スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

1人1人の地力をつけないといけない

2008年12月31日
遅くなりましたが50万アクセスを突破しました。
皆様いつもありがとうございます。

■西岡お手柄!タクシー無賃乗車男タッチアウト(報知)

事件は11日深夜、東京・港区内で起きた。チームメートの早坂とつかの間の休日を楽しんでいた西岡は、タクシーから勢いよく飛び出した中年男性を偶然に目撃。運転手が「無賃乗車だ!」と大声を発したのを耳にすると、05年から2年連続で盗塁王に輝いた50メートル6秒1の快足を一気に飛ばした。途中で車にぶつかるアクシデントもあったが、約100メートルを猛追して“犯人”を取り押さえた。
その後、運転手と犯人の示談が成立し、刑事事件とならなかったのは、西岡が逃走を阻止したからにほかならない。「全力疾走だった。盗塁するより速く走った」とジョークを交えながら興奮ぎみに振り返った。

この一報はmixiのニュースで知りました。
このところ西岡のニュースが続きますね。大したものだ!・・・と思っていたのですがこのニュースが「名前を名乗らずに西岡は去った」の部分にある読者は「自分で新聞記者にあとで語ったのか?」と疑い。
もう「病んでるぜ日本」。
讀賣新聞の「発言小町」ってご覧になったことがあります?もうね「日本重症」ですよ。焦点が大ズレもいいところ。「意見は人様々」なんて次元じゃない。
この西岡のニュースは「どこが発信源か」なんてどーでもいいことなんですよ。読むべきところは「西岡と早坂が困っている人を助けた」というところです。
もし同じような立場になったら追いかけてつかまえますか?
逆切れされて刺されてしまうかも知れない時代なんです。素直に立派な行為だったと評価してあげて欲しいです。
「野球選手だから、優れた能力があるから出来たことだ」なんていう人もいるんでしょうね。ああ日本重症。
西岡立派だぞ!後ろ髪はうざったいけどなw


■広島の来季キーワードは「危機感」?(ニッカン)

09年は走ってVじゃ! 広島の来季のキーワードは「危機感」だ。若きチームリーダーの東出輝裕内野手(28)が30日、08年シーズンを総括。新球場で戦う来季への「期待感」よりも、フルメンバーでシーズンを戦ってもクライマックスシリーズ(CS)進出を果たせなかった点に着眼した。
「“戦力”は今年以下になると思うんです。北京五輪では誰1人抜けずに、それでも、CSに行けなかった。来年は五輪がないでしょう。ガチンコで戦うことになる。安易に『よくやった』ととらえるのは怖い」
「中日は終盤に7連勝したし、地力がある。1人1人の地力をつけないといけない。1つのことを徹底してやること。走塁への意識でもシーズンどこまで持続できるか。優勝という目標もあるし2つも3つもレベルを上げないといけない」

おうんおうんおうん。東出がカープを冷静に分析して「カープを語っているよ」
おうんおうんおうん。←私の心はこんな泣き声。


■FA高橋、メジャー移籍だめでもカープに帰れない…(スポニチ)

広島からメジャー挑戦のためFA宣言した高橋建投手(39)について広島球団は、メジャーからのオファーがない場合の“受け皿”となることが困難であるとの見解を示した。
再獲得の一番の障害となるのは支配下選手登録枠だ。現在、広島の登録選手は、新人選手と今季レイズで2勝を挙げたドーマンを獲得したことで67人。さらに左腕補強のため、今季所属したコズロースキーの再獲得を目指しており、春季キャンプは68人で迎える方向性としている。さらに来春にはメジャーの開幕ロースターから漏れた選手を獲得する方針。

移籍が1年違っただけで今年の日本人選手はメジャー契約が困難になっています。川上だって上原だって決まっていない。
もうちょっとスンナリと決まると本人もカープ側も想定していたことでしょう・・・育成選手枠を使うわけにもいきませんから「最悪国内移籍?」
それはなんとか避けて欲しいものですが。(引退よりはいいけど)

さて今年ももう数時間で終わろうとしています。
我がカープは4位という結果に終わりましたが、来年は十分に優勝の可能性があると思います。

最後になりましたが、私が選ぶ今年のベストゲームは、
7月26日(土)広島市民球場での対横浜ベイスターズ戦です。
1点ビハインドで8回に石原が同点ホームラン。そして最終回にアレックスがサヨナラホームラン。
このゲームですね。翌日のシーボルサヨナラ満塁ホームランと迷いましたが、実際にスタンドで興奮した分!ですかね(笑)
ヒットを10本打たれながらも2点に抑えて粘り強く追いついてうっちゃり。
このゲーム展開が一番に印象深く残りました。

皆さんにもベストゲームがあったら是非ご紹介ください。


今年もお世話になりました。毎日更新はお約束できませんが「オリジナリティ」ある切り口で大好きな野球・カープを書いていこうと思います。
皆さん!よいお年をお迎えください!
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

赤松は肩の状態に不安があり、天谷はスローイングの正確さが課題

2008年12月30日
泰葉が見事勝利!(どーでもいいですよー)

■広島新球場で歴代OBグッズ展示プラン(ニッカン)

広島が来季から広島新球場に歴代OBのゆかりのグッズを展示するプランを検討している。球団関係者が「資料館や博物館というより、球場のいたるところでいろんなものを見られるようにしたい。歩いている人が立ち止まっていつでも見られるように。球場全体がミュージアムになればと思う」と説明した。現在建設中の新球場では場内1周できるコンコースを設置する。

先日売店のニュースのときに「どのチケットでも全ての売り場に行けるようにして欲しい」と書きましたがこれで実現が可能?!なのかな?
話はいきなり逸れましたが「歴代OBのゆかりのグッズを展示」はいいですね。オールドファンにはたまらない。そして若いファンにも昔のカープを知ってもらうことが出来る。いい企画だと思います。
しかも気軽に見られるスタイルがいいですね。
カープファンの皆さんは「ひろしま美術館」に行ったことがありますか?
今年の夏に私は初めて入ったのですがここに常設している絵は凄いレベルですよ。しかも展示方法が非常にラフなんです。
気軽に美術に詳しくない人でも有名な作家の作品が間近で見ることが出来ます。今日のグッズ展示のニュースを読んでこの美術館を思い出しました。
ますます新球場での観戦が楽しみになってきました♪


■新球場は広さを武器に コーチ、意識改革訴え(中国新聞)

広くなる外野。「俊足選手が有利だが、本当に大事なのはスローイングだ」と永田利則守備走塁コーチはいう。「赤松は肩の状態に不安があり、天谷はスローイングの正確さが課題。連係プレーも高めていかないと、新球場ではごまかしがきかない」と説明する。
走塁面では意識改革の必要性を説く。「外野の間を抜いたら、打者は三塁へ。一塁走者は本塁へ。すべての選手に、意識を共有させたい」。走塁技術を高める練習にも力を入れていく構えだ

今年も残すところあと2日。2009年のカープの大きな見所は「新球場でどんな戦いをしてどんな勝利を積み重ねていくのか」。
不況のネタと平行してこのネタがこのブログでも何度も出てくる予感がしています。
永田コーチはいい指摘をしていますね。そう、中継プレイは本当に大事です。相手は1つでも先の塁を狙ってくる、しかしこちらは1つでも先に行く走者を阻止する。
赤松、天谷はこの点が確かに課題ですね。特にショートを含めた中継プレイ・・・・はっ!そうか、琢朗を獲得した意味がここにも。


■広島新ユニ 来年3月22日阪神戦でお披露目(デイリー)

ブラウンカープが広島市民球場最終戦となる3月22日のオープン戦(阪神)で新デザインユニホームを着てプレーすることが25日、明らかになった。ファンへ新ユニホームを定着させる狙いもあり、開幕前に初お披露目される。それに先駆け、新ユニホームレプリカの販売受け付けが2月1日にも開始されることが検討されている。

さてさてビジターのレプリカも作ってくれるのでしょうかね・・・。
ヘンリーネックやサポーターズユニの質で十分なので是非出して欲しいのですが。
さてさて、この22日の阪神戦。ファンにとってはこれで本当に最後の市民球場観戦になるんですよね・・・どうしようかな・・・ボーナス減ったし・・・開幕戦は行きたいし・・・

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

週べの2009年プロ野球戦力分析

2008年12月29日
WBCはドミニカ代表が楽しみです。

■大竹に「結婚のススメ」松田オーナーが親心(スポニチ)

