スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

お休みを頂きますm(__)m

2009年05月30日
いつもアクセスありがとうございます。

実は体調を崩してblogをお休みさせていただいています。

6月中には再開させていただきますのでまたよろしくお願いしますm(__)m

どうしたんですか?とお問い合わせを頂きご心配おかけしました。

本人は書く気力漫々です(笑)
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(6) | Trackback(0)

マエケンが勝てなくなったしまった

2009年05月20日
どうしちゃったんだ!マエケン(TT)

■オリックス10-3広島(TBSエキサイトBB)

オリックスが今季5度目の2桁得点で交流戦初勝利。オリックスは、1点を追う3回、下山の6号3ランで逆転に成功。さらに5回、ラロッカの7号2ランで2点、8回は、岡田のプロ初打点となるタイムリー、坂口2点タイムリーなどで4点を加点。先発山本は6回3失点で今季3勝目、広島戦初勝利。広島は今季4度目の2桁失点で、借金も今季ワーストタイの5。先発前田健太は6回を自己ワーストの6失点で4/18ヤクルト戦~自身5連敗、リーグワーストタイの5敗目で交流戦初黒星。なお東出が1回、史上28人目の通算200犠打を記録。

今日はうちが元同僚にやられちゃいました・・
しかしどうしたんだマエケン!
ブログはちょっとお休みにしたほうがいいんじゃないのか??!?!

負けてしまいましたが鞘師がスタメンで活躍!2つの2塁打。しかも一つはホームまで帰ってきた!
男前が活躍すると世の中の女性がキャーキャーと国内需要拡大(?)になりますので日本のためにも頑張ってください鞘師(笑)

今日は3点入ったものの6安打はちょっと寂しいかな。

いま松中がサヨナラホームランを打ちましたよ。次はここに乗り込むんですよねカープ。
最低1勝1敗。ビジターならこれで上出来。あとはホームに帰って連勝といきましょう。

マエケンは1回登録抹消して調整してきたほうがいいかも知れませんね。
先発投手にそんな余裕はありませんが。長谷川なにしちょる?
今井も見たいけどなぁ。いまウエスタンで防御率1位(でも1勝しかしていない orz)

今日は試合を見ていないのでニュースで確認しようと思います。特に鞘師ね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

大竹の防御率 0.7659574468085106382

2009年05月19日
どうしちゃったんだ!大竹も石原も赤松も!  C坊のあのプレイも?!

■オリックス1-9広島(TBSエキサイトBB)

広島が連敗を3で止め借金4。先発大竹は7回105球3安打2四球3三振で91年佐々岡の30回を抜き31回1/3を連続無失点に抑え球団記録を更新中、両リーグトップの防御率0.77で3連勝の今季3勝目。3回石原の3号2ランで先制、5回赤松の3号2ラン、9回マクレーンのチーム34イニングぶりのタイムリー、赤松の4号満塁HRで加点、5/2ヤクルト戦の9得点以来14試合ぶりの5得点以上、5年目にして交流戦開幕戦初勝利。オリックスは借金ワーストタイの8。プロ入り広島戦初登板の先発近藤は7回4失点の今季3敗目。

こりゃホンモノか?←カープファンは大竹に関しては疑うことからハジメます。
まずは球団新記録おめでとう!立派なピッチャーになりましたよ。あとは15勝!15勝ですよ大竹!
打線も琢朗さん効果?!石原が先制2ラン、そして”ドームの申し子”赤松が駄目押しの2ランと満塁ホームラン?!9点?
このところの湿った打線を見ていたファンにとっては急に冷たいものが喉を通った気分ですよ。
いやー、でもいい涼感涼感!快適、快適。

福岡の試合が引き分けのためカープは首の差で4位に浮上しました。

讀賣が派手に負けましたね。二岡猛打賞に林が好投!
中日も和田が古巣を相手に打ちました。

カープは・・・ラロッカと山ちゃんが大人しくしてくれていました。
でもカープ以外のセのチームは遠慮なく!

今日は3つのホームランが出ましたが。マック、そして特に4番栗原のヒットが嬉しかったわー。
末永も打球を強く叩いて最後に結果が出ましたね。でも明日は左の山本か・・・3番で挑戦させてあげてくれ!

そう天谷の穴を埋めた選手が「3番」を務めてくれましたね。マーティーあとは廣瀬を出してくでー

いま知ったのですが。観客数:9887人

インフルエンザの影響でしょうね。うーん。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

自分はありとあらゆるものを捨てて広島に来ている

2009年05月19日
拳王さん昨日は大変お世話になりましたm(__)m

■琢朗が打撃陣にカツ!熱投ゲキ40分(デイリー)

このままでは終わらせない。マツダスタジアムでの野手全員が参加した練習。どん底の打線を救うべく、移籍1年目の大ベテラン石井が、チームのために、自ら動いた。12球団ワーストのチーム打率・224の低迷を打破したい一心で、打撃投手をかって出た。
「自分はありとあらゆるものを捨てて広島に来ている。カープは若い選手が多いけど、みんな自信を持ってやってもらいたい。受け身にならないで前向きになってやってもらいたい」。昨年オフに横浜を戦力外となったが、広島でまた野球ができるようになった。このチームにどんな形でもいいから貢献したいという思いにあふれる。普段はクールなベテランが、体で手本を示した格好だ。

ほんと涙出ちゃいますよ。
琢朗さん本当にありがとう。
こういったコーチ役をかって出るって勇気がいると思いますよ。いくらベテランと言ってもコーチがいるのに・・・ですよ。

それにしても贅沢な打撃練習だな。
そこで投げている選手は「投手として勝ち星&打者として2000本」という日本で2人しかいない一人(もう一人は川上哲治氏)。

ということをカープの選手は知っているのかね?(笑)


■貧打解消へ心機一転 19日から交流戦(中国新聞)

機動力野球を掲げる今季、チーム打率2割2分4厘、得点104はいずれも12球団ワースト。「打つべき球を見逃したり、打席で考えすぎて消極的になっている」。精神面の原因を指摘した上で、「交流戦は過去を忘れて、新しいスタートを切る好機」と心機一転を強調した。
昨季、4年目で初めて勝ち越しに成功。1試合平均得点も交流戦前の3・2から4・2にアップした。ブラウン監督は「環境が変われば打線はいい方向にいく」と言い切り、内田打撃統括コーチも「選手に焦りはあるが、変わるきっかけになる」と期待する。

根拠も少なく楽観的なコメントに見せますが。もう手をつくしたので結果を待てでしょうか。
横浜の大矢監督が事実上の解任になりましたね。人事じゃないですよホント。ファンとしてはガンバレ!としか言いようがありません。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

打てないんじゃない、出来ることをやっていないだけ

2009年05月17日
真鍋えええ!きっちりストライクコールしろや!

