた(スポニチ)

ファンに魅せるのはバットだけじゃない。前田智が左翼守備でチームの勝利に貢献した。3-0の4回2死一塁で吉村は、あわや2ランの大飛球。これをフェンス際でジャンプし、グラブを頭上に差し出して好捕した。試合後、ベテランは「ファインプレー?コメントのしようがないよ」とニヤリ。スタンドインしていれば1点差となっただけに、指揮官は「前田のプレーが2点を防いだ。本塁打になっていれば展開は変わった」と賛辞を贈った。

ベンチに帰るときに薄っすら笑っていたでしょ?(笑) あれ捕っていなかったら入っていたんじゃないかね?
クッションボールの処理はモタモタしてもフェンスのフライには機敏ってどういう人かなw  ・・・へー、毎日練習していたんだ→デイリー
先日もケチつけたけど。1プレイで流れは変わります。こういったプレイのときは両手を挙げてガッツポーズとかして盛り上げてよ前田!・・・って似合わないけどな。
ちなみに関東の外野応援ではレフト前田が目の前ですので不思議な行動をよく目にします。お尻をカキカキは有名ですが。ときどきコールで愛想のいい手の上げ方をします。
もちろんそのときゃザワザワして「おぃ前田引退するんちゃうか?」と心配な声もよく聞きます(笑) 全く手のかかるサムライで困りますわwww


■天谷、連日のお立ち台(報知)

5日にサヨナラ打を放った天谷が1号2ランを含む3安打3打点。「強引にならないように意識している。センター、センターとつぶやいて打席に入っているのがいいのかな」と好調キープの秘訣を明かした。
前日、お立ち台で「皆さんに早く帰って、いいお酒を飲んでほしいと思って打席に入った」と叫びファンを沸かせた。この日は「あしたは月曜日なんで、お酒は控えめに」。ちなみに天谷自身は下戸。「ジンジャーエールかウーロン茶で、1人で乾杯します」と笑わせた。

この「つぶやき」の記事は報知で初めてみました。なかなか侮れないんですよね報知って(笑)
天谷は最近のカープにないものを引き出していますよね。このつぶやきもそうだけどヒーローインタビューは傑作!表に感情を出してファンとの距離を縮めているでしょ?
今度天谷がサヨナラの場面にファンが遭遇したら「天谷ここで打ったら次はなんてコメントするだろうか?」ってね。こういう雰囲気って大事だと思うのですよ。
ワクワク感。プレイが始まる前のワクワク感って伝染しますよね。絶対に球場、フィールドにもそういった空気が流れると思うのですよ。
それって選手の力になりませんかね?って思うのですよ。
野球全般 | Comments(6) | Trackback(0)

長くファンしていりゃぁこういうイイときにもめぐり合う

2008年04月06日
佳紀っていま何をしているの?試合出ていないよね?

■広島17-3横浜(TBSエキサイトBB)

広島は今季初の連勝、初のカード勝ち越しで借金を2とした。広島はアレックスの2号満塁など4本のHRを含む先発全員安打で、今季両リーグ最多の18安打17得点。広島の17得点は99年8/12横浜戦での19得点以来9年ぶり。先発の長谷川は7回3失点で今季初勝利、広島市民球場での自身の連勝を6に伸ばした。横浜は先発の高崎が4回6失点で今季2連敗。チームの2桁失点は昨年10/6広島戦以来で、2年ぶりの開幕から3カード連続負け越し。昨年9/23以来の借金5となり、巨人と並び最下位に転落した。

おいおい、17得点が危うく10年越しになるところだったぜ(汗) ・・・まぁ大した問題じゃないけどさw
10得点以上もさっぱり記憶がなく「前田の2000本の試合がそうだっけ?」とかなりアヤフヤ。
調べてみたら・・・・昨年最終戦が10-1でした(笑)しかも相手は横浜。・・・あぁ村田の空気よめねーHRでしたね。そればっかりクローズアップされて大勝を忘れていました。
さて本日は先発の長谷川が初回「またか」と思わせながらも7回被安打7の3失点。長谷川にしては出来すぎかもな(笑)
ヒットは効率よく18安打で17得点。打線は好調!・・・と言いたい所ですがエース級の投手が出てきてもこれが持続できるか。そこはチェックですね。
しかしこれだけ打って猛打賞が2人というのも珍しくないか?まぁそれだけ出場した選手みんなが打ったということでしょうけどね。先発全員安打に加えて代打の喜田と代走から出た中東までヒットを打ちました。
途中出場でヒットなしは広池だけw ご立派です。

さぁゆっくり録画を・・・・と思ったら全然録画できていねーじゃん(笑)。そんなもんだよね。
スポーツニュースをはしごすることにします。

打率3割前、なにより防御率「夢の2点台!」

でも借金2。効率の問題だな、効率。
火曜日からAクラス決戦だ!!  ヤクさん強いですからねぇ...


