スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ブラウン監督は4年連続で通算8度の退場

2009年08月28日
0-6から7-6って普通以上に凄いぞカープ!

■広島7-6東京ヤクルト(TBSエキサイトBB)

広島が昨年8/4ヤクルト戦以来の6点差逆転勝利、3カードぶりの勝ち越しで借金は12。6点を追う2回廣瀬の2号ソロなどで2点を返すと3回に2点、7回廣瀬の2点2B、小窪のタイムリーで勝ち越す。4人目小松が4勝目で永川が25S。ヤクルトは1回飯原の4号3ランなどで4点、2回青木の12号2ランで2点加点も、昨年8/4以来の6点差逆転負けで、2年ぶりの7カード連続負け越し。昨年からの連勝が6で止まった4人目松岡が今季初黒星。なおマクレーンは今季初、ブラウンは2度目・監督として最多の通算8度目の退場処分。

「あぁ主審さん、余計なことを」と高田監督がボヤいたかどうかは定かではありませんが。マーティー怒りの退場勝率がまたUP(笑)
8回退場して7勝1敗でしたっけ?毎試合初回に退場したら・・・

昨日は残業してから帰宅。定時に終わったら友の会のチケットでハマスタへ・・と思ったのですが中途半端な時間だったので自宅へ。
TVをつけると丁度マックが主審に「振ったのか?低くないか?」というジェスチャーと言葉を交わしたところで退場 orz
以前にもこの日記で書いたが本当に意味がわかって退場を命じているんでしょうかね?NGワードをいくつか憶えていてそれに触れたら即退場ってことになっていませんか?それって微妙なアクセントの違いもあるだろうから全てが「侮辱行為」となるのはどうかと。

さて試合は私が速報で気づいたときは2-6。村中でしたので(もう木田でしたが)もうちょっと入るだろうと思って帰宅したら2点差まで追い上げ。
マックの途中代打のタクローさんがライトにしぶぅぅぅぅぅいヒット。ここから連打でついに逆転。
廣瀬が同点、小窪が勝ち越し。どちらも難しいコースをうまく拾いました。難しいコースってちょいとうまくあてるとヒットコースになるもので。
本来打ち取れるコースを打っても野手の守備範囲。よく出来たものです。

昨日はマイミクさんと「マイミクメッセンジャー」なるアプリを使いながら試合を見ていましたが。
これはっきり言って「チャット」。結構おもしろかった、アプリはちょいと問題がまだあるみたいですが。
これ安定したらワイワイしながら見れて楽しいかも。そういえばヤフーチャットに夢中だったのが懐かしいです。

話は試合に戻しますが。最終回はいつものごとく「納涼肝試し」。ナガカーの1球目・・・
もう失笑とため息交じりのマツスタ(苦笑)。大丈夫かなぁとやや呆れた雰囲気で見守りましたが「どうもいつもと違う」
少しずつコースがまとまって来ている。すっぽ抜けで三振が2つもあったのはオマケとしても何かが違う。
倉だから?
高めのサインをうまく使っていませんか?いつかプロ野球ニュースだったかな?解説者が「高めのストレートは狙って投げれば力があります。低めを狙って浮いたストレートは打たれます」と。倉は意図的に球が浮いているナガカーに高めに強く投げることに徹したのではないかと。
結果ランナーが出てもウエストも兼ねていましたから相手も攻撃が絞りにくかったのでは。と勝手に推測してみました。

今日はハマスタに参戦しようと思います。残業にならなければ。
大竹の先発でしょうか。明日は今井かな?明後日は中4日でルイスを起用してくるのでしょうか。さてさてヤクルトまで8ゲーム差。

追伸。マーティーがスパイクと帽子を置き去りにしたのは「こいつ(スパイクと帽子)の方がいいジャッジができる」という皮肉だったそうで(笑)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(6) | Trackback(0)

相手投手を完全に読み違って→マエケンついに勝利!

2009年08月27日
1イニング2ホーマー。1本目と2本目の間に「子供が生まれた」ブラゼル選手おめでとう!

■広島11-1東京ヤクルト(TBSエキサイトBB)

広島が連敗を3で止めた。先発前田健太が9回7安打2四球6三振1失点で今季2度目自身3度目の完投勝利、連敗を7で止め6/21F戦以来の6勝目、セ相手連敗も11で止め4/11D戦以来の白星。1回フィリップスの8月6本目HRの11号2ラン、廣瀬タイムリーで3点先制、2回フィリップス2点タイムリー2B、栗原タイムリー、4回栗原18号3ラン、6回廣瀬2点タイムリー3Bで今季6度目2ケタ得点。ヤクルトは今季8度目2ケタ失点で貯金5。7/29広島戦以来登板の先発川島亮は4回9安打、自己ワースト9失点で6敗目。