■広島1-2讀賣(TBSエキサイトBB)

巨人がともに今季初の広島戦3連勝、対広島カード勝ち越しで今季最多の貯金15。巨人は4回に脇谷の08年9/12以来の1号ソロで先制。同点の9回には相手の暴投で勝ち越し。先発東野は7回5安打無失点。2人目の越智が3勝目、クルーンが8セーブ目。広島はプロ初先発の小松が7回7安打4奪三振2四球1失点も、3人目の永川が暴投で決勝点を与え3敗目。打線は巨人・越智の暴投で24イニングぶりの得点も8試合連続1ケタ安打で今季4度目の完封負け。マツダ4連敗で昨年8/5以来の借金5。なお降雨で試合開始が62分遅延。

久しぶりにカープの試合をじっくりとフルイニングフルカウントでTV観戦が出来ました。
まぁカープファンのイライラが募ってしまっても仕方がない不可解な試合でしたね。
「打てないねー打てないねー」がこのところのカープファンの挨拶になっていましたが、このチームの打線は打つ以前のお話ですね。

まず9回のあの阿部(*代走工藤でした)の走塁です。
解説の謙二郎もコメントしていましたが3塁コーチが的確に指示を出していたから迷いなく永川の暴投に突っ込んでいましたね。

一方カープは末永が対戦したことたぶんないだろうクルーンに対して1-3からバットを出しました。そもそもファールした1球だけしかストライクが入っていません。
でも三振。コーチは何を指示したのでしょうか。少なくとも1-3からはウエイトです。 2球目の低めも見逃して欲しかった。

そして代打キダゴー。三振したけどボールがどこにいったか探しています。???
探すのは捕手の仕事です。クルーンに対して三振の可能性は高いので「してしまったら走れ」となぜコーチは指示しておかない。

そして石原。三球三振だったか最後のボールなんてすっぽ抜け。
それをストライクとコールされて何を突っ立っている?それでもキャプテンか?真鍋に突っかかっるぐらいの気迫がないのか?

やることをちゃんと出きるチームと出来ないチームの差を9回に見ることが出来ました。

でもカープも「やれることをやって実ったこと」もあったんです。
8回裏の攻撃。先頭の赤松が四球を選んで0アウト1塁。
そして3番の梵が送って1アウト2塁。栗原がセンターへの大飛球。これを松本がファインプレイ。
そしてランナーはタッチアップで3塁へ。2アウト3塁。ここでマックに対して越智が暴投。これで同点。
儲けもん!と皆思ったでしょう。私も思った。でも振り返ると赤松からきっちりと最低限の仕事をやっていたからこの点に結びついたのです。

それと石原で代打を出さなかったマーティーは責めません。
いや責めることが出来ません。ベンチに石原以上にヒットを打てる可能性のあるバッターがいなかったということですから。
それだけ打線は重症ということでしょう。

たぶんカープファンの中には「嶋や梵や石原の起用は贔屓だ」と思っている方も。
冗談じゃない。贔屓で野球が勝てるほど甘くないのはマーティーもよく知っていることです。
試合前の練習を見ると調子のいい選手と悪い選手の差は素人でもよくわかります。
昨年嶋が全く打てない時期に叩いていたファンがいましたが練習を見ていたら感想は変わっていたはずです。
彼以上に打球が飛ぶ選手がいなかったのですから。マーティーは練習を見て後は相手投手との相性を見てスタメン(打順)を決めています。
今年はどうかわからないけど。少なくとも自分の好き嫌いで野球をやっているような人じゃありません。

ただ素人ながら言わせていただきますとその前の7回の先頭での石原に代打なしは不可解です。
上位につながっていき抑えがいいGに対して7回が同点そして逆転の最後のチャンスは誰にでもわかります。キダゴーを出すならそこだったのでは?

これで交流戦に突入しますが不安だらけ。でも打線だけのお話。投手にはまだ負担をかけてしまいますがじっくりいくしかありませんね。

話は前後してしまいますが。廣瀬のあの守備ね。確かに球場の広さを考えたらヒットで抑えて欲しかった。
でも彼の守備には助けられてきたからね。責めるならその前に2アウト2-3塁でのチャンスに凡退ですよ。
そんな美味しい場面で打てなきゃレギュラーは遠いぞ!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)

5番助っ人にこだわらなくてもよかろう

2009年05月17日
”奇襲でペローン”は昨年のシーズン終盤で失敗したことをお忘れでしょうか・・・監督

■広島0-0讀賣(TBSエキサイトBB)

延長12回規定により0対0で、巨人が今季3度目、広島が2度目となる引き分け。延長戦での0-0引き分けは、巨人としては82年9/22大洋戦以来17年ぶり、広島は05年4/15横浜戦以来4年ぶり。広島は4位タイ浮上。巨人は、5/4阪神戦以来の先発となる内海が7回2安打3四球無失点、その後山口-M中村-越智-豊田-クルーンとつなぎ、広島打線をわずか3安打無失点。広島は先発・ルイスが7回無失点、その後シュルツ-永川-横山-梅津-林とつなぎ、巨人打線を5安打無失点。両チームともに3塁を踏むことができず。

残念ながらこの2試合は見ることが出来ませんでした。
結果は1敗1分。やっぱり「打てない打線」にまず目がいきますね。試合内容はコメントできないのでスタメンを並べてみます。

これが対読売カード1戦目と2戦目のスタメン。
■1戦目
1 (二) 東出
2 (中) 赤松
3 (遊) 梵 
4 (一) 栗原
5 (三) シーボル
6 (左) 嶋
7 (右) 廣瀬
8 (捕) 倉
9 (投) 青木高

