スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

野球は先発でリズムを作って勝ちをもぎ取る

2010年08月29日
3カード連続勝ち越し!このペースなら12月には首位に立つで!←何試合やるんだよw

■広島9x-7讀賣(TBSエキサイトBB)

広島が延長戦を逆転サヨナラHRで制した。広島は2点を追う9回抑えのクルーンから岩本が11号2ランを放ち土壇場で同点に。11回横山が古城に1号2ランを打たれ勝ち越しを許すが、その裏野間口から岩本が2打席連続HRで1点差とすると2死一、二塁で、途中出場の天谷がサヨナラ3ランを放った。天谷は初のサヨナラHR、今季2本目通算4本目のサヨナラ打。広島は7度目のサヨナラ勝ち。横山が3勝目。巨人は2点を先制し、2度勝ち越すが逃げ切れず、今季6 度目のサヨナラ負けを喫すも阪神が敗れ首位は代わらず。野間口が2敗目。

この日は都市対抗野球の開幕日で東京ドームの帰りにこの結果を知りました。
4点入ったXゲームだったので「誰かグランドスラム?」と一瞬思いましたがつないでつないでの天谷の3ランでしたね。
キャンプから3番で期待されてオープン戦では絶好調。このまま開幕を迎えると思ったら「さっぱり」。監督には大竹に続いて大きな誤算だったと思います。
それでも先日も岩本ではなくて天谷を起用してサヨナラ内野安打。そしてこの日もサヨナラ3ラン!私が監督だったら2軍だったでしょうね。サンキュー謙二郎!いいもの見せてもらいました。

それにしても岩本。この2本で嶋を抜いてチームトップの12HR。あの土壇場でクルーンから同点アーチは努力の結晶でしょうね。
岩本が2軍から上がってきたときの印象は「顔がプロっぽくなってきたな」。ノーステップ打法に変更したことが好成績につながったと評されていますが、それも含めて気持ちに大きな変化があったのではないでしょうか。
人の顔って変わるものなんですよね・・・・とつくづく思うが自分はさっぱりだww 見習わないとね。



■広島4-1讀賣(TBSエキサイトBB)

広島が今季6度目3連勝で借金20。1回栗原の犠飛、嶋タイムリー2B、6回廣瀬9号2ラン、安打はこの2安打のみ。マツダ4連勝、今季初の3カード連続勝ち越し、セ相手は08年9月以来の3カード連続勝ち越し。先発ジオは5回1/3を7安打1失点で3連勝の6勝目、G戦2勝目。7/2YB戦の1安打勝利時もジオが先発・勝ち投手。2人目岸本からチューク・大島・横山が25S。巨人は10安打も10残塁、6回ジオ暴投1点のみで阪神とゲーム差なしも首位陥落、貯金12。先発福田は5回1/3を2安打6四死球の4失点で4敗目。

3チームが残り試合を毎日しのぎを削って首位を目指しています。カープはこのカードが終わると中日・阪神戦と続きます。
台風の目になりまっせー!
を予感させる昨晩の試合でした。これで3カード連続勝ち越し決定の2連勝!ナイスゲームは昨晩でしょうね。非常に効率のいい内容のある試合でした。
「打てなかった」という事実はありましたが野球は先発でリズムを作って勝ちをもぎ取る。というお手本のような試合でした。
解説の大魔神もこのように評しています。

この消化不良のような流れの一因を作ってしまったのは先発の福田かもしれない。
今日も降板するまで6四死球。これでは試合のテンポも良くならない。逆に広島は若い選手たちが試合に出てチームとしてやりたい野球ができている。


初回のキムショーの死球。そして長野の盗塁失敗。明らかに誤審です。いつもされっぱなし側ならよくわかります。先発があれだけ制球の悪いピッチングをしていたらリズムは狂います。
流れはカープにもっていかれて審判のジャッジも狂う。
先発はやはり重要ですね。ルイスが退団して大竹が出遅れ(というか結果離脱)。この2つが思った以上に今年のカープの低迷の原因となっていると思います。
勝ったことは嬉しいのですがそんなことをつくづく思わせる一夜でした。

