スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ドラゴンズには5年連続負け越し

2008年08月31日
都市対抗野球は2試合だけで退散。自分に衰えを感じました・・・

■中日7-3広島(TBSエキサイトBB)

中日は1回ウッズの27号2ランなどで先制すると7回にもウッズの6/6日本ハム戦以来となる1試合2HR、今季最多の5打点目となる28号ソロで加点し試合を決めた。先発清水昭は6回2/3を5安打3失点で、06年9/18横浜戦の吉見以来となるプロ初先発初勝利。中日は6カードぶりの勝ち越しで、対広島戦5年連続の勝ち越し。広島は7回に石原のタイムリーなどで3点を返すも、先発前田健が2回を自己ワーストタイの5失点で7/25横浜戦以来の2敗目。借金3で3カードぶりの負け越し。3位中日とのゲーム差は2となった。

がっかりな内容でしたけど、ウッズときっちり勝負をしての結果ですから仕方ないです。
これだけ複数点を序盤に取られること。追い上げ体勢のところで追加点を献上すること。
この2つが今日の反省点。
特にビジターでは先制点を与えないこと。これをきっちりやっていかないと連勝は無理ということ。はい、いままでも何度も書きましたが、今日もやっちゃったゲームでした。

出来れば2勝1敗といきたかったところですが、このローテ状況でしたら3連敗しなくてよかったです。
ビジターとして最低ラインの1勝2敗。次回の讀賣戦ではルイスと建が使えますからここで逆襲しましょう。
ただ今日の讀賣の戦いを見ていると「そう簡単には勝てないな」。今年の対戦成績はなぜかカープが勝ち越していますが・・・それだけに怖いです。

今日で8月の戦いが終了。成績は12勝9敗。ごーーーーーかーーーーく!

でもドラゴンズには5年連続負け越し。ちょっと前はお得意様だったのにね。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

そして再びゲーム差1

2008年08月30日
都市対抗野球が始まった♪

■中日3-4広島(TBSエキサイトBB)

広島が借金2、3位中日と1ゲーム差とした。1回アレックスの12号2ランで先制、6回栗原の併殺崩れ間、8回石原の押し出し四球で加点。今季初登板、先発は06年10/7ヤクルト戦以来の斉藤は5回82球2安打1四球無失点で06年10/1巨人戦以来のプロ2勝目。6人目永川が27セーブ目。中日は6回イ・ビョンギュ、和田のタイムリーで2点を返すも勝率5割、2位巨人と6・5ゲーム差。先発山本昌は7回7安打2四球3失点で4敗目。7/15巨人戦からの連勝は7、ナゴヤDでの連勝は3で止まり自身初の月間5勝はならず。

空気読めない、読まない、自然と読んでいない。
といったら広島東洋カープ。
山本昌でこっちは齊藤。どう見たってボロ負けムードなのに。勝っちゃった♪
昌の連勝も止めちゃったw

追いつかれそうで追いつかれない展開。でもこれやっぱりアレックスの2ランで先制してゲームを有利に進めたことが勝因でしょう。
ユウキよく頑張った!(カタカナで書くと実は全く別の球団の選手なんだけど漢字変換が面倒でね。←単語登録しろよ俺)

今日は帰ってきたらノリがエラー。続く栗原はサードファールフライ。
ここで打っていたらもっと楽になれるのに・・・と思っていたらナガカーの鬼のクロージングですよ。

解説者も言っていましたが「ストライクのフォークとボールにするフォークを使い分けている」。
なんですか?それは永川がコントロールがいいという証明ですか?
昨日中国新聞の記事で知ったのですが、永川と藤川だけが逆転をされていないクローザーだそうで。
春先の「フォームが固まらない」なんて言っていたあの永川ですよ?
いやいやまだ私も悲鳴は出ますよ、木村さん。過去の負の遺産が清算できないのは東出と一緒で・・・

ただ今日のピッチング、とくに森野には内容のあるピッチングでしたね。
追い込まれたら厳しい球が来る。次の荒木が初球に手を出したのもその影響でしょう。いいピッチングでした。

さてこれでゲーム差がまた1。ただ明日の先発をどうするのか?マエケン?ルイス?
ドラゴンズもよくわかんない。なんとかビジター、特に鬼門のナゴヤで勝ち越せば今後の力にもなる・・・1戦1戦が大事な試合です。


■シュルツが右上腕筋負傷で抹消(ニッカン)

広島マイク・シュルツ投手(28)が30日、右上腕筋負傷のため出場選手登録を抹消され、チームを離れた。数日前に張りを訴え、この日午前中に名古屋市の病院で「右上腕三頭筋筋膜炎」で7日間の加療を要する見込みと診断された。シュルツは必勝リレーの一角としてチームを支えていた。1軍外国人枠に空きができたため、スコット・シーボル内野手(33)が登録された。

あいたたたたたたた。
ブラウワーを獲得しておいてよかったよ・・・と思ったがそういえばシュルツは怪我の不安がありましたね。しかし横山がいないだけにシュルツの離脱は痛いです。
今日はユウキを5回で降板させましたが、最低でも6回は投げてもらわないと困る・・。7回梅津、8回ブラウワー、9回永川になるでしょうね。
しかしシーボルは2軍でもさっぱりだったようで・・・ほんと数年後名前を出して笑える選手でしょうね。


さてさて。
東京ドームに行って来ました。
toshitaiko_01

試合途中にショップに行くと・・
toshitaiko_02 ジャイアンツプライドってそういうことか?

toshitaiko_03 うっすらJRの一文字を試合前にみて喜んでw

toshitaiko_04 1週間早いレッドストームを日本生命がやっていましたw

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

野球全般 | Comments(2) | Trackback(1)

なんだこのうっちゃられ感

2008年08月29日
うっちゃられましたか。しかしデラロサにやられたか・・・

■中日4-3広島(TBSエキサイトBB)

中日が広島を下し貯金1、4位広島とのゲーム差を2に広げた。中日は2回、ウッズの2試合連続26号ソロ、ファースト栗原のエラーで2点を先制。同点で迎えた7回はイ・ビョンギュのタイムリー2Bで勝ち越し。再び同点で迎えた8回にはデラロサのタイムリーで勝ち越し、そのまま逃げ切った。4人目の高橋が昨年8/17横浜戦以来の今季初勝利。5人目の岩瀬が29セーブ目。広島は2点を追う6回に栗原、嶋の連続タイムリーで追いつき、1点を追う8回には石原のタイムリーで再び同点に追いつくも、ブラウワーが今季2敗目で借金は3。

一見。もうちょっとで勝てたのに!というスコアですが。
「やはり先行は常にリードして試合を運ばないと苦しいです!」を証明した試合でした。

こちら11安打を打ちながらも3点、中日は6安打で4点。効率よく勝ちをもっていかれる様子は昨年のまんま。讀賣には堂々と勝負できるのに、なぜにドラには?
特に名古屋ドームは鬼門ですね。今年も1勝ですよね。なんか技術的なものよりも「どこの神社がいいかね」ぐらいに思えてきました。

実はカープのローテがいま厳しい。
明日はユウキ?明後日はマエケン?   ここで本来は長谷川がいなきゃいけないのにね・・・  最近の彼はどうなのかな?

7回3失点被安打5四死球3

どうなんだろ。浪花のゴジラに一発喰らったようです。 あと井生くんはいつ上がってくるの?

さて先ほど確認しました。
ファイナルシーズングッズ・・・全部ほすい。特に復刻の浩二と衣さんは買いでしょ!
http://www.shop.carp.co.jp/shop08/new_flame_lastyear.html

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

あれ?ブラウワー、それ珍記録かも?

2008年08月28日
今日も大事な試合でした。そしてエースと4番のお立ち台。
現地で見たかったなぁ・・・・

■広島3-2東京ヤクルト(TBSエキサイトBB)

広島が2カード振りの勝ち越しで借金2。3位中日とのゲーム差を1に縮めた。広島は1回にアレックスの内野ゴロで先制。1点を追う4回に梵の2Bで同点。6回に栗原の17号ソロで勝ち越した。先発大竹は7回6安打7奪三振1四球2失点で、昨年7/25からヤクルト戦3連勝で今季7勝目。永川が26セーブ目。ヤクルトは2回に飯原のホームスチールで同点。4回には畠山の7号ソロで一時勝ち越すも、リードを守れず3カード連続負け越しで借金7。先発のダグラスは6回3失点で、06年7/5ヤクルト戦以来の黒星となる今季初黒星。

これからの戦いに自信になる1勝でしたね。
あのドシャ降りの中で初球をスタンドへ持っていく4番栗原。随分と飛ばしましたね。春先の不安はなんだったのでしょう。
昨年までの栗原を見ていたら「とてもとてもまだ5年は早いよ4番は」と思っていたのに5ヶ月でこの風格と実績。
チームが勝つためならホームランは捨てて打点に徹する。
そして大竹がチームとして一番失点の多い中盤をしっかりとリズムよく抑える。投打の軸がぶれなければチームは勝ちます。大きな連勝にはまだまだ力不足ですが、大きな連敗はしない力はついています。
上がったり下がったりの日が続くとは思います。
しかし勝たなければいけない試合はある。ドラゴンズとの3連戦、明日からですね。期待しています。

そういえば余談ですが。ブラウワーってランナーは出しても併殺打で切り抜けていません?今日も一昨日も。確か先日の横浜でも。
ということは3登板連続で1イニング内で併殺打?珍しい記録かもね。

今日もドシャ降りの中13230人のお客さん。お疲れ様でした。
それにしても1万人を切る試合がなくなりましたね。このヤクルトか横浜のカードが一番厳しいですから。
オーナー夢の130万人突破するかな?