■2戦目
1 (右) 東出
2 (中) 赤松
3 (二) 梵 
4 (一) 栗原
5 (三) マクレーン
6 (遊) 石井
7 (左) 廣瀬
8 (捕) 石原
9 (投) ルイス

チーム防御率が12球団で唯一の2点台のカープ。数字から見ても投手陣はちゃんと仕事をしていると思います。
問題は「やっぱり打撃陣」。昨年の2点打線が贅沢に思える今年の打線。どうしちゃったんでしょうか。
アレックスの存在も大きかったと身に染みていますけどそれだけじゃないなぁ・・・

先日のスタメンよりは「はるかにマシ」
打てそうとかじゃなくて「応援したくなる」・・・まぁこんな目線もどうかですが(苦笑)

しかしライト東出って。本人の腰や気分を考慮してのこと・・もあるのでしょうけど梵を出したかったということはやっぱり内海対策でしょうかね。
5番に助っ人を入れていますがどうでしょうね。もっと視点を変えた起用をしてもいいんじゃないかと。
つまり新球場の広さを考慮して1-3番で足を使う野球をしたいならば5番に一発を求めなくてもいいんじゃないかと。
マーティーはここで迫力のあるラインナップにして相手投手にプレッシャーもかけたいのでしょうけど・・・いまのマックとC坊じゃね。
讀賣が亀井を5番に入れていましたがあんなイメージもいいかと。
じゃぁカープで誰?と言われたら困るのですがね(汗)

キダゴーや松山という選択もあるかなと。
それと1塁へ駆け抜ける速さは東出にはありませんから3番東出という選択もあるかなと。
じゃぁ1番は誰?と言われたら困るのですがね(汗)

マーティーは最近の不調な打線については、「野球というスポーツが支配しているのは、最終的には投手と打者の1対1の勝負。相手の給料を奪い取るという強い気持ちで戦ってほしい」と。

んー、確かに言っていることは間違っていませんね。
ただこういった精神的なことは毎日言っていることでしょうし、選手も個々にわかっていること。となると自然治癒を求めているとしか思えないんですけど。

ビジターファンはカープの試合前の練習を見たことがあると思いますが他球団と比べると「明らかに温い」。
打球の距離も足りないのですがもっと気になるのが「こなしている感」。全てが試合で疲れない程度のウォーミングアップに見えます。
「ならば疲れるからやるな」と言いたい。

先日ヤクルトの青木の不調に対して解説の谷澤氏が興味深いコメントをしていました。
「打撃練習のときにピッチャーにスローに投げてもらって引き付けて強く打つ。そして近づいてもらって速球をミートする」
もうね、特にスライダーにヘッピリ腰のシーボルにこれをお願いしたい。
練習方法はそれぞれチームのコーチが考えたものでしょうけど、練習で育ってきた人たちは練習でしか復調はしないでしょうし、誰かが言っていた「練習は嘘をつかない」じゃないの?
これが基本だと思います。精神論だけで復調するほど甘くはないと思います。
いまさら今年のキャンプがなんだったと言ってももう手遅れ。いま出来ることを。へとへとになる練習が出来なかったら効果的な練習を。

くも男についてはコメントはありません。各マスコミが報じているのは「カープの試合内容じゃ売れない」と言っているようなもんじゃないですか。いらない選手は一人もいません。
どうやって勝てるか最大公約数を毎日「選手・監督・コーチ・オーナー・スタッフ・ファン」の全てで求めて欲しいです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

目が霞んでスタメンがよく見えません

2009年05月14日
天谷骨折。その瞬間何かが崩れる音はしなかったけど、遠くで除夜の鐘が聞こえました。

■阪神7-1広島(TBSエキサイトBB)

阪神が安藤の08年7/25以来の完投勝利で4カードぶりの勝ち越しを決め3位浮上。安藤は123球を投げ9安打5奪三振2四球で、チームトップタイ3勝目。打線は1回に新井のタイムリーで先制。2回に赤星の犠飛、3回に桜井と平野の連続タイムリー、5回に桜井のタイムリー2Bと平野のタイムリー3Bで追加点。7回には鳥谷が5号ソロを放ち、これで鳥谷が甲子園でHRを放つと05年8/28巨人戦から16連勝。広島は4位転落。先発の前田健が6安打2四球4失点で今季最短3回で降板し、4連敗でリーグワーストタイの4敗目。

今日のスタメン。

1 (二) 東出
2 (遊) 石井
3 (三) シーボル  *
4 (一) 栗原
5 (右) 嶋 *
6 (左) マクレーン *

7 (捕) 石原
8 (中) 赤松
9 (投) 前田健


ん?ん?     ( ゚д゚) (つд)ゴシゴシ (;゚д゚) (つд)ゴシゴシ

3番と5番と6番が霞んでよく見えませんが_?気のせいでしょうか_?

疲れているんだね、オレ。

そういうときは、寝る!  しかないじゃん。


今日の日記以上。


※携帯でご覧の皆様へ。*印のあるところはグレーで霞んでいます。                  (*´-ω-`)・・・フゥ

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

4番が打って、旧4番で終わった

2009年05月13日
正直この試合運びで「よく勝ったな」

■阪神1-2広島(TBSエキサイトBB)

広島が今季初の延長戦勝利で、連敗2でストップ。借金2とし、阪神・中日を抜き3位浮上。広島は1点を追う8回、栗原の押し出し四球で同点とすると、延長10回、栗原が藤川からタイムリーを放ち勝ち越した。4人目横山が08年8/4以来の今季初白星。永川がリーグ単独トップの11セーブで、大野豊に並ぶ球団タイの138セーブをマーク。阪神は、新井5号ソロで先制するも、今日一軍登録され5/2以来の登板となった藤川が打たれ、連勝2でストップ、4位転落。藤川は07年9/24、25横浜戦以来となる2試合連続黒星で2敗目。

ハイライト+生8回表から見ました。
それまでも再三チャンスはあったけど「4回はヒット2本と四球1つ出ているのに4人で攻撃終了」という謎がダメな試合運びの代表格。

今日の勝ち投手は大竹につけてあげたいくらいだ。

しかしだ。栗原の存在がこれほど大きいとは。0アウト満塁から2人を余裕で(琢朗の三振は怪しい)三振にしておきながら栗原にはストレートの四球押し出し。
そして藤川の登板でも2者連続三振と天谷四球のあとに栗原のレフトオーバー勝ち越し2塁打!
(あれは金本が捕る位置を間違えたような気も)
4番が打って!そして最後は旧4番!w ライトが廣瀬でよかったです。ああ爽快ε-(;-ω-`A) フゥ…

それにしてもヒドイ審判のジャッジぶりでしたね。
天谷の打球もアレはファールじゃね?