今日はスカスタに行ってきました。

oyamada
野球全般 | Comments(4) | Trackback(1)

大竹を見殺し、マエケンはなんとか救った

2008年04月05日
黒田、初登板初勝利おめでとう!!

■広島1-2横浜(TBSエキサイトBB)

横浜が今季2勝目を挙げ、最下位を脱出し単独4位に浮上した。横浜は8回、金城のライト前タイムリー、佐伯の今季初打点となるセンター前タイムリーで2点を先制。先発・寺原は8回7安打9奪三振1失点で今季初勝利。自身はプロ入りから広島戦無傷の4連勝。9回途中から2/3を投げた今季初登板のマットホワイトが、来日初セーブをマーク。広島は、相手を上回る9安打を放つもアレックスのタイムリーの1点のみ。先発・大竹は8イニングを自責点0も、8回に味方の2失策から失点し今季初黒星。自身の横浜戦の連勝は2でストップ。

東京ドームから帰る途中、メシ屋で報道ステーションを見ました。
金城が憎い!にくいイイプレイでした。あっぱれ。
あの梵の軽率なスローイング。大竹のコメント「今日の負けは悔しすぎます」に表れていますね。梵のお陰で負けたぐらいのコメントしてもいいぞ大竹。
それにしても打てない打線。ピッチャーはそこそこ頑張っていますよ。2・5・4・5・4・2・2   ←5失点が2回しかないのに1勝しか出来ていないって?

それと2番石原はこのままなのでしょうか。

セ・リーグ盗塁

1 飯原(ヤ) 6
2 赤星(神) 4
2 青木(ヤ) 4
4 石原(広) 2    ←ここが注目されるようでは・・・
4 川島慶(ヤ) 2
4 梵 (広) 2

いや、石原は頑張っているよ、よくやっている。他の選手が仕事出来無すぎです。
梵、栗原が元気出さないと。「いつまでもいると思うな前田さん」

・・・・・・もう書くことが浮かびません。


そして今日の試合。スコアだけで「以下省略」で終わろうと思ったのですがね・・・・勝っているし(笑)。しかも録画9回の裏で切れているし(泣)

■広島4-3横浜(TBSエキサイトBB)

広島が今季初のサヨナラ勝ちで4位に浮上。広島は1回、石原の1号ソロで先制するも逆転を許す。2点リードされて迎えた9回、前田智のタイムリーなどで同点に追いつくと、延長10回に天谷の自身初となるサヨナラタイムリーで横浜を下した。広島は今季チーム最多の15安打。プロ入り初登板・初先発の前田健太は5回を3失点。6人目の横山が今季初勝利。横浜は2回に吉村の2号ソロで同点に追いつき、2回に石井琢のタイムリーで一時は勝ち越すがリードを守れず。先発ウッドは5回2/3を1失点。6人目の那須野が今季初黒星を喫した。

マエケンがついに登板!
オチョア、栗原の守備はなんとかならんのかね?特にオチョアは精彩を欠いたプレイが続いていますよね。
そんな中でしたがマエケンは粘りのある投球でした。金城には粘られてヒットを打たれましたが、あれを打ち取るぐらいの力を次回期待します。。

さて解説の大下さんがで言っていましたが「俺のところに打たせろ、任せろ」という気持ちで野手は守っていますかね?チームリーダー・・・という梵の紹介で突っ込みを入れていましたが、初めて大下さんの解説で頷いたかもw
このチームに必要なものは基本的なプレイ以上にチームワークでしょ。皆で勝っていく気持ちじゃないかね。
前田が今日はチームのピンチを救いましたよ。同点ライト前ヒット。でもさ、ファーストへいくときに手を叩くなら、ベースについたときにベンチに手を上げるぐらいの盛り上げをして欲しいよ。
ベンチから若い選手はベンチから前田のアクションを見ていましたよ。
・・・まぁせっかく打ったことに文句をつけるのもなんですのでここのぐらいで。ナイスバッティング前田!