人生の伴侶を得ることが選手として、人間としてのさらなる成長につながる-。広島・松田元(はじめ)オーナー(57)が大竹寛投手(25)に結婚のススメを説いた。既に同投手はローテーションの軸ではあるが今後、カープ投手陣の揺るぎない柱となるためには“やすらぎの場所”が必要だと持論を展開。将来に期待するからこその、まさに親心だった。

あんたが言うな、あんたが(笑)


ちょっと期を逃したネタですが。
週べの新年号を購入しました。毎回買うわけではありませんが、今回は面白い記事が。

「2009年プロ野球戦力分析」

投手力、打撃力、守備力、機動力、選手層の5つを分析してチャートにしたもの。
そして総合評価をA、B、Cの3段階で評価。

気になるセ・リーグですが。

讀賣 投手力85、打撃力90、守備力75、機動力75、選手層85 合計410 総合評価A
阪神 投手力85、打撃力80、守備力90、機動力75、選手層70 合計400 総合評価A 
中日 投手力75、打撃力70、守備力90、機動力80、選手層70 合計385 総合評価B
広島 投手力75、打撃力85、守備力75、機動力80、選手層70 合計385 総合評価B
東京 投手力75、打撃力75、守備力75、機動力85、選手層70 合計380 総合評価B
横浜 投手力65、打撃力85、守備力70、機動力60、選手層65 合計345 総合評価C

カープは中日と並んで合計385でランクB
まぁ「こんなものかなぁ」と。
ただですね、阪神の評価が高すぎませんかね?讀賣と10点差というのはどうだろ。

記事を読んでみるとなるほどという点も。
讀賣は上原が退団になりますから先発が厳しい。グライシンガー、内海、高橋尚の次にバーンサイド、東野の名前が出てくるほど。
讀賣の投手はこの近年は中5日で回していたはずなので最低5,6人は必要なはず。今年は昨年のような補強しなかっただけに若手の底上げがこのチームも過大か?!
ただ打線と中継ぎと選手層はこのチームはブッちぎりでしょう・・・打撃力が阪神と10差、カープと5差ってことはないな。
来年の讀賣はいい投手で抑え込まないと打線で引っ張っていくチームになるでしょう。クルーンに不安はありますが、豊田・越智・山口の存在は大きい。
そしてマイケルの加入。←彼を春先から打ち込んでおくことが他球団のキーになるかも。
それと先行逃げ切りのスタイルが讀賣を倒す条件。
カープも序盤にチャンスは出来るが何度もつぶしている。やはり打撃力よりも「うまさ」を追求したほうがいいです。
週べでも「新球場でどれだけ機動力を使えるか」と。「うまさ」追求にはこれですね、やっぱり。
そうなると「3番レフト天谷」はかなり有力。←左投手対策はどうするか

そして課題は守備力アップと左投手と。ただ先発に斉藤、篠田。中継ぎでも経験豊富な広池、そして再入団交渉中のコズ。
出来ればウイリアムスのような1イニング任せる投手が欲しいがここは生え抜きの大島に私は期待します。

投手力はいま現在だったらヤクルトより↑でしょう。選手層も同じってことはない。
中日と守備力に差がありますが新球場で差は縮まると思います。

カープはやはり「若いチーム」。勝つという経験が少ないチームです。
新球場をうまく生かして勝つ。これでしょうね。来年は「ものすごいチャンス」がある1年になると思います。
ぶっちゃけ2位が限界か?!と思いましたが讀賣も死角がありますね。ラミレスとガッツがいなかったら

担当記者イチ押し注目プレイヤーは「前田健太」。これは私も同意!

皆さんは他球団と比較してどのように分析していますか?

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(7) | Trackback(0)

人の心に何かをともす戦いをしたい

2008年12月28日
カープの選手紹介に「25」琢朗が!

■栗原約束!山形初の野手名球会入りだ(スポニチ)

広島の栗原健太内野手(26)が27日、出身地である山形県初の野手名球会入りを目標に掲げた。
07年から2年連続フル出場を果たし、正真正銘の4番となった栗原が2000本安打達成という壮大なプランを明かした。「毎年の積み重ねですけど、そうなれるように頑張りたい。そのためにはケガをしない体づくりをしないといけない」と力強く言い切った。
山形の野球を盛んにしたいという思いが強い。山形出身の名球会選手は、南海黄金期を支えて221勝を挙げた皆川睦雄さん、ただ1人。野手では皆無だ。この日、地元の天童市内で野球少年団の選手らを対象に行った講演会では「山形からプロ野球選手が出たらうれしい。頑張って」とエールを送ることも忘れなかった。

今年で通算649安打。2000本安打まであと1351本。
現在26歳だから40歳まで現役でいたらあと14年。1年で150安打でこれだけで2100安打。
160安打のペースで行けば10年も必要ありません。全然可能な数字です。やはり金本のように強靭なからだを作ることが大切でしょう。
カープの中心選手としてずっと4番を守ってこの記録は”カープ”で達成して欲しいです。(もうFA流出は勘弁)
金本の2000本安打は現場で見ましたが・・・なんとも言えない気分でした。ちなみに彼のトリプル3も神宮で見ています。なんか変な縁です。
カープの時代から特にファンじゃないんですけどね。


■カープの2大目標、優勝&150万動員(ニッカン)

広島は27日、今年の仕事納めを行った。来年の新球場元年へ向けて松田元オーナー(57)は「優勝&観客動員150万人」を目標に掲げた。「毎日、派遣社員切りとか、最近の世の中は暗いニュースが多い。明るい話題を提供しないといけない。人の心に何かをともす戦いをしたい」。広島が最後にセ・リーグを制したのは91年。広島市民球場での最高観客動員数は79年の145万4000人。「新球場はみんなの誇りになりうる球場。150万人は目標にしたい。それには勝たなければいけない」。新球場で18年ぶりの栄冠と新記録を目指す。

いい目標だと思います。
確実に出来る数字より高い目標を持つ。これは球団・チームが一丸となって突き進むためのいいベクトルとなります。
チーム目標は優勝。当たり前です。クライマックで勝ち進んでいただいてもちっとも嬉しくありません。
讀賣、中日、阪神をシーズンでやっつけて頂点に登ってこそ「最高の歓喜」なのですから。
琢朗も東京カープ会で「低い目標ではBクラスで終わってしまう」と。優勝あるのみです。

・・・でもぶっちゃけ讀賣だけには超突発的な主力選手の怪我続出が(省略

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)

コズロースキーを再獲得へ

2008年12月28日
多忙でブログを開くことも出来ませんでした。
毎日アクセスいただいた皆様申し訳ございません。

■自由契約コズロースキーを再獲得へ「貴重な左腕」(スポニチ)

広島は27日、今季26試合に登板し2勝1敗2セーブで防御率4・74だったベン・コズロースキー投手(28)を再獲得する方針を固めた。球団は保留選手名簿から名前を外し、自由契約としたが、左投手の補強を図る上で同投手の2年目の上積み、先発、中継ぎを問わずこなせる器用さを再評価。球団首脳は「あれだけの球を投げられる左は貴重な存在」と話した。この日、米国コミッショナー事務局に同投手の身分照会を行っており、年明けにも交渉に入る。

このところカープの記事すらチェックできていませんでした。
永川が球団最高年俸?1億6千万円?すごい時代になったものです・・・。
さてこのコズの記事には朝からびっくりです。どうしても制球難と思ったほど球種に幅を感じない。やっぱり解雇は妥当だろうな・・・と思っていました。
意外な方針ですね。思った以上に左の補強が出来なかった・・・となるとトレードで探していたという裏づけか。
今年はトライアウトで左投手が目立ちました。歌藤か中村泰か正田樹か、そして加藤康介・・獲れるチャンスはあったと思いますが琢朗で頭が一杯だったか?!
篠田、斉藤も終盤で活躍はしたものの翌年はどうなるかわからない・・そうなると「カープ」というチームに少しで馴染みのある選手を獲得する。
方針としては間違いはないでしょうけど少し手を打つのが遅すぎた気がします。


■広瀬「これまで通りブログ書く」年末年始も無休だ!(スポニチ)

広瀬が年末年始もブログ無休を宣言した。昨年から始めた「広瀬純 野球日記」は自らの近況をつづっていて、ファンからも好評を博している。この日は今年最後の開放日となった大野練習場に姿を現し、ランニングなどで汗を流した。年明けには実家の大分へ帰省する予定だが、ブログについては「そんなに大変なものでもないし、これまで通りに書くつもりです」とマメに更新していくことを誓っていた。