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(4) | Trackback(1)

小窪のヘッドスライディングに何を思うか

2008年08月27日
栗原の8試合連続ヒットのことはヒーローインタビューで知りました。
あぁ言わなきゃよかったのに・・・と思ったら今日でやっぱり記録ストップ。

■広島1-4東京ヤクルト(TBSエキサイトBB)

ヤクルトは8/16以来の勝利で連敗を5で止め、4位・広島と1.5ゲーム差に迫った。ヤクルトは2回に飯原の6号ソロで先制。5回にアレックスのエラー、8回に武内の2点タイムリーで追加点。先発館山は6回7安打無四球1失点でチームトップタイの8勝目、3連敗中だった広島戦で06年7/5以来の白星。4人目林昌勇が29セーブ目。広島は9安打も5回の東出のタイムリー2Bでの1点のみで、3位中日とのゲーム差は2に。先発高橋は6回4安打4四球2失点で6/7オリックス戦以来の5敗目。栗原の連続打点は8試合で途切れた。

うーん、上野の乱調も響きましたが。やはり館山を序盤に捉えることが出来なかったのが敗因でしょう。
こういった雨の日には”コールド”が頭にちらつきます。
珍しく「森笠よりも先に前田」もその影響。しかし勝ちには実りませんでした。あれ?前田って昨日は四球だったけどそれまで代打連続・・(もごもご
そして今日ヒットを打ったから連続打数・・(もごもご

今日は小窪に語りたい。いつもだけどw
あの1塁へのヘッドスライディング。イチローはヘッドスライディングそのものを危険として行うべきでないと言っていますよね。
・・・しかしあの小窪の闘志を見たら全否定は出来ませんよね。プロならば。
確かに危険なプレイですが、チームプレイ、どうしても勝ちたいんだという気持ちが前に出たら自然と手は伸びるのではないでしょうか。
本能というのかな。それで怪我をしてしまう選手もいるでしょう。そして戦線離脱。ファンもがっかり、本人もスタメンを取られてしまう。
それでも本能は手を伸ばそうとする。なんか人間っぽい。決してイチローが冷たい人間だとは思わない。
微妙だね。イチローは誰もが知っている素晴らしい選手。そして小窪も素晴らしい選手ということですね。

さて。レッドストームデイまであと10日になりました。
試合前にイベントが2つあります。私は「新球場見学ツアー」に参加することにしました。もちろん試合では外野で応援します!
いつもはここでコメントをしていますが、よかったら実際にお会いしてカープ談義をしちゃいませんか?
詳しくは公式サイトmixiのコミュニティをご覧下さい。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

これぞ4番!栗原8試合連続打点!

2008年08月26日
今日は重要な試合だったのかもしれません。

■広島5-1東京ヤクルト(TBSエキサイトBB)

広島が2位中日とのゲーム差を1に縮めた。広島は同点の6回、栗原の今日2本目となるタイムリーと喜田のタイムリーで2点を勝ち越し。栗原は自身初の8試合連続打点。7回には代打森笠の今季初打点となるタイムリー2ベースで加点した。先発ルイスは7回5安打1失点で、7/4ヤクルト戦以来の勝利、ヤクルト戦3連勝で、阪神安藤、巨人グライシンガーに並ぶリーグトップの12勝目。ヤクルトは先発ゴンザレスの内野ゴロで挙げた1点のみ。ゴンザレスは6回3失点で2敗目、06年から自身3連敗。チームは今季2度目の5連敗を喫した。

それにしても観客16000人ですか。8月とはいえこのカードで平日1万を超えるのは凄い。
やはり好調が要因でしょうね。そして(1ヶ月休んでいたけど)勝ち頭のルイスが登場!
残念ながらルイスのピッチングは映像で見ることが出来ませんでしたが、試合時間3時間が物語っているようにテンポのいい内容だったんでしょうね。
7回まで85球。被安打5、三振3、四球1、自責点1
この内容なら後ろがしっかりしているいまのカープでは1点でもリードしたらセーフティーゾーン!
ブラウワーがちょっと先日から不安な様子もあるのですが、なんか切り抜けているねw

打線では今日のお立ち台にもなった「4番栗原」。これで8試合連続打点だそうで。これは立派ですよ。
もう打席に入っていて「ここ数年の4番」の風格ですよ。
でも皆さん。昨年の4番は立派に日本の4番に育ちました。そして帰ってきました。
そして折れていました。→頚椎疲労骨折

今日は帰ってきたら8回の裏カープの攻撃。0アウト満塁。
外の球に泳ぐ石原を見たなんとなくホットしたのはなぜでしょうw  そろそろファンもプレイオフを真剣に意識しなきゃねw

一つ気になったのが小窪のスクイズ。確か先日も同じようなケースがあったよな。

これねたぶん他球団スコアラーにけん制したのではないかと。
試合自体も「カープと対戦するときは7回までに、いや6回までにリードをしないと負ける可能性が高い」と。
攻撃にも幅を持たせてマーティーがわざわざ見せ付けているような気がしました。

さぁ中日の背中に手が届く!3位に1ゲーム差!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(4) | Trackback(1)

なんとも生温い試合でした。勝ったけどw

2008年08月25日
年に1度あるかないかの「温い試合」でした。

■横浜2-3広島(TBSエキサイトBB)

広島が横浜戦3連勝、今季5度目の先発全員安打で連敗を3でストップした。広島は2回小窪のタイムリーで先制。1点ビハインドで迎えた7回東出のタイムリー、栗原の押し出し四球で逆転に成功した。先発前田健は6回8安打4奪三振2四死球2失点で8/5阪神戦から自身3連勝となる5勝目。4人目永川が25セーブ目。横浜は3回内川のタイムリーで同点に追いつくと、6回相川の犠飛で一時勝ち越すが再逆転を許し広島戦3連敗、借金30。先発桑原謙は6回1/3を投げ10安打3失点で4敗目。北京から復帰の村田は4番で2安打。

観客8377人ですか。とてもとても。そんなにいるとは思えませんでした。
さて試合。私が到着するまでに天谷のレーザービームとか小窪のタイムリーとかあったらしいが・・・それからは「まったりモード」炸裂。
見所はなかなか少ない試合だったのですが、やはりヒーローインタビューのマエケンは触れておこう。
6回を2失点。6回裏に1失点で勝ち越されますが、味方がすぐ7回に逆転。やはりこの男は何かをもっていますよ。あれよと5勝目。
内容もなかなかよかったです。まさに粘り強い投球。佐伯と内川の三振は理想の投球でした。あれだけ決め球の変化球を低めにキレよくコントロールできたらもっと勝てますよ。
ペローンは是非参考にして欲しいな。
マエケンは同じPLの桑田と比較されますが、私は北別府のような投手に育って欲しいですね。コントロールの素晴らしい投手は見ていて全然飽きません。
プロである限り結果は大事。しかし投げる前からワクワクさせるような投手。これをマエケンに目指して欲しいです。

そういえばこんな事件が。
7回に同点タイムリーを打った東出が1塁ベース上。投手交代のタイミングで東出コールをすると・・・

なんとヘルメットを取ってこちらに応えた。
そして雨が急に強くなった(笑)
あんな機嫌のいい東出は見たことがないぞ。納得の一打だったのでしょうか。それともFAでなんか気持ちがかたまったのでしょうか?

決勝点は栗原の押し出し四球。まぁその前の出てきて1球で死球で終わった山北のおかげかな。

シュルツ・ブラウワー・永川は磐石!と言いたいところですが。シュルツだけだな今日安心した内容は。

最後に今日のネタを2つ

yokohamacarp
先日「東京Carp」をご紹介しましたが、今回は「横浜Carp」
昨日並んでいるときにこのTシャツが出るのを聞いたのですが「絶対にしゅうまい」と思っていましたw
ランドタワーかな?とも思いましたが。


kannaibb
そしてもうひとつ。
これは横浜市営地下鉄の入口(球場センター方向出口から一番近い入口です)に週間ベースボールの表紙がパネルになって何枚もありました。
全てホエールズとベイスターズの選手でした。ゆっくり見れなかったので今度・・・と思ったけど10月もまだあるかな?

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(12) | Trackback(0)

プロ意識が抜けず審判を敵に回した

2008年08月24日
9月6日(土)レッドストームデイの試合前イベントと試合後イベントが発表になりました。→こちら


■ダル、上原の熱意奪う投手起用に問題アリ (サンスポ)

プロが五輪参加した00年以降、日本代表にスポンサーから多額の協賛金が集まり、それがアマ球界を潤してきた。だが今回の敗戦は結果として、NPBの権威失墜につながったし、五輪を手放したアマの落胆と後悔も計り知れない。「プロが出るから金メダル」と安易にはしゃぎすぎた点は、メディアを含め反省すべきだろう。
野球がメジャースポーツであり続けるために、2016年へむけた野球の五輪復活運動は成功させなければならない。それは、あくまで『五輪をアマに返してあげるための運動』にすべきだ。

なかなか今朝のサンスポの記事はいいですね。 江本の冷静なコメントは唸りました。(珍しくw)

またロス五輪(金メダル)で監督だった元法政の監督でもある松永怜一さんは「プロ意識が抜けず審判を敵に回した」と厳しいコメントをしています。

以前別のアマ関係者のコメントを見ましたが、小笠原のようなアッパーな選手はパワーゲームの国際大会では向いていないそうです。 そういった点をアマ関係はよく知っているのにプロはわかっていないと。
どういったプライドが双方にあるのかは知りませんが、そういった情報を得ることが出来ないNPBの体質にも問題があります。

日本野球界がいまこそ一枚岩になって「日本野球を盛り上げる。強さを世界で証明する」とならなければいけませんね。

国際大会というのは”短期決戦”という要素以上に「賢さじゃなくて心の強さ」が一番必要なんだなとこの大会を通して知りました。
普段はリーグ戦で”勝つ”以外にも選手は頭にあると思うのです。自分の成績しかり、明日につながる1本しかり。
国際大会に行けば全ての選手は”スター”じゃなくなるわけです。
そういった環境下、慣れていない場所で普段の力がいまの日本プロ選手には出せないのではないかと。



サンスポの星野監督のコメントを読みました
「ただの負け犬」です。井端ヤサブローを選んでいたらうんぬんなんて発言することが信じられません。そんな中途半端に選手について評価したら誰も監督についていきません。
星野は嫌いですけどこのコメントを見てさらに「がっかりしました」。