マエケンがやっと勝てた!(><)

相手投手を完全に読み違って勝った!(><)

倉のスタメンの機会が増えた!(気がする)

試合見ていないからこれしか浮かばない(笑)

川島の先発でしたが。先日のイースタンでもそんなにイイ印象はなかったのでなんとかなるかぁ、と。
なんとかなって連敗脱出です。9ゲーム差かぁ・・・なんとかならんかねぇ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

第80回都市対抗野球大会

2009年08月23日
一昨日の0-9のゲームは途中からTV観戦。昨日はさっぱり見れませんでした。
東京ドームで都市対抗野球が始まりました。昨日はこちらを観戦してきました。
※以下mixiとほぼ同じ内容になりますがお許しをm(___)m

■長野が3安打「悔いないよう」/都市対抗(ニッカン)

今秋のドラフト会議で巨人が1位指名する方針のホンダ(狭山市)の長野久義外野手(24)が、4打数3安打の活躍でチームを3回戦に導いた。鷺宮製作所(東京都)の元巨人の三木から1回に中堅フェンス直撃の二塁打を放つなど、本塁打が出ていればサイクル安打だった。「この1年、悔いのないように。でも今はドラフトのことは考えず、チームのために戦っている」と言う。昨年までの4番から今季は3番に座り、安藤強監督(45)も「つなぐ打撃を心掛けて期待通りの活躍をしてくれた」と満足そうだった。

金曜日に開幕した都市対抗野球大会。
記念大会なので出場チームが多く初日から3試合。昨日と今度の日曜日は1日4試合というスケジュール。
元気があれば全部みたいのですがおっさんなので3試合が限度です。←十分だw

昨日は普段と変わらない時間に起床してドームにGO。1試合目は「三菱重工広島vsセガサミー」
広島の先発は元讀賣の酒井。プログラムを今年は買い忘れて途中から入手したので後から知りました。フォームがプロっぽいなぁと見ていましたが・・・打たれましたけどw

それ以上にいかんせん広島が打てない」

↑単語登録じゃないですよw

目立ったのはセガサミーのショートでしたね。彼のプレイが試合を引き締めていたと思います。もしかしたら流れはここで断ち切っていたのかも。JR東日本からの補強で池田という選手だそうです。
結果はセガサミーの完封勝ちです。次は25日にHonda鈴鹿。

2試合目は今年で休部となる日産自動車vsJR東日本東北
はっきし言って貧打線。盛り上がりがどこだったか忘れるほど。確かに日産の石田は調子がよかったのですが飛ばしすぎでどこまでいけるか?なんて見ていたらスイスイ。レフトバルコニーから四之宮、伊藤の三遊間を眺めておりました。ショートにうまい選手がいるのはやはり頼もしいですね。四之宮選手は10年表彰でした。おめでとう。しかも2打席連続死球のおまけつきw 
それと3番DHに入った熊代選手。今治西のエースだったそうで早速ガビーさんに連絡。とてもセンスのある子だから注目と。なるほど初回のエンドランを決めたのは見事でしたね。マーティーが欲しい選手かも。
ゲームは2-1で日産の勝ち。次回は28日に大坂ガスと。これまたガスさんがNTT信越に1-0の辛勝ですから次回はよりいっそう(略)

3試合目は昨日の一番の注目試合。Hondavs鷺宮製作所
Hondaのオリジナル応援はほんとうに楽しい。昨年は私は見なかったのですが2年ぐらい離れていても歌は覚えているもんですね。
試合はこれまた元讀賣の三木が鷺宮の先発。そして初回に公開処刑w
1アウト後に4連打食らってノックアウト。その後は試合が引き閉まり一時は鷺宮が1点差まで追いつく展開。しかしHondaが長野の3塁打を生かして2点追加。鷺宮は7回に1アウト満塁というチャンスも昨年まで早稲田にいた須田投手が2者連続三振。あと2回もパーフェクト。球が速い速い。あんなに力強い球を投げていましたっけ?
注目の長野ですが練習のときから強肩を見せていました。確かにイイですね・・ライトから余裕でダイレクトに捕手に返します。それと足の速さに驚きました。3塁打を放ったときもいいベースランニングをしていましたわ。こんなんが讀賣に加わるんですか?脅威だなぁ・・・
結果は6-3でHondaの勝ち。次回は29日に三菱神戸とパナの勝者と対戦です。

1日で元讀賣投手が2敗という非常に珍しいww

今日は3試合全て好カードなんですけどね。11時から開始で「ヤマハvs富士重工」。2試合目は「トヨタ自動車vs四国銀行」。3試合目は昨年の覇者ENEOSが登場です。しかも日本生命と対戦です。
野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)