何度かこのブログでも書いていますがこうやってファンと向かい合っている選手は「たとえどんな成績でも」大切にしなきゃいけません。
野球好きの子供にとっては野球選手は憧れの的。ファンにいやな顔もしないで暖かく接してくれる選手にはファンも暖かく接しないといけません。
もちろん失策したときの野次もあるでしょう。でもその選手にとって肥やしになる野次にしてもらいたい。
日頃のうっぷんを晴らすような態度は人として許しがたいです。
友人から聞いたのですが廣瀬が1塁を守っていたときにチェンジでスタンドにボールを投げるときは必ず子供を捜してなげていたそうです。
廣瀬の人柄を表す一コマですね。
田辺一球さんのサイトによると廣瀬は頬が削げて生還な顔つきだそうです。筋肉をつけて体脂肪率も減ったそうです。来年の廣瀬はいままで以上に注目ですね。


■甲子園からトヨタ“撤退”…世界不況飛び火、広告費5000万円減(報知)

世界的不況が、ついにタイガースに飛び火した。急激に業績が悪化しているトヨタ自動車(本社・愛知県豊田市)が、甲子園球場の広告を撤収する。スコアボード下部にトヨタ専用の広告スペースを確保していたが、年間約5000万円とみられる広告費の見直しを強いられた。
トヨタ自動車は、09年3月期の連結営業損益が赤字に転落する見通し。同社では「経営状況を考慮しながら(撤収を)検討していることは否定できません」と説明。すでに甲子園球場に広告撤収の方針を伝えた。

トヨタが撤退ですか。
日本にとって自動車産業の低迷は他の業種にも響きます。WBCのスポンサーも日本頼りというニュースも。
この不況はファンの私たちの「野球観戦」にも響きます。私もボーナス削られたので・・・
来年はこの手のニュースも平行したシーズンになりそうです。

私はやっと昨日が仕事納め。今日から年末年始休暇です。
今日からはしばらく毎日書きます。またよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

栗原、前田智を抜いてチーム野手最高年俸

2008年12月23日
今年のチームMVPはこの人だと思います。

■広島の顔だ!栗原“倍増サイン”胸張ってWBCへ(スポニチ)

広島・栗原健太内野手(26)が22日、契約更改し今季年俸から倍増となる1億3000万円でサイン。この日、1億2000万円で更改を済ませた前田智を抜いてチーム野手最高年俸となった。来年は新球場元年、そして3月には第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)も控える。赤ヘル打線の「顔」となった栗原が今度は「日本の顔」を目指す。

嬉しい話題が。
よくカープ出しましたよ、栗原に倍額の1億3000万円。ファンから見たら今年の栗原の活躍は文句なし。それでも「1億きりのいいとこかもな」と・・・。
しかも野手では前田を抜いてチームトップ。これ意味ありますね。
東出もFAという節目もありましたが1億円。なんとスタメンで1億円選手が2名も連ねるなんて!←どんなレベルだ。

オーソドックスなスタメンでちょっと年俸の上がり具合を見てみましょう。
(左が昨年の推定年俸です)

1 東出 4000→10000
2 天谷 600→1800
3 アレックス 6400→退団  ここに強引ですが赤松を入れてみます。 赤松 960→1800
4 栗原 6500→13000
5 嶋 5200→5500
6 シーボル 3600→3850
7 石原 2800→5000
8 小窪 1200→1700
9 前田健太 800→2500

これで計算してみますと、

08年 25660(万円)→ 09年 45150(万円)

おおおおおお、前回この企画をやったときはヨシノブと同じぐらいでしたが、今回は小笠原+拓也ぐらいになりました!w


スタメンの年俸が上がってきたことはチームの力もついてきたということ。
来年はどんなスタメンで比較するやらこの私。

話は逸れますがこうやってスタメンを並べると打線は「3番」と「サード」が大きな課題ですね。

シーボルの大化けがあるのか!小窪が守るのか!琢朗がショートを奪って梵の逆襲は!
ショートの兼ね合いもありますね。マーティーはきっと打撃力を優先するでしょうから紅白戦、そしてオープン戦の結果が開幕スタメンに直結でしょう。
ここに芳彦、高明、佳紀の名前も出てきて欲しいですね。

あー、3番が浮かばない。天谷か嶋かそれともルーキー岩本の華々しいデビューか!
皆さんはどんなスタメンをいま思い描いているでしょうか?!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(9) | Trackback(0)

すしの作り方学びたい

2008年12月21日
黒田がWBCを辞退・・・残念で仕方ありません。

■ドーマン契約「すしの作り方学びたい」(デイリー)

広島は19日、新外国人投手としてスコット・ドーマン投手(30)を獲得したと発表した。1年契約で契約金は2750万円、年俸4400万円プラス出来高。背番号43に決まった。
今季は米大リーグ、レイズで12試合に登板。2勝0敗、防御率6・14。また親日家で、球団を通して「新しい文化になじんでいきたい。野球以外ではできるだけ言葉の習得をしたい。時間があれば本格的なすしの作り方を学びたい」とコメントした。

本格的なすしの作り方を学びたい?
どうかおコメの握り方よりもボールの握り方を研究してください。うちはそんな余裕のあるチームじゃありません。
”ネタ”はどうか来年のシーズンオフに”今年はドーマンよくやった!”でお願いいたします。


■横山決意!金本退治でホールド王獲る(デイリー)

広島の横山竜士投手(32)が19日、契約更改交渉に臨み、1500万増の5800万円でサインした。今季はセットアッパーとして38試合に登板。Aクラス争いに貢献し大幅増を勝ち取った。来季は天敵の阪神・金本斬りで、最優秀中継ぎ賞を目指す。
大幅アップにも浮かれてはいない。セットアッパーとしての地位を確立して、来季こそチームをAクラス入りへと導いてみせる。横山の表情はそんな決意にあふれていた。「来年は勝ち試合で多く永川につなげられるかが課題です。もっと勝利に貢献していきたい」。

横山が5800万円ですか・・・。大幅アップとは書かれていますが「少ない」と思いますよ。
先日日記にも書きましたが有銘が5000万ですよ。この数年の活躍の差とチーム順位を考えても横山と800万円の差??とは思えないのですが。
まぁ絶対的に万年Bクラスのチームですから1500万円は大幅アップなんでしょうね・・・

この記事にありますが「黒田と会食した際、握りなどのアドバイスを受けた。」と。(寿司じゃないよ)
横の変化球ですか。確かに金本は低めに変化するボールはうまく対応していますね。
横山が中継ぎのリーダーとなってチームを引っ張っていって欲しいです。ここに梅津、林、ドーマン、出来たら岸本が安定したらカープの成績も安定してくると思います。
永川は大丈夫でしょう。川口さんも太鼓判!


■福地1人で山ごもり「熊が出たら戦う」(報知)

15年目で初タイトルを獲得した33歳が、さらなるレベルアップを目指して09年のスタートを切る。福地は「1月の中旬から10日間ほど音信不通になります。探さないで下さい」とニヤリ。さらに「ウサギぐらいなら追い掛けるけど、クマが出たら戦うしかないでしょう」と山ごもりで自らを追い込む覚悟だ。
1月の山地なら当然、気温は氷点下。パートナーすらいない孤独感とも戦うことになる。「一人の方がやりやすいこともある。寂しいし(精神面も)鍛えられる」得意のトークも一時的に封印する完全単独トレで、キャンプへ向けて最高の準備を整える。


誰かの魔球を打ちたいのか?福地?
野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)

今岡が来季は一塁だったら三塁は・・・

2008年12月18日
横須賀のチャリティマッチのチケット売り切れ・・・・今日このイベントの存在を知りました・・・。

■小松、2年連続の“同姓”新人王獲得を宣言(スポニチ)

新人の体力測定などが行われた17日、ドラフト3位の小松は「2年連続で新人王が『小松』って面白いですよね」と、今季のオリックス・小松に続く2年連続の同姓新人王獲得をあらためて宣言した。新人王は1950年に制定され、現在まで2年連続同姓の新人王はない。“快挙”に挑む権利を与えられたのは12球団で小松のみ。前日16日の入団会見で「10勝以上と新人王」を目標に掲げた右腕に、新たなモチベーションが生まれた。