「日本の野球に恥をかかせた」

これもピンときません。
なんていうのかな言っていること全てがつながっていないんですよ。
欲張りな発言っていうのかな、あれもこれも。

「現状ではすべて受け止めないといけない。私の力がなかった。選手は必死にやってくれた。日本の野球はこのレベルじゃない」

うん、なかった。リーグ中なので選考には難しかっただろうけど起用に関してはどうなんだろ?と思いました。しつこいが「4番新井」にこだわる理由がわかりません。阪神だからでしょ?と選手間のなかにもあったのでは?もっと技術的に他の選手がこの期間を使って”勉強したい”という選手を選ばないと。川崎がWBCのときにイチローに慕ってしたでしょ。あんな感じ。今回の韓国のイ・スンヨプはまさにそれ。

「もっとパワーでおさえ込むということがわれわれになければ…。もっと国際試合をたくさんして、厳しさを知っている人たちがこういう大会に出るべき」

星野監督はどういうつもりで言ったのかわかりませんが、全てアマと考えることはないと思います。プロアマを混合してもいい。監督だけアマでもいい。
ただし「どういうチームを作るか」を先に決めて(もちろん勝てるチーム)それに合う選手を選んで欲しいです。
考えてみればプロはチーム編成はフロント次第。アマの監督のほうが入団時からの影響が大きいですよね。

強化試合もいま思えば考えモノでした。
球場の照明を暗めにして審判のアマ。そこまではよかったのですが、相手をアマチュアにするという手もありました。
アマのピッチャーは当然配球をワイドにしてくるでしょう。それに対応する実戦が足りませんでした。
プロアマ交流の場にもなりますし、これからプロに入ってくる選手には貴重な場所です。スカウトも嬉しいでしょうしw

あの川上が投じた石原への一球。
あれがそのまま北京につながっていましたね・・・。


「何を言われても甘んじて受ける」

昨年末のどっかのFA宣言選手(辛いんです)が同じことを言っていた気がする。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

星野JAPANにファン失望「まるで消化試合」

2008年08月23日
4位ですか、そうですか。「無様な試合」はもうしなかったんですよね?

■星野JAPANにファン失望「まるで消化試合」(スポニチ)

メダルを持ち帰ることはできなかった。「金しかいらない」と五輪に臨んだ野球の星野ジャパンは、米国との3位決定戦も4―8で敗れた。「意地はないのか」「これが実力か」。日本から応援に来たファンは失望をあらわに球場を後にした。
準決勝の敗戦後、星野仙一監督(61)は「ここで切り替えて思い切った試合をやろう」と選手に呼び掛けたという。だが、試合は先制しながらエラー絡みなどで逆転される最悪の展開。試合が終わると、腕組みをしたままベンチ裏に引き揚げた星野監督。「申し訳ないのひと言」と話した。
選手たちも皆、うなだれた。3点本塁打を放った青木宣親選手(26)は「国民の皆さんに申し訳ない」。主将の宮本慎也選手(37)も「本当に申し訳ない。責任を感じている」と話し、出てくるのは謝罪の言葉ばかりだった。
スタンドで声援した兵庫県伊丹市の島野幸子さん(32)は「ベンチから声が出ていない。チーム全体で盛り上げようという元気がなかった」。東京都の会社員(38)は「まるで消化試合。これが実力か」と手厳しかった。

2試合連続落球ってなんだ、GG?
もうみんなさっくり帰ってきなさい。お疲れ様でした。

これからWBCに向けてどうするのでしょうね。星野では無理ですね。選手から声が出ないなら出せたらいいんですよ。現役時代の闘将星野はどこにいった?!
短期決戦には向いていないのかもね。

とは言っても。他に人材がいないんですよ。ボビーが現地で見ていたらしいですね。
彼しかいない?なんかそれってオシム引っこ抜きみたいだな。同じ千葉だし・・・


誰かいますかね?この話になるとノムさんしか浮かばないってのが(苦笑)
え、清原と桑田?w

今日もここまで。いま決勝を見ています。いい試合ですね。
なんだろこの熱気。日本の野球はスマート過ぎますね。もっと力でねじ伏せるかキレのあるプレイ・・・あぁそうだよなイチローがいないってのがしっくり来ないのか。
あぁいう選手は「絶対に勝つ」というオーラというか雰囲気を持っていますよね。見せ掛けだけじゃないんですよ。
他の選手に気持ちが伝染するような力があります。
「ベンチから声が出ていない。」というファンの厳しい声がありましたが、こういった雰囲気を自然と盛り上げる選手を選ばなかったのもミスでしたね。
各チームの様子を見ながら「成績」だけで選ぶのではなく「どういうチームにするのか」を前提にしてそこに当てはまる選手を選ぶ・・・こういったスタイルにならないと日本の金メダルは遠いですね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

向こうの思いが強かったのではないか

2008年08月22日
日本には絶対に負けたくない気持ちが韓国の選手にはありました。
それと・・・

■星野監督「つまらない点を…」(スポニチ)

言葉ははっきりしていたが、表情はこわばっていた。宿敵韓国に2-6で敗れた日本代表の星野仙一監督は「つまらない点を予選からやっていた。2点で止まっていれば…。申し訳なく思っている」と、8回の4失点を悔やんだ。
金メダルの夢は破れたが、戦いは終わったわけではない。星野監督は自らに言い聞かせるように言った。「(選手の気持ちは)切れたりしていない。なんとかメダルを持って帰る」。最後の試合で日本野球は意地を見せられるのか。銅メダル獲得を目指し、24人の戦士は23日の3位決定戦に臨む。

なんとかとは言ってもね。必ずいい報告が出来るように・・と言っていましたが「銅メダル」ではいい報告とは言えませんよ。
今回参加した国のレベルを見てもアメリカ、キューバ、韓国を破ってこそ価値のあるメダルでしょ?その3つに負けているのですから「いまさら銅メダル」ですよ。
もう1試合あるのですが怪我のなく帰国していただきたいものです。

しかし不思議な大会でした。選手選考からファンは首をかしげていました。そして強化試合では冷や冷やの内容。
上原を選考するのは国際大会に経験豊富・・・というのは今日のスンヨプのホームランでも証明されましたが、「辛いです」と言って日本で何年も中軸を打っているわけでもなく、国際大会の経験が豊富なわけでもなく、調子の良し悪し関係なく最初から4番は最も不思議な起用でした。

4番だけじゃないけどね。前も書いたけど今江のような短期決戦に燃えるムードメーカーも欲しかった。
でも話は戻すが4番にはサムライを欲しかったです。


■宮本主将 悔し涙で「本当に申し訳ない」(スポニチ)

日本代表主将の宮本は、大粒の涙を流していた。それを指でぬぐいながら「金メダルへの思いが強いところが金メダルを取ると信じてやってきた。認めたくはないが、向こうの思いが強かったのではないか」と無念さをにじませた。
大学、社会人でプレーした経験を持つ宮本にとって、プロに五輪金メダルの悲願を託したアマ球界の期待も背負って臨んだ今大会だった。「(野球の実施は)五輪最後の可能性があるので、何が何でもという気持ちだった。本当に申し訳ない」と話すと、さらに涙があふれ出た。

いまは終わったばかりでしょうから相手の強さを認める気持ちより悔しさが大きすぎることでしょう。
しかし「思いが強かった」と強く認識しない限りまた同じ繰り返しです。気持ち、技術、経験、全ての上でのどの国にも勝ることが金メダルへの最短な道です。
これだけ国内で人気のある「野球」。圧倒的な強さで勝たなくてどうするのですか。

この数日の経験を各選手がリーグ戦でどのように表現をしてくれるのか。私は銅メダルより楽しみです。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

何もコメントのしようがない

2008年08月21日
やった!!ソフトボール悲願の金メダル!
上野投手はこの数日で何球投げたの??凄い精神力ですよね。
解説の宇津木さんが泣いたのにはもらい泣きしちゃったよ・・・
最終回はドキドキでした。サードの選手はファールフライとライナーをよく捕りましたね。
決して楽な試合じゃなかったけど上野を中心に守りきった試合でした。おめでとう!日本女子ソフトボール代表!

そしてなでしこですよ。惜しくも4位。メダルまで届きませんでした。
でもね最後まで諦めずに走り続けてゴールに向かう姿勢には感動しました。
もう後半は体の消耗が酷過ぎて動きが鈍かった・・・それでも振り絞っている姿は素晴らしいです。

どっかの選手にも見て欲しかった2つの試合でした。





↓今日の結果です。コメントは控えさせていただきます。


■広島4-7阪神(TBSエキサイトBB)

阪神が3連勝で、今季4度目の同一カード3タテ、6カードぶりの勝ち越し。阪神は1回鳥谷が先制9号2ラン。3回に金本の5年連続13度目の20号3ラン、9回には鳥谷が2点タイムリー。先発下柳は5回4安打3失点で4年連続6度目、40代では史上5人目の2ケタ10勝目。06年から続く自身の8月の連敗を9で止めた。広島は今季2度目の同一カード3連敗、7カードぶりの負け越し。先発・大竹は6回7安打5失点でリーグワースト11敗目。6回に前田智のタイムリーで1点差とするも、9回に4人目・永川が2安打2四球2失点。



にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

なぜにルイスが昨日投げなかったのかまだ不思議

2008年08月20日
ならば昨日ルイスで今日大竹でいいじゃないか。大竹になんかあったのか?

