スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ウチのチームが楽天より弱いということ

2010年05月31日
仙台まで行ってナガカーのアレを見ちまったわけで。

■【球炎】優勝する気はあるのか(中国新聞)

スコア以上の惨敗である。毎度おなじみの2死からの失点に、追い付かない程度の打線の反撃…。5月からこんなことは問いたくなかったが、もはや抑えきれない。広島の選手と首脳陣の皆さん、本当に優勝する気はあるんですか。もうあきらめたんですか。
昨季までの監督が率いる楽天に4連敗。43年ぶりに2けた借金を抱えて5月を終えた。今日味わった屈辱とストレスを逐一挙げるには、とても行数が足りない。絞りに絞って指摘したいのは、八回の攻撃である。
2―4に追い上げた2死二、三塁で、打者は石原。それまでの3打席の内容はさっぱりだったものの、ベンチは動かなかった。雪辱への期待に懸けたのだろうが、あえなく凡退。結果論であっても、仙台まで駆け付けたファンはこの勝負手に納得できまい。
DH制のあるパ・リーグの本拠地球場で、ここまで起用した野手は1試合平均10人。スタメンを信頼したい気持ちは分かるが、もっと臨機応変に控え選手を起用するべきだろう。捕手3人制のメリットも生かし切れていない。「ビッグレッドマシン」の時代ならともかく、今はベンチ全員の力を有効活用しなければ目標は遠ざかるばかりだ。(加納優)

昨晩からこの記事がカープファンの間で話題になっています。これはファンの声をストレートにぶつけた記事ですね。
8回の石原のシーンでは私もそう思いました。
石原の持ち味は「フルスイング」。こういったヒットで確実に2点欲しいという場面では全く不向きです。次の回に投げる投手がいないから一発3ランで試合を決めてしまうというなら石原でよかろう。
事実石原だけがあの広いズムスタでサヨナラホームランを打っていますからね。石原のフルスイングの賜物。←偶然じゃないですよ、皆さん(笑)
百歩譲ってあの試合で3安打であったらそのまま石原でもよかろう。しかし全タコでしょ?代打を使わない理由がチーともわからない。
是非とも地元に戻ったときに中国新聞さんが責任をもって謙二郎に質問をして頂きたいです。

そんでもってもう一つファンの間で論議されている話題があります。これ。


■広島、ブラウン楽天に4戦全敗…今季最多借金11(スポニチ)

不完全燃焼だった。最後まで投打はかみ合うことなく、昨年までの指揮官・ブラウン監督の楽天を相手に広島は屈辱の交流戦4戦全敗となった。

「0-4ですからね。ウチのチームが楽天より弱いということ」

負けず嫌いの野村監督があえて口にしたコメントが敗戦の大きな痛手を表していた。
楽天先発・田中に対し、7回以外毎回の12安打。先頭打者を出塁させること5度と圧倒的に攻めたが、本塁を踏んだのはわずかに2人だった。

「ヒットを打たせないところは向こう(田中)が上。ただ、あと1本が出ていれば、こちらの流れにはなったはず」

連敗で借金は今季最多の11にまで膨れ上がり、5月を8勝14敗で終えた。右肩痛で戦列を離れていた大竹が、あす6月1日の日本ハム戦(札幌ド)で先発する。ここが正念場。月が替われば、きっとツキも変わる。
これね。うーん。どうなんだろうね。指揮官がこれだけ投げやりというか弱気というか。
選手をバカにしているのか?というツイッターの声もありましたが。私としては監督・コーチを含めた総合的な”弱さ”と判断はしています。が、
私が問題と思うのは「何をもって弱いのか」ということが具体的に出ていないことですね。
1つ1つの試合でも負けたらもっと選手個々の名前を出してもイイと思いますのですよ。実際にはミーティングで言っているのでしょうけどマスコミを利用してコメントとして残してもいいんじゃないかと。
そのへんは讀賣の原監督がうまいですよね。先日も長野が初3番に入ったときも指摘していました。
あぁいう風にコメントされたら選手は「悔しい見返してやる」と思うのでは。ボロ負けしても終盤にヒットを打つと”明日につながる”って言うアレですよ、アレ。

何回かここで謙二郎のコメントについては?マークをつけてきましたがもうちょっとマスコミの皆さんにネタになるような(露出するような)コメントを残してもいいと思います。
どうもそのせいかマスコミ受けしていないんじゃないかなぁ・・・って。だって「履き捨てた」なんて書いた記者もいましたよ。

なんかキダゴーのトレードも、上記の石原の起用も、そしてこの具体性の欠ける「弱い発言」もなんかファンの間でモヤモヤさせるだけど「よっしゃ!球場行って応援しちゃる!」とは思えないんですよね。

野球って楽しいんじゃなかったの謙二郎?

・・・とここまで謙二郎中心に書きましたが私は低迷の原因を全て監督に向けるのは反対です。
あまりにも選手への批判とのバランスが悪すぎます。
チャンスをもらって逃すのは選手個々の責任は高いと思います。そこをかわいさ余って代わりに監督を批判しているんじゃないか?と最近思うようになりました。

汚い野次はどうかと思いますが。「そろそろ打ってくれやー、さっきのエラーの分を取り返してくれ!」ぐらいはいいんじゃないでしょうか?発奮するような野次なら。

最後にツイッターで紹介していただいたいい映像。マエケンかっこいい!(全てをここに集中して現実逃避したいファンがここにいる、そう俺。)



にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。