記者さんもホントウーーーーーーにネタがないんだね(笑)
振り絞ったネタが時々心地いいときもあるのですが、今日はその部類かも。
活躍したら間違いなく「来たあああああああああああ!」を天谷に強要されるんだろうね。


■楽天ドラ4井上はゆうこりんの後輩(ニッカン)

楽天ドラフト4位井上雄介投手(22=青学大)が17日、Kスタ宮城を訪れ施設見学を行った。18日の入団会見を控え、新人全7選手は感激の面持ちで、グラウンドやロッカー室や選手寮を見て回った。千葉県出身の井上は「こりん星から来ました、ゆうこりんです」と話すアイドル小倉優子と同じ町内出身。同じ小学校、中学校を3年後輩として卒業している。仙台の地を踏んだ感想を聞かれると「こりん星より寒いです」と報道陣を笑わせた。

最近の若者はなかなかジョークもうまいですね。
先日の「リーグは違うけどバリー・ボンズです」もかなりウケました。
このニュースの下に「有銘、投手3番手評価で5000万円」の文字にビックリ。2600万円アップ?
2年前横須賀スタジアムで試合後に「普通に球場の外にある自動販売機でジュースを買っていた男が」5000万。フー、夢のある仕事ですね。
有銘、よかったね!
中継ぎがこのように高い評価をしてくれると「楽天にFAで行きたい」という選手も近々出てくるかもしれませんね。


■今岡は6000万円減 来季は一塁へ(デイリー)

阪神の今岡誠内野手(34)は18日、兵庫県西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、6000万円減の年俸1億5000万円でサインした。真弓監督が一塁へのコンバートも考えていることについては「直接言われたことはない」と言いながらも「変えなきゃいけないという意味で、きっかけになれば」と前向きな姿勢を示した。(金額は推定)

なんですと!今岡が1塁にコンバート!
・・・ということはサードには。

ふふふふふふふ。

三塁側席での観戦が大好きな皆様、お待たせいたしました!
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)

やるべきことをしっかりやって頑張るだけ

2008年12月16日
あのー、今日のアクセスが1300ACを越えているのですが???
何があったのでしょうか??

■石原も第1次候補入り「やるべきことをしっかり」(スポニチ)

石原が捕手として第1次候補に選ばれた。北京五輪ではチームでただ1人最終候補に選ばれたが、日本代表入りはかなわなかった。今回も侍ジャパンの名誉を争うライバルは城島(マリナーズ)、阿部(巨人)、細川(西武)と強敵ぞろい。生き残りを懸けて「候補に選んでいただいたからには、やるべきことをしっかりやって頑張るだけだと思っています」と強調した。

選ばれた選手リストを見ましたが。

投手
☆松坂 大輔 レッドソックス
 斎藤  隆 ドジャース
 黒田 博樹 ドジャース
 涌井 秀章 西武
 岸  孝之 西武
 小松  聖 オリックス
 ダルビッシュ有 日本ハム
☆渡辺 俊介 ロッテ
 岩隈 久志 楽天
 田中 将大 楽天
☆杉内 俊哉 ソフトバンク
☆和田  毅 ソフトバンク
☆馬原 孝浩 ソフトバンク
 内海 哲也 巨人
 山口 鉄也 巨人
☆藤川 球児 阪神

捕手  
 城島 健司 マリナーズ
 細川  亨 西武
 阿部慎之助 巨人
 石原 慶幸 広島

内野手
☆岩村 明憲 レイズ
 片岡 易之 西武
 中島 裕之 西武
☆松中 信彦 ソフトバンク
☆川崎 宗則 ソフトバンク
☆小笠原道大 巨人
 栗原 健太 広島
 村田 修一 横浜

外野手
☆イチロー マリナーズ
☆福留 孝介 カブス
 稲葉 篤紀 日本ハム
 亀井 義行 巨人
☆青木 宣親 ヤクルト
 内川 聖一 横浜

まぁパッとみて捕手・石原は細川が残るかどうかで決まりますね。城島と阿部か固いでしょう。
それと西岡、松井稼、成瀬も落選しました。うーん、小松、田中、内海あたりはこの先落選しそうだけど・・・
北京オリンピックでは国際大会の経験を指摘する声が多かった割には原の選出はあまり反映していませんね。
ただ以前もここで書いたように「国際大会の経験が果たして本当に必要か」という検証が出来ていないのでなんとも言えません。
ですから原監督が「選手のコンディションを見て対応も考えないといけない」と34人も入れ替えの可能性をコメントしたのはリップサービスではないと思います。
私個人的には千葉ロッテの今江(ゴリ)を入れて欲しかったですね。勝負強い選手は必ず「そのチャンスにめぐり合いますから」。

さて永川ですが残念ながら今回は落選です。
原は同じリーグですから彼の実力はまだまだ”今年安定しただけ”と判断したのでしょうかね。
それにしても先発投手がカープから選ばれないのは寂しいですね。大竹、マエケンは次回の大会で名前が出ないといかんですよ!

サンスポがどうやら報じたようですが。
稼頭央の所属事務所の社長が「落選理由も選考の説明も何もない。手紙で(この日発表された)34人に入っていない、と書かれていただけ。あまりに冷たいやり方です」とコメントしたとか。
うーん、選ばない理由って書く必要があるんでしょうかね?
だって「この選手は活躍すると思うから」「勝負強さをかった」「日本で実際にプレイをしている選手のほうが選出しやすかった」とか・・そんなのでもいいんかね?
正直今回の選手を見たら「今年活躍した選手」そして「原監督が近くで見ていた選手」。ぐらいの理由じゃないでしょうか。
稼頭央は確かに見たいけどこういったコメントは本人じゃなくて社長がしてしまうのが残念です。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)

抱腹絶倒、東京カープ会

2008年12月15日
過去5回の中で一番今回が面白かったと思います。

■第5回東京カープ会、12月15日(月)開催(SPORTS COMMUNICATIONS)

かつて“赤ヘル軍団”と恐れられたカープもいまや万年Bクラスチーム。クライマックス・シリーズ進出を目指した今季もあと一歩、3位・中日に及ばなかった。04年から4回開催した東京カープ会での激論もむなしく、球団改革は遅々として進まない。愛するカープよ、どこへゆく――。
 ブラウン改革は来季こそ花開くのか?
 新球場で広島の街は盛り上がるのか?
 来季、注目の選手は誰か?
 カネはなくとも多少の知恵ならある。愛情だけならたっぷりある。
 カープの未来について、建設的な意見をたたかわそう!

全然建設的な意見なんて出る暇もなかったですけどねw
今回はマメこと長島清幸氏がゲストでした。いやーもうマメのワンマンショー(笑)
実は今回はもう一人のスーパーゲストが・・・・なんと石井琢朗!
もう場内絶叫総立ち!いやー、もうしゃべりもうまいし、ハンサムだしね。カッコイイったらありゃしない。
琢朗は途中で退席をしましたが、実に来年への意気込みを「虎視眈々」と語ってくれましたよ。
二宮さんの質問が失礼だ(笑)2000本打っている選手に「やっぱり狙うはサード?」と。しかし琢朗は即答しませんでしたよ。やっぱり狙っているのはショートですね。
「虎視眈々」は変な文字が混ざっていました。「鯉視眈々」。

琢朗が退場されてからの後半ですが「この数年沈滞ムードだった東京カープ会」を一気にマメ一人でふっ飛ばしてくれました。

参加された方はよくわかったと思いますが「前田殴打事件」。
マメが前田を殴ったことがあるのは聞いたことがあると思います。が!この真相を本人から聞くことが出来ました。
まぁここに全部書くのは・・・・ちょっと遠慮しておきましょうかね。
ただマメも先輩に「前田の挨拶」についてちゃんと言っておけといわれたからやったまでのことでありまして・・・
しかも2度注意されても「おはようございます」が言えなかった前田にも非があるわけでして・・・それでその年にトレードになったのは気の毒としかいいようがありません。
ただ本当に前田が先輩に挨拶をしていなかったのか。そして羽田空港でマメとあったときに本当に隠れたのか。
このへんを数年後に前田をゲストで呼んで事実を聞きたいものです。あと顔は本当に殴らなかったのか(笑)。
金本と新井についても同様な関わりがあるらしいですが・・・それは別。どんな理由でも自分で出て行った人については何もフォロできません。
カープは(というよりオーナーが)前田を必要な選手として残して、そして活躍したのですから。

何のことかわからない方は周りのカープ通な方に聞いてくださいね。

話は戻ってマメですが笑いだけじゃなくて「洞察力」の優れた面も見せてくれました。
赤松・天谷が初球から果敢に盗塁できないのは「根拠」の問題かと。つまりコーチが相手のクセを見破って「これならいけるぞ赤松」と後押しをしてあげることが出来ていないのではないかと。
中日では監督と高代コーチと確執があって退団になりましたがコーチとしては能力がある人だとおもいます。きっとカープで再就職は無理でしょうけど。
ってかいままで東京カープ会に来ている人って・・ねぇ?