スコアリングポジション

2009年08月21日
あっさり連敗ストップしましたね。

■広島4-0中日(スポニチ)

広島が4人の継投で今季11度目の零封勝ち、中日戦の連敗を13で止めた。両チーム無得点で迎えた6回裏、フィリップスが先発川井から左中間へ10号2ランを放ち広島が先制。8回には2人目ネルソンからマクレーンがレフトポール直撃の13号2ランを打ち追加点を挙げた。勝ち投手は先発斉藤で7勝目。中日は今季5度目の零封負け、マツダスタジアムの連勝は5でストップ。巨人とのゲーム差は2.5に広がった。負け投手は川井で11連勝の後、連敗で2敗目。井端は打率を.318に下げトップの内川とは4厘差となった。

昨晩はパチ屋さんで副業中だったのでTVで見ることが出来ず速報で「え?勝っている!?」
帰ってきてプロ野球ニュースでダイジェストをチェックしました。
まぁ機動力野球はまだか?とボヤいたらこれですよ。先日のマーティーにみたいに当分私もボヤいていようかねw

ただP様のホームランには「過程」はありましたね。
”待望の2番小窪”がしっかりと2塁に東出を送っていました。これですよ、スコアリングポジション。
点を獲る可能性があるということは相手投手に「1打で失点の可能性がある」というプレッシャーになります。
結果ホームランとなりましたがこのスタイルは貫いて欲しいです。バント下手くそばかりは承知ですけど。

駄目押しはマックの2ラン。かなり際どい打球でしたね。映像では闇に消えてよくわかりませんでした。

先発の斉藤はもう1イニング行きたかったとコメントをしているように粘り強く自信をもって腕を振っていましたね。
和田に危ない打球がありましたが野手の正面。勝てるときはこういったものでしょうか。
ただしっかり腕を振った結果でもあるのでしょうね。天谷にもいいプレイがありました。

4投手で完封となりましたが1イニングで複数ヒットはなし。これでしょうね、とにかくランナーを溜めない。
特に先頭打者を出さない。これでしょうね。

今日から阪神と3連戦。ここは勝ち越したいところ。
達川さんはここで勝ち越したチームがヤクルト挑戦権とおっしゃっていましたが・・・そうですねやはり勝ち越しじゃなくて3つでしょうね。
ヤクルトが讀賣と戦うのでここは3つ縮める可能性もあります。
大竹、小松、マエケンの先発予想がされますがまずは大竹ですよ。前回の好投をここでも見せてくれるか楽しみにしています。

あぁたまには3タテ見たいねぇ(しみじみ)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(8) | Trackback(0)

同一カード13連敗は球団ワースト記録

2009年08月20日
どうしても点の獲り方に疑問ばかり。

■広島3-9中日(TBSエキサイトBB)

中日が球団記録更新の広島戦13連勝、5カード連続勝ち越しで今季最多貯金23、首位巨人と1.5ゲーム差のまま。2回藤井の自身初2ケタ10号3ランで先制、3-3の8回和田、40歳誕生日の代打立浪、荒木、藤井のタイムリーで6点を勝ち越す、同一カード13連勝は88年ヤクルト戦以来球団史上5度目。3人目高橋が4/7S戦以来の2勝目。先発朝倉は5回2/3を4安打3失点。広島は6回栗原16号2ランなどで同点も連敗、今季ワーストタイ借金13、同一カード13連敗は球団ワースト記録。3人目シュルツが5失点で3敗目。

同じチームに13連敗?球団ワースト記録か。
カープファンを30年以上やっていますが記憶にないはずです。
ここまで同じチームに負けるということは戦力だけではなく相手の戦術に見事はまっているということでしょうね。
運だけで片付けるレベルではありません。

昨日の試合はTV中継で。やっぱりね、どうなんだろうね、どうしても攻撃の面で疑問ばかりが浮かびます。
勝っても負けてもこれは指摘したかったのですが、5回裏の攻撃。
先頭の小窪がチーム2本目のヒットで出塁。バッターは8番倉。
解説者もサードの深さを指摘していましたがここが「最低でもバント」じゃないか??
ここまでヒットが多く出ているならば話は別ですがやっとチーム2安打目が出てさらに強行策?
倉の足と倉のバント成功の確率。後者ではないのか??
例え1アウト2塁からルイスが凡退しても2アウト3塁の可能性もある・・・
守備体系が浅くなる東出でもランナー3塁だったら普通にヒットで1点が獲れる・・・
当然プロですからマーティーだってこの選択は浮かんでいるはず。でも倉には「普通に打たせる」。