毎日のように書いている「2番石原」ですが、今日は4安打(笑)どうしちゃったの?
フォームをちょっと確認したけどオープンスタンスがやや狭くなりましたね。タイミングを取る程度ぐらいしか開いていませんね。
一昨日の逆転打の録画を見たけど「いかにも打ちそう」な雰囲気がありますね。このまま2番かなぁ・・・・むしろ里崎みたいに3番、5番で使ったらどうでしょうかね?
この逆転打のときも天谷が1塁から悠々生還。そして今日の9回の1点差につながる天谷の足が内野安打を生みました。1番だけに俊足を置いておくのももったいない。
赤松の復帰次第なのかも知れないけど、もっと相手投手プレッシャーに与えるような野球じゃないと連勝は出来ないと思います。


■【横浜】初の連勝逃すサヨナラ負け(ニッカン)

横浜はサヨナラ負けで、今季初の連勝を逃した。3-1と2点リードで迎えた9回、4番手ヒューズが乱調。3連打で1点を失い、さらに2死から同点とされた。最後は延長10回2死二塁で、那須野が広島天谷にサヨナラの中前打を打たれた。大矢監督は「2点差で逃げ切りたかった」と、計6投手をつぎ込んでの敗戦に悔やんだ。

今日だけは言わせていただく・・「讀賣さんクルーンの強奪ありがとう・・」



野球全般 | Comments(6) | Trackback(1)

みんな全力で戦っていて、チーム一丸で勝てました

2008年04月04日
arai_  うぎゃ!ウキーッ!?

■広島ようやく初星 石原が“護摩行効果”で殊勲打(スポニチ)

開幕5試合勝ち星なしで迎えた一戦。石原が大仕事をやってのけた。ラストイヤーとなる広島市民球場。今季初のお立ち台で素直に喜びを表現した。
「開幕から苦しい試合が続いたけど、勝てて良かった。最高にうれしいです。みんな全力で戦っていて、チーム一丸で勝つことができました

昨日は出かけていたので録画放送で3打席目の逆転打まで見ました。
2打席目の2アウト3塁からのレフト前ヒット・・・というかショート内野安打ぐらいの打球でしたが。
アナウンサーも絶叫していましたが「執念のヒット」。いやー、気持ちがボールに乗り移ったね。あぁいうガッツを感じるプレイはいいですね。
見ていて気持ちがいい。もちろん結果が出たからなんでしょうけどw
まだお立ち台は見ていないので今日帰ったら再生します。そうだ、今日の試合の録画を忘れた・・・。
パリーグみたいにダイジェストをネットで見れると便利なんだけどね。セリーグは読売がある限り実現は難しいよね。
ところで、石原・・・護摩行いってたんだね(笑) 知りませんでしたw(というか記憶が薄い)


■ルイスが来日初勝利…7回2失点で見事トラ斬り(スポニチ)

先頭・赤星の安打から序盤の1、3回に失点。2、4回にも先頭打者を出塁させるなど、まるで「この4日間ずっと気にしていた」ボーク修正の成否を問われているような展開が続いた。が、右腕は冷静。セットポジションの動作にクレームがつくことはなかった。
球数は6回で100球を超えたが「次の回、行くか?」という指揮官の問いかけに、首をタテに振って演じた121球の熱投。妻・ジェニーさんに長男・ケイトくんが観戦する中、続投志願で熱いハートも示した右腕が浮上には欠かせない。

来日初勝利おめでとう!ルイス!
昨晩はご家族が来ていたんですね。息子さんの前でカッコいいお父さんの姿を見せることが出来てよかったね。
昨日は5回までのピッチングを見ましたが、「のらりくらり」とピンチもなんとか切り抜けていました。初回の梵のプレイも大きかったですね。あれからルイスも流れに乗れたと思います。
赤星に打たれた2本を見ましたが高めで打ち取れるほどの球威ではないですね。やはりキレのある球を低めに投じていく投手だと思いました。上下の揺さぶりが少ないカープですから彼も投げやすいんじゃない?w
金本にはコントロールミスでタイムリーを打たれましたが、いまのうちはいいです。長いシーズンを考えたらあの失投は安いものです。あのスライダーはなかなか打てないですから、次回は最初からしっかりと勝負に行って欲しいです。

