スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2点取って3点失うチームをわざわざ目指す必要はない

2013年03月30日
はじまりましたね、プロ野球2013年シーズン開幕です!

■讀賣4-3広島(TBSエキサイトBB)

巨人が2年ぶりの開幕戦白星で開幕戦は通算33勝28敗3分。3回にロペスが球団では08年6月6日ロッテ戦の加治前、外国人では91年4月6日の中日戦のブラッドリー以来となる初打席初本塁打。5回に村田が横浜時代10年以来2本目の開幕戦本塁打。7回に脇谷が11年10月1日広島戦以来の打点となる2点タイムリー。2リーグ制後の球団では88年桑田次ぐ年少開幕投手の宮國は6回1/3を8安打3失点。2人目高木京が昨季からの連続無失点記録を30試合とし白星。4人目山口が初の開幕戦セーブ。広島は開幕戦は11年から3連敗で通算34勝27敗3分。09年ルイス以来の外国人開幕投手のバリントンが4失点で黒星。

昨日は出社したものの体調が悪く午前中に早退。
帰りの電車で「あぁ今日開幕だったな」と気づき、なんとか夕方までには起きれるようにと。

ちょっと寝不足だったのかも。夕方には起きてTVはしっかり見れました。
今日は「TOKYO7」を朝から観戦する予定でしたが、さすがに自重しました。静養です。

さて開幕しました、プロ野球2013年シーズン。
なんと言っても楽しみは始まる前の「スタメン」。ここに各将の意気込みも表れていますから。
パッションがこちらにも伝わってきます。

東京ドームの試合を中心に各試合をザッピングしました。
残念ながら楽天とソフトバンクの試合だけがうちのケーブルTVでは中継がなし。
それでも5試合見れるのですからいい時代になったものです。

昨日の試合。選手で言ってしまったら注目はなんと言っても「大谷翔平」。
なんですかあの怪物はw
初ヒット・初タイムリーの内容を見ると初打席・見逃し三振は岸を油断させたものじゃないかと疑うほど。
あの高めを上から強いスイングで1塁線を抜ける2ベースヒット。打球が早い!
左打者で1塁線を抜くヒットって昨年のカープにありましたか?そのぐらいの衝撃!いや翔激か。
彼の打席はもう目が離せませんね。またひとり楽しみな選手が登場しました。

神宮はまああんな展開は予想していました。
西岡の存在が大きいですね。俊介が7番を譲るのも仕方ないか。
打線は控え層が厚いので投手力さえなんとか化ければ対讀賣戦は昨年以上に面白くなると思います。ちょっと4位予想は低かったかもw

その讀賣さんは我がカープと開幕。宮國はなんとか引きずり下ろしたものの相変わらずの「詰めの甘さ」を露呈した試合でした。
4回表。逆転をして1アウト1-3塁でバリントンの打席。ここで強行?
野村監督はこの3年間何をやってきたのだろう?ここでヒットを打つ記憶より併殺打の記憶のほうが甦らないのか?
投手の打率より次の打者のヒットのほうが確率はとりませんか??
しかも菊池ですよ。内野安打の可能性だってある。
投手は打席ですんなり見逃し三振でいいんですよ・・。なんというか「強欲が結局流れを相手に渡した」というところでしょうか。
初回の攻撃も菊池の2塁打で「さぁ奇襲だ!」というところに丸の初球ライトフライ。
誰がどう見ても宮國は緊張のマウンド。「まずアウト1つ」というところにすんなりプレゼント。粘り強くあそこは攻めるべきです。それが昨年ヤクルトとの差だったとまだ気づかないベンチには少し呆れ気味。まだ1試合ですけど。

未来ある話をしないと心が折れっぱなしで今日からカープの試合を見なくなってしまいますw
自分を奮い立たせるためにもイイ話を。
1番から4番までの打順。これはイイですね。得点の匂いがプンプンします、
率が残せそうなルイスの加入、そしてエルドレッドの2年目の貫録。菊池の足は相手には脅威ですし、丸のシュアな打撃は1-3塁が作れます。そう、こういったストーリーを描ける打順を待っていました。
ぶっちゃけ5番以下なんてどうでもいいんです。しっかり守れたら。
そういう意味では梵を6番っていいんじゃないかな。守備に徹してときどき見せるパンチ力。
松山がこのまま調子を上げてくれたら打線は心配ないと思いますよ。拙攻以外はw

阪神のように6番以下も厚みを加える打線は確かに魅力はあります。
カードゲームに慣れた人にはカープの打線は物足りないでしょう。でも投手力を中心としたチームは上位打線さえ気にすればいいんです。1点取って0点で守れば勝てるゲームですから2点取って3点失うチームをわざわざ目指す必要はないということです。

メリハリです。下位打線がしっかり守備をして上位打線でしっかり粘った攻撃をする。
そして投手力で勝つ。これは各選手に持ち味に責任を持たせるということです。
万能な選手はカープにはいません。それぞれが背伸びをしなくても自分の力をちゃんと出し切れば勝てると私は信じています。

問題はそれに野村監督が気づいているかどうかだな。

それにしても第二戦で先発久本ってなんだ?
ミンチー・菊地原・レイノソ以来の衝撃ですけど。  ( ´_ゝ`)フ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

カープの開幕スタメンとシーズン予想をしてみました

2013年03月26日
いつの間にかWBCも終わっていましたw

■栗原 開幕戦はベンチスタート決定的(ニッカン)

右太ももを痛めていた広島栗原健太内野手(31)が25日、開幕戦はベンチスタートになることが決定的となった。マツダスタジアムで行われた1軍練習に合流したが、野村謙二郎監督(46)は「スタメンに名を連ねるかは分からない」と慎重だった。これまで調子のいい選手を優先的に起用する方針を公言。オープン戦でチーム2位の7打点を記録した左打者の松山竜平外野手(27)が、スタメン出場することが濃厚だ。

昨日のファンミーティングの様子も合わせると次が開幕スタメンになるようです。

1番 セカンド 菊池
2番 センター 丸
3番 ライト ルイス
4番 レフト エルドレッド
5番 ファースト 松山
6番 ショート 梵
7番 サード 堂林
8番 キャッチャー 石原
9番 ピッチャー バリントン

まぁ開幕から20試合は黙って見守ります。

ついでに順位予想。
1位 讀賣        俺が監督やっても優勝するわw
2位 東京ヤクルト   開幕ダッシュは失敗するも1年間いい戦いをすると思います。
3位 広島東洋     まぁこのぐらいで勘弁してあげますw
4位 阪神        打線はかなり戦力UPしたけど投手力がね。
5位 中日        このぐらいじゃね?
6位 横浜        ごめんなさい。

1位 西武        ここは若手が魅力。そして投手力もある。サファテ加入は大きいよ。
2位 福岡SB      まぁバランスはいいよね。
3位 北海道日ハム  吉川の穴を誰が埋めるのでしょうか?
4位 東北楽天     ハムと大差はないと思います。投手は揃ってきました。
5位 千葉ロッテ    このぐらいじゃね?
6位 オリックス     金子いない、岸田いない、どうしたらいいの。
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。