スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

東出、初のベストナイン受賞

2008年11月22日
誰だ?パ・リーグ新人王に「該当者なし」を投じた1名!

■東出が“セ界一”だ!初のベストナイン受賞(スポニチ)

チームリーダーへの第一歩だ。プロ野球公式戦の各タイトルを表彰する「プロ野球コンベンション2008」が21日、東京都内のホテルで開かれ、広島の東出輝裕内野手(28)がセ・リーグ二塁手部門でベストナインに輝いた。嬉しいプロ10年目での初受賞。ひのき舞台に立った東出は「1年だけじゃ意味がない。5年は続けて獲りたい」と意気込みを語った。

以前もこの日記でオーナーが以前チームの軸となって欲しい選手は「黒田と新井と東出」。2人は退団をしましたが1人は「生涯カープ」となる残留を決めた・・・しっかりと球団としてはビジョンがあってそれをなんとか達成している・・・。
それが東出?
今回のベストナインと聞いて(成績は文句ありませんが)「あの東出?」という思い。
ショート東出の冬の時代を知っている人間にはすぐに受け入れる脳がありませんで(苦笑)。もちろんここまで成長してくれたことは嬉しいです。
一言で言うと「これが育成チームの楽しみだぞ」と  ←簡単にまとめすぎw

兎にも角にも「東出選手ベストナイン受賞おめでとうございます」


■早くも亀裂!中日が選手の派遣“拒否”(スポニチ)

侍ジャパンに早くも亀裂が走った。来年3月に開催される国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の第2回スタッフ会議が21日、都内のホテルで行われた。会議では代表候補48選手の意志確認などを行ったが、12球団の中で唯一、中日が選手の派遣を“拒否”。一枚岩で連覇を目指すはずが思わぬ“ボイコット”に、日本代表の原辰徳監督(巨人監督=50)もショックを隠せなかった。


■中日オーナー「まともに働ける選手いない」(スポニチ)

中日の白井オーナーはコンベンションに出席後「まだ何も聞いてない」と選手派遣を拒否したことについては明言を避けたが「うちには(WBCで)まともに働ける選手はいない。(落合)監督も“ケガ人は出さない”と言っていた。当然のことでしょう。選手の意思もある」と語った。北京五輪後には川上が不調に陥ったこともあり「五輪では全面協力したが“五輪後遺症”はきつい。ちゃんと健全な人を指名しないと」と主張。左ふくらはぎ痛が完治していない森野については「完ぺきでないと聞いている」と体調不良を強調していた。


■落合監督が反論 意思確認に「ノーとだけ答えた(スポニチ)

中日・落合監督がナゴヤ球場での秋季練習で、WBC問題について反論。1次候補に選出された4選手が理由もないまま辞退を申し入れた問題について「すでにシーズン中から選手に確認していたこと。今回は(NPBから)意思確認だけしてくれとのことだったので“ノー”とだけ答えた」とした。
台湾代表候補のチェンについては出場を認める方向であることから、あくまで代表辞退は選手側の意思を尊重したものであることを強調していた。


■辞退の中日選手…理由は体調や調整面の不安(スポニチ)

WBCの日本代表候補を辞退したことが明らかになった中日勢のうち、森野、浅尾、高橋は22日、シーズン後のリハビリや秋季練習のためナゴヤ球場を訪れた。
森野は今季前半に左ふくらはぎ肉離れで約2カ月戦列を離れており、「(体の)不安のほうが大きい。五輪だったら無理してでも、というのがあったが、時期の問題もあるし断った」と辞退の理由を話した。
浅尾は「1年通してまだ1回もやっていない。中日の選手として1年やってから…」と「時期尚早」を口にし、高橋は「調整の面で不安があるので」と語った。


今朝スポニチの1面には「造反 中日」と。何事?と思ったらWBCへの参加(日本代表)は中日は誰もいないと。
スポニチでは名前もはっきり書かれていましたが、岩瀬・浅尾・森野・高橋の4名。
正直「また岩瀬か」と思いました。彼は前回も拒否。確かシーズン前の調整を考えてのこと。試合数が毎年50試合を超える選手には酷だったのか?
それでも岩瀬の代わりとなった大塚はトレードで新しいチームに合流をしなければいけないのにWBCに参加。ファンとしては当然「大塚ありがとう!」

選手も生活がある。1度故障をしてしまえば一生を棒に振ることだってある。
しかしファンは勝手だ。ええ、勝手でいいと思います。見ている側は細かいことはわかりませんから・・・実際にダルビッシュのように「問題なし」と言っている選手もいるのですから。

今回どうにも腑に落ちないのは「中日の全員が意思統一をしたかのように拒否したこと」
本当に全員が「行きたくない」のだろうか。何かよっぽど川上は北京でひどい目にあったのではないだろうか・・・。

今回ドラゴンズファンはどう思っているのだろうか。当然WBCで日本代表として活躍する姿を見たいファンも多かったのではないでしょうか。
そういったファンへの言葉が今回は見当たらない。どこを向いて野球をやっているのだろう??
日本野球界全体で盛り上げるという考えはないのだろうか?

私には「残念と疑問」が残りました。

残ったメンバーで編成をすればいいこと。確かに、それが現実。
しかし日本野球界の未来については別に追求するべきでは?

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。