あと中日のコーチ時代に嶋に首位打者を取らせるためにレフトとライトをライン際に守らせた話はもうお腹がよじれたw

オチをここで簡単に書くと折角お金を払って参加した方に申し訳ないので今日はここまで。
私と知り合いの方は直接あったときに聞いて頂戴ね。

とにかく琢朗がかっこよくて、マメがこんなに面白い人と再発見した夜でした。残業(勝手に)切り上げての参加は正解でした!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)

クリストファー・スコット・ドーマン

2008年12月14日
昨晩はカープ仲間の忘年会でした。楽しかった♪

■広島がレイズの150キロ右腕獲得へ(ニッカン)

広島が来季の新外国人選手として、今季レイズに所属したスコット・ドーマン投手(30)の獲得を目指していることが12日、分かった。ドーマンは150キロ台の速球とスライダーが武器。今季はレイズで12試合に登板し、2勝0敗、防御率6・14。球団は残留が決まっているシュルツに続くセットアッパーとして期待している。
球団幹部は「彼はセットアッパータイプ。一時的に抑えもできると考えている。(抑えの)永川には全幅の信頼を置いているが、選択肢を広げようということ。後ろの投手を厚くすれば、若い先発投手を助けることができる」と期待を寄せた。

ニッカンの記事を引用することが少ないのでなんとなく(笑)
昨日電車で忘年会会場に行く途中でスポニチでこのニュースを知りました。正式には「クリストファー・スコット・ドーマン投手」だそうです。登録名は「ドーマン」になるのでしょうね。私は「スコット」がいいんですけど、ネタ的にw
得点力に爆発力は来年も望めそうもないので(泣)競った試合が多くのるのが予想されます。そうなると後半の投手力の強化・・・ブラウワーが抜けたのでその穴を新助っ人。
もう一人野手で欲しいところですが無難な補強ですね。問題は「スコット」がどんな選手なのか?すでに「どーまん、どーなん?」と親父ネタが。


■マエケン、新人・中田の“兄貴”になる(デイリー)

心優しい前田健が後輩の熱烈なラブコールに応える。中田は同じ大阪出身の右腕で、自身が1年目につけた背番号34の後継者でもある。「ドラフト後から気になってました」。ライバルとはいえ、かわいい後輩。最大限のバックアップを約束した。
「自分もやることが多いですけど、ピッチャーでは下から2番目(の年齢)ですし、今年は1軍を経験できたのでいろいろと教えてあげたいです。先輩には聞きにくいと思うので、気さくに話しかけたいですね」

中田くんはオールドファンにはまた格別な思いがありますからね・・・・マエケン頼んだよ。
それと、その写真。凄い顔だな、凄いサービスショットだなw


ちょっと話が変わりますが、先日立浪の話を書いたときに「国立」という選手に似ていると。これ誤りでした。「国友」でした。
右打者なのですが甲子園で優勝して「新宿メッツ」というチームに入団して新人王を獲得します。漫画のタイトルは「光の小次郎」。
主人公は国友が甲子園決勝で対決した相手投手「新田小次郎」。彼はなんとドラフトで12球団から1指名を受けます。
結局一浪してプロ入りをするのですがそこまでのストーリーが面白いです。
また1981年にすでに札幌にドームが出来てチームも存在しています。この球場は起工 1998年で開場2001年、そして日ハムが移ったのが2004年。水島漫画恐るべし。
この漫画は全てフィクションです。実は水島漫画は実在の人物との交わりが面白い。全て架空という漫画は珍しいかも。
古本屋さんで全巻3000円もしませんのでもし見かけたら「買い」です。野球漫画好きな方にはオススメします。
ちなみに私のベスト野球漫画は「キャプテン」です。その次にこの「光の小次郎」が好きです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(6) | Trackback(0)

新広島市民球場は“食のテーマパーク”

2008年12月12日
昨日の日記は半分手・・・

■新広島市民球場は“食のテーマパーク”やぁ~!!(スポニチ)

楽しみは野球だけじゃない。来季からの新本拠地・新広島市民球場のフードサービスの全容が11日、明らかになった。広島は前日10日にスポーツビジネスでの豊富な実績を誇る給食事業会社・エームサービス社と業務委託契約を結んだと発表。期間は2018年まで。球場内27カ所の売店等でおよそ70~80種のメニューを販売する(価格は未定)。郷土色豊かで、かつ女性、子どもを意識したヘルシーメニューも用意。ボールパークは“食のテーマーパーク”の顔も持つことになる。

カープうどんは残留か?などとファンがざわざわしていますが・・・私は蕎麦派なので(笑)
このニュースを見て「やってくれたね、ナイス!」と。
仙台に行くと思うのですよ。市民球場もバラエティにいろんな食事が出来たらもっと家族連れが多くなるのにな、と。
確か外野のチケットでも内野の売店は利用できたと思います。ズムスタも是非27カ所の全てで食べれるような仕組みにして欲しいです。
そう言えば昨年の夏だったかな?田辺一球さんに捕獲されて「新球場に期待することは?」という質問をされました。
私は2つ「食べるものが美味しい店をたくさん出店して欲しい」「大きなグッズショップを作って欲しい。試合がない日もOPENして欲しい」。
1つはどうやら叶いそうです。もうひとつ・・これ試合がない日でも足を運ぶシステムとしても検討して欲しいです。
いつでも注文なしで実物を見て購入できる店が欲しいです。


■松本&尾形が結婚!おめでたラッシュ!(デイリー)

広島は10日、松本高明内野手(24)、尾形佳紀内野手(30)の結婚を発表した。今季は不本意な成績に終わった2人は心機一転、来季の活躍を宣言。さらに牧野塁投手(34)、梅津智弘投手(25)、赤松真人外野手(26)の3人が今月中に挙式することも発表された。5人の挙式ラッシュ。おめでとう-。広島が祝福ムードに包まれた。

ついに佳紀も結婚ですか。
女子ファンはぶっ飛びだったのでしょうか?まぁ彼女がいるという噂は聞いていたので時間の問題ではあったのでしょうけど・・
佳紀のニュース一昨日聞いたのですが「高明結婚」は新聞記事で知りました。
そういえば高明の実家に最近行ってないな・・

佳紀、高明おめでとう!結婚を機に大活躍を期待します!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

オープン戦の日程発表

2008年12月11日
関東でオープン戦なしってどういうことだよ!

2/28(土)広-福(都城)
3/01(日)福-広(宮崎)
3/07(土)広-楽(市民)
3/08(日)広-ロ(市民)
3/10(火)巨-広(徳山)
3/11(水)広-巨(福山)
3/12(木)中-広(岐阜)
3/14(土)広-ヤ(市民)
3/15(日)広-ヤ(尾道)
3/20(金)神-広(高松)
3/21(土)広-神(倉敷)
3/22(日)広-神(市民)
3/27(金)福-広(福岡)
3/28(土)福-広(福岡)
3/29(日)福-広(福岡)

昼間友人からメールを貰ってガク然ですよ。
ここ毎年楽しみにしていた関東平日オープン戦。今年はなし。

楽しみが一つ減った…

22日が市民球場でのホントにホントにラストゲームになります。

行きたいけどねぇ…

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)

バットで長打力アップを狙う

2008年12月10日
昨日は会社を半休しました。グッスリ寝たので「ブログ書くのを忘れました」。

■嶋「やり返したい」長距離バットでリベンジだ(スポニチ)

嶋が300万円増の年俸5500万円でサインした。「来季はやり返したい気持ちがあります」。今季は打率・309をマークしたが、規定打席数に到達できず微増にとどまっただけに新球場となる来季へ早くも気持ちを切り替えた様子。すでにバットをマイナーチェンジ。「ヘッドの伸びを感じられるようにした。中・長距離打者用のバットにした感じ」と長さを86センチから0・6ミリ長くし遠心力をアップしたバットで長打力アップを狙う。