それとあの場面で「代打マクレーンって」。廣瀬でもいいんじゃねーか?
これだけヒットが出ていない選手にいきなり代打で打てと言っても。まぁ廣瀬も1割ですが・・・

勝因は何がなんだかであるが投手陣が最低失点で抑えたことも大きいだろう。
加えて1イニング内で2本以上のヒットは打たせていません。8回、9回、10回を無安打。やはりしっかりと守って勝つ。今はこれしかないですね。
鳥谷のショートライナーもタイミングを間違えたら1-3塁のピンチでした。同点だったかもな。

これで1勝1敗。両チームとてもAクラスに残れるような戦いぶりではありませんが明日勝って広島に帰りましょう。

話の順番が滅茶苦茶ですが今日のスタメン。
3番天谷、4番栗原の固定は賛成。でもね、1,2番をもうちょっと辛抱強く固定できませんかね?
まだ戦力的に幅を広げたいならば高明の起用も考えて欲しいのですが。このまま代走要員だけじゃ勿体無い。
梵をスタメンに使わないときは昇吾も含めてもっと若手にチャンスをあげて欲しいです。

いま1,2番の固定も願うところですが「それ以上にフレッシュな5番」が欲しい。岩本まだかぃ・・・

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ   ←どうやらこのチームは3位に浮上したらしいw
野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)

2安打で勝てるほど阪神は甘くない

2009年05月12日
打線に迫力がない。見ていて息が詰まる・・

■阪神1-0広島(TBSエキサイトBB)

阪神が今季3度目のサヨナラ勝ちで2連勝、3位浮上。阪神は9回金本が球団通算7000号、4年ぶり通算6本目のサヨナラHRとなる9号ソロで勝利。先発の下柳は9回119球2安打4三振4四球、03年8/29S戦以来6年ぶり4度目の完封で3勝目。40歳以上の完封は史上7人目。9回被安打2は、01年3/31ダイエー戦以来自身最少タイ。広島は下柳の前に3塁を踏めず今季3度目の完封負け。先発の大竹は8回119球無失点で防御率はリーグトップの0.90。2人目横山が2敗目。今季ワースト借金3で5/7以来の4位転落。

「やっぱりアニキは凄いなああ」と西のほうから大合唱で聞こえそうですが。

まぁ負けは負け。それまでに点を取れなかった打線に問題大ありです。
確かに8回までに下柳はいい内容だったと思います。が9回は別。ギャラガの3イニング目のような球が打てないんですから。特にマック。
あそこで右の代打という閃きがうちの監督にはないんですかねぇ・・・バレンタインか大石監督かオレだったらw代打でしたね。

そのあとに谷の工藤から右中間へのヒットを見ちゃいましたよ。・・・こういうっバッティングができんかね、うちの選手は(はー)

きっとカープブロガーの多くがこの台詞を書くことでしょう。「大竹を見殺し」。
昨年までの大竹とは違ってイニングを重ねても球威が落ちない。球種の幅が広がったことが高く評価されていますが、いやいやストレートの力をもっと評価せねば。
それと15秒ルールが彼には丁度いい縛りになったかと。リズムよく投げることで本来の自分の力を長いイニングで出せることが出来るようになったと思います。まだ若干安心していませんが
が、打線はちっともそのリズムに乗ってくれません。

梵も先頭打者でその打率でチームがヒット1本に抑えられていても0-2からセカンドゴロ。
うーん、浅い回ならまだしもボールが散ってきた下柳に対してその攻めはなんだと。ベンチもコーチも何を指示しているのかと。

さ、切り替え切り替え。明日は勝ちましょう!まだ借金3です。この阪神戦が終わったらお得意様との3連戦ですよ!!←相当やけっぱちwww

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(1)

梵、やってしまったら挽回だ!

2009年05月11日
土日は友人の結婚パーティーで大阪に行っていました。

■東京ヤクルト1-4広島(TBSエキサイトBB)

広島が06年から続く松山での連敗を3で止め借金1、3位浮上。1点を追う5回ショート川島慶の失策で同点、6回栗原・石井のタイムリーなどで3点を勝ち越し、ヤクルト戦は今季2勝5敗。先発ルイスは7回4安打1失点でヤクルト戦は来日から無傷の6連勝で開幕以来の今季2勝目。3人目永川が両リーグ1番乗りの10S、4年連続5度目の2ケタSで大野豊の球団記録138Sにあと1。ヤクルトの連勝は3で止まり貯金3、首位巨人と4ゲーム差。先発川島亮は4回まで無安打も5回0/3を3失点で05年から松山3連敗の今季2敗目。


■東京ヤクルト4-1広島(TBSエキサイトBB)

ヤクルトが先発館山の昨年8/15中日戦からの自身9連勝で貯金4とした。館山は6回6安打2四球7三振1失点で昨年8/27から広島戦も3連勝、自身の松山での連敗は2で止める今季3勝目、防御率1.72でリーグ4位。木田・五十嵐と継投し林昌勇がリーグトップタイ10S。2回青木のタイムリーで先制も同点の6回代打武内、川島慶のタイムリーに(右)嶋の失策で3点を勝ち越し、チームの松山での連敗も2で止める。広島は5回天谷の犠飛のみで今季ワーストタイの借金2。先発青木高は3回4安打1失点。3人目林が今季初黒星。


まだ試合を再生して見ていませんが。
土曜日の試合は大阪のホテルでニュースを。日曜日は文字だけで結果を知りました。

その限りですが。なんかエラーで決まった試合が相殺ってな感じ。

これがセ・リーグ2位と3位の争い?しかもドラゴンズが3連敗したのでカープは借金2でも単独3位w
すごいレベルの低さを感じます。

このまま交流戦突入したらセ・リーグ全チーム5割割りも有り得るのでは?