このケース。倉かルイスのどちらかに”最低進塁打”でヨシとするならこの戦術は大疑問。
マエケンが確か調子悪くなり始めた試合はバント失敗をしてその後に痛打された記憶があります。
ああいったモヤモヤしているときは「思い切って振ってこい」ぐらいが気分転換にもよいのではないかと。
ですから倉で送って3点ビハインドでルイスに「気分よく思い切って振ってこい、結果はなんでもいい」・・・と私だったらこうアドバイスしたいのものですが。

倉の強行策は「普通の戦術」で相手に見透かされて森野は深い守備。
見透かされている=3点ビハインドになったら1点ずつ獲る気はマーティーにはさらさらない。
この点は昨日の解説者も指摘していましたね。佐々岡だったかな?3点ビハインドでもまず1点ではないかと。それ全面的に賛成です。

結果3点を栗原のホームランとキダゴーのタイムリーで同点。全然機動力野球じゃないし、普通に個の力の野球ですし。

「勝ちたい野球」なんて当たり前であってそれはプロじゃなくても見れるのですから。
ファンをわくわくさせる「カープの野球」を見せてほしいです。もちろん勝つのが一番うれしいけどそれがいまのカープには勝ちにつながる一番の近道ではないかと。いま多くのファンは飽きているんじゃないかな。「負けたら本当につまんない」って。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

永川の安定がなければ上位浮上はない

2009年08月17日
松井稼頭央選手、日米通算2000本安打おめでとうございます。

■横浜4-6広島(TBSエキサイトBB)

広島が今季4度目1試合3HRで2カードぶり勝ち越し借金11。2回栗原2試合連続14号ソロで先制も1点を追う7回フィリップス9号3ラン、続く栗原の今季初1試合2HR15号で逆転。2人目長谷川が4/9T戦以来の2勝目。5人目永川が8/1横浜戦以来24S。横浜は来日初登板初先発ランドルフが今季3人目史上50人目の初打席初HRを放ち、6回1/3を4安打12三振も3失点で黒星。初打席HRは横浜では67年スチュワート以来2人目、投手は99年広島・広池以来7人目、外国人投手はオリックス・シュルジー以来2人目。

久しぶりのハマスタレフトスタンド登場でした。
午後4時に開門したのですがレフトスタンドは丁度日陰になっていて座っていても暑さはさほど感じませんでした。
それでも大事をとって一度球場を出てドトールコーヒーで涼み再入場。試合開始までに戻れば再入場できるはこの球場の利点ですね。

試合は横浜注目の新外国人ランドルフ。そしてカープは?と思ったら「小松」でした。正直ホッとしましたがw

どうやらブルペンデイ?と思わせる継投。小松は3イニング1失点で降板しました。まぁ内容的にも3イニング5安打でしたから交代はいい判断だったと思います。
それにしてもランドルフの来日初打席での初ホームランには恐れ入りました。あれは打者の構えで打者のスイングですって。
プロ野球ニュースで知りましたがメジャーでも15打数5安打(2塁打が3本だったかな)をマーク。来年は野手として登録しちゃうかも?!
肝心のピッチングもなかなかでしたね。右打者への外のボール、そして内角へのスライダーのコントロールがいいですね。
四球2つが降板につながってしまいましたが昨日の主審はかなり適当でしたからドンマイじゃない?琢朗さんジャッジにキレていましたねw

さてカープですが。まずは栗原のホームラン。
えっと近くで見ていた限りですが「センターのフェンスの一番上(黄色いところ)に当たってフィールドに落ちた。ように見えました。
黄色いポールに当たったらホームランですけどその延長と思ったのでしょうかね?とにかく先制。

そして佐伯のホームランで勝ち越されましたが。このまま終わる雰囲気はありませんでした。
7回。P様がやってくれましたよ、逆転3ラン。練習中足にボールがちょっと当たっただけで足を引きずるP様w
スタンドに「22」のレプリカユニフォームをレフトスタンドに見つけると指を指して喜ぶP様w
チームの雰囲気を盛り上げているんでしょうね。ラミレスもよくやっていますよね。日本人でもヒチョリみたいな選手がもっと増えたらいいのにね。

ここから9回裏・・・の前にその表の2アウト1塁からのショーゴの右中間2ベースタイムリー。この1点が大きかった。
これでいける!ビシッとたまにはナガカーさん!・・・と思ったらまたナガカーワールド炸裂ですよ。
最後はジョンソンが2ナッシングから見え見えのフォークを振って三振。その前の2球に全くともピクリしませんでした。助かったあああ。

このまま毎年30セーブぐらいを積み重なっていつか「名球界入り」になるってのがどうにも納得いかない。
昨年のような安定したナガカーが早く戻ってきて欲しいです。

あ、追記ですが。最終回結果1点は入りましたが末永にはバントをさせて1点を取りにいって欲しかったです。長谷川はよく3イニング辛抱強く投げました。期待以上で倉のリードも安心して観戦できました。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
Read more "永川の安定がなければ上位浮上はない"
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

もうちょっとぼやいておけば?

