スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

シュルツが残ってくれました、ホッ。

2009年12月19日
内示が出て仕事がさらに忙しくなってきたが、それよりカープのネタが少なすぎる。

■シュルツ「来年こそ優勝」信じる…7500万円で更改(スポニチ)

広島は18日、マイク・シュルツ投手(30)と年俸7500万円プラス出来高払いで来季の契約を結んだことを発表した。契約年数は1年だが、2年目の契約に関しては球団が選択権を持つ。今季は中継ぎとしてリーグ2位タイの73試合に登板。同トップタイの35ホールドをマークするなどフル回転した。シュルツは球団を通じ「来年こそ優勝することを信じ、カープのためにベストを尽くす」と意気込みを示した。

なんか横浜さんの連日の補強報道が華やかに見える中でカープにも大きな光が。シュルツさん残留です。
あー、ほとんど大丈夫とは思ってはいましたがルイスの件があっただけに・・・・多くのカープファンが安心したことでしょう。
これもし残ってくれないとなると「広島東洋カープ終了のお知らせ」というブログタイトルが並んだことでしょう・・・ありがとうよシュルツ。ユニ買ってしまおうかな。←何枚あるんじゃ

さてBクラスライバルの横浜さんが凄くやる気マンマンで困ってしまうのですが。
まぁこの補強でうちより下の結果に終わったら10年以上低迷するでしょう・・・ぐらいの意地悪な目つきでこの補強を見ていますよ。←性格の悪さはここに出ます

いま決定しているだけで。新人を抜いた移籍だけでも、

清水 直行 投手 千葉ロッテ
坂元 弥太郎 投手 北海道日本ハム
松山 傑 投手 北海道日本ハム
稲田 直人 内野手 北海道日本ハム
橋本 将 捕手 千葉ロッテ
王 溢正 投手 CPBL・La New
篠原 貴行 投手 福岡ソフトバンク
早川 大輔 外野手 千葉ロッテ
ブーチェック 投手 MLB・ピッツバーグ
カスティーヨ 外野手 CPBL・統一

まだあったような肝。このおかげで来年の各解説者の順位予想が凄く楽になりそうですよね。

1位 讀賣 2位 中日 3位東京ヤクルト 4位横浜 5位阪神 6位広島東洋

判を押したかのようにこの順位は並ぶでしょうね。「ルイスの穴は大きいですからねぇ。他に目だった補強がない」
このコメントも多く見られることでしょう。まぁ勝負事ですからやってみないと・・・でもAクラスは厳しいよなぁ、と少し私も不安げ。

次回は「私の今年のベストゲーム(カープ)」をご紹介したいと思います。皆さんも是非そのときにご紹介くださいね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(7) | Trackback(0)
Comment
1巨人




6広島

がテンプレでしょうね…

かくいう僕も(ry
No Title
◇哲さん

テンプwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

吹いちゃったよ。  便利なテンプをありがとう。解説陣もきっと大喜び(TT)
No Title
 そうですかね、カープがやたら上がるかわからないことを含めて、この順位予想ですね。

1 巨人 2 中日 3 ヤクルト 4 広島 5 阪神 6 横浜 
 
 となりますね、 これはいくつかありますが、ある点ををポイントとしてみました。

 1位、2位はいい捕手がいて、育成も順潮な点で、この先もよほどの問題がない限りはこれでいくだろうと見ました。(ただし、11年にドラゴンズの監督が変わることでどうなるかわかりませんが) 

 3位、4位はカープだってある程度捕手が育ってるし、ヤクルトにそんな引けをとらないんじゃないですか、投手も大事ですが捕手も同じぐらいまたはそれ以上に大事なはずです、センターラインの重要点ですし。

 5位、6位はどうしてこうなるかというと、横浜の場合はセ・リーグ経験者がいないで「交流戦対策?」と思わされたし、橋本を取って野口の立場は?のことにも考えてない気もしたので(阪神の場合は、城島はほとんどハ・リーグの方式でやってきてるので、セ・リーグの方式にどれぐらいで慣れるかわからない感じがしました) 横浜は結構監督を選ぶのにも迷走したようで、尾花さんがいつ慣れるかがポイントでしょう(何でも、何人か欠けたのに、落とした人に断りの電話も入れないようで、断られた人たちは球団に対するイメージが悪化してるといいます)。

 話が入りましたが、カープは高橋以外にこの後どんな投手を入れるか、ブラウン政権で振り回され、思うような実力も出せなかった野手をどこまで固定して起用し、結果を残すか見れれば、クライマックスも見えてくるんじゃないでしょうか。    
No Title
◇Mr.S.Cさん
私と哲さんのお話は「解説者はこう予想してくるだろう」予想です。横浜の補強もどれだけチームにフィットするか。これからでしょう。しかし解説者なんていつも判を押したような予想とその内容。しっかり分析しろや!という皮肉も込めています。

このあと外国人投手が2人入る可能性がありますが投手はなんとか今年ぐらいはやると思います。ルイス抜きでも新外国人投手と今井が埋めてくれるでしょう。問題は1-3番、そして5番。

1-4番だけでもいいから。と思っていましたが栗原の最近のコメントを見ると「思った以上に球場が広すぎた」と。たぶん来年は力まずに右中間に狙ってくると思います。そうなると3番がいかにランナーを進める、または残すバッティングが出来るか。そして栗原が塁に残る可能性があるので今度は5番も重要になってきました。いまの打力で6番以下に贅沢はいえません。むしろしっかり守れる人がいればいいです。
そうなるとやっぱり東出がキーです。彼を2番におけるか。誰が1番を打てるか。3番は、そして5番は。

楽しみであり不安であり。ですね。後者のほうが大きいけどw
確かに横浜は戦力を補強していますね

尾花さんが監督になったおかげで防御率は上昇するでしょう

ただ清水は下り坂の選手ですから3番手辺りで10勝は無理でしょう

現時点の予想としては横浜と広島の最下位争いになる感じですかねぇ

結局は巨人と中日と阪神の三つ巴になりそうですね
No Title
順位予想  
1広島





・・・達川さん用にどうでしょうw
No Title
◇緑の酒屋さん
達川専用www

達っちゃんも来年は1位にしてくれるか微妙ですよね・・・

ただ私のいまの最下位予想はカープではありません。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。