梵と嶋が昨日はヤッチまったそうで。タダでさえ打てなくてファンの声が厳しい2人が揃いも揃って(涙)

検証は本日帰宅して再生で。

しかしヤクルトファンもどうなんだろうね。
わざわざ「昨日はエラー御馳走様でした。」と書くこたーねーな(怒)


幸い天谷が好調で3割をキープ。3,4番がしっかりとした働きをするためにも1,2番の出塁力アップですね。
昨日は石井琢が1番を務めましたがシーズンを通して考えるとこの固定は有り得ない。アラフォールーキーが目立っているようでは(TT)

まだまだこんな歯がゆい戦いが続くのでしょうか。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

新球場効果で広島の観客91・4%増

2009年05月08日
マエケンデカテナイ。   ← ほんの一瞬「マエケンでかくない」と錯覚

■中日4-3広島(TBSエキサイトBB)

中日が今季初のサヨナラ勝ちで連勝、借金1で3位に浮上。中日は1点を追う4回、ブランコのナゴヤD初の天井を直撃する認定5号2ランで逆転に成功するが、8回逆に1点を勝ち越される。その裏森野の2Bで再び同点とすると、9回2死二・三塁から立浪の自身2度目の代打サヨナラ打(サヨナラ打は通算13本目で歴代単独6位)で試合を決めた。2人目齊藤が2勝目。広島は8回、嶋のタイムリーで勝ち越すが中継ぎ陣がリードを守れなかった。3人目梅津が今季初黒星。チームは連敗で借金2。今シーズン2度目のサヨナラ負けで4位に転落。

錯覚でもいいからこの鬼門を乗り越える「2勝1敗」が欲しかったが結果は辛負。
赤松のグラブが届かなかったのが象徴しているのでしょうかいまのカープの状態。あと1歩。

4位に転落をしてしまいましたが「借金はまだ2」。中日が浮上することは予想できていましたからそう慌てることはありません。
「こいのぼりと一緒に」なんて声は今年は吹き飛ばしましょう。交流戦突入までに5割ラインでいればOKです。
他球団を見ても先発投手を揃えるのに非常に苦労しています。
先日ジャイアンツ球場で木佐貫が満塁HRを打たれても続投をしていました。首位の讀賣も先発を確保したい状態です。
うちは交流戦までにルイス、マエケン、篠田、斉藤の4人が揃っていたら他のセントラル球団よりは勝ち☆をあげれると予想しています。
ほぼ他力本願?w ガンバレ!パ・リーグ球団(頼んだぞ)

■新球場効果で広島の観客91・4%増(デイリー)

セ、パ両リーグが7日、ホーム、ビジターの対戦が一回りした(セは7日まで、パは6日まで)観客動員数と平均試合時間を発表した。セの1試合平均は前年比7・4%増の2万9377人、パは7・3%増の2万2373人と両リーグとも増加した。
球団別1試合平均の増加率がセで最も高かったのは広島で、91・4%増の2万6465人。新球場オープンの効果が表れた。平均観客数トップは阪神の3万9989人で0・7%増。巨人は九州シリーズを3試合開催した影響で1・1%減の3万8393人。ヤクルトはゴールデンウイークの阪神戦2試合が雨天中止となった影響で13・3%減と数字を落とした。
パの増加率は、昨季2位と躍進したオリックスが34・2%増の2万2196人と最も高く、日本一の西武が33・5%増の2万1950人で続いた。1試合平均ではソフトバンクが2・2%減ながら2万8002人でトップ。2位は日本ハムで1・3%減の2万5972人。
今季から試合時間短縮を目指して「15秒ルール」を導入したが平均試合時間はセが3時間8分で前年より4分長くなった。パは前年と同じ3時間14分だった。

右に新しいブログパーツを追加したのですが、その「プロ野球Freak」で観客動員は日々更新されています。

この記事の1日前に新球場の増員は知りましたが「どこまで維持が出来るのか」。
それでも12球団で5位という現状には「嬉しいじゃないの」。なかなか波に乗れないチーム状態の中でこれだけにお客さんが足を運んでくれることは選手も何かは伝わっているはず。天谷やマエケンのブログでも所々そういった表現が見受けられます。

現在好調の観客動員数の維持についてですが先日田辺さんのサイトにも投稿しました。
以下は同文になりますが書き出してみます。

「田辺さんご無沙汰しています。地元開幕となる試合を観戦してきました。
新しい球場ですから綺麗であるのは当たり前ですがコンコースが広く席の足元がゆったりしているのがまず気に入りました。
3年ほど前にに田辺さんから「新球場に期待すること」のインタビューを受けたときの私の回答をこの目で確認してきました。
2点。まず沢山の食べ物屋さんを揃えること。そして品揃えのいいグッズショップを作ること。
文句なしでした。しかも休日オープンまで希望通りとは。これは田辺さんのサイトでいま知りました。
球団への集客はどの球団にとっても永遠のテーマです。少し最近どうかな?と思えるのが子供の遊び場です。家族ぐるみでの集客を狙ったのでしょうが実際親が付き添っていたら野球観戦が出来ません。
やはり客席でも子供が飽きず親も野球観戦がしっかりと出きるソフトが必要と思えます。
将来のリピーターを増やす上でも大事な課題だと思います。
まずは魅力ある選手の育成ですね。いままでのように技術を磨くコーチだけではなくよりエンターテイメント性を高くするためのアドバイザーの導入を検討して欲しいです。」

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

なんか重たい試合展開

2009年05月07日
マーティーの2回の攻撃を指摘。

■中日4-2広島(TBSエキサイトBB)

中日が広島戦の連敗を3、ナゴヤドームでの連敗を4で止めた。中日は3回井端の2点2Bとブランコの2Bで3点を先制。広島戦での得点は4/10の9回以来30イニングぶり。8回藤井のタイムリーで1点を加点。ブランコが来日初の猛打賞。先発浅尾は8回107球7安打2失点で今季3勝目。広島戦は07年から自身3連勝。4/30ヤクルト戦以来の登板の2人目岩瀬が打者3人で抑え今季6S目、自身通算199S。広島はシーボルの4号ソロ、天谷のタイムリー2Bによる2点のみ。先発斎藤は6回3失点で2敗目。チームは再び借金1。

