スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

白球はピンポン球のように右翼スタンド最上段

2009年03月07日
やっぱり韓国代表は強い。

■韓国強い!2発9点!ガツンガツン10安打で台湾圧倒(報知)

打った瞬間、勝利を確信した。初回、制球を乱した台湾先発の李振昌から4番・金泰均の2点打で先制して、なお1死満塁。7番・李晋映がカウント1―1から内角の直球を強振すると、白球はピンポン球のように右翼スタンド最上段に飛び込んだ。力強いガッツポーズでダイヤモンドを一周した28歳は、「初戦ですごく緊張したし、勝ちたい気持ちが強かったので、本当にうれしい」と、グランドスラムに胸を張った。

昨日は録画でこの試合を観戦しました。いやー、感想は「強い」。
チャイニーズタイペイもあの初回さえなければ・・という内容。しっかり守るいいチームです。しかし立ち上がりでしたね。
あの満塁ホームランは「どこまで飛ぶの?」という表現より「あっという間にそこまで飛ばしたの?」という打球。あのステップでドンピシャならば今日先発予告の”シーズン18勝男”でも厳しいかなと不安を抱きました。
今朝のスポニチではシュートを使う見出しですがどうでしょう。あの1回の1、2番なんてボールから逃げずむしろ当たりにいっていますよね?
そこから生じた大量得点。今日の試合でも微妙なコントロールの違いで日本は序盤で大量リードされる可能性もあると思います。

今日の韓国の投手は金広鉉。2連敗していますから日本としても2連覇するためには打ち崩したいところ。
ただあの長い腕で強く振られてくると左打者が多い日本代表はどうだろう。正直5回ぐらいまで1-0か0-1の最小スコアで進めて金広鉉が降板してからの後半勝負ではなかろうか。
松坂の立ち上がりがうまく行ってくれたら杉内→俊介とつなげることが出来ると思います。今日の日本は2,3点とって逃げ切る展開が理想でしょう。

話は前後しますが。昨日先発の柳賢振。一瞬「マサ_?」と思ったけどw バレンゼイラを思い出しましたよ。(3番バッターは嶋に見えたw)
打者もそうだけど決してスマートなスタイルじゃないんですよね。オカワリが何人もいるような。でもカッコいいなぁと思いますよ韓国代表。
慣れ親しんでいるのは日本野球ですから今回は日本を私は応援しますが韓国代表も是非アメリカラウンドでの活躍を期待しています。
今日は3塁側で私は観戦します。周りには多くの韓国の方がいるんでしょうね。日本には勝って欲しいけど「アジアの名勝負」を一番期待しています。


■広島ドラフト3位・小松、きょうラストチャンス登板(スポニチ)

同じ過ちは繰り返さない。広島のドラフト3位ルーキー・小松剛投手(22)がきょう7日の楽天戦(広島)での“リベンジ”投球を誓った。前回登板の1日、ソフトバンク戦(宮崎)では制球が定まらず、6失点KO。第6の先発争いはし烈を極めるだけに、生き残りへ、内容と結果を追い求めていく構えだ。

こっちは楽しむとか悠長なことがいっていられないカープさんw
ちっとも勝てないね(苦笑)。期待の小松も前回は散々な結果。ほー、生き残りをかけた登板ですか。プロは厳しいね。
もしこの登板で結果が出なかったら開幕どころかシーズンずっと2軍という可能性もあるのですから。ただここぞというときに力を発揮できない選手は自然と選手生命が短くなるのでしょうね。
この厳しさに残ったものたちがグラウンドでプレイしていると思うとより一層「野球が楽しく」なります。

さて広島といえばサッカーのほうが一足先に開幕しますね。
偶然にもサンフレッチェは横浜Mと対戦します。そう遠いスタジアムではないので自由席で応援してきます。
佐藤寿人のユニフォームで40代の男を見かけたらそれは私です ←そんな奴は沢山いるw

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
 打線が打てない、野手を取れと他のコメント欄で見るけれど、それをやったら去年投手を取っていながら投手の飼い殺しをみんなが求めてる気がしてなりません。

 個人的にはどんどんトレードをしていって欲しい気がします、1つ思ったのが前に前田がトレードしてほしいと申し出たという噂ですが、これを使って1例思い浮かんだのが、
 前田    帆足 
 末永<=> 栗山・佐藤・大島のうちのどれか
 このような考え方で、誰が出して思い切ったトレードが必要な気がします。どう見ますか。
◇Mr.S.Cさん

こんにちは。いつもご訪問いただきありがとうございます。
確かに前田は移籍を希望しましたね。

彼の守備力を考えたら(トレードを別にして)3年ぐらい前からレギュラーから外すべきだったと思います。その当時も思いました。ただね・・・2000本安打という目標とカープはなかなか生え抜きは移籍させない(特に人気選手)、グッズの売上が大きい前田を移籍させるのは営業面からもオーナーは許さなかったでしょうね。これは経営面で考えると仕方がないのですが戦力面で考えるとマイナス面・・・このバランスをとるのは生え抜きを大切にする難しいですね。

前田に関してはすでにトレードは旬を過ぎていると思います。
末永も同様ですね。実績面が足りないのでライオンズで挙げていただいた3名のいずれも厳しいと思います。
ただ他の球団でなかなか実績の出ない選手との交換なら出来ると思います。それでは大幅な戦力補強にはならないのでちょっとこの話からはズレちゃいますね。

私はトレードならば強力な左の中継ぎを取って欲しいです。
WBCを見ていても思いますが他球団は左の好打者が多いですしね。
トレードをもっと活発にして欲しいのは賛成です。
(入団時の誓約とか色々あるでしょうけど)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。