スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

川村投手引退試合とカープ7年ぶりの4位が確定!

2008年10月05日
なんとか4位確定!でも明日5割以上という目標が残っています。

■横浜2-7横浜(TBSエキサイトBB)

広島が勝率5割で01年以来の4位が決定。2回小窪のタイムリー3Bなどで2点先制、3回栗原の22号ソロなどで2点追加、7回栗原は昨年9/1中日戦以来の1試合2本塁打となる23号ソロなどで2点追加し横浜戦3年ぶりの勝ち越し、巨人・ヤクルトに続き96年以来の3球団以上に勝ち越しを決める。先発前田健は8回自身最多129球8安打2失点で4連勝の9勝目。横浜は村田のリーグ単独43号ソロなどの2点のみで、今季ワーストタイの借金48。内川が21度目の猛打賞。石井琢が松原誠を抜き球団新記録の2155試合出場。

今日は川村投手の引退試合でもありました。
第一打席は東出。明らかに「故意の三振」。佐々岡が解説で怒ったとか?w
まぁいいんじゃないかな。確かにチーム成績もかかってはいますが、東出なりの解釈だったのでしょう。私はそれでいいと思います。
彼自身1打席損しましたんですからw 
以前どこかに書きましたがプロの選手は全て尊敬しています。プロ野球の選手に憧れた自分にはまぶしい存在です。
小さい頃から野球選手を目指してそしてプロ入り。長いプロ生活を送った選手すべてに「お疲れ様でした」と言いたいです。

昨年私が内野観戦をしたときに前田2000本安打を前に足に死球というのがありました。
あのときはもう川村が憎くて(苦笑) しかもサヨナラ負けしたんじゃないかな。
それももう”印象に残った思い出”。いまは全然憎んでいません。いま思えば真剣に投げた結果でしょう。
今日は思い出のシーンがスクリーンに出ましたが・・・あの通りで川村投手には抑えられたイメージしかないんですよね。
最後にレフトスタンドまで来た川村投手の微笑が印象的でした。川村投手お疲れ様でした。


さて試合ですが前田健太が今日も落ち着いたピッチングを見せてくれました。
特に点を取られた直後のバッターに丁寧なピッチング。これが2失点で終わった要因でしょう。
これで9勝目。マエケンのピッチングは非常に見ていて楽しいです。
攻撃のときはかなり気合を入れて応援するので「守備のときはややお休みタイム」だったのですが、むしろ攻撃中はややお休みしてマエケンのピッチングを見たいです。
10勝には届かなかったけどこれは来年のお楽しみとしておきます。
あれ?新人王の権利ってあるんだっけ??(今頃気づいたw)


明日でシーズンが終わります。あと1日。
実は色んなものが詰まった1日なんですよね。
・カープシーズン最終日
・横浜との最終戦(エールの交換あり?)
・5割以上がかかった試合
・マーティーの去就がかかった試合?(どっちにしても続投らしいですが)
・カープファンにとっては琢朗を横浜で見るのが最後かも知れない。タカノリも?

「琢朗が横浜にいなくなるのは寂しいです」

琢朗は今日スタメンでしたが横浜側から凄い応援。
カープ側でもスタメンで拍手をしていた人が多かったですよ。もちろん私も。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(4) | Trackback(1)
Comment
二日間お世話になりました。本当にありがとうございました。
無事帰還いたしましたw

前田健太は来年の新人王の資格は残念ながらないようですね。投手の場合の資格は「5年以下なおかつ30イニング以下」なので。けど来年は、何らかのタイトルを狙える位置に来そうな気もします。今年の成績を見る限り「ローテーション2~3番手」は十分狙えそうなんで(もう入ってますが…)。

「来年は一緒にクライマックス」
いいですねぇ。テレビで期待して待ってますw

お疲れ様でした。
◇あだちさん
お疲れ様でした。特に土曜日w
来年はもうないんですね。たしかに30イニングはぶっちギリオーバーですね。じゃぁ今年は_? 坂本かな?

来年はもしかしたら大竹以上のポジションになるかも知れませんね。
来年も楽しく応援しましょう!1年間お疲れ様でした。
マエケンの投球を近くで見たくて、内野B指定を買ってインチキしてバックネット裏で見ました。(スンマセン)。当然球筋とかはわかるわけないですが、マウンド上での態度というか言われるとおり打たれた次にきちっと抑えることでゲームを作ってましたね。
また、表情がいいんですよ。強気でね。 来年は大いに期待できますよ。これは。
◇イズタマアルさん
表情ね。あとチビッコが「マエケンクロール」をするようになりましたね。
真似される選手はスター性がある証拠でしょう。
来年はもっと飛躍すると思います。

管理者のみに表示
Trackback
キセキを信じた クライマックスへの戦いは昨日 無残に散ってしまいました 前も言いましたが 決して惜しかった よくやったというレベルでは済ませてはいけません でも 今日の中国新聞の記事にもありましたが それが実力という事実もあります 11年連続Bクラスの事実
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。