2009年08月15日
すごくたくさんのお客さんが来たんですね(22514人)

■横浜3-12広島(TBSエキサイトBB)

広島が今季最多タイの16安打、5年ぶりの2試合連続二桁得点で12得点は今季最多。1回フィリップスの自身初の2試合連続8号3ランで3点先制。2回3回にも加点すると4回、小窪の2点2B、倉のタイムリーなどで6点を加点。フィリップスの4打点は自身最多タイ。先発ルイスは6回1失点、自身3連勝で8勝目。横浜戦来日初勝利。横浜は内川が1回投手ゴロ間、8回は今季2度目の3試合連続15号2ランで2点を返すのみ。今季ワーストタイの12失点で、借金は26。内川は4-1で打率は2位に転落。先発ウォーランドは8敗目。

久しぶりのアクセスです。blogもちょっとお盆休みをいただいていました。
連敗も止まったので讀賣に勝った日に書こうとも思ったのですが・・・なんかまとまった時間がなくて今日になってしまいました。

さて今日の横浜戦ですが。試合は見ていません。
実は広島から友人が東京に来ていまして夕方からご飯を一緒に食べていました。
それが終わって横須賀線に乗ったのですが・・・以前このブログにも登場したM子ちゃんにメールで尋ねると「7回」と。そのときは新川崎を通過したところ。
うーん、大量点を獲っているので「もう得点もなく見所も少ないな・・・勝つ瞬間を見るだけに数千円もなー」ということで帰宅することに。
しかし結果を見ると最終回に緒方がタイムリー打っているじゃあーりませんか(泣)。あー、やっぱりいくべきでしたかね。

今日はそれにしても効率よくしかも序盤にゲームを決めてしまいましたね。
R25の速報が無くなってしまったので他のサイトでチマチマとご飯を食べながらチェックしていました。いきなり3点?誰よ?と見たらP様3ラン!
この経過を見る前にスタメンで「3番P様よくわかんね。ありえね。」ってぼやいていたんですけどね。まぁその気持ちはいまでも変わりませんけど。

大量点で勝ったので現地組は大喜びだったでしょうね。スコアただ見た組としては「ルイスの連勝が大きい」ですかね。
なんか今年は乗り切れないルイスが3連勝というのが一番嬉しいです。
ハーラートップに追いつくのも時間の問題でしょう!とちょっと大きいことを言ってみるw

そう言えば先日マーティーが選手補強についてぼやいていましたね。
「ドラフト、育成、補強…。その方法を何かの形でレベルを高く、変えていかないといけない」

うーん、マスコミは一斉にフロント批判と書きましたが。私は「いま一緒に戦っている選手じゃぁだめってことかい?」という疑問とベンチの不協和音が心配・・・
だったのですが。あれから打線爆発ですよ。このさい・・

もうちょっとぼやいておけば_?w

冗談ともかく。ぼやく前にやっておくこともありますよね。

例えば大敗した先日の讀賣戦の6回の攻撃。

マック 左本
末永 振逃
石井 中安
石原 三振
嶋 三併    結局1点で広島5-7讀賣

これですね。何度も指摘をしていますがちょっと点差を離されると序盤・中盤でも大量点を返そうとしますよね。
打率が低く得点圏打率も低いチームの近道ですかねそれって?
例えばこの6回の攻撃も同点勝ち越しを狙う前に「もう1点」に固執してみたらどうだったでしょうか。
ええ、もちろん結果論ですよ。でもここで1点をもぎ取って1点差にして中継ぎ投手陣に「よしまだ試合を諦めていない。これ以上の失点は許さない」と思わせていく・・・そういった野球を見たくありませんか?
確かにいまの中継ぎの不安定を考えたら早く同点に追いついて早く勝ち越したい・・・しかも2.3点差のリードにして・・・
しかしチーム全体の”今日は勝てる”というムード、機動力野球、中継ぎをしっかりとして逃げ切るスタイル。こういったものは「いかに1点をもぎ取る野球」を追及してこそそのカタチが完成するのではないでしょうか。

マーティーの采配は「焦りすぎ」という評価が多いです。私はそれに「スタイルの築き方を勘違いしている」を加えたいです。急がば回れ!


