スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

勝つ力を備えてくれ、我がカープよ!

2010年01月11日
私の故郷の山梨に初の優勝旗!サッカーですけどね。

■大竹“エースの自覚”年末年始も後輩を指導(スポニチ)

2010年は力強くチームを引っ張る。広島・大竹寛投手(26)が10日、廿日市市・大野練習場で本拠地での始動をした。実家の埼玉に帰省していた年末年始はプロ5年目の相沢を誘い、ともにトレーニング。初の1軍登板を目指す後輩に、熱心に練習方法や心構えのアドバイスを送った。自らも昨季リーグワーストだった四球数60(故意四球3つを含む)の削減を目標に掲げ、グラウンド内外で主力として存在感を発揮する。
▼広島・大竹 年末年始はゆっくりしていたけど、体は動かしていました。ここからは肩をつくっていく段階です。キャンプまでにしっかりと投げ込んでいきたいです。

昨年からこの日記で何度も書いていますがこのチームに最も必要なものは「勝つ、絶対に勝つ」というベンチの雰囲気だと私は思っています。
それ以前に。力は急に発揮は出来るものではありませんから練習のときからの意識でしょうね。その意識、絶対に勝つために俺たちはいま苦しい練習をしているんだという意識。
ゴンとカズは「サッカーがうまくなりたい」を目標にしていますがあれはあるレベルに達した人の発するお言葉。いま我がカープの選手には「うまくなるのは当たり前。それ以上に試合に勝つ力を備えること」これを心がけて日々の練習に取り組んでもらいたいと思っています。
そういった環境には「経験をしっかり持った先輩」は必要でしょう。正直大竹にはまだ早いかなと。野手では昨年加入した石井がいますが投手がこの点で心細い。
いま考えると建の加入は大きいかもね。出来れば優勝を経験したチーム、もしくはAクラス常連のチームの投手に加入してもらいたいものですけどね。

讀賣が今年小林雅を獲得しました。そのニュースを聞いたときに「あぁ讀賣はこれをパターン化していくつもりだな」と思いました。
つまり優勝も経験したことがあり抑えのタイトルホルダーの豊田をセットアッパーに起用している讀賣はこのパターンを続けていくんだなと。
豊田の年齢を考えたら小林の加入はいいタイイングだったと思います。”やや”炎上傾向なコバマサさんですが”経験”という点ではカープファンからみたらうらやましい限りですよ。
たぶん数年語コバマサがくたびれたときには他チームから抑えの経験+優勝経験のある投手に讀賣は手を伸ばすと思います。

こうなるとカープは「勢い」でしょうね。「若さ」とストレートに言ってもいいかも。
まだ伸びシロのある選手がフィールドで活躍することで世間の注目を浴びます。こういった雰囲気は経験に勝ることもときにあります。
いまのカープの現状を考えるとコレでしょうね。つまりコレが実現しないと昨年までと代わり映えがなくチームとしての弱点を徹底的に漬かれて秋を迎える前にジ・エンドでしょう。

これを前提に。今年のカープはどうかなぁ・・・・と選手を眺めてみても。いまはまだその気配は感じませんね。
私は1番から5番までの打線を今年のカープで一番注目しています。ピッチャーフェチの私ですけどね。
讀賣が坂本・松本というフレッシュな1・2番を形成しましたがこれに負けない魅力のある1・2番をノムケンにも期待したいですね。(そこを考えると浅井と内田ってねぇ・・)
2番は東出でいいと思います。何もフレッシュばかりが魅力ではないですからね。1番、1番だなぁ。
赤松と天谷だったらいままでとは比較にならないぐらいの”速い足”を見せて欲しいです。あとは・・・このあとに名前が出てこないのが困ったものだね。
強いチームを作る気が本気であるならばここに2軍でいいから1番を打っていた選手を獲得して活性をあげて欲しいところですが。コーチもね、盗塁王の経験のある人とかね。

やっぱり結局そこにたどり着いて止まってしまう・・・って何年こんなことしているんだかw

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(7) | Trackback(0)
Comment
大部、遅れましたがあけましておめでとうございます。
前世界の一場様で投稿したものです。

広島は確かに若さで勝負するしかないですかね…。
東出が3割をうった時のある爆発力があれば1番東出で問題ないでしょうけど
走塁面だけをいえば赤松何ですよね。
投手軍もそうですが、若手主体の良いチームに育つ素質はあるので楽しみではあります。
勝手な言い分
勝手な言い分と言う事でスミマセン。
おっとその前に今年もよろしくお願いします。

1番は私のイメージは天谷くんです。
何をしでかすかわからないような魅力でしょう。
赤松君は現時点ではあまりにもパワー不足で
まともに打てないような気がします。あ、好きなんですけど。
じゃあ、3番は? ううむ。困りますね。