さて昨日も「機動力野球を忘れた打線」でした。やはり2番石原は怖い・・・石原の打撃が好調なのでこのまま据え置きにしそう・・・。いまは機能しているけど長い目で見たらどうなんでしょうね。

そうそう。2軍で松山くんが2試合連続でマルチ安打です。はよ上がってきてね。

今日は東京ドームで「電灯の一線」を見てきます。虎姿の新井を見物してきます。
モノも投げません、野次も飛ばしません。
誰かイイ呪のコトバを教えて下さい。 ex.エコエコアザラクエコエコアザラク
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

結局、悪い雰囲気なんだよ

2008年04月03日
今日はちょっと早目に書きます。試合の感想は明日書きます。

■広島 31年ぶりに開幕から5戦○なし(スポニチ)

まったく元気がない。開幕から5戦連続勝ち星なしは31年ぶり。ブラウン監督は「シリアスな状態だと感じているし、選手たちもそう思っている」と危機感をにじませた。打線は9安打で2点どまりとつながりが悪い。早くも4通り目の先発オーダーを組むなど工夫はしているが、なかなか効果が出ない。小早川打撃コーチは「最後の1本が出ないよな。(原因は)結局、悪い雰囲気なんだよ」と頭を抱えた。

まるで他人事小早川コーチ。そんなコメントは私でも言えます。
悪い雰囲気は「最後の1本が出ない」からですか?だったら「いい雰囲気を作る」って考えませんかね?
チームの雰囲気を作るのは別に「試合に勝つ」だけじゃないでしょ?あなたがいたヤクルトの宮本は1月の時点で開幕を睨んだ発言をしてチームの士気を鼓舞させましたよ。特別ボーナスだすとかさ・・・女性のアドレス贈呈をもう1回やったっていいじゃない。
なんか負けていると「ふざけてはいけない」みたいな雰囲気がこのチームにはありませんかね?
前々から気になっています。もうちょっとやんちゃな選手は出てこないですかね。いい意味でKYな選手が欲しいです。
松山が昨日はウエスタンで2安打だったそうですが、彼を1軍にあげませんか。オープン戦は非常にベンチの雰囲気もよかったと思いますけど_?
昨年と代わり映えのないベンチでは刺激もなく「あぁ結局実績重視・・・でも打ってないし・・・ツマンねぇ」って選手は思っても仕方なし。
それぞれの自覚が足りないのも問題ですが、チーム全体の雰囲気を変えるのは首脳陣かリーダーです。
そう考えると昨年の前田キャプテンってのは無理があったなよな・・・


■新井内角攻めに岡田監督プッツン(スポニチ)

1点リードの3回2死、宮崎が投じた6球目、シュート回転した138キロ直球は新井の背中を直撃した。打席でうずくまると、指揮官は吉竹チーフ野手兼打撃コーチとともにベンチを飛び出した。猛虎の将は“ええかげんにせえよ”とばかりに捕手・石原をにらみつけ、二言三言発した。
怒るのも無理はない。第1打席の4球、第2打席の6球はすべて内角球。ぶつけた後の3打席目以降は、一転してスライダーを織り交ぜ、外角主体の攻めとなった。「(前2打席が)おかしいということやろ」。岡田監督は“故意”と言わんばかりにニヤリと笑った。

そんなコントロールが宮崎にあったら勝っていますわ(笑)
タンパリングを平気で行う監督が「ええかげんにせえよ」とはお笑いだな。おぃ、お前だそこのヒョットコ「ええかげんにして欲しいのは」。
それとこのスポニチの悪意ある書き方も気になりますね。まるで石原は確信犯ですか?
サンスポと同じでスポニチも阪神のわんこになるんすか?部数売るためには大変ですね。
スポーツジャーナリズムとかポリーシーとかぶっ飛びですね。目先の部数・・・目先・・・  orz
どっかのチーム采配のようなもんだな。
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

現有戦力でも「機動力野球」を貫いて欲しい

2008年04月02日
機動力野球はどこにいったんだ?

