スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

そして再びゲーム差1

2008年08月30日
都市対抗野球が始まった♪

■中日3-4広島(TBSエキサイトBB)

広島が借金2、3位中日と1ゲーム差とした。1回アレックスの12号2ランで先制、6回栗原の併殺崩れ間、8回石原の押し出し四球で加点。今季初登板、先発は06年10/7ヤクルト戦以来の斉藤は5回82球2安打1四球無失点で06年10/1巨人戦以来のプロ2勝目。6人目永川が27セーブ目。中日は6回イ・ビョンギュ、和田のタイムリーで2点を返すも勝率5割、2位巨人と6・5ゲーム差。先発山本昌は7回7安打2四球3失点で4敗目。7/15巨人戦からの連勝は7、ナゴヤDでの連勝は3で止まり自身初の月間5勝はならず。

空気読めない、読まない、自然と読んでいない。
といったら広島東洋カープ。
山本昌でこっちは齊藤。どう見たってボロ負けムードなのに。勝っちゃった♪
昌の連勝も止めちゃったw

追いつかれそうで追いつかれない展開。でもこれやっぱりアレックスの2ランで先制してゲームを有利に進めたことが勝因でしょう。
ユウキよく頑張った!(カタカナで書くと実は全く別の球団の選手なんだけど漢字変換が面倒でね。←単語登録しろよ俺)

今日は帰ってきたらノリがエラー。続く栗原はサードファールフライ。
ここで打っていたらもっと楽になれるのに・・・と思っていたらナガカーの鬼のクロージングですよ。

解説者も言っていましたが「ストライクのフォークとボールにするフォークを使い分けている」。
なんですか?それは永川がコントロールがいいという証明ですか?
昨日中国新聞の記事で知ったのですが、永川と藤川だけが逆転をされていないクローザーだそうで。
春先の「フォームが固まらない」なんて言っていたあの永川ですよ?
いやいやまだ私も悲鳴は出ますよ、木村さん。過去の負の遺産が清算できないのは東出と一緒で・・・

ただ今日のピッチング、とくに森野には内容のあるピッチングでしたね。
追い込まれたら厳しい球が来る。次の荒木が初球に手を出したのもその影響でしょう。いいピッチングでした。

さてこれでゲーム差がまた1。ただ明日の先発をどうするのか?マエケン?ルイス?
ドラゴンズもよくわかんない。なんとかビジター、特に鬼門のナゴヤで勝ち越せば今後の力にもなる・・・1戦1戦が大事な試合です。


■シュルツが右上腕筋負傷で抹消(ニッカン)

広島マイク・シュルツ投手(28)が30日、右上腕筋負傷のため出場選手登録を抹消され、チームを離れた。数日前に張りを訴え、この日午前中に名古屋市の病院で「右上腕三頭筋筋膜炎」で7日間の加療を要する見込みと診断された。シュルツは必勝リレーの一角としてチームを支えていた。1軍外国人枠に空きができたため、スコット・シーボル内野手(33)が登録された。

あいたたたたたたた。
ブラウワーを獲得しておいてよかったよ・・・と思ったがそういえばシュルツは怪我の不安がありましたね。しかし横山がいないだけにシュルツの離脱は痛いです。
今日はユウキを5回で降板させましたが、最低でも6回は投げてもらわないと困る・・。7回梅津、8回ブラウワー、9回永川になるでしょうね。
しかしシーボルは2軍でもさっぱりだったようで・・・ほんと数年後名前を出して笑える選手でしょうね。


さてさて。
東京ドームに行って来ました。
toshitaiko_01

試合途中にショップに行くと・・
toshitaiko_02 ジャイアンツプライドってそういうことか?

toshitaiko_03 うっすらJRの一文字を試合前にみて喜んでw

toshitaiko_04 1週間早いレッドストームを日本生命がやっていましたw

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
大きな1勝
齋藤はまだ怪しいですが、結果を自信に変えてほしいですね

シーボルは今日も勝負所で一本打ってましたし(結果は栗原本塁噴死でしたが)、存在感は健在でしょうか
アレックスも昨日あたりから調子が上がってきてるみたいですし、赤松も状態が良さそうですし梵も若干上向き気味

岸本も打たれはしましたが悪くはなかったと思いますし、青木勇ものらりくらり投げてましたし…
ブラウワーは相変わらず危なっかしかったですけど(笑)

でもまぁシュルツや横山の不在をみんなでカバーしていけそうな気はします
今年のカープは本当に面白い!
◇哲さん
そうですね。ダメかと思ったら起き上がる。
今年のカープはおもしろいですね!

管理者のみに表示
Trackback
本当に去年 いや例年を考えたら この時期まで上位争いをしているのは 周りからみたら想定外なんでしょうね 負けられない3位争い中日との 名古屋決戦 まず金曜日 重圧か 力がないのか あと1本が出ない 詰めが甘い そして踏ん張れない 1点差の負けだけど 惜しいとは...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。