スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

小松の進塁打

2010年04月11日
金・土とハマスタに行って来ました。

■横浜3-7広島(TBSエキサイトBB)

広島が今季4勝目で借金5。3点を追う3回、東出のタイムリーと続く梵のタイムリー2B、フィオのタイムリーで4点をとり逆転に成功。8回には栗原のタイムリー2Bなどで計3点を追加した。先発の小松が5回1/3を7安打、自身ワーストの3四球、3失点で今季初白星。先発としては昨年7/1G戦以来の勝利。横浜戦自身プロ初勝利。横浜は今季4度目の2ケタ安打も連勝を2で止め、借金4。横浜スタジアムでの連勝2でストップ。先発したルーキーの加賀が自身最長の6回、最多の90球を投げるも、自身ワーストの4失点でプロ初黒星。

佐々岡のコメントを読む限りですが決して小松がイイ内容だったわけではないそうで。
確かに。試合全体を見ても小松に限らず出てきたカープの投手は横浜打線に助けられていましたね。最終回の0アウト1-2塁からの下園のライトフライもボール球。他にも甘い球を打ち損じていたと思います。

今日は早目に休みたいので私的に今日の試合のポイント

○小松の進塁打
0アウト1-2塁でバント失敗、凡退はもうお約束のカープさん。小松はここでバスターでセカンドゴロ。
何でもない1打でしたがここは勝敗を分けるきっかけになったことは間違いないでしょう。1つでも先の進塁。そしてサードにランナーを置く。
一発がないチームにはこれが必要です。

○フィオの活躍
横浜の打線に助けられたことは上記。そして投手も助けてくれました。フィオは第一打席でセンターフライで終わりましたが昨日は全く人が変わったかのような打球。
これを見ていたらもうちょっと警戒されてもいいかと思ったのですが。それにしても猛打賞にはビックリです。

○石原のリード
まぁちょっと反省いただきたいのは初回の内川への配球。2-2から外角にミットを構えたときに昨日のライト前ヒットが甦りました。
「それダメ・・・」と言っても届くわけでもなく結果は昨日同じライト前ヒット(タイムリー)。もうね、学習能力(以下略)。あそこは初回ですから内角で強気に攻めるかカウントではまだ1つボールは許されましたと思うのですがね。
そういえば梵が同じようなライト前ヒットを打ちましたよね。あの逆らわずに外角を狙って打ったことは相手投手や捕手も惑わすのでは。ちょっと今までになかったですからね・・・。今後の梵の打席が面白くなってきました。

今日はココまで。
明日は長谷川のようですが。うーん、永川はどうするんでしょうか。先発でもいいと思うのですけど。

さて最後にちょっと余談ですが。
先日ロッテの神戸選手が涌井投手に報復死球を受けた??という話題。
どうなんでしょうね。潮崎コーチは神戸選手のM字開脚を侮辱的な行為と言ったそうですけど。
カープファンの私から言わせていただきますと「西武がそれを言うか?」
涌井の例の「相手は広島だし」発言もそうですし、いつぞやの交流戦で片岡選手のヘリウムガスを使ったヒーローインタビュー。明らかに侮辱行為だったと私はいまでも思っています。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No Title
うちも1,2番が機能し始めつつありますね。梵は2番起用ですかね。これだけ得点に絡んでるのであれば、1番梵、2番東出でも思いますが、2番で結果が出てるのであればこのままのほうがいいのか悩ましいですね。何気にベイの2番が下園か早川のどちらになるかも気になってますが。
 PS コメ返で梵が嫌われるのはそういう理由もあったのですね。私は成績以上にチャンスを貰ってると思われてるからだと思ってましたが・・・いろいろと難しいものですね。彼も今年に期すものもあるでしょうから、プレーで信頼を取り戻して欲しいですね
No Title
◇緑の酒屋さん
梵は2番でいいと思います。
昨日もセカンドのカスティーヨの前にプッシュバントをしましたね。
開幕戦に続いて2度目。どちらも失敗に終わっていますが(w 2番としての意識も高くいい仕事をしていると思います。ただ先日の守備でのまずいプレイのようにときどき集中力が欠けます。ここ数年成績を残していなかったからでしょうね。
あと今度は小窪の出場機会が激減してきました。これはこれでもったいない。6番サード小窪でもよいと思うのですが。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。