このコメントを見る限りは「打撃」を生かす・・・といったところでしょうか。
ただですね、今度の球場では「守り」も頭に入れないとなかなかレギュラーは厳しいと思います。
いままでの市民球場では低位置からフェンスまでの距離は両翼だったらそう深くはない。今度の球場では左中間、右中間、そしてレフト線、ライト線の打球処理でもたついていたら「足を今後も使ってくるであろうヤクルトさん」にいいようにやられてしまいます。それと広い球場で戦いなれているパ・リーグのチーム。また交流戦でカムバック「一桁勝利」?
これは嶋に限ったことではありませんが外野の守備力が全体的に弱いですね。ルーキー岩本に期待が大きくなる・・・
外野で守備力のある右打者・・・廣瀬はサードではなくて外野に戻って勝負して欲しいです。


■シーボルと契約を更新 来季の成績アップを期待(スポニチ)

シーボルと来季の契約を更新した。1年契約で、年俸は3850万円プラス出来高。背番号は25から57へ変更となることも決まった。今季は110試合に出場し打率・273、15本塁打の53打点。来日2年目となる来季の打撃成績アップを期待されての残留となった。シーボルは球団を通じ「カープで再びプレーできるチャンスを頂けたことにとても興奮しています」とコメントした。

甲斐の背番号は誰に_?なんて思っていたところに「57」はシーボルに。
まぁ「43」という選択もあったのですが、後に来るであろう助っ人さんは投手であろうから。
そういえばメディーナが「57」でしたね(懐)。
さて後半戦は3割をクリアする成績を残したシーボルですが、打撃コーチがすすんでフォームを改良しないと期待以上の成績は無理ではないかと。
ただね・・・なんか大化けをする期待もあるんですよ。この人が2桁ホームランを打てないと栗原しか「大砲」と呼べるバッターがいません。
投手を中心とした守り重視の野球になったとしても「迫力のない打線」では投手にも限界はありますし、何より見ていて「つまんない」。
機動力野球は1-3番で足を絡めてもプレッシャーを相手に与えて4-6番で長距離が出てこそ「おもしろい」。のです。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

原監督に立候補しといた

2008年12月08日
「ベースボール・クリスマス'08IN 横浜」。行けたらいこうかと思っています。

■山本昌、WBCに意欲「原監督に立候補しといた」(報知)

プロ野球中日の山本昌投手が7日、名古屋市内でトークショーを行い、来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)について「この前、原監督に立候補しといた」と日本代表入りに意欲を見せた。
6日に行われた1965年生まれのプロ野球選手による「昭和40年会」の集まりでは、WBCで投手コーチを務める与田剛さんに「おれを選べよ」と迫ったものの、大笑いされたという。
今季は史上最年長での通算200勝を達成。何歳まで投げるかとファンに問われ「僕としては50歳まで投げるつもり」と答えた。

かっこいいいいいぜ、マサ!
いやー、マジ目に原監督には検討して欲しいです。ベテランの投手はベンチにいるだけでも選手の緊張感は保てると思います・・・堅くなっちゃったりしてw
もちろんマウンドに立っていいピッチングをすればチームの雰囲気もグッとあがります。投球術では球界トップクラス。ここで原監督、選ばないと男が下がるぞー!
50歳まで現役か・・是非緒方にも代打の切り札で50歳までやって欲しい。本人はきっと毎年レギュラーを狙っているのでしょうけど。←そこが緒方の魅力だ


■工藤 高校球児に伝えたいことは?(スポニチ)

今オフは全国各地で精力的に野球教室を行っている横浜の工藤だが、来年1月10日には高野連などの依頼で高校球児を前に「講演」を行う。北京五輪陸上男子四百メートルリレーで銅メダルに輝いた朝原宣治氏らとともに講師を務め、故障の防止法などを講義する予定。体のメカニズムなどトレーニング理論などに精通している工藤だけに、高校生にとっては貴重な時間となりそうだ。

さてマサより年上で球界最年長投手の工藤。この人も何歳まで現役なんでしょうね。
実は私にとって工藤は「最後の年上野球選手」でして(笑)。1年でも長く現役でいて欲しいです。
彼は非常に体のケアには気を使う選手。確かトレーナーも自費で雇っているという話を聞いたことがあります。
高校生のときには大きく曲がるカーブが特徴でした。しかしプロに入ってからストレートが速くなった・・・これはトレーニングをしっかりとした証拠でしょう。
この頃はさすがに専属のトレーナーはいなかったでしょうから西武というチームはそういった環境が整っていたのでしょうね。
いい投手が輩出しているのがうなずけます。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

そしてありがとう、甲斐雅人

2008年12月07日
A・ロッドがドミニカ代表でWBCに出場するそうです。楽しみです!

■高橋慶彦・ロッテ打撃コーチが猛打賞でMVP獲得(スポニチ)

高橋慶彦ロッテ打撃コーチが猛打賞の活躍で「OBオールスターゲーム」のMVPを獲得した。同コーチは往年のシュアな打撃と俊足を披露し、3回2死二、三塁の場面では本盗を試みるなど現役時代同様、ユニホームを泥だらけにして躍動した。7回の打席では大野豊氏から見逃し三振を喫するも“泣きの1球”を見事にとらえて二塁強襲安打。「ボクは昭和32年生まれでこの球場と同い年。ここで育ったし、最後に来られて幸せでした」と感慨に浸っていた。

往年のシュアな打撃?いや慶彦を本当に知っている記者ならそんな表現はしませんけどね。
今回のOB戦は行きたかったのですが旅費がどうしても捻出が出来なくて断念しました。
市民球場ラストのイベントなので”異例の慶彦のカープユニフォーム”になりました。それでもね、慶彦ファンは嬉しいですよ。
慶彦は私の青春の1ページには必ず欠かせない人です。もう本当に大好きでした。彼以上に好きになった選手はいまだにいませんね。
彼は成績じゃない。守備も打撃も全然利にかなっているとは思えない。でもね、我武者羅な姿は誰よりもありました。
当時「ライト・ライトルさん」が彼以上に練習をしている人は見たことがないと。ですから世界一の練習の虫。スキー選手だったお父さんの脚力の遺伝をフルに生かして足で稼いだ選手。
こんな風にファンが共通して彼の功績や特徴を称することが出来るんですから凄い選手です。
過去カープベストナインで「ショート」は文句無く私は慶彦に1票。謙二郎すまん、私にとって慶彦は「神」ですから。それも前田じゃない。
このOB戦の出場。よくオーナーが許してくれましたね。将来コーチとして、いや監督として戻ってくる可能性を少し信じてもいいのかな??!
折角のOB戦でしたが私にとってはそこが焦点w


■惜別球人・甲斐 大ケガ乗り越えられず(スポニチ)

素質が開花することはなかった。それでも甲斐はプロで過ごした8年間に悔いはなかった。「なかなか経験できないことを経験させていただいた」
入団当初から大型内野手として期待は大きかった。4年目の04年には1軍初出場。05年5月31日ロッテ戦ではプロ初安打も記録した。「ボールは実家にすぐ送りました」。毎年、2月の日南キャンプに家族を呼ぶなど心優しい男には前途が開けていた。だが06年9月、1軍昇格直後に三塁へのヘッドスライディングが原因で右ひざじん帯を部分断裂。最近は後遺症との闘いが仕事となった。
今後は宮崎に帰郷予定も進路は未定。「話すのは苦手じゃないから営業職に就きたい」と前を向く。物事に常に全力で取り組み、後悔はしない。この男なら世間の荒波も越えていける。

トライアウトで3安打を放った甲斐でしたが11球団から声をかけてもらうことは出来ませんでした。引退となります。
実は変な縁があります。友人でいつもよくここにコメントをいただくガビーさんが彼の熱狂的なファン。
確か05年に尾形が西武球場で怪我をしてしまい、その翌日1軍に上がってきたのが甲斐。ガビーさんが当日は来れないと知っていたので私が変わりに甲斐の応援フラッグを作成。
簡単なものでしたけどね。「甲斐57」。
あとで聞いたのですが甲斐は母親に「おかあさん、ボクのがあった!ボクのがあった!」と(笑)
実際に3塁ベンチ上で彼に見えるように掲げたときに苦笑されました。あー、もう3年も前のことになるのか。
そのフラッグはもちろんガビーさんに託す。そしてマリンスタジアムで記念すべきプロ初安打。そしてそのフラッグを彼は甲斐家(甲斐のお母さんに)に贈呈w
昨年市民球場でお母さんとお会いしました(お父さんも)。あー、ホントね噂に聞いた人でしたねw
甲斐本人からも親子ゲームで2日連続でサインをいただきました。トライアウト終了後には少しお話も出来ました。
もうそんな楽しみも無くなってしまうんだなぁ・・・
甲斐のことについて語るのには私では足り無すぎます。是非ガビーさんの「さらば、甲斐雅人」をご覧下さい。
友人を褒めるのもなんですけどね。選手を大切にする、愛するってこういうことなんだなと思う日記です。
”甲斐くん”!今度は営業職ですか?私のほうが先輩ですよw 何でも聞いてね。
お疲れ様でした。そしてありがとう。君を通して色んな人と出会うことが出来ました。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(5) | Trackback(1)

