スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

イチローへの8球

2009年03月27日
とっても遅くなりましたが日本代表の皆さん世界一おめでとうございます。

■WBC総観客動員数80万人、8.5%増 (サンスポ)

WBC主催者は25日(日本時間26日)、第2回大会は試合以外でも成功を収めたと発表した。総観客動員は80万1408人で、前回(73万7112人)より約8.5%増加。決勝は大会史上最多の5万4846人で、ロサンゼルスで行われた3試合は計14万1854人が詰め掛けた。
米スポーツ専門局ESPNによる中継の平均視聴率は1.3%で、前回大会より微増。1試合平均の視聴者数は161万6000人と前回より14%増だった。米国での最高視聴率は日本と米国の準決勝で2.2%。前回大会の同じカードの視聴率は1%だった。
スポンサー数は前回の26から56に倍増。米大リーグ機構(MLB)のバド・セリグ・コミッショナー(74)は「グラウンド内外での大会の成功は、野球の魅力と国際的な発展を示した」などと語った。

うちの会社にとっても所属部署にとっても今月は1年で一番忙しい月。
それでも!やっぱり気になったのは「WBC日本代表の戦いっぷり」。
韓国とベネズエラの試合も気になって見ましたよ!1回裏まで(w

2ヶ月前に会社の同僚が韓国に転勤になりやはりメールの交換はこの話題が中心になりました。
韓国では決勝で負けた翌日は試合があったのか?ぐらいの落ち込みぶりと。それだけ韓国の人の期待は大きかったのでしょう。
ただ「日本に負けたから」という理由はあえて持ち出す必要はないかなと。元同僚もその点については触れて来ませんでした。「決勝で負けた。優勝できなかった」ことが韓国の選手・ファンも残念に思ったのではないでしょうか。

相手がどうこう関係なくあの決勝は素晴らしい内容でした。
中島のプレイについて韓国メディアがダーティーと触れましたがマスコミが勝手に騒いでいるような気もします。
もっとスポーツの素晴らしさを伝え、変な民族間の遺恨を煽るような行為はいかがなものかと思います。

決勝の当日は会社でNIFTYのリアル速報をF5キーと一緒に見ていましたw
同点に追いつかれたときは私も思いました「なぜに球児じゃない」
しかし翌日のデイリーには右肩が思わしくなく調子も上がらない球児と。うーん、その翌日の彼の代表引退をほのめかす発言は??
その瞬間とそしてあの瞬間はパソコンの画面を目の前にしてガッツポーズですよ。
あの瞬間=イチローの8球。正しくは「イチローへの8球」か。
翌日韓国の監督がサインミスだったとコメントしていますがそのミスを逃さなかった日本が最後まで勝利に向かって集中していたんだと思います。
確かにイチローは「何かを」もっていますね。

劇的な結果となりましたが韓国の8.9回の粘り、そして再三の日本のチャンスを抑えてきた戦いぶりは決勝にふさわしいものでした。
家に帰ってから再生で素晴らしい戦いを味わいました。日本が勝ったのはもちろん嬉しい。
でもこの両国で私の大好きな野球で熱狂している、そして将来のスター候補がいま芽生えたのでは?!なんて思うと感無量です。

ちょっと日本の選手を個別にプレイバック。
まず我がカープの栗原と石原。栗原は3打席凡退、2三振1併殺と残念な結果に終わってしまいましたが、彼にとっては大きな財産になると思います。
自身も帰国してそのようなコメントを残しましたね。それと原が決勝でDHに起用した理由。
平然とコメントしていましたが結果将来にもつながる起用だったのではないかと。
そもそもメジャー選手を7,8,9番に置く采配もその辺の理由をうかがわせる香りがしました。
次回の大会で中心となる選手に経験を与えつつ勝ち進んだ「サムライジャパン」の原監督に拍手です。
そして石原。栗山氏が賞賛していましたよね。ブルペンでいいミットの音を出して気持ちよくピッチャーを送り出したと。
こういった影の力もチームの力。打席に立たなくても控えとしての務めはしっかりと出来ました。堂々とメダリストと名乗って欲しいです。

他チームでは松坂より岩隈は私も同感(MVP)。あとは小笠原と青木ですね。
アメリカ戦の翌日の新聞報道は川崎を大きく掲載されていましたがあの試合は小笠原のつないだ2本を高く評価したいです。凄い技術ですよ・・。
そして青木。本人もMVPは自分?なんてコメントをしていましたがそれに十分値する内容でした。
私は彼の体系からは1番しか想像していませんでしたがそれを遥かに超えた戦いぶりでした。
ほー、彼は3番に適しているだな・・・と。
優勝してからの彼のコメントにひと際輝きを感じました。北京で3番に起用してくれた星野氏にも感謝のコメントを残したのも印象的。両国の子供たちに大きな影響になることも望んでいました。
あの謙虚な姿勢は原がやろうとしているつなぐ野球の3番に一番適していたのではないでしょうか。
本来はイチローが座る席でしたが結果青木で大正解。これもイチロー効果ですかね?w

さて各代表選手は帰国して早々所属チームに合流する人も。
今度は日本プロ野球の開幕。WBC効果で今年1年は「プロ野球ブーム到来」となって欲しいものです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
イチロー効果ですね。・・v-221
◇icedecollさん

でしょうかね?v-219

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。