スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

もう一人の「前田」が試合を決める一発

2010年05月22日
昨日はマエケンと小窪だよね。

■福岡SB1-7広島(TBSエキサイトBB)

広島先発の前田健が自身初の2試合連続完投勝利、交流戦5連勝でセ最多タイ7勝目。前田健は6安打1失点で今季2度目通算5度目の完投勝利、自身3度目の無四球完投。自身3度目2ケタ10奪三振で今季68個と防御率1.59は共にリーグトップ。栗原が1回に先制タイムリー、小窪が4回に走者一掃タイムリー 2B、6回に自身最多4打点目のタイムリー。8回には前田智が4/11YB戦以来の2号2ランで、07年5/26H戦以来のヤフーD白星。ソフトバンク先発大隣は6回5失点で自身ワースト5連敗、両リーグワーストタイ6敗目。



■マエケンがセ界のエース!トップタイ7勝目(スポニチ)

オレがセ界のエースだ。ダルビッシュに投げ勝ってから6日後。広島では99年の紀藤以来となる2試合連続完封を狙って9回のマウンドに上がった前田健は、1死一塁から高谷に右翼線を破られて1点を許すと、思わず顔をしかめた。
 「完封するつもりで行ったんですけど…。1点取られたので悔しいですが、勝ったので、まあ良かったです」。6安打1失点、今季初の無四球完投でハーラートップタイの7勝目。防御率(1・59)、奪三振(68)もトップに浮上し、投球回数と合わせて4冠だ。
 最速148キロの直球に加え、2種類のスライダーに抜群の切れがあった。手元で沈んだかと思えば、右打者の外角へ鋭く逃げる。「クリーンアップは右打者。スライダーをうまく使えた」。6回1死からはオーティズ、小久保を沈むスライダーで連続三振に仕留めた。
 細身の体からは想像も付かないタフネスぶりだ。この日で6試合連続の中5日登板。本拠地での登板翌日は今季からチームが導入した酸素カプセルに入り、疲労回復に努めている。22歳ながら高い自己管理が好成績を支えている。「勝ちが付くと乗れるし、調子も上がってくる」というマエケンを攻略するのは今、そう容易ではない。

 ≪前田智は2号2ラン≫もう一人の「前田」が試合を決める一発を放った。2試合連続で5番・DHで先発出場。8回無死一塁で、4月11日の横浜戦(横浜)以来となる今季2号を右翼席へライナーで突き刺した。2安打2打点の活躍にも天才打者は「きょうはいいですよ。勝ったからいいでしょ」とぶっきらぼうに話し、帰りのバスへと乗り込んだ。


ぶははははははははっ!

ツイッターでも流れてくる各マスコミのニュースも「マエケン」が中心。
いままでなら打の前田がクローズアップしていたはずです。

振り返るとマエケンのピッチングは圧巻でしたね。なんでしょうか、あのタテに割れちゃっている変化球。
ムネリンや小久保がプルン!と振っていましたね。腕の振りとクセのないフォームなんでしょうね。

最近会社でもマエケンのことをよく聞かれます。「いいピッチャーだね!」

知ってるっちゅーの(笑)
「カープファンはもう入団したときから知っているんですよー」ってね、説明しています。

付け加えて。「PLの子は絶対に負けない、負けたら恥ずかしいという遺伝子みたいなものがあるんですよ。根っこにあるモノが違います」

もう一人のPLの子。小窪もよくやったじゃないか!あの走者一掃の一打がグッと勝利を呼び込んだと思いますよ。もっと評価しろーーープロ野球ニューーーースぅぅ!

それでももう一人の前田は目立った一打を見せてくれました。
たぶん多くのカープファンが思ったんじゃないかな「まだあんな打球が打てるんだ・・・・」
喜び半分驚き半分じゃなかったかな。

交流戦は楽天戦でいきなりコケちゃいましたけどこれで2連勝。いまはマエケンしか勝てないチーム状況ですからとりあえずは1勝1敗ペースでいいかなと思っています。
ビジターゲームでまず1勝。昨日は内容もよかった、そしてこれからの戦いにも大きな1勝だったと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
アハハハハッ!!!
>「カープファンはもう入団したときから知っているんですよー」ってね、説明しています。

そうでありやす。
あっしも1年目の春、由宇で見てからずっと言い続けておりやす。
No Title
◇はち兵衛さん
高校時代を知らないのが残念過ぎます。
PLの子ぐらいはチェックしようかなと思います。
No Title
同じ7勝でもカープとジャイアンツではその価値は違うんじゃ・・・言っていて悲しくなって気ました。
No Title
久方振りに投稿しますが、いろいろ見て思うのが、謙二郎って結構自我が強い割に、自己コントロールが下手だな、と感じます。
 それならば、もっと叱咤激励できる人(状況によっては思い切って怒っていいようなタイプ、もしかしたら大下タイプかと思われるが、育成べただったし--閑話休題)がつくべきでしょうが、そんな人が2軍に集まって、キチンとお互い膝を突き合わせて会話できる状況を作らず、今の鳩山政権みたいになってしまってる、と思わずを得ません。(HC・監督には同情は要りません、こうなったのは上がメタメタなのですから)

 何が言いたいかというと、今のチームにとにかく抗議行動を起こしたりしない(規模はどうあれ)と、チームがつぶれるかも、そんな空気すら感じますね。

 なんだかんだ見てみますが、崩壊、もしくは末期、なにかしないと立ち直らないかも、そんな感じですね、今のチームをみると。

 ともかく何か変化が起きたら、ここに立ち寄って意見を言います、では。
No Title
◇緑の酒屋さん
うん、なけるのー(TT)

◇Mr.S.Cさん
>自己コントロールが下手だな、と感じます。

下手ですね。下手すぎます。

彼は監督として必要なことがまだわかっていません。

先日もカウント0-2から0-3になったときに謙二郎の顔。
なんだよもう、みたいな。

今村くんにポーカーフェイスを習ったほうがよいかと。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。