■広島3-4阪神(TBSエキサイトBB)

阪神が6カードぶりのカード勝ち越しを決めた。1点ビハインドで迎えた7回関本のタイムリーで同点とし、代打・桧山、赤星、平野の3連続タイムリーで勝ち越し。先発岩田は6回3安打1失点で7/8巨人戦以来の7勝目、広島戦プロ初勝利。3人目ウィリアムスが3セーブ目。広島は9回に栗原の2点タイムリーで1点差まで追い上げるが及ばず、阪神戦連敗で7カードぶりの負け越し。復帰後初先発の広島ルイスは5回2/3を1安打7奪三振無失点、防御率はリーグ2位の2.41に。3人目ブラウワーが2/3回6安打4失点で来日初黒星。

6回までじゃヒット1本ですよ?
なぜに7回でこんなに崩れる。
帰ってきたときに丁度その7回。ブラウワーがこんなに打たれるなんて・・・もう見ていられません(ここから日本代表野球にチャンネルを変えたのは内緒です)

1-3塁、1-3塁、1-3塁と理想的な攻撃(をされちゃう)。

ルイスはやはり球数を考慮したのでしょうか。5回1/3で93球。病み上がりですしね。
ただ回が浅いですし1/3でシュルツの代打はどうだったのかな・・・負けると色んなこと考えてしまいますね。

こういうときは打線爆発も願いたいところ。今日も序盤で岩田を攻めきれないのは反省材料でしょう。
明日の試合はなんとしても取る!0勝3敗はいけません。マーティーが帰ってきたらリブジーはしばかれるぞ!w


さて日本代表野球を見ているのですが。
3アウトになったのに誰も気づかないってどういうことですか???
ありえない・・。

今日はmixiのコミュで立て込んでいるのでここまでとさせてください。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ  試合終了後の岡田の顔をみてキモかったらクリックw
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

8回裏カープの攻撃、梅津に代打なし

2008年08月19日
ルイスが上がってこない、そして梵があがってきた、そしてキダゴーがスタメンサードで、宮崎が先発。
試合前に見所がどんどん減っていくのが「不安で仕方なかった」です。

■広島5-14阪神(TBSエキサイトBB)

阪神が今季3度目の2ケタ得点で広島戦の連敗を3で止めた。阪神は1回鳥谷のタイムリーで先制。2回に林の07年9/28以来のソロHR、金本のタイムリーなどで6点、6回には関本の自身2本目の6号満塁HRなど、打者13人で7点を追加。先発の安藤が5回4失点も自身最多タイとなる11勝目を挙げた。広島は4回に嶋が7号3ラン、5回の天谷のタイムリーで一時2点差に迫るも、15安打を浴びた投手陣がリーグ記録まであと1つの14与四球で14失点。先発の宮崎は5安打3四球6失点で、プロ入り最短1回2/3で降板し6敗目。

阪神に与えた四球が14個?なにやっているのよ。
6-0のスコアから嶋の3ラン、そして天谷がポテンとタイムリー。ここまではもうカープに流れが来ている・・・しかしチームとして一番失点の多く今日も大事な6回表。
ここで3連続四球とヒットヒットホームランで7失点。もったいない。
解説の達川も最後に言っていましたが「もう勝負をする時期じゃないか」と。同感。
結果8回の裏に梅津に代打を出さない始末。今日の試合をどれだけ楽しみにして行ったお客さんがどれだけいるのかわかっているのか??
ちょっとリブジー采配に不満ですね。最後はシュルツでもブラウワーでも永川でもいいから出すべきでした。

さて先発の宮崎ですが、林のホームランが一番今日の結果を表していました。あのシュート気味で高い球を右中間に持っていかれるとは。
球に力が無さ過ぎます。初回先頭の赤星に四球、そして2打席目の四球。
比較的長打の可能性が低い打者に四球を2つも続けるのはもう気持ちで負けている証拠ですよ。先発は当分いいわ。お客に失礼です。

どうしてルイスを登板させることが出来なかったのでしょうか。
これからのローテーションも読めなくなりました。大竹はどうするのよ。

9回裏2アウト。オチョアは気持ち切れることなく明日につながる2塁打。そして栗原がライトへのタイムリーヒット。
これですよ、これ。いまのカープは少々のビハインドでも諦めないで最後までくらいつきます。
ファンはこの気持ちがある限り10点差だって諦めませんよ。
今日だって8回裏に「もしかしたら」ってたくさんのカープファンが思ったことでしょう。(藤川がいないし)

リブジーの采配に不安はもちつつも「明日は必勝!」です。こんなところで阪神に負けてはいられません。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(6) | Trackback(2)

リブジーが代行監督、シーボルが登録抹消

2008年08月18日
登録抹消はシーボルでした。

■栗原、グラ粉砕…G倒4打点(デイリー)

今季から捕手の配球傾向の資料を読むようにしている栗原。「空振りしたボールは投げてくるんですよね。(捕手の)クセも勉強してますよ」と配球を読んだ成果が表れ、好成績につながっている。
頼りになる主砲にブラウン監督も今や一人前扱いだ。開幕からフル出場する栗原にこの日の試合前練習を免除した。「結果を出すための練習だからね」と指揮官もニンマリ。試合に向け体力を温存したことが、この日のいいスイングと最高の結果を生み出した。

く、く、く、栗原が頭を使っている・・・。グライシンガーのお株を頂戴しているじゃないか。こんなたくましくなっていたとは・・
ついにチーム最高打率、そしてリーグ最多安打を継続中。春先の4番の重圧がやっぱりあるのか?とこの1年間どうしようかと思っていたカープファンの不安はどこへやら。

栗原といえば。ブログをやっていますが、なかなか最近はファンの質問にも答えて面白い内容になっています。
その中で。どうやら昇吾と仲がいいようですね。昇吾のブログでは栗原のことを「牛」と(笑)
昇吾のブログは本当にこんなに選手の素顔をさらしていいのか?と思うぐらい。でもね・・ファンにはたまらないですよ。
ブラウワーの笑顔がなかなか素敵だ。岸本はカッコイイね。「牛」の笑顔もいいぞw
あー、お互いに写メして自分のブログに掲載したんですね。楽しそうだなぁ・・一緒にとは言わないから隣で肉を食いたい!


さて注目のルイスの登板がどうやら明日になりそうです。
抹消されるのはシュルツ?と思いきやシーボルでした。やはりいまの中継ぎで横山の穴は厳重に守らないといけない。
意外性のある男はやむなく登録抹消となりました。
サードはどうするのでしょうかね。このままだとキダゴーの可能性が高いのですが、左投手の場合はどうするのか。
高明もいいけど芳彦も起用して欲しいな。田中も。

明日からの先発予想です。
8/19 T ルイス
8/20 T 大竹
8/21 T 高橋建

8/24 YB マエケン
8/25 YB ルイス

いま自信をもって言えるローテションはこの4人でしょう。ここが5割復帰の分岐点。
ついに勝負のときが来ましたね。

最後に訃報です。
マーティーのお母様がお亡くなりになりました。
きっと容態は悪かったと思いますのでこの数試合は日本で指揮官として全うしたのですね。
この阪神戦だけリブジーが代理で指揮をとります。マーティーは横浜戦で戻ってくるそうです。
心よりご冥福をお祈りいたします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(6) | Trackback(0)

広島が3カード連続の勝ち越しで、再び単独4位に浮上

2008年08月17日
たっくん、最後は簡単にありがとう。

■讀賣3-5広島(TBSエキサイトBB)

広島が3カード連続の勝ち越しで、再び単独4位に浮上。広島は1回栗原の16号2ランで先制。3回に再び栗原がこの日4打点目となる2点タイムリー2ベース、8回には越智のワイルドピッチで加点。先発の前田健は5回1/3を3失点で自身2連勝の4勝目。4人目の永川が24セーブ目。巨人は4点を追う4回、8/3以来のスタメンの高橋由の安打などで1死一・二塁とし鶴岡が2号3ラン。1点差と迫るもその後得点を奪えず、今季の広島戦では未だカード勝ち越しなし。先発のグライシンガーは7回4失点で7敗目、自身6連勝でストップ。

行って来ました東京ドーム。
今日はレフトの上のほうで応援していました。
隣ブロックはウサギ組だったのですが、不思議な手の動きを観察させていただきました。←趣味が悪いw

さて試合ですが栗原がドでかい一発で観客の目を覚ましてくれました。センターの鈴木もほとんど動きませんでしたね。
昨日は初回の1点だけの貢献であとはさっぱり。その分を今日は絶対にやってくれると思っていました。その通りの活躍でした。

そして鶴岡の一発でもう一度起きましたが、残りの回を計算したらなんとか勝てるかな?と思いながら・・・でしたが現実はそう甘くなかったです。

今日のポイントは6回のマエケン続投でしょう。結局ランナーが出たところで交代はしましたが、なんとか先発投手は最低6回は投げ切って欲しい気持ちが込められていました。
見ているときは「交代、交代、中継ぎ沢山いるから早いうちに」とドキドキしていましたが、帰ってきてこのところの先発の不甲斐無さに気づいたら「まぁ続投だなわな」。

9回もどきどきしましたが、タクヤが打つことよりも小笠原に回ったらどうしよう・・・そっちが不安でしたw

あ、話ついでに小笠原のときに使うあれ、イルカ。あれなんすか?日ハム時代のまね?それだったら応援歌と揃えてこそ意味があると思うのですが・・・

もっと書きたいことはあるのですが睡魔には勝てません(w

とにかくビジターで2勝1敗は上出来です。いい戦い方がまだまだ続きます。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)

なんか有名人嫁の情報で限定(らしい)Tシャツが買えちゃった

2008年08月16日
今日の収穫、嬉しかったこと

+赤松の超ファインプレイが見れた
+篠田はまだコントロールに問題ありとよくわかった
+なんか有名人嫁の情報で限定(らしい)Tシャツが買えちゃった

tokyoT ←かわいいですよね。

■讀賣4-1広島(TBSエキサイトBB)

巨人が広島に逆転勝ちで連敗を2で止め、首位・阪神と7ゲーム差で自力優勝の可能性が復活。巨人は1点を追う2回、鈴木尚広のタイムリーで同点とすると、3回にラミレスの両リーグ単独トップの32号ソロで勝ち越した。先発高橋尚成は6回2/3を投げ4安打7三振2四球で7/19以来となる5勝目、昨年から続く広島戦3連勝。クルーンがリーグ単独2位となる28セーブ目。広島は連勝が3でストップし、今季50敗目。広島は1回、栗原のタイムリーで先制するが、逆転を許す。先発篠田は4回を投げ2被弾など7安打3失点で2敗目。

今日はなんとなく終わっちゃいました。
篠田は思った以上に打たれませんでした。いや・・讀賣打線重症だぞ、きっと。もう4点ぐらい取られてもおかしくない内容でした。

あとね、審判ひどいね。昨日の友寄なんか「カープを目の敵」にしてね?あのいつぞやのマーティーが後ろを向いてベンチに帰るところを突然の退場コール。
昨日も建が何かを発したあとに目をひん剥いて今にも退場コールをしようかと。讀賣の選手でも同じことするんかね?
そして今日の橘高。ダメだ、天谷1つ打席を損したな。
昨日も完全に倉のブロックをセーフコール。この暑さできっと頭がぼけちゃったんでしょうかね?全てを正確にとは言わないが大事なシーンの誤審は勘弁ですわ。