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)

Twitterはじめてみました

2009年08月11日
今日から讀賣3連戦ですね。
カープはマエケン、今井、斎藤のローテーションで戦うみたいです。

と、突然ですが「Twitterはじめてみました」

画面右側に専用のプラグインがあります。
ここに「野球(特にカープ)やサッカー」などのネタをぼやいてみようと思います。

ときどき私用のものが出ますけど気にしないでくださいね。

もしTwitterをご利用の方がいらしたらお気軽に”フォロー”してみてください。

※ただし商用などはこちらからフォローはしませんのでスポーツに興味がある方だけをお待ちしています。
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

ルイス阪神戦3連勝、マツダスタジアムで初白星

2009年08月10日
一時2点差になりましたが「なーんか阪神戦だと勝てる気がするんですよね」(※最終回は除く)

■広島7-3阪神(スポニチ)

広島が連勝で3カードぶりの勝ち越し、阪神と入れ替わり4位に浮上した。広島は4回、フィリップスの6号3ランで先制すると6回にはマクレーンの11号ソロなどで2点、7,8回にも加点した。チームは40勝に到達。勝ち投手はルイスで阪神戦3連勝、マツダスタジアムで初白星となる7勝目を挙げた。Sは永川で24個目。阪神は一時2点差まで追い上げるが、先発下柳が6回途中2本のHRを浴びるなど6安打5失点で降板。8敗目を喫し、02年日本ハムに在籍していた時以来自身の連敗は6となった。チームは2カード連続の負け越し。

セ・リーグ全てのチームに負け越していたカープですが昨日の勝利で阪神にやっと5分。讀賣・横浜とはどっこいな戦いはしているので後はヤクルトと中日か・・(難関)

さて昨日のゲームでしたが。マックとP様の大活躍!(そりゃぁ地震も起きますわな)
先日「廣瀬をがまん強く起用して欲しい」と書いた私ですが”大喜び”しましたw
まぁあれだけの豪快なホームランは相手投手にも大きなプレシャーになります。ただし・・たまにしか出ないのが問題。
でも今頃30本ぐらい打ってしまうと「来年また○神に獲られちゃうのかなぁ」と心配。
広島ファンとはそんな葛藤とも闘わなければいけない。やっかいだw

昨日の下柳ですが。なんか目の行方が?ぼーっとしていませんでしたか?
焦点があっていないというか。暑かったせいでしょうかね。あぁ6連敗だったのか。それはいま知りました。

ルイスは栗原のエラーにも腐らず葛城に渾身のストレートで見逃し三振。
あの球をあの状況で投げれることが並みじゃありませんね。ナイスピッチング!

勇人→ペローンとカープには珍しいワンポイントリレーでシュルツへ。
ちょっと危ない場面もありましたが結構私はゆったり観ていましたよ、この8回までは。

永川ね・・・いまさらですがあの足の上げたあとの足の揺れはなんでしょうか?
あんなにぶらついて足を下ろしたところで通常のコントロールでホームに届くとは到底思えないのですが。
彼なりのリズムなんでしょうけどね・・
数字的にも防御率3点台では守護神とは呼べません。たまには3人でキッチリ抑えてみてくでーーー

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(6) | Trackback(0)

久しぶりの快勝

2009年08月09日
亀井はよく打ちますね。というか彼を5番に起用し続けた原監督の手腕を高く評価したいですね。

■広島8-0阪神(TBSエキサイトBB)

広島が先発大竹の自身4度目完封勝利で連敗を3で止め4位阪神に0.5ゲーム差に迫る。大竹は9回109球6安打2四球3三振、4/28G戦以来今季2度目の完封、7/4YB戦以来の白星で7勝目、防御率2.85でリーグ6位。4回マクレーン・石原・東出・天谷のタイムリーなど7安打7点、1イニング7点は4/7阪神戦以来今季最多タイ。阪神は今季6度目の零敗で50敗目。05年4/27D戦以来プロ2度目先発の筒井は3回1/3を4安打4失点でプロ初黒星。金本が阪神での4番出場が813試合、田淵幸一を抜き球団単独2位。

サッカーも私は好きでして。静岡の生まれもあって特にジュビロ磐田を応援しています。
いつも一緒にスタジアムに応援に行く友人曰く「サッカーほど監督によって勝利が左右するものはないかも」と。
確かに。監督の出すフォーメーションや選手の動きによって連敗中のチームがガラっと雰囲気が変わりますよね。野球はどうでもないなぁ・・・なんてそのときは思っていたんですけどね。

はい、前置きが長かったです。勝ったゲームにケチつけるのもなんですが昨日のカープの勝因を振り返ると。

・相手のピッチャーが筒井→金本と決してエース級ではなかった。
・末永が相手が左投手だったけど右手一本で粘りのあるヒットを打ってつないだ。
・結局相手投手を右投手と読んで起用した怪我の功名?

