スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

これを続けていかないと意味がない

2010年02月21日
各チームの若手がグングン伸びて来ているぞ!

■栗原“初のサード”4度の守備機会、無難にこなす(スポニチ)

栗原が「4番・三塁」で先発出場し、対外試合初となるサードの守備を無難にこなした。2回の大田のゴロは1、2歩引いてキャッチするなど不慣れな場面もあったが、4度の守備機会で失策はなし。「打球が飛んできたときはビックリした。とりあえず守れてホッとした」と胸をなで下ろした。高内野守備走塁コーチは「良かった。実戦でもあれくらいできればいい」と及第点を与えていた。

練習試合が昨日はG+で放送されることを知らずに外出。・・・試合があることすら知らなかったんだけどね(苦笑)

私は文字の限りですがこの栗原の記事が目に留まりました。
謙二郎がどんな野球を目指すのか・・・いままで見えていなかったのですが昨日の内容を見る限りは「昨年まで私がもやもやしていたものが晴れる?」
栗原が1塁となると打撃を期待する外国人選手の限りがある・・・ちょいと守れてもシーボルさんクラス。となると守備の負担の少ない1塁でいい打者を置きたい所。
ファンとしては栗原の腰の状態などを想像して「栗原は1塁で固定だろう」と勝手に思っていたところにこのコンバート。「栗原を4番としてその周りの選手をさらに強化する」という監督の意思を感じます。

そして謙二郎が「出来すぎ」と評価した先制の2点の取り方。これはお見事ですね。
謙二郎としては1-3番で足を使って1点。4,5番でもう1点。ぐらいの先制点を取って試合を優位に持っていく野球をしたいのでは?
これは私がずっと見たかったカープの野球。ここを追求することが「機動力野球」だと思っています。東出の「これを続けていかないと意味がない」というコメントは選手自身も手応えを感じている証拠じゃないのかな。

1番東出、2番梵、3番天谷、4番栗原 ここまではこれでいけたら・・・という謙二郎の考え方なのかな。
え?小窪は?という突っ込みどころもあるのですがやはり守備範囲という点では梵を起用したいでしょうね。駒澤出身だからだろうなんていうつまらんファンのボヤキはいりません。
梵も波のある選手ですから小窪もまだまだこれからここを割ってくることでしょう。
3番は天谷ですか。ここも気になりましたね。彼をここに固定したいならば3割を常にキープ。フト彼を1番としてムードメーカーもいいんじゃないか?と思いましたけどね。
ジグザグで組みたいとなるとこれがベストなのかな・・・1年間こんな野球をやってくるんだろうなぁとボンヤリ見えてきましたね。これを覆すような選手も出てきて欲しいところです。特に若手。

各チームの若手が伸びてきています。
阪神のキャンプが昨年よりおとなしいなぁ・・と思っていましたが昨日の紅白戦では若手がかなり目立っていました。
先発の白仁田、そして若竹がいい球を投げていました。そして育成の森田、高橋もアピールしていました。
中日もヤクルトとの試合で4年目の福田が3安打と大活躍。カープはどうなっているう____?

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No Title
暴走もありましたが、走る意識が高いような印象でしたね。試合には負けましたが、開幕前に走塁の精度を上げていけば野村カラーを出せるチームになれそうですね。梵も2安打とセーフティーと調子が良さそうなので小窪と高いレベルで競い合って欲しいものです。
No Title
ファイト!ファイト!ジョンベイル!!
No Title
僕は兵庫出身のカープファンです!!
初めまして!!初見なんですがこのブログ気に入ったのでリンクしてもよろしいでしょうか?
No Title
◇緑の酒屋さん
どうやら梵と小窪は今年も1年を通して競い合いになりそうですね。

◇翔さん
はじめまして!ありがとうござます。リンク大歓迎ですよ。
これからもよろしくです。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。