昨日ついでだけど。アレックスの2塁打。あれすごいスライディングでしたよね。
左手を伸ばしてそれはおとりで右手でベース(笑) あんなフェイント初めてみました。

今日は最前列で応援していたのですが、友人によると5回ほど衛星放送で映っていたとか。

いまスコアを見直したけど2回から6回までヒットがなかったんですね。うーん、初回にボッコボコにしておきたかったね。

さて、明日はルイスなんでしょうかね?なんて考えながら寝ることにします。

今日はしょんぼりなのでこれまで。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

今のカープは強いですよ

2008年08月15日
このぐらい伸び伸びと横浜とヤクルトとも戦えないのかねw

■讀賣4-5広島(TBSエキサイトBB)

広島は今季4度目の先発全員安打を記録、借金を7/15以来の1に減らし、3位中日とのゲーム差を1に縮めた。広島は1点を追う3回シーボルの2点タイムリー、倉のタイムリーで3点を取り逆転に成功。巨人に今季3勝負けなしの先発・高橋は3回を被安打7失点4で降板も継投で1点のリードを守り逃げ切った。3人目のシュルツが2勝目。5人目の永川が23セーブ目を挙げた。巨人は先発・木佐貫が今季最短タイの2回1/3で降板、今季ワーストの5失点で5敗目、昨年からの広島戦の連敗は5。打線は4回以降4安打無得点に抑えられた。

今日しか”読めない先発”は高橋建。
その建が序盤につかまる。さすがにこれだけ建に負けていたら研究はしっかりしてきますわな。
その上贅沢なまでに好打者を揃えている讀賣には簡単なこと・・・だったのですが・・・残念なことに(嬉しいことに)建以降のピッチャーの研究は足りないのか??
流石にブラウワーのデータは少ないでしょう。2回を完璧。前半は打線が支えて後半は投手が支えた非常にバランスのいい試合でした。

苦言を言うならばこのところ先発があまりにももちません。

12(火)前田 2 2/3回
13(水)牧野 3回
14(木)大竹 9回
15(金)建 3回

明日は篠田ですか?中継ぎ大忙しな毎日ですね。
こうやって見ると完投できる投手がいるチームは楽ですよね・・・
ルイスがどうやら日曜日の登板らしいのですが、ここギャンブル。ルイスが早いイニングで降りるようでしたら(たぶんシュルツが落ちるので)中継ぎ陣に負荷がかかります。
勝てば勝つだけ嬉しいものの、勝てば勝つだけ大事な試合が増えるばかりです ←当たり前ですw

それだけに明日勝って勝ち越した状況でルイス復活登板を迎えたいです。


■赤松大暴れ!V2ラン&適時三塁打(デイリー)

昨オフ阪神から移籍し、今季81試合に出場。これまでにない喜びに浸りながら1軍でプレーする。「阪神時代とは比較できないほどいい経験をさせてもらってます。受け身でなくて思い切りやれている」。首脳陣に打撃での失敗はとがめられたことはない。伸び伸びプレーが好結果につながっている。
これで3位中日と2ゲーム差に縮まった。「今のカープは強いですよ」。クライマックスシリーズ進出へフルスイングと快足でチームに貢献する。

赤松いいなぁ。
カープファンがどんなことで喜ぶかってわかっているじゃん。まるで生え抜き。ユニフォーム作ってしまおうかなっと。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)

大竹は今日の試合がどれだけ重要かをわかっていたのだろう

2008年08月14日
しかし日本代表の4番はチャンスに弱すぎるぞ。稲葉に感謝せい。

■広島4-0中日(TBSエキサイトBB)

広島が2連勝で今季6度目の完封勝ち、2カード連続の勝ち越しで3位中日とのゲーム差2とした。広島は6回赤松の7/10中日戦以来となる7号2ランなどで3点を先制。7回にも赤松のタイムリー3ベースで1点を追加。先発大竹は被安打3・奪三振4・四球1の114球で、昨年9/23中日戦以来自身2度目の完封勝利、7/15以来約1ヶ月ぶりの白星で6勝目。中日は5回以降ノーヒットに抑えられ今季6度目の完封負け。2連敗で貯金2。先発の川井は5回1/3被安打6の3失点で4/23阪神戦から自身3連敗の今季3敗目を喫した。

今日は4回ぐらいからTV観戦をしました。
川井から全く打てる気がしなかったのですが6回に東出のヒットから「がらり」と展開に変化あり。
ランナーが出るとセットになり、東出がプレッシャーをかけるとストレートが来る。そこを赤松が!

この打った直前に解説のアニヤンが「赤松はホームランを打ったせいで打率が落ちちゃいましたね」
と打ったことがいまの不調につながったと・・・言っている最中に。赤松2ランホ-ムラン!!!(w
ホームランでこんなに笑えたのも珍しいかも。
ベンチ裏でのインタビューはいつもの調子。広池ブログを朗読しているような淡々とした口調。赤松のそんなところが大好きです。

打では赤松ですが。今日はなんと言っても大竹の完封でしょう。
彼はどれだけ今日の試合が大事と意識して投げたのでしょうかね?しかし自身2度目の完封って少なくね?
内容も文句なしでしたね。114球で四球が1つ。これだろうね。大竹のリズムを崩すのは四球から・・・

そうだアニアンが6回ぐらいに「大竹がストレッチしていましたね。あれ調子が悪い証拠です」と。

見事なまでに予想を裏切りましたw

今日の試合は本当に勝って欲しかった。大竹の登板だけど真っ直ぐ家に帰ってきましたよ。
見事に期待に応えてくれました。そして3位と2ゲーム差。実は2位の讀賣とは5.5ゲーム差。

さぁどうする讀賣戦!先発は建しか浮かばないぞ!!!(泣)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(3) | Trackback(1)

絶対に勝たなければいけない試合と伝わってきた

2008年08月13日
・もう何点差あっても追いつく気がしてきた。
・4番の違いですよ、4番の < 星野さん
・新井のアニキをなんとしても北京に連れていくべきでした。
・あ、宮崎今年初勝利!
・シーボッさん!髪切りましたぁ?

↑今日はお好きな冒頭文をお選びくださいw

■広島11-5中日(TBSエキサイトBB)

広島が16安打11得点で逆転勝ち、借金3とした。広島は5点を追う2回、石原の犠飛で1点を返すと、3回栗原、嶋、シーボルのタイムリーで1点差、5回にはシーボル10号2ランで逆転。さらに8回にも5点を追加した。4回から登板の2人目宮崎が2回無失点で昨年9/29以来の白星。中日は1回井端の00年10/9以来自身2本目の先頭打者HRとなる5号ソロなどで3点を先制。2回にも中村紀の21号2ランで2点を追加するが、3回以降は無得点。先発中田が5回6失点で自身3連敗の8敗目。チームの連勝3でストップ、貯金3。

今日は元同僚と約束があったので、カープも日本代表もリアルに見たのは途中からです。
牧野が先発で不安だったのですが、不安な結果でした orz
もう流石に5点差をつけられたら・・・と思ったら大きな(嬉しい)誤算。呑んでいるときに1点差まで確認しましたが、電車に乗るときに逆転していてビックリ!

「え、シーボルが打ったの?」

ルイスがそろそろ戻ってきますがどうするんでしょうか?外国人枠。いまの投手陣は中継ぎが支えになっているだけに厳しい選択になりそうです。

今日は録画を忘れたのでJ-SPORTSの再放送を撮ってみようと思います。その価値はあるはず。
今日はスコア・・・特に投手リレーを見るとマーティーの「今日は絶対に勝て、勝つんだ」というメッセージがこめられていました。
間近にいた選手がその熱に応えないわけがありません。ちゃんと応えた選手は凄い。
まるで優勝寸前のような投手リレーですが、意味は同じでした。「絶対に勝たなければいけない試合が今日だった」。

たぶんマーティーはそのキモチが大きかったんだと思います。今日勝たなければ「最低2勝1敗」は無理。これ以上3位との差を広げてはこれまでの勢いが無くなってしまう。
ここが勝負時と判断したのだと思います。
しかもルイスがいない期間にこの戦いが出来るカープは着実に力と自信をつけています。
そもそも4番とエースを失ってここまでチームがまとまってきたのですから・・・大きな成長をしていたんですよね。

さて・・今日宮崎を起用しましたね。
明日からの先発をどうするのでしょうか?明日は建でしょうか?それとも讀賣と建の相性を考えて大竹かな?


日本代表につきましては「4番がチャンスで打たなきゃ勝てないよ」


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

マーティー初の5連勝ならず

2008年08月12日
悔しいじゃないか・・この試合は勝ちたかった・・

■広島4-5中日(TBSエキサイトBB)

中日が引き分けを挟んで3連勝。中日は3回7/3阪神戦以来のスタメン、イ・ビョンギュの5/17以来となる9号3ランなどで4点を先制。同点の9回は、イのこの日2本目となる10号ソロで勝ち越した。イの1試合2HR、2桁HRは来日初。先発の山本昌は8回4失点で8勝目、自身5連勝。2人目の高橋がプロ入り初セーブをマークした。広島は中日戦プロ入り初登板の先発・前田健が自身最短の2回2/3で降板。6人目の横山が07年9/26以来の黒星を喫し、チームの連勝は4でストップ。ヤクルトと並んで4位。

ううううう、実は3年契約だったと報道のあったビョンギュにやられましたよ。
今日は帰ってきたときに梅津がノリを三振!気持ちがイイ!
ジワジワット・・追い上げる展開。まるで昨年までの立場は逆。エラーは見逃さず小窪の犠牲フライで1点差。強いチーム展開じゃないですか!

・・・と思っていたのですが。小窪、オチョアがあっさりライナー。そして栗原、マウンドに行く谷繁。
この間にちょいとオリックスの試合を見ようとチャンネルを変える・・・そして戻る。あれ?栗原が塁を悠々と・・・ホームラン?!初球を打ったのか。
頼もしい4番だ。このゲームは頂ですね!

