スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

前田健太球団初の三冠!梵英心盗塁王獲得!

2010年10月11日
■東京ヤクルト4-6広島(TBSエキサイトBB)

広島が連敗を4で止め58勝84敗2分で今季終了。栗原チームトップ15号2ランで先制、代打・嶋の14号ソロなどで加点。ソリアーノが2勝目。横山が 11S。前田健が15勝・防御率2.21・奪三振174で球団史上初、セでは99年上原以来となる投手三冠を達成。梵が球団では97年緒方以来の盗塁王。ヤクルトは村中が5失点で10敗目。72勝68敗4分で6年ぶりシーズン勝ち越し。青木が5の2で歴代3位のシーズン209安打、打率を.358とし3年ぶり3度目の首位打者を獲得。77年若松に2毛差で球団史上最高打率。

ついにシーズンが終わってしまいました。
体調を考慮して今年は試合数を減らしてきました。その結果・・・ヤクルトファンクラブの外野招待券がやっと最後の5枚目でした(爆)

昨日はほぼ開門から神宮球場へ。なんだろう。試合が始まる前にワクワクしてきちゃって。
「あぁオレはこのカープが大好きなんだなぁ」って実感しました。
たぶんね、抗議ボードをあげていた人に言わせたら消化試合で喜んでいる場合か!温い!・・・なんだろうけどね。
でも私みたいに「勝っても負けても好きなんだからいいじゃん」というファンはいると思いますよ。そういうファンからしたら昨日の試合を見たときに「抗議ボードって何だろうね?」って思ったんじゃないかな。

ユウキ投手と志田選手の引退試合でもありました。
両チームのファンから熱い声援で送ることが出来ましたね。何かいい、言葉に出来ないけどイイ!
志田が打席に立ったときはレフトスタンドで普通に声援している人がたくさんいました。応援団はリードはとらないけど黙認。←これって凄いことよ
池山の引退試合もそうだったなぁ・・・

いつもこれは思うことなんですが。プロ野球選手にとって引退は「プロ選手を辞める」ことだけじゃないんですよね。
小さい頃から憧れた職業で色んなものを犠牲にしてここまでたどり着いた・・・その小さい頃からの夢を手放すんですからね。
それを思うとどんな選手にも「お疲れ様」って声をかけたくなります。私にはなりたくてもなれなかった憧れの職業ですからね。
でもあいつだけは無理かなw

そう。試合終了後にユウキ投手の思い出のシーンをスクリーンで紹介。そのとき縦じま(ビジだったが)の#25らしき選手が三振するシーンが。

レフトスタンド大盛り上がりwwww    そのときスタンドが一体となりました。

ありゃ狙ったなと友人。間違いないw

さてカープのお話を。
試合は勝ちました。が、大事だったのは個人タイトル。特にマエケンは決定していませんでしたからね。村中に代打が送られたところでレフトスタンドから拍手が。
この瞬間マエケンが入団4年目で球団初の三冠を獲得しました。いやー、本当に凄いわー
今朝スタメンデータベースのお兄ちゃんの計算によると、

「チーム防御率4.80 マエケンの防御率2.21 マエケンを除いたチーム防御率5.33 」

ホント他はダメばっかりだな orz

そう言えば。レフトスタンドのファンが選手が引き上げるときにまずマエケンをロックオン。
見つけた!マエケンだ!

マエケン!三冠おめでとう!!!

気づいたかどうかは別にして。そのマエケンの前で深く礼をする人が。誰?