マエケンも1軍に帯同しましたしここから6人の先発をきっちり作れたら・・・・と背伸びをしたいところですがヤクルトがこれまた先発がしっかりしてきちゃったんですよね。
となるとしばらくは自分との戦いだカープ。マエケンとジオがいま信頼できる先発ですがこの間に日本人の投手が割って入ってきて欲しいですね。
篠田、齊藤、中田と可能性のあるピッチャーはいるだけに「ファンは首をながーーーくして待っていますよ!」

そう言えば。昨日は2安打で勝利。野村監督は「投手が踏ん張れているし、打線も相手のミスにつけ込む攻撃ができている」
およそカープらしくないコメントなんでビックリしちゃいました(笑)。監督らしいコメントを残せるんだから大敗で会見拒否なんてしちゃ駄目だぞ~

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)

3回の裏。赤松がマートンを2塁で刺したプレイ

2010年08月27日
ちょっとおさらいを。

■阪神22-8広島(TBSエキサイトBB)

阪神が球団最多得点となる22得点。連敗を4で止め首位浮上。20安打は08年8/3YB戦以来となる今季最多。3-8の6回に城島の22号2ラン、7回に金本の自身8本目07年6/2F戦以来の12号満塁HRで逆転。金本は通算1452打点とし歴代単独10位。8回には桧山の昨年4/23以来となる1号 3ランで97年8/2G戦での8回以来となる1インニング10得点。Tの5点差逆転勝利は4/13G戦の6点差逆転以来今季2度目。広島は昨年6/11M 戦での23失点以来の22失点。昨年8/2YB戦以来の5点差逆転負け。

これだけ打てばスタメン全員安打と思いきや、

唯 一 4 番 が ノ ー ヒ ッ ト で し た 。

■阪神1-6広島(TBSエキサイトBB)

広島は2カード連続のカード勝ち越し、今季2度目のT戦勝ち越し。先発スタルツは来日最長の8回1/3を6安打5三振1失点で自身の連敗を2で止め今季5 勝目。T戦、京セラDでは自身初勝利。2回に曾澤のタイムリーで先制。3回に赤松の犠飛で追加点を奪った。阪神は2カード連続の負け越しで巨人が勝ったため2位転落。今日出場選手登録となった下柳が4回2/3を6安打4失点で今季7敗目。京セラDで06年8/17YB戦以来自身8連敗。3回にマートンの3 試合連続打点となるタイムリーで1点を返すもこの1点のみに終わった。

そんこんなの大敗の翌日のゲームでしたが、

勝 っ ち ゃ い ま し た よ 。

この試合は再放送で見ました。
スタメンマスクが會澤と聞いてやや不安視していたのですが。彼がスタメンのときはなかなかの勝率らしいですね。これで4試合3勝?
しかも自慢の打撃でも先制タイムリーの活躍!チームの順位はほぼ見えてきた戦いが続きますがこのチャンスはしっかりと生かして欲しいです。ところで上村は元気なのか?

スタルツが昨日の”ほぼ完投”で阪神に初めての勝利。四球がなかったのが勝因と評価があるがこれは間違いないでしょう。
加えてチェンジアップだったと思いますが左打者がかなりこの球に苦戦していましたね。打線爆発の翌日でしたから選手も「こんなはずでは?」と少し焦りもでたのでは?

打線では期待の岩本がいい仕事していたと思います。いつものようにチャンスを逃すところでつなぐバッティング。
会澤の先制タイムリーの前にヒット、そして8回にきっちりと犠牲フライ。
彼の打撃見ているとワクワクしてきますね。低めの球のさばきが非常にうまいです。相手投手は当然長打を警戒して低目をついてきます。これをさばかれると投手のリズムも狂ってくる・・・。
ただ7番に座っているだけでなく回をまたいで他の選手へのアシストもしているのではないでしょうか?