朝倉の対戦連勝記録を止めた翌日に浅尾には「続行」ですか。
かわいい顔していて憎めないと一部変な評価がありますが・・・私はそうでもない。なんかあの細いからだでアレだけの球を投げられるのが非常に宇宙人っぽくて気持ち悪いです。
ええ、褒めているんですよ。憎めないのは坂本だな。凄いなサヨナラホームラン。しかも特大!あそこで出るか?そしてあのお茶の間を泣かせるインタビュー。
このまま坂本の話で今日は終えたいところだw

では今日のカープですが。シーボルは中日がお好き?相性がよいらしいですね。
マックはもう弱点が見破られている様子が。内角にキレのいい球が来たら手が出ないのか・・・

勝敗を分けたポイントですが。なんか試合運びが重かったわ。
どうしても序盤に複数点を取れると貧打チームには苦しい展開。先発の齊藤も3回だけ崩れました。
それでもブランコの一打は避けたかったところです。

それと2回表の1アウト満塁でバッター石原。これ結果はピッチャーゴロゲッツー。
結果論、ええ結果論ですが。浅尾が投じた3球は、

「全部ボールじゃありませんでしたか?」

ちょっと石原の最近の調子を考えたら2球目の空振りは納得できません。
この無得点が浅尾を立ち直らせてしまっただけに残念です。

さてGWは終了したのに3連戦の最後は日が明けて本日。
先発はマエケンでしょうか。このところ勝てないのが心配ですがいいピッチングを期待します。
相手は・・・吉見かな。どうやら接戦になりそうですね。
まずはミスをしないで早く先制点を取ってゲームを運ぶ。7回までマエケンが抑えたら勝ちが見えてくるでしょう。

栗原がちょっと調子を落としそうですね。幸い天谷の調子はいいので1-3番でかき回して主導権を握りましょう。

マックもそろそろドデカイ一発を頼みますよ!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

そういうのがカープの野球だから

2009年05月06日
再生してみましたが・・・こんなカッコいい勝ち方をしていたんだな。

■大竹、アクシデントに動じず好投!(サンスポ)

広島の大竹は一回に右太ももに打球が当たるアクシデントがあったが、テーピングを施してマウンドに戻り、7回無失点。完封勝利を挙げた前回登板に続いて2勝目を手にした。
低めへの直球が制球よく決まり、四回まで無安打。五-七回は毎回得点圏に走者を背負ったが「ピンチでも攻めていった」と強気に後続を断った。「野手の方が声をかけてくれて、それを聞ける余裕があった」という精神面の落ち着きが好投につながったようだ。

2試合連続で結果を残しているだけに、

当りどころがよかったんじゃね?   なんて冗談は出ないわな。

日は明けたので”昨日は”2-0というスコアで勝ちましたが「いい試合運び」だったと思います。
うちに「猛打で勝利」ってのはほぼありえない。何度もここに書いていますが「とにかく先制してゲームの主導権を握る」。
抑えのエースから遡って「勝利の方程式」ってーのがどうやら定番になってきていますが「打に勝利の方程式があったっていいじゃないか!」(このフレーズで岡本太郎を思い出した人は私と同世代だw)

優勝を経験した選手はそれがカラダに染み付いて自然とプレイに出るんだろうね。

ハイ、打のハイライトと言ってもいいでしょう「2回の琢朗の走塁」

内容は1アウトから四球で出塁した琢朗が次のバッター石原のファーストゴロで見せた走塁。
普通なファーストゴロでしたがエンドランがかかっていました。ファーストのブランコは普通に捕って自らフォースとベースに・・・。
この瞬間ですがセカンドのベースに達しようとした琢朗が背を向けたブランコの姿を見てノンストップサードベース行き。

2アウト3塁。水島漫画野球愛好者の皆さんお待たせしました。

ランナーは3塁にいたら「何かが起きたら1点入ります」。
ヒット、ホームランは当たり前ですが暴投、パスボール、エラー、ボーク・・・。
バッターは大竹ですが何か起きるかわかりません。ハイ、ヒットで1点。

こんなセクスィーな得点は相手にも印象が残ります。まずカープファンがびっくり仰天だ。
この印象にずっと残りそうな得点を消すためにも「追いつこうと」。しかし追いつかない。
追いつかないものだ。←その辺は身をもってよく知っている
他球団のスコアラーも見ていたはず。カープは昨年以上に足を使ってくる、要警戒。
この情報が各球団の投手に入りますがプレッシャーが加わることにも。
この琢朗の1つのプレイは今後の試合にボディーブローかもしれませんよ?!

それにしてもこの走塁に対しての琢朗のコメントがにくいねw

「そういうのがカープの野球だから」

あんた実は生え抜きだろ。

さてと。全然知らなかったけどカープは朝倉にこの2年で6連敗だった?!
今日の試合も含めてだが自信をもって投げ込んでいる姿がアリアリですな・・・。

しかし今日の勝利で名古ドという鬼門と一緒にクリアか。ホント今年のカープはときどき意外性な一面を見せちゃうので評価が難しい。
まぁテメーのひいきチームですから難しいもなにも「勝たないと話しにならん」ですがw

それと気になったのがマクレーンシフト?。
最初の打席の打球が抜けない?荒木がなぜかそこにいやがった。
解説の藤波さん?が「スコアラーの勝利でしょう」と高評価。
そう考えると大竹の前回の情報はしっかりと入っていた・・しかし序盤4回をしっかりとノーヒット。
どんだけ大竹が無失点で抑えたことが凄いかはここでも証明されますね。

最後に何かネタを見落としていないかスコアを確認。あー、両チームのスコアを見ると対称的だなぁ。
カープは4回まで毎回ヒットですが5回から試合終了までノーヒット。一方ドラゴンズは4回までノーヒットで5,6,7回は毎回ヒット。しかし8,9回はノーヒット。やっぱり、

「投打両方に勝利の方程式があったっていいじゃないか!」

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

大竹がリーグトップの防御率1.13

2009年05月05日
今朝のネタ1枚を気に入っていただいた方がたくさんいらして何よりです。

■中日0-2広島(TBSエキサイトBB)

