スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

プロ意識が抜けず審判を敵に回した

2008年08月24日
9月6日(土)レッドストームデイの試合前イベントと試合後イベントが発表になりました。→こちら


■ダル、上原の熱意奪う投手起用に問題アリ (サンスポ)

プロが五輪参加した00年以降、日本代表にスポンサーから多額の協賛金が集まり、それがアマ球界を潤してきた。だが今回の敗戦は結果として、NPBの権威失墜につながったし、五輪を手放したアマの落胆と後悔も計り知れない。「プロが出るから金メダル」と安易にはしゃぎすぎた点は、メディアを含め反省すべきだろう。
野球がメジャースポーツであり続けるために、2016年へむけた野球の五輪復活運動は成功させなければならない。それは、あくまで『五輪をアマに返してあげるための運動』にすべきだ。

なかなか今朝のサンスポの記事はいいですね。 江本の冷静なコメントは唸りました。(珍しくw)

またロス五輪(金メダル)で監督だった元法政の監督でもある松永怜一さんは「プロ意識が抜けず審判を敵に回した」と厳しいコメントをしています。

以前別のアマ関係者のコメントを見ましたが、小笠原のようなアッパーな選手はパワーゲームの国際大会では向いていないそうです。 そういった点をアマ関係はよく知っているのにプロはわかっていないと。
どういったプライドが双方にあるのかは知りませんが、そういった情報を得ることが出来ないNPBの体質にも問題があります。

日本野球界がいまこそ一枚岩になって「日本野球を盛り上げる。強さを世界で証明する」とならなければいけませんね。

国際大会というのは”短期決戦”という要素以上に「賢さじゃなくて心の強さ」が一番必要なんだなとこの大会を通して知りました。
普段はリーグ戦で”勝つ”以外にも選手は頭にあると思うのです。自分の成績しかり、明日につながる1本しかり。
国際大会に行けば全ての選手は”スター”じゃなくなるわけです。
そういった環境下、慣れていない場所で普段の力がいまの日本プロ選手には出せないのではないかと。



サンスポの星野監督のコメントを読みました
「ただの負け犬」です。井端ヤサブローを選んでいたらうんぬんなんて発言することが信じられません。そんな中途半端に選手について評価したら誰も監督についていきません。
星野は嫌いですけどこのコメントを見てさらに「がっかりしました」。

「日本の野球に恥をかかせた」

これもピンときません。
なんていうのかな言っていること全てがつながっていないんですよ。
欲張りな発言っていうのかな、あれもこれも。

「現状ではすべて受け止めないといけない。私の力がなかった。選手は必死にやってくれた。日本の野球はこのレベルじゃない」

うん、なかった。リーグ中なので選考には難しかっただろうけど起用に関してはどうなんだろ?と思いました。しつこいが「4番新井」にこだわる理由がわかりません。阪神だからでしょ?と選手間のなかにもあったのでは?もっと技術的に他の選手がこの期間を使って”勉強したい”という選手を選ばないと。川崎がWBCのときにイチローに慕ってしたでしょ。あんな感じ。今回の韓国のイ・スンヨプはまさにそれ。

「もっとパワーでおさえ込むということがわれわれになければ…。もっと国際試合をたくさんして、厳しさを知っている人たちがこういう大会に出るべき」

星野監督はどういうつもりで言ったのかわかりませんが、全てアマと考えることはないと思います。プロアマを混合してもいい。監督だけアマでもいい。
ただし「どういうチームを作るか」を先に決めて(もちろん勝てるチーム)それに合う選手を選んで欲しいです。
考えてみればプロはチーム編成はフロント次第。アマの監督のほうが入団時からの影響が大きいですよね。

強化試合もいま思えば考えモノでした。
球場の照明を暗めにして審判のアマ。そこまではよかったのですが、相手をアマチュアにするという手もありました。
アマのピッチャーは当然配球をワイドにしてくるでしょう。それに対応する実戦が足りませんでした。
プロアマ交流の場にもなりますし、これからプロに入ってくる選手には貴重な場所です。スカウトも嬉しいでしょうしw

あの川上が投じた石原への一球。
あれがそのまま北京につながっていましたね・・・。


「何を言われても甘んじて受ける」

昨年末のどっかのFA宣言選手(辛いんです)が同じことを言っていた気がする。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
同感です。
「勝った者が強い」ではなく「強いものが勝つ」が、正しいだろう。つまり、気持ちが強いものが勝つんだよ。気持ちが強い者は、準備も怠らないんだよ。裏を返せば、結果オーライってことだろう。

全チームが同じストライクゾーンでやってるんだからさー、自らの采配ミスを認めての謝罪会見なら、同情の余地はあるが、審判に責任転換するとは、人間的にも腐ってる。

自ら選手を選んで負けて帰ってきたという事は、株に例えると、税金を使って、自ら銘柄を選んで、投資に失敗したようなもんだろ。国民のお金でオリンピックに参加してる限りは、結果が出なかった責任は、口だけではなく、ちゃんと取ってもらいたい。

星野がオリンピックに自費参加してたんだったら話は別だが。

詳しくは<http://blogs.yahoo.co.jp/swallowswallowswallows/15158012.html>で!
◇燕先輩さん
はじめまして。上原も全てはストレイクゾーンと発していましたね。まぁ彼としてはいままで発言を重ねたら「それにちゃんと対応できる準備が日本は出来ていなかった」というのが本音でしょう。
なんか星野はWBC続投のような発言もしているんですね。
自分の進退は自分で決める?それは辞任しかないと思っているのですが。
あと日本はすぐに叩くから若手が育たない・・・な発言も。
なんか変だな、と思ったのですが「現場を離れるとこうなるのか」と気づきました。
ノムさんと王さんのコメントには苦笑しました。

ブログ拝見させていただきました。
また遊びにうかがいます!

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。