スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

昨季9勝の底力

2010年03月06日
今日は平塚に行く予定でしたがこの天気。健康面を配慮して自宅で過ごすことにしました。

■斉藤、練習試合3回0封!開幕ローテ前進(スポニチ)

2年連続の開幕ローテーション入りへまた一歩前進した。広島・斉藤が5日、社会人選抜のオール広島との練習試合に先発し、3回を2安打無失点に抑えた。
毎年恒例のオール広島との一戦には3年連続で登板。春季キャンプから実戦を重ねているが、抑えて当然の重圧がかかるプロアマ戦だけに「きょうが一番緊張しました。ゼロに抑えないといけないから」と胸をなで下ろした。
2月21日の西武との練習試合では3回10安打6失点と炎上。首脳陣の信頼を失いかけたが、同27日のソフトバンクとのオープン戦で3回1失点と立て直し、今回も好投。大野ヘッド兼投手コーチも「言ったことに対して頭も体も反応してくれる。良い方向で来ている」とほっと一息ついた。開幕に照準を合わせ、昨季9勝の底力が発揮されてきた。

悠葵がイイ調整をここまで出来ていますね。
課題が早く出したことが幸いしていると思います。今年は先発ローテのメンバーも気になりますが、投手全体の中でも私は悠葵をかなり期待しています。あと今村とペローンですかね。
小松が先日先発で微妙な結果に終わってしまいましたが、ペローンもローテ候補。中継ぎの噂もありますがフォームを改造した彼を先発として私は期待したいです。
もちろん他の投手も昨年以上の活躍を見せて欲しいです。梅津も帰ってきますし横山・シュルツ(は出遅れ?)・永川とここは磐石でしょう。
やはり先発がどこまで試合を作れるか。そして打線陣がより早く先制点を取って優位に試合を進めることが出来るか。・・・ここが最大の課題ですね。


■喜田“会心の一撃”先制アーチで必死のアピール(スポニチ)

喜田が練習試合で会心の一撃を放った。5番・一塁で先発出場すると、2回に140キロ直球を真しんでとらえて右越え本塁打。先制弾でチームを勢いづけた。
ここまでのオープン戦4試合ではまだ先発出場の機会はないが、きっちり持ち味の打力をアピール。「打った瞬間に(本塁打と)分かった。出番がきたら、次の出番をもらうために必死だから」と意気込んでいた。

そろそろ覚醒してもよかろうキダゴーよ。
この人を阪神時代から見ている人には歯がゆかったこの3年。今年の打線ではこの人を私は期待したいですね。
ヒューバー次第では彼が1塁固定というチャンスもあります。打撃陣はキダゴー、天谷、末永、を注目したいと思います。・・・全部左打者ですねw


■新人・庄司、野村監督の胸を熱くした!(デイリー)

1軍生き残りをかける当落線上の選手たちが必死のアピールをしたが、ただ、この日ばかりは高卒新人の庄司がヒーローの座をかっさらった。
2軍戦も経験なく、プロ初実戦が何と本拠地での1軍の試合。「やばかった」と緊張しまくりの中、七回表の守備から二塁で登場。八回裏、無死一、二塁の好機でプロ初打席が巡ってきた。
打席に入る前、野村監督から「サインはない。思う通りにやってこい」とハッパをかけられた。これで勇気を得た。スタジアムにわき起こった大きな拍手も力になった。
1ボール後、2、3球目を「打ち損じ」のファウル。追い込まれた後の4球目、直球狙いだったが、スライダーに泳ぎながらも食らい付いた。芯を食った打球は二塁手の左を中前に抜けた。プロ初安打が適時打となりプロ初打点。初もの尽くしの “庄司デー”は、運の連続がもたらした。
この日の1軍戦に招集がかかったのは4日の夜。当初は1日体験の意味合いが強かったが、チャンスは突然訪れた。六回に二盗を試みた丸が右親指を負傷し退場。七回から守備で出場となった。
七回の攻撃では、1死一塁で一走の末永に盗塁禁止令。もし二盗に失敗すれば、八回に庄司が打席に立てなくなる可能性があった。野村監督の“庄司さい配”だった。
静岡県沼津市で農業を営む実家を、小3から手伝った。四季を通し収穫のある日本茶の袋は8キロ、秋には米の袋20~30キロ、冬には箱入りのみかんを年中運び続けた。細くとも芯の強い体に成長させ、強運すら“持つ男”となった。
野村監督は「初めて見る変化球への対応にセンスの良さを感じた。胸が熱くなった」と感動。6日以降は再び2軍に戻り育成されるが「早くいいものを出して欲しい」と早期1軍を期待した。
「本拠地の歓声がすがすがしかった。1軍レベルを経験できたことはこれから生きる」と、記念の1日を振り返った庄司。強烈な印象を残した1打席が、今後への大きな糧になる。

この時期にニュースに出てくる選手はやはり「何か」があると思います。ファンもチームも期待しますし、何かそういった空気も流れるのでしょうね。その空気が選手に伝わり育っていく・・・そんな根拠のないことも普段考えている、ハイ野球バカですw
庄司は沼津っ子_?これはこれは。沼津出身の私としては応援をさらにしちゃいますよ、これは。
余談ですが。実は戸塚から沼津って東海道線1時間半で行けちゃうんですよね。先日調べてビックリしました。
何がビックリしたかった西武ドームや千葉マリンに行くよりも近いんだもの(笑)

今日は天気が悪いので家で野球・サッカー観戦の計画をしようと思います。
mixiのアプリ・スケジュール表がなかなか使いやすくてイイですよ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
No Title
沼津出身でしたか!?自分は小田原で高校は三島まで行ってました。近いですね☆mixiのスケジュール見てみます!!
No Title
◇晃司さん
そうなんですよ。でも生後3ヶ月で引っ越していますので記憶は(笑)

小田原先日行きましたよー!
No Title
丸の欠場から、即、結果ですから確かに何かもってますね。胸が熱くなったのはファンも同様です。
庄司選手は野球センスの塊みたいな選手ですね

東出の後継者としては問題無いでしょう

あとは怪我だけですね

今季ひそかに期待していた丸選手の離脱は残念ですね
No Title
◇緑の酒屋さん
期待大ですね!

◇ヨウナイさん
丸はずっと1軍帯同していたのでチャンスがあったのにね・・・
またチャンスがあることを願うばかりです。しかし打席のチャンスがなさ杉。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。