■広島2-4阪神(TBSエキサイトBB)

阪神が4試合連続の2ケタ安打で02年以来となる球団史上3度目の開幕5連勝、2カード連続の勝ち越し。阪神は先制された直後の2回、鳥谷の1号2ランで逆転に成功。4回に矢野の併殺打間に1点、6回にも矢野の犠飛で加点。今季初登板の先発・下柳は7回を8安打1失点で今季初勝利、06年から続く自身の広島戦の連敗を3でストップ。藤川がリーグトップの4セーブ目を挙げた。なおこの日ヒット1本の金本は、2000本安打まであと5本。広島の先発・宮崎は7回を8安打4失点で1敗目。チームは開幕から勝ち星無しの4連敗。

金本ってあと5本?マスコミ的には全然盛り上がっていませんね。讀賣が調子が悪くて余裕がないのでしょうかね?
あーやだやだ。でも明日5安打を打たない限り東京ドームでの達成の可能性が高いですね。金曜日行くのですが・・・なんか見たいような見たくないような(笑)

さて今朝はタイマー録画を忘れまして・・・「こういう日に限って勝ってしまうんだよね」と安心して国立競技場に行って来たのですが、そんなのはお構いナシに遠慮なく負けていました。あー
宮崎もなんとか踏ん張ったみたいですね。しかし序盤での失点はいけません。5回1失点がいまのカープの先発の課題になると思います。
いまんとこクリアできているのは大竹だけかな?明日の先発も予想されますがどうなんでしょうか。

今日は国立競技場からR25で経過を追っていましたが、まずはスタメン。

1 (左) 緒方
2 (捕) 石原
3 (中) アレックス
4 (一) 栗原
5 (三) シーボル
6 (右) 嶋 
7 (遊) 梵 
8 (二) 東出
9 (投) 宮崎

また2番石原。わかんないなぁー。投手力のないカープに捕手に打撃に期待するって?
たぶん下位打線の厚みを考えたのでしょうけど、石原の打撃を重視するならば7番か8番のほうが怖いですよ。
しかし昨日以上に機動力野球崩壊ですね。梵の調子の悪いのはわかりますが、2軍に落とさない限りは頑固に3番で起用してもよかったのでは?
それと1番緒方ってね・・・どんだけコーチのお見本なんだよ。
それとアレックスの3番は反対です。ここにアレックスを置くと攻撃の幅が一気に縮小します。
どのみちどんな打線にしたって2点か3点ですよ。そうしたら相手にプレッシャーを与えてミスから点を取るしかないじゃないですか。
私は現有戦力でも「機動力野球」をマーティーに貫いて欲しかったです。

これが私のオーダー
天谷、木村、梵、栗原、アレックス、シーボッ、鞘師、倉、投手

もうね、1-4番で点を取るスタイルが一番いいですよ。それでもこの5-6番は怖いですよ。そして鞘師を上げてチャンスをあげましょうよ。
いくらオープン戦で結果を出しても開幕2軍なんて気持ちが腐りますよ。森笠、嶋はちゃんと結果を出してから1軍にして欲しいです。
これが勝ちに行く野球とは私は思えない。過去の実績を重視しているだけ。これでは相手チームは分析が簡単です。
それに新しい顔が入ると活気が出ます。阪神の2-3番を見てくださいよ。あの組み換えで非常にバランスがイイですよね。

それと投手。
あと抑えは岸本に頑張って貰おう。
そして梅津、コズは先発にする。大竹、ルイス、長谷川、宮崎、マエケン、そして梅津とコズを加える。
7人になりますが、谷間にも投げれる、調子の悪い投手も出るだろうし、連戦が続いたときは疲れを取るために1週間飛ばすこともできる。オリンピック期間(関係あるのか?)で穴があくことも考えられる。

そして序盤に点を取られたら追い付くのはほぼ不可能。大竹、ルイスは6-7回を投げきる。他の投手はぶっちゃけ5-6回でもいいです。
建を下げて勇人をあげてペローン、林、横山でセットアッパーは大丈夫。

力が弱くてもなんとかなります。ラブリーと嶋と森笠は廣瀬と佳紀と鞘師にチェンジ。

目標は勝っていても負けていても9回まで2点差。
もし負けていても佳紀(廣瀬)、緒方、前田の強力代打が待っています。キダゴーもいる。球場は盛り上がりますよ。客は負けていても帰れないじゃないですか!
そんなワクワクする仕組みを作りたいね。ストッパー全盛期ですが、これからは「土壇場代打トリオ」ですよ。ストッパーを打ち崩してペナントレースを掻き回します。

どうだ、マーティーよ。1回俺に監督やらせてくれないか?(笑)
野球全般 | Comments(3) | Trackback(2)
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。