スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2安打で勝てるほど阪神は甘くない

2009年05月12日
打線に迫力がない。見ていて息が詰まる・・

■阪神1-0広島(TBSエキサイトBB)

阪神が今季3度目のサヨナラ勝ちで2連勝、3位浮上。阪神は9回金本が球団通算7000号、4年ぶり通算6本目のサヨナラHRとなる9号ソロで勝利。先発の下柳は9回119球2安打4三振4四球、03年8/29S戦以来6年ぶり4度目の完封で3勝目。40歳以上の完封は史上7人目。9回被安打2は、01年3/31ダイエー戦以来自身最少タイ。広島は下柳の前に3塁を踏めず今季3度目の完封負け。先発の大竹は8回119球無失点で防御率はリーグトップの0.90。2人目横山が2敗目。今季ワースト借金3で5/7以来の4位転落。

「やっぱりアニキは凄いなああ」と西のほうから大合唱で聞こえそうですが。

まぁ負けは負け。それまでに点を取れなかった打線に問題大ありです。
確かに8回までに下柳はいい内容だったと思います。が9回は別。ギャラガの3イニング目のような球が打てないんですから。特にマック。
あそこで右の代打という閃きがうちの監督にはないんですかねぇ・・・バレンタインか大石監督かオレだったらw代打でしたね。

そのあとに谷の工藤から右中間へのヒットを見ちゃいましたよ。・・・こういうっバッティングができんかね、うちの選手は(はー)

きっとカープブロガーの多くがこの台詞を書くことでしょう。「大竹を見殺し」。
昨年までの大竹とは違ってイニングを重ねても球威が落ちない。球種の幅が広がったことが高く評価されていますが、いやいやストレートの力をもっと評価せねば。
それと15秒ルールが彼には丁度いい縛りになったかと。リズムよく投げることで本来の自分の力を長いイニングで出せることが出来るようになったと思います。まだ若干安心していませんが
が、打線はちっともそのリズムに乗ってくれません。

梵も先頭打者でその打率でチームがヒット1本に抑えられていても0-2からセカンドゴロ。
うーん、浅い回ならまだしもボールが散ってきた下柳に対してその攻めはなんだと。ベンチもコーチも何を指示しているのかと。

さ、切り替え切り替え。明日は勝ちましょう!まだ借金3です。この阪神戦が終わったらお得意様との3連戦ですよ!!←相当やけっぱちwww

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
はじめまして。  今日の大竹選手良かったですね。ストレートもですけど、新井選手のバットをへし折ったシュートも威力がありましたね。ここ3試合ですが本人も例年になく手応えを感じてるのでは。しかし絵に描いたような理想の負け方でしたね。この際、5番以降は守備力重視にして、点を取るより、やらないことを考えたほうがよいのでは。                 どうせ打てないんだし・・・・・・。
◇緑の酒屋さん
はじめまして!ようこそ!コメントありがとうございます。

>この際、5番以降は守備力重視にして、点を取るより、やらないことを考えたほうがよいのでは。

全く同感です。昨年は「2点打線」なんて呼ばれていましたがその2点なかなか取れない打線になってしまいました。
効率が元々悪い上にヒットが出なかったら勝てるわけがありません。1,2点をしっかりと守り勝つ野球がいまのところの課題でしょうね。マックとシーボルがこのままの調子なら尚更ですね。大竹は全ての球にキレがありました。今年はタイトル1つ・・・と言ってもこのままでは「防御率」しか選択肢がないような(TT)

管理者のみに表示
Trackback
*大竹、24回連続無失点 広島 *【球炎】成長の大竹 我慢の時 <阪神1-0広島> 今日は試合に負けた事よりも、大竹が無失点だった事に驚いています。 もう信じていいのかな…ホントに期待しちゃっていいのかな。 好投しても悩ませる大竹投手なのでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。