ノムケン!  (笑)

私の周り一斉に   おめーじゃねー おめーじゃねーヾ(  ̄▽)ゞドケ


まあそんなこんなでした(汗)w


そして廣瀬が初の三割確定。そして梵が3割と盗塁王を獲得!40盗塁で獲得はこの5年ではなかったそうですから。
価値ありますよね!(勝ちは少なかったけどな)
それと。驚異的な数字は守備にもありまして。全試合出場で梵のエラーはなんと「7」。これは鳥谷と同じ。
(石川も131試合で「6」は素晴らしいと思います。)
これは相当集中してプレイしないとありえない数字でしょうね。しかも昨日も飛びっつきのプレイを2つ。マエケンと梵がいなかったら・・・ゾゾゾゾっ


■失った栄光を取り戻せ(中国新聞)

球団は今オフ、国内外のフリーエージェント(FA)選手の獲得やトレード、ドラフトでの即戦力補強を視野に入れる。不本意な成績に終わった選手は勝負の秋となる。ほぼ現状維持となる予定の首脳陣も、厳しい反省を迫られる。自らの経験だけにとらわれず、現代野球とチームの現状に即した改革も必要だろう。

先日から謙二郎がオーナーに強力な補強を申し入れたと記事になっていましたが。
これちょっと引っかかっていたんですよね。
ドラフトでの補強だけでは「強力」とまではいかないし。大型トレードかFAでの獲得?と思いましたが、どうもそれを匂わせる記事が出ましたね。
FAに関しては国内外、と。松井秀喜ですかね?(笑) まぁそれはないでしょうが、もう優秀なコーチが呼べないなら選手を貪欲に補強していかないとダメじゃないですかね。
と、どうもその匂いが謙二郎の発言から伺えます。→就任1年目総括、野村監督に聞く(中国新聞)

まぁ私もFAに関しては出て行くばっかりで縁のないものと思っていましたが。昨年藤井を検討していると聞いて「少しオーナーもやる気でたか?」と。
もし謙二郎の希望でフロントが動いてくれたらやっと謙二郎がやりたい野球が始まるわけでして。
(同時に負けたら批判されても仕方のない野球も始まります)
「育成球団」を1度リセットして見直す時期が来たようです。やっと。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
No Title
野村も長打力と後ろの弱さは感じてたみたいですね。FAは誰ですかね、岩村、内川かな。まあ言ったからには取ってもらいたいです。
 コーチはなんとかなりませんかね。上記の路線なら確実にマネーゲームになるのは目に見えてるのに。私も前回の記事の考え方に賛成です。金も使わない、頭も使わない、頭も下げない、頭下げるなら金使おうかではあまりに経営者としては見識がなさすぎますね。お手並み拝見ですね。
 ちなみに私はぬるいと考えるほうですw 私みたいな人間からすれば、弱いからというよりも弱いままで手を打たない、打てない、反省しない球団、現場スタッフが許せないということですね。やりようによってはAクラスは狙えるということもわかったしw
No Title
◇緑の酒屋さん
特定の選手で指名したのでしょうかね?その辺も興味深いです。まぁ獲得するのはフロントの仕事ですので謙二郎の仕事は獲得してからですね。
やっぱり温いですか。ギャーギャーフロントに文句をたれたところで激変はないと思っていますの。それならグラウンドで目の前で戦っている選手を応援したほうが私は楽しいだけです。
人それぞれですね。
コメントありがとうございます。
さきほどコメント頂きありがとうございました。
なんともなく、今感じてる事を綴ったつもりでしたが、お褒め頂いて嬉しく思います。
ブログタイトルを拝見する限り、同世代の方かな…と感じますが、昔を知っている我々はまだ幸せなのかもしれませんね。
(だからこそ、逆に辛い所もありますが…)
これからも記事拝見させて頂きますね。(^ ^)
キターーーー
  森脇か苫篠の話が上がってますね。サンスポじゃないしw  町田も1軍で内田が2軍これならコーチ陣の増員みたいなものですね。異動だけで済ますと思っただけに・・少し騙されてみようかなw
No Title
◇jaraさん
わざわざありがとうございます。たぶん同世代だと思います。
以前もここで書いたのですが、最近カープファンになった人はナニが魅力で?と疑問です。強いカープを是非見せてあげたいですね。
ちなみに私はS59、S61年のセ・リーグ優勝を大学時代に生で見ています。と言えば年代はわかりますよね?w
また是非いらしてください。

◇緑の酒屋さん
これ謙二郎の人事だったら大ヒットですね。
まだ検討の段階ですが、王とノムさんの元で勉強した二人の加入は頼もしいですね。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。