こういう監督の力の発揮の仕方もあるのかと(苦笑)

・・・これでエース級の投手が出てきても3点、4点と取ることが出来るのか。
・・・これで末永を左投手でもずっと起用してくれるのか。

大竹はこの中継ぎが崩れているときによく投げきりました。
いつジョンソンの3ランが出るかなぁと思ってみていましたけど ←ありえねーだろw
まだ7勝でしたか。
ここからススっと10勝してしまいましょうよ。

あとは先発投手が頑張っている間に中継ぎの整備ですね。梅津がまた怪我で離脱しましたからこの穴をどうするのか。
この穴をしっかりと埋めることが出来ないのが終盤に崩れる大きな原因だと思います。
長谷川の久しぶりの投球を見ましたが・・・・うーん、無理かな(きっぱり)。高めに球が来ますがしかも力が足りません。
勇人、林、小松と浮かべても梅津の穴は本当に大きいですね。現状では小松と勇人に奮起してもらうしかないですね。

それと、いつの間にか今井が抹消されているんですが先発は足りているんか?ルイスがフル回転やね・・

最後に。金本が阪神の4番としての出場が歴代2位?もうすっかりよその人なんだなぁと実感。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

選手起用にセンスを感じません。どきどきしません。

2009年08月07日
さすがに途中で(TV観戦)くじけました。  orz

■広島0-4阪神(TBSエキサイトBB)

阪神が今季8度目の零封勝ちで今月初の連勝、5位広島とのゲーム差を1.5とした。阪神は2回ブラゼルの犠飛で先制すると、4回新井の2Bと桜井のタイムリーで2点、9回には大和のスクイズで加点した。先発能見は8回を投げ3安打、5三振で今季の奪三振を114とし依然リーグトップをキープ。自身3連勝で6勝目。Sは藤川で14個目。広島は6回1死まで無安打に抑えられるなど今季6度目の零封負けで、引き分けを挟み3連敗。借金は今季ワーストで2年ぶりの13。負け投手の斉藤はマツダスタジアムで3連敗、8敗目を喫した。

もうね、今日は7回の攻撃、のちょっと前で「あぁやっぱりね」と思いましたよ。
今日の能見は変化球の切れがよく、ストレートも右打者の内角のいいコントロール。こりゃやばいね、ノーヒットノーランやられちゃうかも?!
と思ったところに代打廣瀬が三遊間にヒットですよ。その前に新井にいいプレイをされていただけに流れも引き寄せるような一打。

しかし、しかしですよ。廣瀬はその打席でお役終了。あぁぁやっぱりね・・・フィリップスの1,2打席をどう見ても打てる見込みがないのにね。

そして7回の裏。栗原が内野フライで凡退・・・と思ったら守備妨害で0アウト1,2塁の大チャンス。
しかし、マック初球をセンターフライ。あー、ここで倉を出してバントで送るって選択は浮かばないのかなぁ・・・次はフィリップスか。ここに投手を入れていたら代打キダゴーだよね・・・あぁゲッツー  orz

ここでチャンネル変えさせていただきましたよ。あまりのセンスのない選手起用に見ていられません。

私が監督だったら廣瀬を5番で辛抱強く起用したいですよ。このところ悩まされている守備力も解消できますし。調子のいい選手をどんどん起用してくださいよマーティー。これじゃぁベンチが一丸となって戦えるわけがない。

ということで、これ以上はため息しか出ないので今日はここまで。    なんだかなー  はあー

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

10回に永川でなくて小松投入が謎すぎです

2009年08月02日
6回裏でゲリラ雷雨を期待しちゃう俺。

■広島8-9横浜(TBSエキサイトBB)

広島が逆転勝ち、横浜戦の連敗を4で止め4位浮上。広島は5回代打喜田剛の2B、東出の2点タイムリーで3点を挙げ逆転。同点の8回フィリップスの犠飛、ライト吉村のエラー、石井琢のスクイズで3点を勝ち越した。プロ初先発の今井は5回89球6安打3三振2四球2失点。5人目横山が5/13T戦以来の2勝目。永川が7/18以来の今季23セーブ目で史上7人目の通算150セーブを達成。横浜は5回藤田の3号2ランで先制、6回暴投で3点目も勝ち越せず。3人目石井裕が開幕から勝ち無しの6敗目。今季ワーストタイの借金27。

昨日粘り強い勝ちを見えておきながら「たった1日で」粘り弱い負けを見せてしまう広島東洋カープ。
ホントね、グレますよ。小窪と一緒にグレますよ。3安打して代打ってなんだ??

もうどっから語りましょうか?ジョンソンの3ラン?もうそれってお約束じゃねーの? ←やや投げやり。

7回ですね。ここで勇人を投入しましたけど。
大竹を代えるなら1人塁に出したところですね。しかもシュルツでいいと思いました。
絶対に点を与えてはいけないところで一番いいピッチャーを出すしかないでしょう。2カード連続で勝ち越しをしたいじゃないですか。
この回でこの点差で延長は考える必要もないし。(結局延長でしたが)
そして10回表に小松?ありえない。昨日の球を見ていても今日の2球を見ただけでも「しのげない」
なぜにいままでは永川という選択をしていたのに今日に限って?