ちょっといい評価しすぎ?(笑)

そしてもう一人目立ったのは赤松。前日まではさっぱりだったのですが昨日の試合では3回に犠牲フライと5回には左中間2塁打のタイムリー。
前日は無理にライトへ流そうとして三振。選手の調子なんてわからないものですね。相手投手も違いますし1日で結果がガラっと変えて見せます。
それでも「3番岩本」を見たいけどね(笑)

それと赤松にしては普通のプレイでしたが3回のマートンのタイムリーの打球処理。あそこは大きなプレイだと思いました。
早く判断して回り込んで素早い2塁への送球。これでマートンを捕殺。1アウト2塁で平野、鳥谷を迎えるはずが2アウトランナーなし。
流れを相手に渡さずこちらのペースで試合を運べた大きなプレイだったと思います。

さて今日から讀賣と地元で3連戦。讀賣は都市対抗野球で東京ドームを2週間ほど空けた連戦になります。
当然最初のカードはきっちりと取りにくるでしょう。
すでにカープは5位か6位という位置ですがまだまだシーズンは終わりません。
首位チームを慌てさせる様な試合を期待しています。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

阪神に勝ったどおおおおおおお!

2010年08月24日
今日は簡単に。

■阪神4-5広島(TBSエキサイトBB)

広島が今季5度目の3連勝。2回に岩本が2試合連続9号2ラン、2点差の4回に篠田のタイムリー2B、6回に梵のタイムリー2Bで同点。藤川から9回に嶋が3年ぶり5度目の10号ソロで勝ち越し。6回0/3を4失点の先発篠田は7回に平野への死球で今季セ3人目、セパ6人目の危険球退場。チュークが来日初白星、横山が6S目。阪神は今季2度目の4連敗で2位転落。5人目藤川球が今季5本目、C戦では07年9/13の栗原以来の被弾で6/13M戦以来の2敗目。金本が歴代10位タイの通算1448打点、新井は15試合連続安打。



阪 神 に 勝 つ と 酒 が 旨 い !



以上。キャッキャ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

広島に二人のスパイダーマン

2010年08月23日
天谷は何貰えるのかなー ←その貧乏くさい発想はやめろw

■広島6-1横浜(TBSエキサイトBB)

広島が齊藤のプロ初完投勝利で4カードぶり勝ち越し。齊藤は9回2死まで無失点、自己最長9回で最多115球8安打2奪三振2四球1失点で7/15YB戦以来の3勝目。完投勝利投手は7/1G戦の前田健以来3人目。2回に廣瀬の8号2ランと岩本の2者連続8号ソロで3点を先制。7回に8年目木村のプロ初タイムリーなどで2点、木村の盗塁は球団では00年以来の年間100盗塁。8回に天谷がハーパーの中飛を好捕。横浜は3カード連続負け越しで借金はワースト 34。先発大家は6回4失点で7敗目、96年以来の登板のC戦で初黒星。



■赤松に贈り物…好捕のフェンス広告“超美技”効果(スポニチ)

4日の横浜戦(マツダ)で“元祖・本塁打キャッチ”を演じた赤松が試合前、製パン会社のタカキベーカリー(本社・広島市)から石窯パンの詰め合わせなどを贈られた。歴史的好捕で赤松が登った場所にあったのが同社の広告。プレゼントを持参した林春樹社長(62)が「広告の『キ』の部分に足をつけていただいた超美技。反響が大きかった」と笑顔で話せば、赤松は「今後もああいうプレーができれば」と腕ぶしていた。


そうですよね。これずっと語り継がれてそのたびに赤松の姿と一緒にタカキさんの名前も映像でリピートされますものね。そうなると天谷も何貰えるのかなー ←だからその貧乏くさい発想はやめろw



これで確認すると「フマキラーベープ」ですね。なんだ食い物屋じゃねーのか。

それにしてもアナウンサーのリアクションが非常にすばらしい。「え?え?」

saito そりゃ齋藤もビックリだわ。

”前回”も齋藤でしたよね?横浜戦でしたよね? 普通に打たれすぎっていう意見もありますけどね?



こちらは先日の忍者。アメリカでは”スパイダーマン”と評されたようですが。
考えてみたらこれ4日にあったプレイでしたから1ヶ月に2度スーパープレイが出たってことですよね?

・・・。そうなるとアメリカではこう評されるのでしょうかね?

「先日スパイダーマンが放映されたが、なんとスパイダーマン2が月内に放映だよ!オー!ワンダフル!」

俺の表現が下手すぎるw

みたいな。でもこれよく見ると「にしき堂」も結構目立っているよね?