そこで話を戻して大竹カン様。
どうしても入団時から、いやその前から夢を託してますが、
表情を見るとそろそろ行きそうな気がしますけどどうでしょう?
おじさんはめちゃ期待しています。

No Title
巨人も今でこそは坂本、松本の1、2番が定着しましたが開幕時は結構迷走してましたね。キャンプの間にどういうスタメンが組めるか、特に1、2番ですかね。現状では1番東出、2番小窪ですが、パンチ力に欠けるかな。ビックレッドマシーンの頃にカープファンとなった私としては、1番赤松か梵(2年目の)に期待したいところですが・・。東出や小窪が下位で打てる打線を組めれば去年の日ハム並みの打線が期待できるのですが、今のコーチ陣では・・・・。
No Title
 東出はどこで打っても問題ないはずですし、どう踏まえても2番向きなんで、1番が左なら、3番は右になるし、1番が右なら3番が左でも問題ないでしょう。
 そこで考えられるのが(4番までになるので申し訳ないですが、外国人が入るか、どうなるのかわからないので)、個人的に考えた打順がこうです。

 1 末永            1 鈴木
 2 東出            2 東出
 3 小窪            3 天谷
 4 栗原            4 栗原

 こんな感じです。赤松でもなく、梵でもなく、鈴木にしたのは、この2人は大振りを限りなく減らさない限り、代走要因にしかなり得ないと判断したこと、秋期での鈴木に対する高評価で、本人は気合が入ってることを踏まえてのこと(勢いにのせたらどんどん乗っていけるはず)等で、こう見ました。

 赤松・梵は走塁・守備のセンスは高いのですが、今のままならレギュラーさえ危ういので、きっちり相手がいやなところに転がせる打撃ができればいいのですが。

 キャンプの期間に入ったら、打順に対する考え方は変わるかもしれませんね。
こんばんは

楽天がフィリップスと契約したようですね

外国人選手にとっては外国人監督の方が働きやすいのでしょうねぇ

カープについてはやはり勝ち形を知る事が大切でしょうね

その意味では大竹に期待はしたいですね

どれだけ浮き沈みの幅を無くした投球が出来るかでしょう
No Title
コメントが遅くなってしまい申し訳ございません。
皆さんいつもありがとうございます。
◇ルッカさん
おめでとうございます!今年もよろしくです。
東出は率は残せますが「足の脅威」のイメージがないんですよね。2,3番が率を残せる打者がいれば栗原につなぐことが出来ますが、2アウト1塁というケースが多くなればあまり昨年と変化のない栗原の成績に終わるような気がしてなりません。
1番はピッチャーの神経を削るような選手がいいですね。「塁に出るとうるさい」選手ですね。

◇イズタマアルさん
今年もよろしくお願いします!
大竹に関しては期待するのはやめました。カブトムシのように眺めていようかと。知らない間に15勝してくれるんじゃないかなぁ・・・とやっぱり期待かw
そうですね・・・足という期待では赤松なのですが、総合的には天谷のほうがいいかな?と思うようになりました。また紅白戦を見たら印象も変わるんでしょうけどね(笑)

◇緑の酒屋さん
そうですね。2番小窪の場合は3番で左で率が残せる打者が欲しいですね。思い浮かばないけど(泣)

◇Mr.S.Cさん
私が3番左打者にこだわるのは「栗原の前にスコアリングポジション」ですね。まぁプロではそんなに影響はないと思いますが右投げの捕手には左打者がいたほうがセカンドへの送球は少し影になります。また左打者のほうが詰まった打球でも内野安打になる可能性があります。最悪2アウト1塁で栗原。そう考えると左打者で足の速くて率が残せる選手が理想的・・・それは欲張りかw
栗原は昨年は球場の広さを意識しすぎたとコメントしていますので今年は昨年以上に右中間の打球は増えてくると思います。そうなると2アウトでも2塁にランナーがいることで1点が獲得できる・・・加えていまのセントラルで安定している讀賣と中日は共に3番は率が残せる左打者。やはりここに打線をつなぐ、点を取る、私のような素人が考える以上に「ここに理由」があるはずだと思っています。2つのパターンとも2番に東出を固定していますが私もこれは賛成です。2番東出、4番栗原。確かにジグザクにする必要もないと思います。

◇ヨウナイさん
P様の楽天は「あぁなるほど」でしたよねw
退団からそんな匂いがプンプンでした。

>カープについてはやはり勝ち形を知る事が大切でしょうね

同感!これですよね。「絶対に負けたくない!負けたら恥ずかしい!」という気持ちがベンチに広まって欲しいものです。
マエケンはまだまだ力不足と経験不足もありますが彼はPL出身ということもありそういったDNAは持っているだろうと期待しちゃいます。
みなさまへ
毎日200ACもあるのになかなか新しい日記がかけず申し訳ございません。
今週末(土曜日)にはまた再開させていただきます。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。