スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2年分の千葉マリンスタジアム

2010年06月11日
連日死闘の12回。感動の2日間でした。

■千葉ロッテ7-12広島(TBSエキサイトBB)

このカード2試合連続の延長戦は、広島が4/13S戦以来今季2度目の延長戦勝利。2点を追う9回2死二・三塁から代打前田智の2点タイムリー2Bで同点。延長12回には1死満塁から天谷のタイムリー、石井が移籍後初の3打点となる走者一掃3B、石原のスクイズで5点を勝ち越し。8人目大島が05年10/2D戦以来の通算3勝目。ロッテは2度目の延長敗戦で千葉マリンの連勝が8でストップ、3年連続3度目のC戦負け越し。試合時間5時間18分は交流戦では今季最長&歴代4位。両軍合計16投手登板は歴代2位タイ、交流戦最多。

もう感激で11回ぐらいからグズグズしていました。
昨年は療養で千葉に来ることが出来ませんでした。2年ぶりの千葉マリンスタジアム。
我がカープは延長12回を連日私に見せてくれました。2年分の千葉マリンの戦いを私に見せてくれました。

前田の同点タイムリー。一瞬入った?と思いましたがね。
大歓声の中を下を向いてベンチに戻ってくる彼の姿は「いかにも前田」

昨日飛び出してしまった天谷が決勝タイムリー!やっぱり何かをもっていますよ彼は。

サードライナーを取り損なったタクローさんは走者一掃の3塁打!もう感激!

そしてピッチャーが頑張りましたよ。塁を残した人もいましたけどね。みんな魂込めて必死でしたよ。

横山が登録抹消となった当日。なんだろうな・・・横山さんがいないから、という言い訳を絶対に作りたくない投手陣というか。うまく表現出来なかったけど今日の中継ぎ投手はみんないつも以上に気合が入っているように見えました。

もうね。その姿を見ているだけで感無量ですよ。
また元気にこの地でカープを見れることの喜びだけで一杯なのにね。加えて低迷していても目の前の試合を必死に戦う選手の姿。

優勝を本気でするチームはこういう逆境のときこそ言い訳一切なしで直向なプレイをしていくものです。それを目の前で見れて私は本当に幸せです。

今日は終電ぎりぎりまで残って応援しているカープ、そしてマリーンズファンがたくさんいました。
熱いねー、熱いねー!

こういうとき。「真のカープファン」という表現をされる方がいらっしゃいますが、私は使いません。意識して使いません。あまり好きな表現じゃないからです。

球場に足を毎日運んでどんな負けゲームでも最後まで見るファンだけが真のファン?
私は違うと思います。どんな場所からでも、どんな気持でも、どんな短い時間でも応援するファンはみんな「真のファン」だと思います。

たまにマナーの悪いファンもいますけどねw

私はまた今日のように野球場にいくことが出来ますが、日本中、いや世界中には行きたくてもいけない人もいます。仕事や家庭の事情や地理的事情、金銭的事情、入院されている方も。

どんな場所からでも、どんな気持でも、どんな短い時間でも応援するファンはみんな「カープが大好きなファン」だと私は思います。

明後日から西武との対戦。カープの選手がまたいい試合を、胸に残るようなプレイを全世界のカープファンに見せてくれるのを楽しみにしています。

そんなことを思いながら千葉マリンを後にしました。

追伸。最後まで応援をお付き合いいただいたロッテファンの皆様お疲れ様でした。
これを機にもしよかったらセントラルはカープをちょびっと応援していただけると嬉しいです。
ちなみに私はテギュンの大ファンですw

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
良くひっくり返したとは思いますが・・
テレビで見てましたが、コバヒロが1アウト取ったところで中継が終わりと思いましたが、まさかここからが始まりとは・・・。
 ただ継投に関しては意図がよく判らないですね。特に岸本ー建さんの交代時のごたごたや青木を右打者まで引っ張ったことなど、下手な鉄砲数打ちゃ当たる的な感じでこの調子でやられては夏まで持たないのではと心配してます。既に横山、シュルツは怪我ですし永川も調子が上がらずですから・・・。
 ただ昨日の上野はよかったですね。できればイニングを跨がせてみたかって気もしますが次に期待ですね。それと今年中にはできることなら岸本、大島には目処を付けたいですね。
 それと東出は調子悪そうですね。バックアップで松本、中谷をあげるか、打順でも梵が調子がいいので東出を下位において1番を天谷に自由に打たせるのも有かとも思います。そうなると3番ですが嶋をファーストがいいかと。前田やフィオのファーストコンバートもありかと思いますが一番理想は長距離砲の内野手を補強して欲しいですね。
 現首脳陣(当然フロントも)には否定的ですが、交流戦明けの休みの間にどれだけ再編できるかによっては3位も無きにしも非ずなので、まあお手並み拝見ですかね。
 
No Title
◇緑の酒屋さん
一見不可解なコトにも必ず意味はあるのでそれはファンとしては汲み取りたいですね。
継投に関してはこんなものかな?と思っています。やはり戦力が戻るまでは幅を広げてなんとかやりくりをしていかなければいけません。

ただ青木、上野、大島とここまでさっぱりだった投手が機能をし始めました。本人にも自信にはなっているでしょうからこれから大きな戦力になってくれると思います。

あとは夏場までの疲れをあとはケアしないといけないですね。

前田1塁についてはすでにチームとしてはその方針は春からないそうです。脚の状態が心配ですね。昨日も代打は使いませんでしたね。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。