カープファンはこちらの忍者もお忘れずにねw



そしてこちら元祖忍者の山森さん。
二度目は私も知りませんでした。

※映像はYouTubeから拾ってまいりました。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

3番岩本を見たい

2010年08月22日
セ・リーグは1位から3位まで1.5ゲーム差という激戦・・・・の中・・・・・広島では最k(省略

■広島5-4横浜(TBSエキサイトBB)

接戦を制した広島が連敗を3で止めた。広島は4回倉のタイムリーで1点を先制。6回前田智の2点タイムリーで勝ち越し、さらに木村のプロ初打点となる押し出し四球、天谷のタイムリーでこの回4得点。先発ジオは6回5安打1失点で5勝目。来日2度目の自身2連勝、7/2からYB戦3連勝。4人目横山が6 /5H戦以来の5S目。セ相手では08年4/26YB戦以来のセーブをマーク。横浜は両リーグ最速の70敗で借金33。自身3度目先発の阿斗里は5回0 /3をプロ入り最多の90球、5安打4失点で2敗目。プロ入りから自身4連敗。

昨晩は珍しく試合開始からTV観戦をしました。まぁ焼肉をどーしても食べたかったけど相手が見つからなかったからなんだけどねw
試合は両チーム9安打ずつ放って5対4でカープの勝ち。2つのエラーが横浜にありましたがその差でしたかね。内容的にはいかにも5位と6位のゲームでした。

やはり気になるのは先発のジオ。マエケンの次に安定はしている投手・・・にしてはコントロールがいまひとつ。
適当にボールが散る・・・というイイ表現がありますが来年残留するならばコントロールが課題でしょうね。Aクラスのチーム様にはきっと通用しません。いや、絶対だな。
それでも昨晩は6回を5安打5奪三振108球と試合を作ってくれました。
出来れば7回まで投げきって欲しかったのですが、・・・・。とその予感は的中。

相手のエラーを含めて6回に4点を取りましたが、ノーアウト満塁→クリンナップ→3タコ。
この流れは悪い、このままでは済まない。あー、

どうも大島伝説も電池切れの御様子。きっしゃんも村田のときにトンでもない暴投をやらかしているし。
自責点0点と聞いてビックリしているのですが?どうもピシャリといかない。
それだけに先発には7回まで投げきって欲しいのですが・・・・

あ、書いている途中で思い出した。

マエケン、マメつぶして、登録抹消 orz

先発足りない。中継ぎ安定しない。抑えの横山は復帰したばかり。打線はそう期待できない。
よく5位で済んでいますよ・・・・ホントに。

このままだとこのブログも今シーズン終了になってしまうので明るい話題を。
そう、岩本。

昨日も7番1塁でスタメン出場。結果は4打数3安打の猛打賞。
カープファンがいま一番打席が回ってきたら楽しい選手じゃないでしょうかね?ん?違います?
天谷を相変わらず3番で起用していますが昨日の試合を見ていても「いまの彼には3番は重責じゃね?」と。
ファーストストライクをあっさり打ち上げていては4番につなぐ役目は果たしていません。

そこで「3番岩本」を見てみたい!

何度も書いていますが試合が始まる前からワクワクする打線がファンは見たいのですよ。
球場の雰囲気だって変わるだろうしね。その辺はどうも謙二郎は無関心のご様子ですよね?
そういった細かいところの積み重ねでファンとの距離は離れたり近づいたりすると思うのですが。
カープはもうちょっと球団全体をコーディネイトするプロに真剣に診断してもらうべきですよ。
そういった職業の方がいるかどうかは知りませんがね。

いないのら私がやりますけど(笑)
少なくとも最下位を容認するオーナーよりは仕事しまっせw

最後に数個の疑問。
1.倉のリードが冴えていた。今日もスタメンだろうか?
2.東出が30歳の誕生日にベンチスタート。カープにはお誕生日休暇が出来たのでしょうか?
3.尾花監督の加藤の起用は毎度間違っていると思うのですが?

あー、今日も朝から暑いデス!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)

4番栗原が帰ってきた!