琢朗のブログで梵と東出と3ショット

2008年12月06日
昨日は呑みすぎて寝ちゃいましたzzz

■立浪決断 来季で引退「1年で終わるつもり」(報知)

中日・立浪和義内野手兼任打撃コーチ(39)が5日、来季限りで現役を引退する意向を明かした。この日、名古屋市内の球団事務所で契約更改交渉を行ったが、2000万円ダウンの8000万円で一発サイン。会見では来季の成績にかかわらず、ユニホームを脱ぐ覚悟を口にした。
言葉の端々に不退転の決意がにじみ出ていた。プロ22年目の2009年に向け、立浪は早くも表情を引き締めた。「正念場というか、1年で終わるつもりで野球をやろうと考えています。最後だと思って最後の力を振り絞ります」幾度となく繰り返した「最後」の2文字は、ミスター・ドラゴンズの意地だった。

現役最多安打男もついにこんな発言をするときが来ましたね。
PLから中日に入団して即新人王という鮮烈なデビューでした。水島新司さんの漫画で国立(くにたち)って選手がいたけどモデルは立浪じゃないのかなあ?
いま彼は2459安打、そして歴代2位はたぶん琢朗で2307安打。凄い数字ですよね。琢朗はもしかしたら2年で抜ける可能性もあるのか。どうしてこんな凄い選手がカープに来ちゃったのか(苦笑)
逆にこういった経験のある選手を獲得したカープ球団に拍手ですけどね。立浪から逸れすぎたw
ついでに(笑)。琢朗のブログで梵と東出と3ショットの写真が掲載されています。なんか琢朗は真ん中にいるせいか風格があるなぁ。両側の二人にもいい影響が出るって期待しちゃいます。
そう言えば琢朗はあと1本で100本塁打なんですね。新球場1号を狙っとく?!


■広池、まだまだ“眼”張る(デイリー)

広島の広池浩司投手(35)が、12日に神戸市内の病院で「アイレーシック」視力矯正手術を受けることが4日、明らかになった。視界を良好にして来季は左の中継ぎとして年間1軍フル帯同を目指す。
貴重な左腕・広池が、大きな決断をした。これまではコンタクトレンズを使用してきたが「目が赤く腫れて、充血することもあった」という。「手術を受けることによって視界がよくなるし、煩わしさがなくなる」と経緯を明かした。

久しぶりに広池記事来たぁぁぁぁ!と思ったらブログネタじゃねーか(笑)
建さんの退団で広池は最年長投手になりますね。左投手としても貴重、そして先発・中継ぎの経験がある。自分自身が活躍をして若手にいい影響を与えていって欲しいです。
将来はコーチ候補なんでしょうかね。人柄もいいですし、ブログを発信しているようにファンと向かい合っている選手は応援したくなります。
練習が終わって引き上げるときなどタイミングを見て「広池さん、こんにちは」と声をかけるとちゃんと顔を向けて挨拶をしてくれます。忙しいときは手をあげる程度ですけどね。それでもファンは嬉しいものです。
あとは登板を多くしてたくさんホールドを獲得することですぞ!広池!


■「横浜野口」誕生、2年1・5億円背番5(ニッカン)

横浜は4日、阪神からFA宣言していた野口寿浩捕手(37)と入団合意したことを発表した。FA宣言後に2回交渉を行い、2年1億5000万円(推定)の複数年契約を提示していた。この日、野口本人から村上チーム運営部門統括に電話で連絡が入り、移籍の意思を伝えられた。背番号は「5」。8日に、横浜市内の球団で入団会見を行う。

阪神にとっては矢野の控えがいなくなりましたが若手を育てる意味、そして横浜は急に正捕手が抜けた穴、双方にとっていい移籍ではないでしょうか。
野口の背番号は「5」ですか。空き番にしないんですね。
いま阪神の「31」を見てもなにか違うな、って思うのですよ。掛布ね。浜中や林が嫌いなわけではありませんが、讀賣の「30」と阪神の「31」はいつも気になります。
琢朗の「5」もせめて誰か内野手につけてもらいたかったです。野口が嫌いなわけではありませんが。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)

建さんに去られ「みんなの女房に」

2008年12月04日
長野さん、野球を知らないファンの前でプレイしても(省略)

■大竹、安定感を評価され1400万円アップ!(スポニチ)

広島・大竹寛投手(25)が3日、広島市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、1400万円アップの6500万円でサインした。
「勝ちと負けを逆転させる。それがボクのやること」。今季は初の開幕投手を務め、ルイスとともに投手陣の柱としてローテーションを死守。勝ち運に恵まれず9勝13敗の成績に終わったが、チーム2位の171回を投げた。鈴木球団本部長は「試合を作った事実を評価した」と話す。今オフから査定方法に見直しを加え、先発投手は試合を作った安定感を重視する査定法を導入。27試合に先発し、半分以上の16試合で6回3自責点以内の内容だった大竹が恩恵にあずかる結果となった。
「今季はルイスがエースだった。刺激を受けたし、負けたくない。ルイス頼りの投手陣になりたくない」。来季は4年ぶり2ケタ勝利と勝ち数と負け数を逆にして、真のエースの称号をつかみ取る。

11月26日の私の日記で「大竹はローテを守ったことも含めて5100→6000ぐらいでしょうかね?」と。
カープはそれ以上の評価をしました。そりゃぁ私は大竹には辛いけどね(←カライと読みましょう)

彼のこれまでの成績。
2003年 03試合 1勝 1負 防御率5.63
2004年 43試合 6勝 5負 17S 防御率3.18
2005年 28試合 10勝 12負 防御率5.62
2006年 30試合 6勝 13負 防御率4.93
2007年 27試合 9勝 10負 防御率3.77
2008年 28試合 9勝 13負 防御率3.84

10勝って1回だけか。それで6500万か。
昨年はスタートダッシュに失敗。味方が点を取ってくれない試合もあったけど。
4年連続で「勝ち<負け」投手。確かにローテーションをきっちり守ってくれることには高い評価をしたいですね。
ただこのままでは「エース」とは呼べません。黒田が帰ってくるときにどんなピッチャーになっているのでしょうか。
それまでルイス頼りでは困りますね。ルイスはそれまでいるとは思えませんが(苦笑)
味方が点を取ってくれないことは彼にも原因はあると思います。昨年ルイスの投球を見て投げる間隔を短くしてリズムよく投げることを誓った??はずなのに。
いつの間にか「のっそりモード」もっと大胆に投げて欲しいです。
今度はルイスを見習って「筋肉」をつけるウエイトトレイニングをするそうです。
はい、はじめましょう、そして続けましょう。


■建さんに去られ「みんなの女房に」広島倉(ニッカン)

倉は今季、出場48試合で打率2割7厘。スタメン29試合中、18試合が高橋建が先発する試合で「建さんの女房」をまっとう。高橋は今季20試合に先発し、稼いだ8勝すべてが倉のリードだった。昨年は「黒田の女房」だった。昨季、黒田(ドジャース)が先発した26試合中24試合でスタメン。黒田の昨年12勝は、いずれも捕手倉が導いた。ところが、昨オフは黒田はFAでドジャースへ。今年は高橋が宣言し、メジャー移籍を表明しており、愛する“亭主”が2年連続で海を渡る運命となった。

そうだったそうだった。確かに倉専任になるとちゃんと活躍してそしてメジャーだ。

・・・・。

「長谷川よ、検討してみてはどうだ?」


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)

前田引退って幸長かよ!