・・・と思っていたのですが。9回。横山のマウンド。球威があるピッチャーではないので一発が怖かったのですが・・
2アウトになってちょいとオリックスの試合を見ようとチャンネルを変える・・・そして戻る。あれ?ビョンギュがベンチで笑っている・・・・・・ホームラン?!
ああああ、なんて消化不良な観戦なんだ。

最終回はしっかり見ようと。アン、ポン、タン、と3人で終わる。ガーン。
確かにね岩瀬がいなくても150kmを軽く出しちゃうピッチャーが中継ぎにいるんですから。あー、痛い、今日は試合展開を見たら勝ちたいゲーム!
横山に今年初の負けがつきましたね。どんまい。明日明後日勝ちましょう。

それにしてもマエケンはまた負けが消えたよ。運がいいね。願わくば勝ちたかった、っていうか6回までちゃんと投げなさい。

あと観客数:24898人って凄いですね。


■広島、今秋ドラフトで東海大相模・大田を指名へ(スポニチ)

広島は11日、広島市中区の球団事務所で今秋のドラフトに向けた今年3度目のスカウト会議を開いた。今回は高校生に限った会議で、約50人に絞り込んだ。三塁を守れる右の長距離砲は重要な補強ポイントで、東海大相模の大田泰示内野手(3年)を最も高く評価。亜大・岩本、早大・上本とともに1巡目指名候補となる。また、地元広陵の中田廉投手(3年)の評価が急上昇した。

はずれ1位候補でしょうね。上本と岩本の両方を獲るのは困難。抽選で敗れたときには大田を指名にいくのでしょう。中学まで広島にいた選手なんですね。
新井が抜けた穴は長期的でもいいので和製の大砲を育てて欲しいです。上本か岩本の指名については東出のFA次第でしょうけど、それと関係なくなんとなーく上本に行きそうな気がしています。
人気もでそうな顔ですしね・・まぁそういうこともプロ経営には大事なことです。ただし嶋も中堅、そして前田がベテランと考えると左の外野手で即スタメン・・・も欲しいところですね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)

カープ戦で核廃絶訴える 広島で折りづるナイター

2008年08月11日
シーズン終盤の日程が発表になりました。

■カープ戦で核廃絶訴える 広島で折りづるナイター(iza)

プロ野球広島カープのマーティー・ブラウン監督らが11日、広島市民球場で記者会見し、26日の対ヤクルト戦を「折りづるナイター」と名付けて開催し、世界に向けて核兵器廃絶をアピールすると発表した。
カープの選手は平和への思いを込めた折りづるステッカーをユニホームに張って試合に臨む。ブラウン監督は「次の世代が安心して暮らせるよう、球場がひとつになって平和のメッセージを送りたい」と話した。
世界2300以上の都市が加盟する平和市長会議が、平成32年までに核廃絶を目指すキャンペーンの一環。
球場周辺では高校生ボランティアらが、都市を核攻撃目標にしないよう求めて署名活動。試合の合間には観客が参加し「核兵器廃絶に向けてみんなの力を集めよう」と書かれた緑色のボードを一斉に掲げる。

いままでなかったことが不思議な企画です。
私はカープ以外は広島に何の縁もない人間です。しかし栗原もブログに書いていましたが8月6日がどんな特別な日かは知っています。
この日に広島市民球場で試合が行われることはありません。警備や宿泊施設の問題だと思いますが、この日に試合が出来ない場合は近い日程でこの記事のような特別な試合としないのかとずっと思っていました。
ステッカーだけじゃなくユニフォームをクラッシックモデルにしてもいいかと思います。

さて追加日程が出ました。

9/25(木)対巨人(広島) 18:00
9/26(金)対巨人※予備日 18:00
9/27(土)対ヤクルト(広島) 18:00
9/28(日)対ヤクルト(広島) 14:00
9/29(月)対阪神 (甲子園)  18:00
9/30(火)対ヤクルト (神宮)  18:20
10/1(水)対ヤクルト (神宮)  18:20
10/2(木) 対ヤクルト (神宮)  18:20
10/3(金) 対読売 (東京D) ※予備日 18:00
10/4(土) 対横浜 (横浜)  14:00
10/5(日) 対横浜 (横浜)  14:00
10/6(月) *共通予備日 対横浜 (横浜)  18:00 (中日との共通予備日)
*共通予備日 対ヤクルト (神宮)  18:20 (阪神との共通予備日)

明日以降ですが雨などの中止試合がなければ、市民球場最終戦は9/28(日)になります。
ただ・・1試合も雨中止も考えにくいですからね・・・最終戦は10月になるのでは?


■栗原「WBC」に意欲!強化試合で5打点の活躍(スポニチ)

9日の日本代表との強化試合で5打点の活躍を見せた栗原がチームに合流。来年のWBC出場へ意欲を見せた。「どんなものか1回ぐらいは経験してみたい。すごいプレッシャーを感じると思う。結果が出れば自信になるし、次につながると思う」。日本代表のピリピリしたムードを肌で感じ、より成長できる環境に身を置きたいとの願望が強まった。

まぁ北京で”ぶざまな試合”がまたあるようだと栗原は呼ばれるだろうねw
それにしても日本代表の監督は人材不足ですよね。星野は大嫌いですが、他に誰がいる?といわれても即答できないんですよね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(0) | Trackback(1)

新勝利の方程式「YBN」

2008年08月10日
いつの間にかオリンピックが始まっていましたね ← 遅w

■ルイス5失点も順調…指揮官納得(デイリー)

疲労蓄積と右ひじ内側副じん帯付着部炎のため戦列を離脱している広島のコルビー・ルイス投手(29)が9日、ウエスタン・阪神戦(由宇)に先発した。予定通り3回を投げ8安打5失点。それでも調整は順調に進んでいることを強調した。予定通り21日の阪神戦(広島)での1軍復帰を目指し、次回登板は14日のウエスタン・ソフトバンク戦(広島)で、そこが最終調整となる。予定は先発で4回。「今できることをしていきたい」と話すルイスが、1軍復帰に向けて順調に段階を通過した。

やや楽観的な記事に私には見えます。正直不安です。
先日ナゴヤ球場でみたときは復帰第1戦ということもありましたが球威不足。そして第2戦では3回を投げ8安打5失点。←打たれ過ぎです。
やはりオールスター明け10試合のペナルティは「どのみち一緒」でしたね。早ければ17日の東京ドームでの登板が出来たはずですから「やはり不安」です。
そしてルイスが不安ならばイコール1軍のローテションが不安。火曜日からのドラゴンズ戦は非常に大事な3連戦です。2勝以上が欲しいところです。

12(火) 前田健
13(水) 高橋建
14(木) 牧野
15(金) 大竹
16(土) 宮崎
17(日) 大島

19(火) 前田健
20(水) 高橋建
21(木) ルイス

といつも当たらない先発予想ですが(笑)
しかし土日の讀賣戦のピッチャーがいないなぁ・・・人材派遣センターにお願いできないものでしょうかね?w
ペローンが抹消されたので大島と読んでみました。篠田もあるかもね。長谷川はまだだろうな・・・


■広島、CS進出に向け、焼肉店で決起集会(サンスポ)

クライマックスシリーズ進出に向け結束力を高めようと、10日に広島市内の焼肉店で決起集会を行うことになった。選手会長の倉は「今はどんな試合も勝てそうな気がする。『変わらずやっていこう』というだけです」とニッコリ。阪神に3連勝して、3位中日とは3ゲーム差。12日からは中日との3連戦(広島)。焼肉パワーで一気に落合竜を捕まえる。

あー、倉が言っちゃったよw
でもチームのムードがいいのでしょうね。”戦力”よりもカープは”チームワーク=雰囲気”が重要なのかもね。
先発はやはり足りない、しかし中継ぎは充実している。ここがポイントでしょうね。
横山→ブラウワー→永川のリレーを考えているそうなので、梅津、シュルツが余ってしまいます。ですから先発は5回を目安に飛ばしていってもOK。
篠田か大島が先発することになったら6回から4人でつないで”勝つ試合”が見れるかもしれません。


■栗原が“川上&田中撃ち”2安打5打点の大暴れ!(スポニチ)

広島の栗原が大暴れした。まずは4回無死二塁で川上のフォークを完ぺきにとらえる勝ち越し2ラン。「シーズンでもあまりない当たりでした。川上さんからあまり打ってる記憶がない。強化試合でも真剣勝負ですから」。今季の対戦で計7打数1安打に抑えられていた中日エースを攻略した。さらに1巡した2死満塁では田中から走者一掃の右中間二塁打。2安打5打点と存在感を示した。

この試合に出場した4人はかなり期待しています。栗原と大竹は大きな自信になったはず。
そして是非日本代表には金メダルを獲っていただいて「もっと自信!」になるように。

あ、日本代表を応援する理由がやっと出来ました。 ← だから非国民w

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

東京ドームで宮島さんを4回歌ってきました♪

2008年08月09日
とりたにたーかーしー♪

■星野監督「不安な気持ちで北京へ」1イニングで10失点…日本代表強化試合(報知)

星野ジャパンは、またも投手陣に不安が残った。先発の和田(ソフトバンク)は3回5奪三振、無失点と好投したが、2番手の川上(中日)が1死も奪えない大乱調で2本塁打を含む7安打を浴び9失点で降板。続く田中(楽天)も2回2失点で6安打を打たれた。
打線も初回に新井(阪神)の犠飛で先制するも、後続が続かず7回に村田(横浜)のソロ本塁打が出たが4安打と抑えられた。
五輪野球は1次リーグは8チームが参加して13日から始まり、星野ジャパンは13日の初戦で強豪キューバと対戦する。

帰ってきてからJ-SPORTSの再放送を見ています。
星野監督と選手(矢野、宮本)のインタビューを聞きましたが、今日の負けの原因は明らかですね。「コンディションが悪い」。
それと緊張したまま試合にのぞんでいますね。
これですね・・・選手の選出がもうちょっとなんとかならなかったのかな、と。
今回は4番新井を据え置きするみたいですが、彼が中心選手として国際大会に出るのは大丈夫なのかな?と。
小久保、金本、小笠原、松中・・・といった経験がある選手を軸に置くことが出来なかったのでしょうか。新井が全てを背負えということでもなく荷が重いだろうとういうことでもなく、ベテランが中心を打ったほうがなんかどっしりとした打線になる気がするんですよね・・・年齢制限とかありましたっけ?すみませんオリンピック本当に詳しくありません(笑)

今日もレフトスタンドで応援をしたのですが・・応援ヲタにはたまらない1日でしたねw  特にローズテーマは・・・  勝つぞ!セントラル!倒せ!○○  ←非国民ww

それにしても4回の攻撃はなんだったんでしょうね?栗原が5打点ですよ。
えっと宮島さんは何度歌いましたっけ?4回?4人選出で4回ですか?