2010年08月08日
讀賣さん、なにモタモタしているんですか?(苦笑)

■讀賣2-8広島(TBSエキサイトBB)

広島が今季4度目の3連勝で2カード連続の勝ち越し、去年4月以来の巨人戦勝ち越し。広島は2回、岩本、東出らのタイムリーで5点を先制すると、5回には約2ヶ月ぶりの復帰となった栗原の6/9M戦以来の8号2ランで2点を追加、9回にも1点を追加し巨人を突き放した。先発のジオは自己最多の120球、最長の8回を2失点で4勝目。巨人戦来日初勝利。巨人は先発・福田が今季ワーストの5失点で3敗目。チームも連敗で貯金14。2位阪神も敗れたため首位は変わらず。なお小笠原が史上29人目の通算350二塁打を達成。

お久しぶりです。8月になって初めてのブログになりますね。毎日ご訪問いただいている方もいらして恐縮です。
ありがとうございます。
さてさて我がカープ。讀賣ファン曰くの「まさかのカープに2連敗」w

まぁ勝ち負けもですが。私たちカープファンにとってなによりは「4番栗原が帰ってきた!」
2ヶ月ですか。誰でしたっけロッテの投手。大嶺とか言いましたっけ(覚えているわ)罪深いですよ、本当に!!!(ちょっとだけ怒)
今回はオールスター明け10試合出場禁止だったのですが。これルール見直し必要じゃないですか?オールスター前から栗原は欠場していたわけですから計算して休んだわけではないですしね。
まぁ今までズル休みした人もいたおかげでしょうね。罪深いですよ、本当に!!!(ちょっとだけ怒)

さてちょっとだけ怒ったので本題に。昨日の試合で早速我等の栗原の一発!しかも初球をガツン。これが駄目押しになりましたね。
3裏4裏とちょっと流れが悪くなっていましたからね。この一発で流れを再び呼び戻しました。

先発のジオですがインステップからのスライダーのコントロールが非常によかったですね。
少々甘い球もあったのですがあの球のコントロールにズレがない限りこの先も勝ち星は積み重ねていくと思います。
それと120球という結果も重要視したいですね。この時期に中継ぎを極力使わないのはチームとしては必衰です。この結果をまず聞いて「お、カープちょっと上昇?」の予感を感じました。

マエケン、スタルツ、ジオで3連勝!そして篠田もいる!先発がやっと揃ってきましたよ。あとは齊藤ですね。この5人できっちり回せるようになったら大きな連敗は無くなるでしょう。
まだまだ4位も狙えます!(おいおいおいおいおいおいおいおいおいw)

というのもですね。昨日好調ヤクルトの試合を見てきたものでして。ええ、決してカープ3位、4位をあきらめているわけではないのですが・・・明らかにいまのヤクルトはセで一番強いです。
武内、畠山がもう絶好調。打席に立っている様子をみても自信をうかがわせます。
増渕・松岡・イムの3人も計算できますしね。セットアッパーも中日と並んで安定しています。
そう言えばこのチームって監督辞任したんでしたっけねw よっぽど調子が悪かったんだろうね。

横浜は打線は調子がイイけど投手ですね・・・やはり。しかも継投策がどうも不可解。藤江がなかなかいいピッチングをしていたのに左打者を迎えて交代。
ベンチに戻る藤江も何か物足りない様子。そして変わった加藤がヒットに四球で大ピンチ。結局このあと代わった真田が畠山に逆転2ベース。
ここが勝負の分けどころでしたね。
まぁ利害関係のない試合はのんびり見れて楽しいものですね。どうもカープのときは「何がなんでも勝ってくれ」となってしまいますものね。
昨日はサッポロビール3杯も飲んでしまいましたよ(笑)

・・・・まぁハマスタでは色んな意味でサッポロビールですよね!男性諸君!(笑)

そういえば。昨日気づいたこと。
・ハーパーの背番号は42。ってことはクルーンの・・・そりゃぁあのサヨナラホームランは格別だわ。
・ヤクルトの1番青木、2番田中、3番武内って全部早稲田じゃんw これは王子を迎えるアドバルーンですか?w

おぃ!浩康wwwwwwwwwwwww 
http://spora.jp/htanaka/daily/201008/06

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
野球全般 | Comments(7) | Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。