2008年12月03日
三浦の次は清水を狙う?忙しいこと阪神さん。

■岸本 古巣の大先輩・石井とAクラスだ(デイリー)

広島の岸本秀樹投手(26)が1日、横浜から移籍した石井琢朗内野手(38)とともにAクラス入りを目指す意気込みを打ち明けた。
昨オフ、横浜から移籍した岸本にとって心強い、古巣の大先輩の入団に歓迎ムードだ。「琢朗さんはものすごい人。一緒にできるのはうれしい。確実にチームのレベルも上がってくるでしょう」と笑顔。07年まで横浜に在籍し、石井には打者から見た視点でアドバイスされた。来季からチームメートとして野球の教えを請うつもりでいる。

そうなんですよね。これ気づいていましたが、書くのを忘れていましたw
岸本と昇吾は彼をよく知っているだけに「いい影響」が見込めるかなと。
昨年小山田とのトレードでカープに入団をしましたが「もう一歩」抜けきれない。岸本は球に力はあるが制球力が課題、そして昇吾は打撃力。あと後半は守備も乱れましたね。
2000本という偉業を達成した選手はごくわずか。その選手からのアドバイスは必ず何か「もう一歩」を抜けるヒントがあると思います。これは二人に限ったことではありませんけどね。
1軍と2軍のボーダーラインの二人がどれだけ力を発揮してくれるかは来年の楽しみです。
どうしても移籍してきた選手って「ファンが少ない」。やはりカープに来てくれて一生懸命プレイをしてくれる選手は生え抜き選手と同様に熱い声援をおくりたいですね。


■前田幸長投手が現役引退表明 今後は野球評論家に(共同通信社)

米大リーグ、レンジャーズ傘下の3Aオクラホマに在籍していた前田幸長投手(38)が今季限りで現役引退することになった。3日、所属事務所が明らかにした。今後は野球解説やタレント活動を行う予定という。
前田は福岡・福岡一高を経て1989年にドラフト1位でロッテに入団。その後は中日、巨人に所属し、今季からレンジャーズとマイナー契約したが、メジャーでの登板機会はなかった。
日本での通算成績は19年間で595試合に登板し、78勝110敗9セーブだった。

これね。とあるメルマガで先ほど知りましたよ。

「前田現役引退表明 今後は野球評論家に」

どこの前田かしっかり書けやあああああ。たぶん幸長だと思ったけど「あれ?もう引退していなかったっけ??」な状態で慌てて共同通信社にアクセスしましたわさ。あー、やれやれ。

幸長さんお疲れ様でした。 ←なんだこのついで感。

タフなピッチャーでコントロールがよかった印象があります。やっぱりロッテのときの姿が目に浮かびますね。
どんな解説者になってくれるのでしょう。どうぞありきたりな「予想屋」だけにはならないで下さい。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

自分自身弱かった

2008年12月02日
琢朗ブログがお引越し。

■石井琢、横浜職員に別れ「気持ちは切り替わった」(スポニチ)

横浜を自由契約となり、広島移籍が決まった石井琢が横浜市内の球団事務所を訪れた。職員に別れのあいさつを行うと拍手で送り出され「ケジメをつけたかった。野球ができればどこでもいい。もう広島に気持ちは切り替わった」と強調した。大洋時代から17年間同僚だった三浦は横浜残留が決まり「グラウンドの外では仲良くしても中は別だからね。(三浦と対戦したら)スイッチ?入るでしょう」と表情を引き締めた。

ウエルカム琢朗!
正直、甲斐と大須賀のNEXTが決まらない限りは手放しでは喜べないんだけどね。特に今年は2人のトライアウトを見たからね。
勝負の世界は厳しいとは言え理屈じゃないものもあります。春には全てのNEXTが決まっていることでしょう。
琢朗に限らず全ての選手、そして今年までカープに携わってくれた全ての人が「万全」の状態で春を迎えて欲しいです。

そう言えば琢朗さんのブログがお引越ししましたよ。

琢朗主義  ←「超」が赤くなっています!
http://石井琢朗.jp/

↑すごい時代になったものだ。これでアクセスできるからね。

ブラウザによってはアクセスできませんのでそのときはこっち↓
http://takuro.aspota.jp


■梵は800万円減で更改(報知)

広島の梵英心内野手は2日、800万円減の年俸3500万円で契約を更改した。今季は入団以来最低の成績で小窪に遊撃の定位置を奪われ、「自分自身弱かった」と言う。
梵は「オフは(古巣)日産自動車の合宿に参加してフルメニューをこなす。休むつもりはない」と話した。(金額は推定)

1年目は新人王、2年目は長打力がつき、しかし3年目はご存知の成績。
本人も含めて誰も納得しない成績。
ただね、2年目にあれだけホームランを打ったときにはファンからも「本来の梵の役目ではない」という声はありましたよね。
強化選手にも選ばれていましたが来シーズン彼がどのぐらい活躍をするか、これで内野のレギュラーと打順が決まると言っても過言ではありません。
しかし2年前のカープとは状況が変わったので彼の役目も考えどころです。
守備については年々プロとして力がついてきました。これは問題ないでしょう。
打撃・・・ですよね。本来は1,2番を任せたいのですが「赤松・天谷」という存在がこの2年で出来てしまった。天谷を3番に置くならば梵は2番候補。
これならば新人のときのような活躍が出来ればよい。しかし天谷を2番に置くならばいまの梵に3番は考えにくい。すると6番以下か。
マーティーは捕手にも打撃力を要しますから「8番で守るだけでいい」なんて到底考えてもいない。すると多少は長打力も欲しいところか。いずれにしても「粘り強く、つなぐ打撃」が彼の課題でしょう。
これが紅白戦、オープン戦で出来ないときは「開幕スタメン」に彼の名前はないでしょうね。
昨年の打席を見ている限りでは小窪のほうが「粘り強く、つなぐ打撃」が出来ていると思います。
彼を初めてみたのは日産時代で場所は東京ドーム。あの左中間へ放り込んだ打球はまだ憶えていますよ。
6.7番を彼に任せるならば「あの打球」をまたこの目でみたいです。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)

ありがとう、オチョア。

2008年12月01日
オチョア、あのホームランは忘れないよ

■シーボル残留へ アレックスは退団(中国新聞)

広島は30日、スコット・シーボル内野手(33)に来季の契約更新のオファーを出した。今季の推定年俸、3600万円プラス出来高から微増が条件とみられ、今後の交渉で残留が決まる見込み。またアレックス・オチョア外野手(36)とは契約しないことも決め、来季の外国人野手は1人となる可能性が高くなった。
外国人選手の保有権が切れるこの日、松田元オーナーと国際業務部担当者がミーティングをした。これまで球団は、米大リーグ経験が豊富な外国人三塁手をリストアップしていた。しかし「メジャー志向が強く、近日中の契約は難しい」(松田オーナー)と獲得を断念。現場コーチの評価が比較的高いシーボルにかけることにした。

この選択はファンの中でも予想はされていました。
第一は天谷、赤松を固定する?天谷3番説。そして亜大から岩本選手の獲得。若手への切り替え・・・というよりオチョアの守備範囲が来年の球場では厳しいではないか?と。
オーナーの考えていることは目の肥えているカープファンには大体予想は出来ますね。
ただシーボル残留は「どうだろうなあ」という声が多かったです。確かに後半戦は結果を残したもののスイングを調整しない限りは「左の打球がファールになってしまいます」。
打撃コーチが彼のスイングを徹底的に直さない限りはレギュラーは厳しいでしょう。

外国人の枠もオチョア退団の要因になりました。シーボルにはオチョアの分もカバーする活躍を期待します。
そうなると琢朗の守るところが(笑)。でも琢朗は「梵くんや小窪くん」と発言していたからあくまでも本職のショートを狙っている??

オチョアはカープファンに優しい選手でした。コールにも深々と礼をする姿。昨日東出の記事で「尊敬」という文字がありましたが、ファンに向かい合う姿はオチョアを師として欲しいです。
そして肝心なプレイではクリンナップでちゃんと数字を残しました。急な4番が抜けたところに監督は栗原の指名。彼一人で打線の中軸は重荷になったことでしょう。そのいくつかのプレッシャーをオチョアが吸収してくれたんじゃないかな。
栗原活躍の影にはオチョアの存在を忘れてはいけないと思います。

私が生まれて初めて球場で見た「カープのサヨナラホームラン」。あの一発は忘れないよ。
それと翌日の8回裏の同点3ランもしびれたね。東京へ戻る途中の新幹線の中で知りました。
あとで再生をして見ました。クールに1塁を回るオチョアの姿は石原アナの冷静且つ力強い実況と一緒にいまでも心に残っています。私の”今年最高のプレイ”に選ばせていただきます。

ありがとう、オチョア。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。