広島が昨年2勝のみのナゴヤDで今季6度目の零封勝利、5割に復帰し単独3位へ浮上。1回栗原のタイムリーで先制、2回大竹の06年9/5横浜戦以来の打点となるタイムリーで加点、3年ぶりに中日戦3連勝。先発大竹は7回107球5安打1四球7三振、中日チェンを抜きリーグトップの防御率1.13で今季2勝目。3人目永川が3人で抑えリーグ単独トップの9S。中日はナゴヤDで4連敗、今季4度目の零敗そのうち3戦が広島戦で借金3。先発朝倉は8回115球5安打2失点、07年5/8からの広島戦連勝は6で止まり今季2敗目。

大竹がリーグトップの防御率1.13
永川がリーグ単独トップの9セーブ


凄 い 時 代 が 来 た も ん だ

詳しい感想は中継を見てからにします。

今日は味スタ → 国立競技場とサッカーはしご観戦をしてきました。
ajisuta kokuritsu_01
味スタではヴェルディと横浜FCの対戦。
割と多く両チーム同士で選手が移籍しています。
スターティングメンバー発表のときそれぞれ移籍していった選手に拍手をしていました。
いい光景でした。

カープもせめてオーダー発表のときぐらいは金本と新井に・・・・

いえ、忘れてください。ありえないと0.25秒で目が覚めました。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ ←ヨシノブ効果で11位から10位に
野球全般 | Comments(0) | Trackback(3)

牧野が打たれちゃいました

2009年05月05日
ホント乗り切れないね。

■広島3-5東京ヤクルト(TBSエキサイトBB)

ヤクルトが連勝で2カード連続の勝ち越しを決め貯金は3。ヤクルトは同点の3回に青木の2試合連続3号2ランで勝ち越し。再び同点で迎えた5回にはデントナ6号ソロ、畠山の1号ソロで再び勝ち越した。来日初登板初先発の李恵踐は2回1/3を5安打2失点。2人目押本が自身の連敗を5で止め08年8/16以来の白星。7人目の林昌勇がリーグトップタイの8セーブ目。広島は連敗で4/26以来の借金1。先発長谷川が2回2/3を7安打3失点。今季初登板の2人目牧野は3回1/3で2本塁打の2失点で07年7/8から自身3連敗。

これ素人目線でも二分して考えないと納得できない試合展開。
ポイントは同点に追いついて5回牧野続投。追いついて直後は失点してはいけないのに見事に失点。何度も見たことあるなぁ・・・またお家芸追加か?
シーズンを通して投手の幅を広げる、また牧野を信じて続投させたなると「仕方ないか」と思いますが対戦成績1勝4敗の相手にその余裕はどんなものか?
結局林、梅津を投入するならば結果の出ている投手を先に投入するべきだと思いますがね。どうなんでしょ。
答えはシーズン終了後に出ますが牧野にはリベンジを誓って欲しいです(数日で落ちそうだけど)。
それにしても優勝する気があるならば、

ここでちんたら負けている場合ですか?

対読売 4勝1敗1分
対ヤクルト 1勝5敗      東京銀行貯金もつきた....

あと6回裏のチャンスは、先に代打キダゴーじゃないかな・・・

全ては結果論ですが、結果が出ていないから結果論。

最後に昨日のジャイアンツ球場にて。

これでなごんでくれ。

yoshinobu   年俸3億5000万の案内係

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ ←上記写真でおなかが痛くなった人はクリック w
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

うーん、うーん、うーん、、、、

2009年05月04日
なんか乗り切れないね。

■広島2-3東京ヤクルト(TBSエキサイトBB)

ヤクルトが青木の決勝HRで貯金2、単独2位浮上。2点を追う5回宮本の内野安打タイムリー、デントナのタイムリー2Bで同点、8回青木が19試合ぶり2号ソロを放ち、今季広島戦は4勝1敗。プロ4試合目の登板で広島戦初となる先発高市は昨年10/12横浜戦以来の登板・先発で自己最長6回を投げ91球4安打4三振1四球2失点。2人目木田が今季3勝目、五十嵐と継投し4人目林昌勇が7S。広島は4回栗原の13試合ぶり4号2ランで先制も5割逆戻り。先発青木高は5回6安打2失点。3人目横山が昨年8/12中日戦以来の黒星。

初モノに弱い!
こちらは長谷川?と思いきやペローン。彼のこれまでの成績を振り返れば「なんとかなるんじゃない?」と思わせたかも。しかし昨日の内容だったら相手も見かたがちょっと変わるかも?!
今年は出番が少ないけどウエスタンでも結果は出していますから調子はいいんじゃないでしょうか。

試合は青木のホームランが決勝点となりました。この数日の厳しい攻めにもかかわらず結果を出す。しかもゲームの決め手となる一打。
是非同じ3番の天谷も刺激を受けて欲しいです。

心配なのは横山。左投手への対応はいままで彼がやってきただけに。
キクちゃん戻せませんかね?

さーて打線ですが栗原の一発は嬉しいものの・・・5安打。6、7、8番は完全に相手のセーフティーゾーン。
それだけに上位打線で序盤に先制をして6回からは磐石な投手力で勝つ!しかないね。


■ブラウン監督、前日9得点から一転…打線にチクリ(スポニチ)

広島・ブラウン監督が前日の9得点から一転、5安打2得点に終わった打線にぼやいた。青木高、中継ぎ陣ら投手陣の奮闘で好ゲームとなったことを評価する一方で「打線がきのうより打てなかったね」とチクリ。さらにヤクルトの先発でプロ3年目の高市を攻略できなかったことについては「失礼かもしれないが、彼が我々の打線を抑えられるような投手とも思っていなかった」と皮肉を口にした。

データを元に緻密に戦略を立てるチームなら「スコアラーの問題か?」と思いますが全ての投手をカバーできるわけでもなし。ここはコーチが的確な指示、もちろん監督が的確なサインを出せるのか。
そう考えると選手だけの責任じゃないと思いますけどね。どうなんでしょう。

これでヤクルトとの対戦成績が1勝4敗。もうここまででしょう。
苦手意識以前にヤクルトを上位から引きずりおろして次回讀賣との対戦時は「首位決戦」ですよ。

それにしても坂本って・・・凄いわあ。かわいいわーw

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

やったぜ!廣瀬今シーズン1号!