【セ】(投手川上)平野のバント二ゴロを二塁西岡一塁へ悪送球し平野一挙二進、内川の右翼線二塁打で平野生還、栗原左越1号2ラン、鳥谷左越1号本塁打、吉村四球、金城の中前安打で吉村二進、亀井の左前安打で満塁、石原の左前安打で吉村生還、なお満塁、東出の中前安打で金城生還、なお満塁、(投手田中)平野の二ゴロで亀井本封、なお満塁、内川三振、栗原の右中間二塁打で石原、東出、平野生還、送球間に栗原三進、鳥谷の左中間二塁打で栗原生還、吉村三振

9人いても宮島さん0回なんて何度もあるのにね

大竹も2回完全で勝ち投手。シーズン中には想像できない(以下略


■村田、不安吹き払う本塁打…日本代表強化試合(報知)

風邪で入院していた村田だが、五輪本番に向けて調子を上げてきた。2回には内海(巨人)から中前打を放ち、7回には西村健(巨人)のスライダーを右中間席に弾き返した。
「打撃は良かったし、言うことはない。体調も不安はなく、初戦には万全でいける」とアピールした。不慣れな指名打者にも「シーズン中はやっていないけど、大丈夫」と話した。

あの大負けムードの中で村田の一発。いやー、素晴らしいですよ。4番は村田のほうがいいと思うのですが・・・新井は5番がいいんじゃないかと・・・

そうそう。
今日はヤクルト、中日、横浜の応援団は来ていませんので、ヤクルトの選手の応援は讀賣応援団、横浜の選手の応援は広島応援団が中心になってリード(&トランペット)をしていました。
ちゃんと吹けるんですね。びっくりです。
「ゆーき、ゆーき」は一度やってみたかったので楽しかったです♪

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)

荒木のキャッチボールを見ましょう

2008年08月08日
↓ いや、それほどきっちりな内容ではないと思うが・・・

■上原締めた!日本代表が全パ選抜に逆転勝ち(スポニチ)

全パは6回に1点を返して2点差に。日本代表は9回、注目のストッパー・上原(巨人)がマウンドに上がり、失策と四球で2死一、二塁のピンチを迎えたが、最後は中島(楽天)を三ゴロに封じてゲームセット。3回2失点のダルビッシュを含め投手陣にやや不安は残したが、代表チームはそれなりの仕上がりを見せた。
9日のセ・リーグ選抜との強化試合(午後2時開始・東京ドーム)には和田(ソフトバンク)が先発登板する。

今日は”当然”レフトスタンドでパ・リーグ選抜を応援しました。
いやー、楽しかった。ややセンター寄りのファンが勝手に各選手の応援歌を歌うw どうもライトの温い応援にはついていけません。
日本はもう外野で歌って応援という雰囲気になっていますし、それを望んでくるお客さんばかりですからね。ライトでも一生懸命北京仕様の応援をしていましたが盛り上がりません。
そもそも北京試合当日ではテレビで見るファンがスタンドに来ているだけですから。今日はテレビで見るかスタンドで見るかの違いだったのでしょう。

さてありきたりな感想も書くのもつまんないので。

明日、球場へ行く皆さんへ。特に少年野球をやっている親御さんへ。

荒木のキャッチボールを見ましょう。

こんな美しいスローイングでキャッチボールをする選手は他にいません。球の軌道が違います。
青木と比べてください。
今日もホームへ凄い投球をしましたね。

明日もレフトスタンドへ行ってきます。誰のユニを着ようかなぁ・・・

噂によると○虎さんが来るという話が・・・いや、それやめてくれんかね、まじで。
今日もレフトスタンドは見事に阪神の選手の応援はありませんでした。新井も広島バージョンで。
それだけパ・リーグ各地にもご迷惑をかけてきたことを自覚して欲しいですよ、阪神ファンさん。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

「来たぞ、これは」

2008年08月08日
やったぜ!阪神を宮沢りえ!  ・・それは”サンタフェ”(しかも古い)  やったぜ!3タテ!

■阪神3-4広島(TBSエキサイトBB)

広島が逆転勝ちで今季3度目の4連勝、今季初の同一カード3連勝で7/16以来の単独4位浮上。阪神戦3連勝で、昨年から京セラ6連勝。広島は3回、小窪の2号ソロで先制。2点を追う7回にシーボルのタイムリー、石原の犠飛で逆転した。3人目岸本が5/4以来の2勝目。阪神は今季初の4連敗、今季初の同一カード3連敗、京セラドーム4連敗。阪神は1点を追う3回に鳥谷の8号2ラン、金本の2者連続となる18号ソロで逆転するが下柳が誤算。下柳は7回を4安打4失点で3敗目、広島戦の連勝が3で止まり、06年から京セラ4連敗。

先発宮崎、そして3失点で逆転をされる・・・
正直これで「あぁ宮崎では厳しかったか・・・2勝1敗できたしね」とやや試合を勝手に締めて考えていたら、7回に逆転の3点。
カープはホームラン数はリーグで4位。狭い球場をホームにもつチームとしては少ないです。来年の新球場の広さも踏まえたら「つないでつないで全員野球」。
まさにいまシーズンの高校野球のスタイルです。1発の魅力は足りませんが、どんな得点差であっても諦めずにつないでいきます。

今日も栗原はヘッドスライディングをしていましたね。もう気持ちが前に前に出ています。自身もチームも調子がいいんだなぁとファンに思わせます。
マーティーも「チームに力がついてきた証拠。選手は自信をもってプレーしている」とコメントしています。

オリンピック強化試合が明日から2日間。リーグ(セントラル)も4日間の休暇となります。
通常オールスターを境に前半戦・後半戦と言っていますが、今年はもう1回仕切りなおしがありましたね。
ここで各チームは後半戦に向けて分析をしてくるでしょう・・・ここでの4連勝、阪神を今年初めて3タテにした相手・カープは間違いなく細かく分析されてきます。
しかしカープは投手力の弱さを「打線のカタチ」をこの数日でクッキリと見せてカバーしてきました。
いいですね。試合前からワクワクするこの気持ち。この時期にこの気持ちをもてるのは何年ぶりでしょうか。
中継ぎを整備してきて、永川に自信を回復させて、弱かった打線は層が厚くなった。あとはルイスが戻ってきてからローテーションをどうするか。
「勝つため」をお題目にして贔屓チームを分析するのは楽しくて仕方ないですね。

本日好投の横山が勝った瞬間につぶやいたそうです。

「来たぞ、これは」

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

追伸 間違いなくいま一番面白いのはカープ戦。関東では東京ドームがお盆、そして24(日)に横浜で試合・・・いまでかつてないとんでもない外野の混雑でしょうね。
野球全般 | Comments(4) | Trackback(2)

緒方は阪神でいうと桧山のような存在でしょうか

2008年08月07日
GAORAの実況は笑えるねw

■建さん2失点447日ぶり虎退治で8勝記事を印刷する(ニッカン)

広島の「ケンさん」が、またも阪神の前に立ちふさがった。5日の前田健太投手(20)に続き、高橋建投手(39)が昨年5月17日以来、447日ぶりの阪神戦勝利で今季8勝目を挙げた。5回まで毎回安打を浴びる苦しい投球も7回を8安打2失点にまとめた。チームは3連勝で、ブラウン監督は「ケンさんがチームに勝つチャンスを与えてくれた」とたたえた。

いま録画を再生して見終わりました。ヒーローインタビューは建でしたが、確かに昨日はいい内容ではありませんでした。
それでも倉のミットをめがけて低め、特に変化球は甘くならないように投じていました。シンカーはやっぱり大きな武器ですね。毎回のようにランナーを出しても粘り強く打者と丁寧なピッチング。
オリンピック期間ですが抜かれたのは新井だけですから首位の阪神に対等に戦える自信がチーム全体にも広がったことでしょう。貴重な1勝です。

それにしても。GAORAの実況は面白い。
「広島も磐石な中継ぎじゃないですからね」
「緒方は阪神でいうと桧山のような存在でしょうか」
 ← 笑うしかねーなw

広島”も”というのが引っかかったけど久保田が抹消されていたんですね。
ただ横山、梅津、シュルツ、上野、そしてブラウワーがいますので「言われるほど不安ではありませんが?w」

そのブラウワー。先日の市民球場の初登板と比較するといい内容ではありませんでしたね。
足元をかなり気にしていましたからマウンドがしっくり来なかったのでしょう。あと変化球が上ずるのが気になります。
途中スライダーがいいコントロールをしていましたが、あのタイミングなら”磐石”。
スパイクの紐をゆっくり結んでのはなんだったのでしょうかね。そういったピッチャーの心理を取材して欲しいんだけどねw  ←マニアw


■嶋、153キロ速球を右中間へダメ押し2点二塁打(ニッカン)

しぼみかけた好機を嶋のバットでものにした。3-2の8回、1死三塁でアレックスの投ゴロに代走・木村が挟殺され、栗原が左前打でつないだ2死一、三塁の場面。それまで3三振の嶋がリーソップの153キロを右中間2点二塁打だ。「振り遅れていたので修正し、気持ちも切り替えた。建さんが頑張っていたので打ててよかった」。阪神を突き放す連夜の巧打に白い歯がのぞいた。

この打席の嶋は集中していましたね。それまでの3三振を見ている限りではボール球にも手を出して”焦ってる?”と思わせる内容。高めに来た球をうまく右中間に持っていきました。
この2点は大きかったです。
JRA?でしたっけ?
その”R"のリーソップ。実況ではかなり期待されている選手でしたが、そんなに??
初めてみてけど調子が悪かったのでしょうか。5,6と2番手のアッチソンのほうがカープ打線はタイミングがあっていませんでした。
6回の裏の阪神の攻撃でアッチソンまで打順はまわらなかったので”続投”という選択はなかったのでしょうかね?当分中継ぎの軸としていくのでしょうか。
あのまま7回もアッチソンでしたら別の展開になっていた可能性は高かったでしょう。あそこが勝負の分かれ目だったのかもね。

はい、シーボルさんよく打ちました◎

それと赤松の守備範囲は凄いよ◎

アレックス→東出の中継プレイはお見事でした◎

ほんと痛快極まりない試合でした。私もそう思います、木村さん

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

建が7回8安打2失点で8勝目!

