スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

動揺することなく本来の実力が発揮できるような経験

2008年11月27日
今日はこの話題でしょうね。

■星野監督が指摘「気持ちで弱い面出た」(デイリー)

日本オリンピック委員会(JOC)は26日、北京五輪の日本選手団報告書を公表し、メダルを逃して4位に終わった野球の日本代表監督を務めた星野仙一氏は、敗因として選手の精神面の弱さと国際試合の経験の少なさを挙げた。
報告書の総評と反省で星野氏は、金メダルを獲得した韓国と比較し「気持ちの面で、弱い面が出た。選手たちは気を抜いて戦ったわけではもちろんないが、気持ちの部分で差があったかもしれないとも思う」と指摘。さらに「国際試合を多く経験する場を作ることで国際大会でも動揺することなく本来の実力が発揮できるような経験を積ませることが重要かと感じている」と記した。
今後に向けては「この敗戦を糧に、次の国際大会では選手が奮起してくれることを期待している」とし、来春に行われる国・地域別対抗戦の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への期待もうかがわせた。

今日会社でこのニュースを知りました。
星野叩きのブログ(コメント)が多いのは承知でしたが割りと冷静な分析をするファンもいましたね。
私は星野の責任もあると思います。ただ星野を監督として選んだ人は出てこないのでしょうか?
つまり選んだ人は「敗因」を全てを星野に押し付けていませんか?そこをちゃんと差し引いて星野を評価しないと。・・・、まぁあんまり変わりませんか?w

この「気持ちの面で、弱い面が出た。選手たちは気を抜いて戦ったわけではもちろんないが、気持ちの部分で差があったかもしれないとも思う」を出場した選手が聞いてどう思うか?でしょうね。
是非主力選手には本音でコメントをいただきたいものです。

ただこの星野の報告で注目すべきところもあります。「国際試合を多く経験する場を作ることで国際大会でも動揺することなく本来の実力が発揮できるような経験を積ませることが重要」←ここ
プロの選手に国際大会の経験が本当に必要なのでしょうか?この1行には日本がこれから世界大会で「勝つ」ためのスタートキーが含まれているのではないでしょうか。

一般的には「国際大会の経験」が必要と言われていますが具体的に経験を積むことで「何を」得ることが出来るのでしょうか?
私は審判のジャッジ(くせ)と各国のプレイスタイルを把握する必要があるからだと思っています。他にはないでしょうか?
その部分が報道が悪いのか「星野を選んだお偉いさん」の頭が悪いのか知りませんが、何をもって国際大会の経験が必要なのかが明確ではありません。
「慣れ?」でしょうか。慣れたら”本来の実力が発揮”出来るのでしょうか。慣れることと慣れないことはどのぐらいの差があるのでしょうか。

この星野レポートの全文を読んでみたいですね。
星野という人物は確かに嫌いですが「日本代表の監督として北京大会をどう分析したか」を語ることが出来るのは彼ということは紛れもない事実。
その”事実”に含まれるものは全て「嘘、でたらめ」とは限らない。←変な文、そう、しっかりと分析して「国際大会に勝つ」要因を洗いなおして欲しいです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ いつもありがとうございます。励みになります。
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
星野は私も大嫌いです。人間として軽蔑に値します。そもそも大した監督でもないのにイメージ戦略だけでのこのこ出てきて、自分で選手を選び采配した訳ですから、潔く非を認めるのが普通の大人ですよね。
それから国際試合についてですが、ハッキリ言ってサッカーの様に世界中で人気があるスポーツでもない野球の国際試合にはたしてどれほどの価値があるのか?もちろんその価値を今から構築していこうと言う試みは立派ですが、あまり代表を持ち上げるのはいかがなものかと。
経験のキューバ、モチベイションの韓国
うーん、でも監督にも国際大会の采配の経験が豊富なんて
人もいないわけでしょ!?プロで。王さんは最高の結果を
出してくださいましたが。まず監督を育てなきゃ。日本で
二軍も一軍も監督を経験し、メジャーに招かれるような
優秀な人材。あるいはマイナーで修行してメジャーの
監督となるような。それでも国際大会で勝てるかは
また別のハナシだとは想いますが。
◇赤い彗星さん
こんにちは。星野は阪神に行ったときぐらいから「なんかね」。
いまの若い選手を引っ張る求心力はなさそうです。