2009年05月03日
廣瀬がやりおったああ!!

■広島9-2東京ヤクルト(TBSエキサイトBB)

広島が再来日マクレーンの1号2ランを含む、今季最多タイ14安打で貯金1、ヤクルトに並び2位浮上。1回赤松の犠飛で先制、1点を追う3回赤松のタイムリーで同点、6回天谷のタイムリー3Bで勝ち越すと7試合ぶりスタメン栗原のタイムリー、マクレーンの西武時代03年8/13日本ハム戦以来のHR、7回広瀬の2年ぶりの1号ソロなどで加点、ヤクルト戦の連敗は3で止める。先発は4/10以来のルイスは5回4安打2失点。2人目梅津が今季2勝目。ヤクルトは3連勝でストップ。先発一場は5回1/3を8安打6失点で今季2敗目。

我がカープは粘りのあるいい試合をしました。
アナウンサーも言っていましたがエースと4番が帰ってきて新しい助っ人が加わった試合。これからのカープがどういう戦いをしていくか楽しみであり注目すべき試合でした。
クローズアップされるのはやはり6回の攻撃でしょう。
天谷が鋭い打球でライト線への3塁打で勝ち越し!このチームってシングルヒットかホームランという2塁打、まして3塁打なんて珍しいチーム。
もっと貪欲にライト線、レフト線を狙っていって欲しい・・・と思っていたところに長打のオンパレードに歓喜!

新球場向きの勝ち方が出来たと思います。

反面、守備の面では堅く守っていくプレイが必要と思い知らされた試合でもありました。
マクレーンのあの守備。本人もガックリしていましたが追いついていた打球だけに逃してはいけません。深い位置でのミスはスコアリングポジションを即相手に渡してしまいます。
(どうやらボールが太陽に隠れてしまったようで)

ヤクルトに3連敗していただけにこの大勝は意味がありますね。

さて新加入のスコット・マクレーン。うーん、なんかお腹のあたりは実が詰まっているのかユニをわざとダボダボさせているのか。
それにしてもこんな大きい選手でしたっけ?年齢に疑問もありましたがあの初球を逃さずに遠いレフト2階席までよく運びました。ここで勝負ありでしたね。

こんな派手な試合になりましたが梵・東出は要所でいいプレイをしていました。
6回の梅津、7回のシュルツ、8回の横山。やはり3年を要して築きあげた強力な中継ぎの存在が6回で勝負ありの要因でもありますね。

あと赤松!獲得しておいてよかった!うん、勝負強い!

ルイスは球数が多くて5回で降板となりましたが球質はいままでとそう変わりません。
本人も納得いかない1球がありましたが次回がきっと完投してくれるでしょう。
口元はわかりましたルイスさん。「○○○K ME!」 w

最後に廣瀬のホームラン。実はまだ映像見ていませんが・・・もう泣きそう。
昨日お酒も入っていたので横山登板以降は俺的サスペンデッドゲーム。

いまから見ます。(いま7回裏から見直しています)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

小窪抹消で高明が1軍へ

2009年05月02日
篠田が登録抹消・・・・ orz

■マクレーンいきなり5発!入団会見後、即合流(スポニチ)

広島の新外国人、スコット・マクレーン内野手(36=ジャイアンツ傘下3Aフレズノ)が1日、マツダスタジアムで入団記者会見。その後はさっそく全体練習に参加し、フリー打撃では45スイングでサク越え5本を放った。うち2本は左翼スタンドのコンコース外周に設置された防護ネットに直撃する推定150メートル弾。ノックでも左翼、三塁を守って無難な動きを披露した。

コズが抹消されたので今日の試合から即1軍でしょうか。練習ではなかなかいいものを見せてくれました。そして実戦は・・・最初はある程度打てるけどそのうち・・・という不安は確かにありますがいまのカープではそんな贅沢な悩みは考えている間はありません。
いまのカープの打線では練習を見ていても「なんかね」。嶋や梵が調子よく見えるぐらいですから。
シーボルを1軍に残すならレフトを守るのでしょうかね。センター赤松でライトが天谷か。赤松がかなり忙しくなるなw

まずは変化球への対応をこの目でみたいです。

さて冒頭にも書きましたが篠田が左肩痛で抹消しました。これはマズイです。
深刻なものではないと関係者はコメントしていますが2回ローテを外れるぐらいで済むのでしょうか。
このヤクルト3連戦でも登板は予定していたでしょう・・・さて誰が一体投げるんですか??

それと小窪が登録抹消になりました。このままでは出番もなく調整不足にもなるならば2軍で試合を重ねておいたほうがいいでしょう。
ただ右打者不足ならばマクレーンを外野で使うならば外野手左打者を落とすべきじゃないかと・・・。
篠田と小窪の代わりは誰があがってくるのでしょうかね。

・・・って調べていたら。

■広島 機動力強化に松本を登録へ(デイリー)

広島の松本高明内野手(25)が1日、1軍練習に参加。2日に今季初の出場選手登録されることが決まった。
チームトップクラスの脚力を誇る松本。ブラウン監督が掲げる機動力野球で盗塁を量産することを誓った。「盗塁はもちろん狙っていきますよ。自分の武器ですから」。今季2軍ではチームトップの打率・317、3盗塁と好調を維持している。1軍でも自慢の足でかき回す意欲を見せた。
マツダスタジアムには3月の未完成時に訪れたが、完成後は初めて。グラウンドの芝や土の感触を確かめながら守備、走塁練習を行った。機動力野球のコマが増え、ブラウン監督も「足が速いね。スピードのある選手を入れたかった」と期待を寄せた。

高明やっと上がって来た!!!
昨年ナゴヤ球場で1塁線を抜ける3塁打を見たのですが、あのときにあがってきて欲しかった。高明ってあんなに打撃がうまくなっていたとは!と驚いたのをいまでも憶えています。
もしかして2年ぶりの1軍?
ただショーゴもいるのでどういう起用をしたいのか?もしかして梵を外してスタメン起用?あると思います。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。