2008年08月06日
なんですと?!3連勝!?

■阪神2-5広島(TBSエキサイトBB)

広島が今季6度目の3連勝で今季初の阪神戦勝ち越しを決めヤクルトに並び同率4位に浮上。広島は4回天谷の押し出し四球などで2点を先制。同点の7回シーボルの9号ソロで勝ち越し、8回嶋の2点タイムリー2ベースで加点した。先発高橋は7回8安打2失点で8勝目。セーブは永川で21個目。阪神は先発ボーグルソンが4回1安打ながら4四死球2失点で降板。打線は5回鳥谷のタイムリーで同点とするが、3人目リーソップが2回3失点で来日初黒星。今季2度目の3連敗。なお、赤星が1933連続打席無本塁打で球団記録を更新。

今日はこだまで移動中だったのでR25のお世話になりました。
無安打で続くイニングに不安があったのですが。いきなり2点。しかも1安打でしょ?やられることはあってもやることはないスコア内容。
強くなっている証拠か?

今日も建が先発としての仕事をしっかりしてくれました。7回8安打4四球自責点1。文句ございません。
この後の投手はブラウワーでしょ!と予想。ありがとうマーティー、横山だったらここでダメだししていたのでネタが減ったがw

これでゲーム差なしでヤクルトに並びました。借金が4。まずは順位よりも5割への復活ですね。
試合数も限られているので悠長なことは言っていられませんが、”大きな連敗”だけは避けて欲しいです。

試合は録画再放送を朝からするのでこれを見ようと思います。
感想の追加があったらまた書きます。シーボルへの一投が非常に楽しみなんですがw

名古屋では大豊飯店に行って来ましたよ。あの大豊さんのお店です。
レッドストームのポスターも貼っていただいたので、その様子も明日書こうと思います。

今日は長電話でアップが遅くなりましたzzz      寝ますw

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

8月5日はナゴヤ球場でウエスタンの試合を見てきます

2008年08月05日
ということで、「8月5日はナゴヤ球場でウエスタンの試合を見てきます」

ノートパソコンが死んでしまったので、携帯から試合速報をここで(コメント)お届けしようと思います。

それでは、行ってきます!

※詳細はホテルに帰ってから書きたいと思います。
簡易的に書くと思いますので、その点はご了承ください。試合は12時30分からです。
野球全般 | Comments(8) | Trackback(0)

今日の劇的な勝利は継投ミスが生んだもの

2008年08月04日
山本昌投手200勝おめでとうございます。見事な完投勝利です。
セ・リーグで200勝した投手でホームランを打ったことがないのは彼だけかも。

■広島12-11東京ヤクルト(TBSエキサイトBB)

広島が05年5/15オリックス戦の22安打以来となる20安打、呉での連敗を2でストップ。広島は5点を追う8回、無死一・二塁から栗原、嶋、シーボル、石原、小窪のタイムリーで同点とすると、代打・前田智徳のタイムリーで逆転した。6人目の横山が5勝目。7人目永川が3年連続4度目の20セーブ目をあげた。ヤクルトは広島戦の連勝が5でストップ。ヤクルトは6回に田中のタイムリーで勝ち越し、その後5点差をつけるが逆転を許した。6人目押本が今季ワーストの5安打を浴び、1死もとれずに3敗目。

劇的でしたがダメな試合運びですね。
試合のポイントは8回裏の押本の乱調とカープ打線が最後まで諦めなかったこと・・・・確かに。今日の試合に限ってみれば間違いなくここでしょう。
ただ!Aクラスを目指しているチームならこんな消耗戦をやっていては5割復活は無理です。
私が納得いかなかったのは「5回のペローン続投」。勝ち越したすぐのイニングの重要性。いままでカープはここで何度やられたことか。
強いチームならまず5回を0点に抑え打線が中押しして6-3ぐらいで勝つ試合です。それが12-11・・・
確かに勝ちは勝ち。貴重な勝利です。
しかし!あそこはシュルツか梅津を投入するべきです。もしくは昨日力強い球を投げていたブラウワー。
なぜにペローン続投なのか?確かに先頭打者をシーボルの軽率なプレイで塁に出しましたが、ランナーを出してしまったらなおの更。2割に満たないホームランバッターに一番失投したら打たれる可能性のあるペローンの力のない球。
結果論じゃなくてここは間違いなく力のある中継ぎ投手をつぎ込むべきでした。マーティーすまんが今日は断言するよ。

それとゲームを少し遡るが2アウト満塁で大竹に代打。ここは珍しくいい采配だと評価したい。しかしコールしたのが森笠ってどうなのよ?結果出ていないのにこの重要な場面で?前田でいいじゃん。

今日は高田監督は押本が誤算でしたが、五十嵐の投入の早さには「さすが」と思いました。結果はシーボルのタイムリーでしたが、あの投入とペローンを引っ張った采配の差が両チームのゲーム差かもね。

どうも「この選手はこの回から」とか「試合終盤にしか使わない」とかマーティーは決めている節があります。
ビジネスの世界もそうですが、”絶対に失敗はできない(負けられない)”というときは力のある人からつぎ込んでいくのがセオリーです。
今日は「勝ちパターンを作る(試す)」試合じゃありません。後半戦2連敗はありえない、そして当面抜かないといけない4位との戦い。
今日の試合の重要性は”選手はよくわかっていましたね”       

            かと思いきや東出にスクイズのサイン・・・すごくいい采配もあるからもうよくわからんw

今日の劇的な試合は投手リレーのミスが起点でした。劇的な試合で上昇気流に乗るとか限らない・・・ということは今のシーボルの状態を見ればよくわかります。

そして大竹。0-3で福地に打たれたことより、あの場面で0-3にしてしまうことが問題。
グラブをマウンドに叩き付けるぐらい悔しかった思いはどこにいった?「プロはそんなに甘くない」と証明できたゲームでした。

もう一度書きますが。劇的でしたがダメな試合運びですね。
その認識がしっかり出来ない限りは”安定した勝ち☆”は得ることが出来ません。
うちがいま欲しいのは”劇的な逆転劇”じゃなくて連勝です。

最後に。栗原は本当によくやっている。カープの4番はもうお前しかしない。
8回、ナイスガッツ!
そして小窪はやっぱり唯一右にちゃんと打てる打者だな。右に打ったから1-3塁になった・・・ここ重要。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

課題もあり、ブラウワーもあり

2008年08月03日
清原が復活しましたね。かなり遅れた空振り三振・・・

■広島0-2東京ヤクルト(TBSエキサイトBB)

ヤクルトが今季8度目の完封勝利、広島戦5連勝で3位中日と2ゲーム差とした。史上10チーム目の球団通算3500勝到達。ヤクルトは5回にピッチャー牧野の一塁悪送球の間に1点、さらに福地のタイムリー3ベースで計2点を先制すると、川島亮-松岡-押本-林昌勇の完封リレーで逃げ切った。先発川島は6回2安打無失点で6勝目、04年8/12以来の広島戦勝利を挙げ、広島市民で初勝利。林が26セーブ目。広島は今季9度目の完封負けで借金7。移籍後初先発の牧野は4回1/3を5安打2失点で昨年7/8オリックス戦以来の黒星。

相手のピッチャーが良すぎた・・では済まない内容だなぁ。
やるべきことをやっての結果には見えませんでしたね。
気に入らないのは7回のカープの攻撃。この回からヤクルトは先発の川島から松岡にスイッチ。9回の林登板を考えたらこの回に最低1点は欲しいところ。
そして先頭の嶋がライト前ヒットで出塁。バッターは2打席凡退打てる気配ゼロのシーボル。しかし動かず・・・
うーん、ここですが「送りバント」という選択はなかったでしょうかね。当然1点差ならその選択もあったと思いますが・・・いやきっとそのままシーボルを打席に立たせたな(苦笑)
相手は松岡ですからね。山北のような失投はそうはありえない。沈むボールに加えてスライダーのキレもいい。ライト方向へ打てない右打者では失投以外打てる見込みなし。
せめて代走を出すならばわかりますけどね。ここで一発狙い?と思わせる采配には頷けませんでした。

そして2アウト1塁になって小窪に代わって代打キダゴー。これもわかんない。小窪に代えたということは一発狙い?
それならば経験でネクストにいた前田という選択はなかったのでしょうか?結局次の回の先頭に「代打赤松」。
赤松は調子を落としていましたし、そのまま前田という選択は?それと前後しますが森笠を左の代打として置くならば松山をあげてくださいよ。なかなかしぶといバッティングをしていますよ。
いまのカープには泥臭くヒットを打てるバッターが欲しいと思うのですがね?なんか今日の日記はクエスチョンマークばっかりだわw

この7回の攻撃で私は「厳しいわ、こりゃ」と。諦めというより見極め ←どこが違うんだw
おかげでチャンネルをちょいと変えて堂上直のプロ初打席を見ることができましたよ

課題というかよくわかんない采配ばかりでもなく。新外国人のブラウワーが9回に登場しました。その前に投げたシュルツもよかったのですが、このブラウワーの球!
なんでしょうか!?あの沈む球。これは頼もしいピッチャーじゃないかな。変化球がちょっと浮いていたのが気になりましたがスピードボールは「大合格点」です。
守っている選手もリズムに乗るかと思ったら「三者連続三振」って orz

彼だけだな。3安打完封負けだったけど一つでも見所があってよかったよ。

そして先発の牧野。立ち上がりに問題のあるカープですがよく抑えましたよ。
ただただあの暴投がなかったらね・・・

昨日”経験”を期待すると書きましたがね・・・  
ある意味牧野がカープに馴染んだと思わせたプレイだったかな、と    (笑えネー)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。