スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

なんと4試合連続スタメンが同じと言う奇跡と言うかなんというか

2013年04月09日
謙二郎の左右病があああああああ!・・・解けた。

■DeNA2-9広島(TBSエキサイトBB)

広島が今季最多の9得点で今季初の連勝。1回エルドレット、堂林のタイムリー等で4点先制。3回大竹の09年9月3日中日戦以来のタイムリーなど打者一巡で、昨年10月8日DeNA戦の7回に6得点以来となる1イニング5得点。先発大竹は7回2/3を5安打2失点で、昨年9月5日中日戦以来の白星。昨年4月17日からDeNA戦自身3連勝。横浜スタジアムでは4年ぶりの勝利。DeNAは2連敗、昨年10月8日から横浜スタジアムで4連敗。先発ソトが3回を来日ワーストタイの9安打、ワーストの9失点。6回ブランコが今季2度目、来日12度目の2試合連続となる6号ソロ。中村は2安打で2000本安打まで残り22本。

正直外野2000円なんて何様ベイスターズ。
全部指定にしてしまったために友人と待ち合わせも出来やしない。そんなのつまらん!
ということで今日は真っ直ぐ家に帰ってきました。家でハマスタのベイスvsカープ戦を見るなんてホント久しぶり。

帰ってきてTVをつけると「ベイス1-0カープ」の模様。なんだ苦戦か・・・

ん?1-9? キュー????

どうやら梶谷がやらかしたそうで。後で見ましたがあのプレイはカメラマンが焦っただろうなぁ。
カメラをショートからセカンドに移して誰もいないんですよ・・・。

そんなこんなの大量リードに助けていただいて大竹もスイスイ。
ヒーローインタビューでも悔しがっていましたね。最後まで投げたかったと。
ただ球は浮いてきていましたから「何が起きるかわからない大量リードのカープさん」なら交代はやむを得ないかとファンとしては謙二郎に1票。

その謙二郎にもう1票。
なんと先発がソトだったのに「打線をいじらなかった」。これ大収穫ですよ。

昨日までのスタメンを見ると(協力:スタメンデータベース)


4菊池 8丸 7ルイス 3エルドレッド 9松山 6梵 5堂林 2石原
6安部 4菊池 8丸 3エルドレッド 7ルイス 9松山 5堂林 2石原
4菊池 8丸 9廣瀬 3エルドレッド 7鈴木将 6梵 5堂林 2石原
4菊池 8丸 9廣瀬 3エルドレッド 7ルイス 6梵 5堂林 2石原
4菊池 8丸 7ルイス 3エルドレッド 9松山 6梵 5堂林 2白濱
4菊池 8丸 7ルイス 9エルドレッド 3栗原 6梵 5堂林 2石原
4菊池 8丸 7ルイス 9エルドレッド 3栗原 6梵 5堂林 2石原
4菊池 8丸 7ルイス 9エルドレッド 3栗原 6梵 5堂林 2石原
4菊池 8丸 7ルイス 9エルドレッド 3栗原 6梵 5堂林 2石原


もう2試合目なんて狂気の沙汰もいいところですよ。
前日2番を打った丸を3番って・・・。色々試したいのもわかりますがどうも潔さが謙二郎はないんだよね・・。
キャンプと紅白戦を見て自分なりの構想が開幕しても固まらないってのは選手も不安ですよ。
そして連敗で気付いたのか5試合目で[3番ルイス]に戻します。
また栗原が戻って来てからは打線はいじっていません。4試合連続で同じスタメンです。

これはね、ホント嬉しですよ。
丸が好調なので単純にバントはないでしょうしね。ここで1-3塁のカタチを作って初回猛攻。
まさに今日の試合が理想的だったと思います。

まぁ開幕のときに書いたことと一緒です(笑)

明日はバリ様なんだよね。どうしようかなー 久しぶりに内野観戦も検討中です。
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)

4

2013年04月09日
謙二郎の左右病があああああああ!・・・解けた。

■DeNA2-9広島(TBSエキサイトBB)

巨人が2年ぶりの開幕戦白星で開幕戦は通算33勝28敗3分。3回にロペスが球団では08年6月6日ロッテ戦の加治前、外国人では91年4月6日の中日戦のブラッドリー以来となる初打席初本塁打。5回に村田が横浜時代10年以来2本目の開幕戦本塁打。7回に脇谷が11年10月1日広島戦以来の打点となる2点タイムリー。2リーグ制後の球団では88年桑田次ぐ年少開幕投手の宮國は6回1/3を8安打3失点。2人目高木京が昨季からの連続無失点記録を30試合とし白星。4人目山口が初の開幕戦セーブ。広島は開幕戦は11年から3連敗で通算34勝27敗3分。09年ルイス以来の外国人開幕投手のバリントンが4失点で黒星。

正直外野2000円なんて何様ベイスターズ。
全部指定にしてしまったために友人と待ち合わせも出来やしない。そんなのつまらん!
ということで今日は真っ直ぐ家に帰ってきました。家でハマスタのベイスvsカープ戦を見るなんてホント久しぶり。

帰ってきてTVをつけると「ベイス1-0カープ」の模様。なんだ苦戦か・・・

ん?1-9? キュー????

どうやら梶谷がやらかしたそうで。後で見ましたがあのプレイはカメラマンが焦っただろうなぁ。
カメラをショートからセカンドに移して誰もいないんですよ・・・。

そんなこんなの大量リードに助けていただいて大竹もスイスイ。
ヒーローインタビューでも悔しがっていましたね。最後まで投げたかったと。
ただ球は浮いてきていましたから「何が起きるかわからない大量リードのカープさん」なら交代はやむを得ないかとファンとしては謙二郎に1票。

その謙二郎にもう1票。
なんと先発がソトだったのに「打線をいじらなかった」。これ大収穫ですよ。

昨日までのスタメンを見ると(協力:スタメンデータベース)

4菊池 8丸 7ルイス 3エルドレッド 9松山 6梵 5堂林 2石原
6安部 4菊池 8丸 3エルドレッド 7ルイス 9松山 5堂林 2石原
4菊池 8丸 9廣瀬 3エルドレッド 7鈴木将 6梵 5堂林 2石原
4菊池 8丸 9廣瀬 3エルドレッド 7ルイス 6梵 5堂林 2石原
4菊池 8丸 7ルイス 3エルドレッド 9松山 6梵 5堂林 2白濱
4菊池 8丸 7ルイス 9エルドレッド 3栗原 6梵 5堂林 2石原
4菊池 8丸 7ルイス 9エルドレッド 3栗原 6梵 5堂林 2石原
4菊池 8丸 7ルイス 9エルドレッド 3栗原 6梵 5堂林 2石原
4菊池 8丸 7ルイス 9エルドレッド 3栗原 6梵 5堂林 2石原

もう2試合目なんて狂気の沙汰もいいところですよ。
前日2番を打った丸を3番って・・・。色々試したいのもわかりますがどうも潔さが謙二郎はないんだよね・・。
キャンプと紅白戦を見て自分なりの構想が開幕しても固まらないってのは選手も不安ですよ。
そして連敗で気付いたのか5試合目で[3番ルイス]に戻します。
また栗原が戻って来てからは打線はいじっていません。4試合連続で同じスタメンです。

これはね、ホント嬉しですよ。
丸が好調なので単純にバントはないでしょうしね。ここで1-3塁のカタチを作って初回猛攻。
まさに今日の試合が理想的だったと思います。

まぁ開幕のときに書いたことと一緒です(笑)
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。