国際大会に関しては私は育てるべきだと思っています。
「プロ野球の発展」は”優秀な人材の確保”にもつながります。
オリンピックが終わると必ず金メダルを獲得した競技の人口は増えます。
これは親が子供にすすめるからです。親が野球に魅力を感じなかったら子供自ら野球を始める確率は低くなります。野球する子供が減れば友達同士で野球で遊ぶことも減ります。
少子化に加えて優秀なアスリートを確保するのは年々プロ野球に限らず厳しくなってきました。
国際大会で日本が他の国を破る姿はストレートに日本国民に響きます。マスコミの露出も違います。
私たちのように年中野球を見ていない人に大きな影響を与えるのためには国際大会は育てていくべきだと思います。
日本代表を持ち上げるかどうかは別次元でコメントさせていただきました。

◇クネス14さん、こんにちは。
そうですね、監督の経験も検討しないといけないと思います。国際大会が経験豊富な監督は思い浮かびません。アマチュア界かな・・・。では本当に監督にその経験が必要か?という論議になると思います。アマ監督でプロ選手の起用は出来るか?という問題・・・そういった選考が出来ているかが疑問です。
やはりこれまでの流れを見ると「名前が知られている監督の選考」じゃないでしょうか。スポンサーの顔色も伺っているのかもね。
プロ出身の監督がやはり必要、そして国際大会の経験が必要というならばしっかりとしたビジョンを立てて「10年先」をいまから考えるべきだと思います。しばらくは外国人監督でもいいと思います。

確かに4番も監督も人材不足ですね・・
 はじめまして、基本的にROMしてるだけなのですがたまにはコメントなんかも。。。

 やっぱり全文読んでみたいですね、マスコミさんが報道する場所というのはインパクト強い部分しか報道しないということが往々にしてありますので。
 今現在、どうも世間的には星野氏が悪者だという「空気」がはびこっている気がしてならないし、それに乗っかった報道しかされていない雰囲気があるのではないかと思っています。
 個人的には、星野氏を監督に選んだのは人事ミスとは思っては居ますが、責任ある立場から総括をした内容までを信じるに値しないと斬って捨てるのはいかがなものかと思っています。
 そこにはきっと何らかのヒントがあるし、一つの真実を告げる何かがあるに違いないからです。
 そこからやっぱり一野球ファンとしては興味をもって「邪推(笑)」してみたいものですから。

 WBCもなんやかんや言って楽しみですし、若手監督ともいえる原監督がどのような手腕をみせるかも期待です。ダメならダメで経験と割り切るも・・・割り切れるのかな。
 いっそ、四番も経験をつませるということ重視で、ここは是非四番栗原でいってもらいたいものです。(願望)
◇まーるさん
こんにちは。はじめましてになりますね。
いつもありがとうございます。
コメント拝見いたしました。ROMだけなんてもったいない!
是非これからもよろしくお願いいたします。

うん、すごく同意するコメントです。
特に、
>興味をもって「邪推(笑)」してみたいものですから

www

ほんとなんやかんや楽しみです。
原も今年がやっと自分のやりたい野球が出来たのではないでしょうか。やはり打者出身の選手ですから「攻撃」にこだわりがあると思います。「1番鈴木」これは彼がやりたいスタイルでしたがヨシノブを起用する限りはなかなか踏み出せなかった。今年は運がいいのか悪いのか鈴木しか1番の適任がいなかった。そして理想のカタチができた。
ではWBCの日本代表の監督としてはどういったこだわりを見せてくれるのか。この素人目に見える「こだわり」がないとなんとも評価できない。
4番については贔屓目なしで栗原です。
誰も期待していなかったじゃないですか(笑)。でもこの成績!
急にポッカリ空いた穴を十分に埋めた実績は買いだと思います。

いま各チームは中心打者として外国人選手に頼りすぎです。もっと「日本人の4番」をしっかりと育てて欲しいものです。
江藤、金本、新井、栗原としっかりと育ててきたカープは凄いですよ。出て行くばっかりですが。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。