スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

石原2桁ホームランはチームの捕手で76年水沼以来

2009年09月20日
琢朗スタメンにはビックリで4安打にもビックリ。

■阪神4-5広島(TBSエキサイトBB)

広島が連勝し3位阪神と0.5差、ヤクルトと同率4位となった。広島は6回、石原の自身初となる10号ソロで同点。チームの捕手で2ケタHRは76年水沼以来。7回には天谷の犠飛で勝ち越。勝ち投手は先発・前田健で8勝目。永川が33S。阪神は1点を追う3回浅井の4号と鳥谷の19号、2本のソロで逆転するが、2人目江草がリードを守れず4敗目。鳥谷の甲子園でのHR連勝は18でストップ。金本が6年連続14度目の20号。3人目の桟原が初登板からの連続無敗記録を114試合とし、広島の清川と並びプロ野球記録を達成。

昨日も出かけていたのでプロ野球ニュースと録画再生で試合を確認しました。
カープが勝ったのを知ったのは神宮球場でしたがね(笑)

小窪と天谷が打撃の調子がいいので「この二人で2.3番かな?」なんて予想は崩れました。小窪スタメンにいねーや(笑)
ナイトゲームのあとのデイゲーム。ここを考慮したのでしょうか。あとは先発が今年1軍初登板の上園でしたのでベテランの力に託したのでしょうか。
その期待に応えた4安打。あの勝ち越しにつながる3塁打がクローズアップされていますが私は初回の打席でベテランの味を堪能させていただきました。
上園は久しぶりの登板でいきなり東出にヒットを許す。ここで琢朗。バントの構えをして揺さぶって投げ急がせます。ここでも何度か書きましたがシーズンを通してこの「なんとしてもランナーを進める」という意欲。
なんでしょね、このオーラは。そして結果はライト前ヒット。いきなり0アウト1-2塁で「今日も厳しい戦いになる・・・」と球場全体が重い雰囲気に。
結果栗原の2塁打で先制。一時は逆転はされましたがビジターチームが序盤に点を取りピッチャーが踏ん張れば「勝つ可能性は十分にあります」

ちょっとラッキーもありましたね。2回の金本のHRあとに新井が2塁打。0アウト2塁で1点差。バッター関本にバントはなし。
ここを細かく攻撃されたら流れを持っていかれたかも。それと何といっても8回裏(笑)説明はいらんはな。
最終回の死球のあとの桜井のバント失敗。ここも琢朗のように揺さぶられたらどうだったでしょうね・・。

同点に追いついた石原のホームランですが。さすが世界の石原は風を読んだのでしょうか?あのサヨナラホームランを思い出させる貴重なアーチ。
次がマエケンでしたがカウント1-3からよく勝負しましたよね?マエケンのうほうが怖かったなんてことはないと思っていますよ、はい。
そして8回。2番琢朗、3番天谷の起用がずばり。この2人で決勝点。終わってみたら14安打で4得点は褒められたもんではありませんが「打線好調」と前向きにしておきましょう。

最後はミスタージェットコースターでしたが、どうにも評価の内容で。時々見せる切れのいい球に「おっ!」と思わせておいて明らかなボールもある。
でもそういえば最近暴投が無くなった?変なワンバウンドフォークの無くなった?それと昨日は変化球でファーストストライクをとっていましたね。うーん、でもまだ信じられない(苦笑)

昨日は神宮でヤクルトvs読売を観戦。林と五十嵐の戻ったヤクルトがどんだけ回復してきたかこの目で確かめたかったのですが・・・読売さんが初回2アウトランナーなしから4点獲得w
こんなゲーム運びできるのは12球団でここだでしょうか。1点差になったら坂本が粘り強いバッティング。そしてラミレスの駄目押しホームラン。あとは万全な越智と山口(ついでにクルーン)。
このチームを破って日本シリーズに進出なんてことになったらたまんないでしょうね。ナベツネが「5割切ったチームがありえん!ルール変更!」まで見たいwww


さてこれで、4位浮上!

3位 阪神 -
4位 東京 0.5   
4位 広島 0.0  これもしかして同率3位の可能性もあるんじゃないかと・・・。


久しぶりに今日の1枚(昨日ですが)

tokyo6東京六大学野球も始まりました(神宮正面)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。