スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

日本は流れを逃がさなかった

2009年03月17日
私が起きたらすでに3点リードでしたが(笑)

■みんな早起きした!WBC日本戦視聴率は驚異的(スポニチ)

16日にTBS系で放映されたWBC2次ラウンド、日本-キューバ戦の平均視聴率が午前6時からの2時間半で24・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったたことが17日、分かった。16日放送の全番組の中ではトップの数字だった。午前5時からの1時間は11・6%。瞬間最高視聴率は5回表の日本の攻撃が終了した午前7時17分の29.9%だった。
早朝からの放送にもかかわらず、この数字は驚異的。前回06年にほぼ同じ時間帯の午前5時45分から日本テレビが放映した2次ラウンド初戦の日本-米国戦が11・6%だったことから、今大会の注目度の高さがうかがえる。

なんとか5時に起きようと思ったもののカラダが動きませんでしたw
起きたときには日本が3点リード。7時前に家を出たのでほんのちょっとしか生で見ることが出来ませんでした。
今日は有給休暇なので朝から昨日の試合を再生。見所、突っ込みどころ満載でしたね。

まずは日本代表チーム勝利おめでとう!
キューバは先発の注目のチャップマンでしたが前日に昨日の解説でもあった槇原氏が「総合力で打ち崩す」と言ったとおりの展開でした。

日本の勝利は立ち上がりから4回までの流れを「日本は逃がさなかった」印象をもちました。
2回の牽制死と2つの落球。流れを相手に渡してしまいそうな箇所でも渡さなかった。これは松坂-城島バッテリーがよく踏ん張ったと評価したいです。
ノムさんちょっと黙っときw
しかしあの落球のときは叫んだよ(再生だけど)
「おーーーーのーーーマリナーーーーズ!」

打では粘った打席が目立ちましたね。東京ラウンドから1番から3番のラインナップには少々疑問があったのですが状態がよく粘り強い選手をうまく原監督が起用していると思います。
左打者がちょっと多目じゃないか?と前回もここで書きましたが「天然芝で足の有効」という意味では頷けるものが昨日の試合でも随所に見られました。

それと内川の存在が大きいですね。東京ラウンドの韓国戦でも勝負強いタイムリーを見せましたが昨日も駄目押しのタイムリー。
4番村田も最低限の仕事(犠牲フライ)。横浜はこの二人が抜けていま国内で戦っているのですが開幕が怖いと晴れときどきカープファン目線w

個人的に嬉しかったのは9回の川崎のヒットかな。もう試合が決まっていたけど。
前回と北京を経験している彼が日本チームの大きな支えになっていることは確か。中島が発熱で遅れ気味ですが片岡のサポートにもなる。
野球は9人でするスポーツではないですから。こういった控えがいてこそスタメンの選手も心強く、また簡単に渡してたまるかという競争心も生まれます。
「2番 川崎」を見ていけどなぁ・・出番ないでしょうかね?
まぁ石原よりは可能性があるのでしょうけど(出番が始球式だけなんてあんまりだああああ)

さてスタンドを見ると「阪神キャップ」のファンがいましたよね?
カープ!!!!と思ったらキューバでしたw 素で勘違い。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
ユニ
なぜカープのユニ着た人が!
インタビューしてみたいですねw
さすがに、個人の写真を貼るのはまずいの
ではないでしょうか。
鮮明ではないとはいえ、知った人が見れば
特定できるレベルだと思います。

ゼブラおばさん吹いたw
方も書かれてますが、
野球ファンとは思えない記事ですね。
良心を疑ってしまうので、削除願います。
◇晃司さん
本当に野球が好きな方なんでしょうねw

◇たけとさん
はしゃぎっぷりがまたステキでしたw

◇気になったのでさん、上のさん
もめたくもありませんので削除しました。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。