一方横浜は7回から山口ですよ。TV中継でもペイさんが解説していましたが「絶対に勝つという継投」。ベイの選手全てにわかりやすい監督の意思でした。
結果同点にはなりましたが、”結果”木塚が抑えで結果を出しました。

カープは初回0アウト1塁で赤松がカウント0-3からエンドランで1点。セオリーとはいえないので失敗したことをペイさんも指摘していましたが攻撃の幅はこのぐらい見せたほうがいいと思いました。
序盤はこういった攻めの姿勢を見せていたのに急に6回ぐらいから投手継投で後手後手となります。うーん・・・これね見ていて面白くない。
決して笑いが欲しいとかそういうことじゃなくてね。

こういった受身の姿勢になると「負けムード」が漂います。ベイと真逆です。
代打末永も内側の際どいボールに「かすったよ」ぐらいのアピールをすぐにしてもいい。
石原も藤田のセーフティバントで打つ前に微妙に足が出ていたことをアピールしてもいい。
琢朗も最後のボールを諦めずにアピールしてもいい。ベンチだって総動員で審判に詰め寄ってもいい。
それが覆ることはないけど気迫を前に出さなきゃあのムードを変えることは出来ません。

確かに「やれることを出来きていない」チーム事情にプラスアルファは酷でしょうけど。プロなんですから・・・もがいてもがいて泥臭くプレイしましょうよ。
なんか情けないというより悲しくなる試合でした。まだ何試合もこんなゲームを見ることになるんでしょうか・・・

それでも見ちゃうカープ病。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(10) | Trackback(0)

永川が史上7人目の通算150セーブを達成

2009年08月01日
3点差あっても安心できないピッチャーを「抑えのエース」と呼びきれない悲しさ。
しかも通算150Sもしているのに

■広島6-3横浜(TBSエキサイトBB)

広島が逆転勝ち、横浜戦の連敗を4で止め4位浮上。広島は5回代打喜田剛の2B、東出の2点タイムリーで3点を挙げ逆転。同点の8回フィリップスの犠飛、ライト吉村のエラー、石井琢のスクイズで3点を勝ち越した。プロ初先発の今井は5回89球6安打3三振2四球2失点。5人目横山が5/13T戦以来の2勝目。永川が7/18以来の今季23セーブ目で史上7人目の通算150セーブを達成。横浜は5回藤田の3号2ランで先制、6回暴投で3点目も勝ち越せず。3人目石井裕が開幕から勝ち無しの6敗目。今季ワーストタイの借金27。

期待の今井が先発と聞いて慌てて家に帰ってきました。
私のプレイボールは3回から。2アウトから藤田の打席をじっくり見るところからでした。
この打席の配球でしたが。ここで3塁打を打たせたことが5回の2失点にもつながったかもしれませんね。
捕手はアツと若いバッテリー。やはりこういった試合は打撃陣が先制点を取らなければ・・・チーム初ヒットが今井のプロ初安打って。2軍と変わらない孤軍奮闘。

と思いきや。その裏に琢朗、アツ、キダゴーとつないで1点。そして東出が逆転タイムリー。昨日の日記に書きたかったのですが「ミスをしたあとの東出は黙ってはいない」。
これで今井がプロ初勝利の可能性も転がってきました。
が、6回に牧野がブチ壊し。バントの可能性がある打者にストレートの四球て???
プロ初勝利の可能性がある投手の前でベテランがあれでは困ります。もう一度2軍でやり直しですね。

小松も力んだせいかリリースポイントがズレまくり。よく同点で済みました。勇人はよくつなぎました。

そして迎えた8回の裏。栗原を迎えてときに横浜が「ピッチャー小山田」

あー、ここで勝てるかな?って浮かびましたが。
元カープの投手だもんなー・・・

しかし予想もしていないところから2点が舞い込みました。ここで吉村が痛恨の落球。なんかリーグ全体で今年って落球多くないですか?
あそこは「奇跡のバックホーム」でも狙ったのでしょうか。1点に抑えていればまだ永川だし同点に出来る可能性があると浮かばなかった??
このところ自軍のミスで負けて敵のミスで勝つ。ちょっと大味ですね。ちゃんと野球を見せて欲しいです。

実は昨日神宮球場で2位3位の戦いを見てきました。
1点差でスリルのあるいい試合でした。ヒロヤスが1日前とガラッと変わって神っぷり!
でもね、なんか物足りないものもあったんですよね・・・
気づいたけどこの両チームの試合は、

「一切野球に笑いがない!」   ←こう思っちゃうことが病気だw


あ、ナガカーさん通算150セーブおめでとうございます。

「これからもせめて4人でキッチリなマウンドっぷりをみせてください。」       

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。