スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

一番の補強ポイントは代打、って(笑)

2010年10月21日
私の友人が「タクローさんが内川に来い!と口説いているらしいよ」と。かなりな妄想?!

■大竹、復活へ懸命 秋季練習に初日から1軍参加(中国新聞)

17日には、1週間遠ざかっていたキャッチボールを再開。気分転換の意味合いもあったが、3日連続で取り組み、山なりだったボールも直線に近づいてきた。大竹は「みんながいる分、張り合いがある。練習後はしっかり疲れているので、いい練習ができているということ」と笑顔が戻ってきた。
もちろん、リハビリは欠かせない。今も右肩の痛みはひかず、マウンドでの投球はめどが立たない。「明日にでも投げたいけど…」とはやる気持ちを抑える。
全体練習後はトレーナー室での治療が日課だ。「今はリハビリメニューを続けて、肩を良くすることが一番大事」。6月に復帰したものの痛みが再発、長期離脱した二の舞いにならないよう、慎重に取り組む心積もりでいる。

野球は1人で出来るスポーツではない。あえて1人来年のカープのキーマンをあげるとしたら私は「大竹」。
今年は3試合登板で18回で10失点。年俸には全く見合わない活躍(?)でした。まぁ勝率10割ですけどね。
故障なら仕方がない・・・ですが、昨年最終戦でお情けのような10勝が転がり落ちてきてガッツポーズした投手がこれではファンは不満足。
ファンの間ではノムケン・大野が無理に使ったとか言われていますがそれにしても故障期間が長すぎ。もっと遡ってキャンプ中の基礎体力から見直ししたほうがよいかと思いますが?

大野批判に便乗するわけではありませんが、どうも先日の精神面を鍛える発言が気になっているんですよね。
練習をしっかりして基礎体力をつくって技術力を上げる。それからだと思いますけど?
大竹にしても前からファンの間でも精神面が弱さが(大野は言っていませんが)指摘されていましたが、私はむしろ技術面だと思いますけどね。
もっと自信をもって投げることが出来るコントロール・球種(技術)。それを練習で磨くことが一番重要視されるべきかと。
来年は大竹がマウンドでダラッダラに汗をかく姿が少しでも無くなることを願っています。マエケンがいくら勝っても大竹が勝てなきゃチームは上昇しません!


■ドラ1は指揮官が決断へ「中継ぎ&抑え重要」(スポニチ)

決断は指揮官が下す。広島は18日にマツダスタジアム内でスカウト会議を行い、今秋ドラフトの1位指名選手を最終的に野村監督の意向に委ねる方針を決めた。
今ドラフトは即戦力投手が豊富なだけに、球団首脳は「選択肢は多いから、監督が好きな選手を取ればいいと思う。先発でも抑えでも、どのポジションも足りないのだから」と話す。競合覚悟で本命を指名する。仮に抽選で外しても、外れ1位は本命とそん色ない選手を獲得できる。だからこそ、指名は現場の声を最大限にくみ上げて決定する構えだ。

あまり運の良さは感じない監督ですが(苦笑)。まぁこれでいいんじゃない?
謙二郎がやりたい野球はどんなんか。まあ文句を言うのはこれを見てからでもいいでしょう。
ヒューバーを獲得したセンスがどう生きるか。え?生きない?(w


■石原、球団とFA交渉…条件提示も白紙強調(スポニチ)

今年8月に国内FA権を取得して去就が注目される広島・石原慶幸捕手(31)が19日、球団と初めてのFA交渉を2時間にわたって行った。
球団側から金額面などの条件提示がされたが、この日は態度を保留した。「結論は出ていません。(球団には)いろいろ考えていると伝えました」。残留かFA権行使かについては、現段階で白紙であることを強調した。
09年WBCの日本代表で、今季も122試合に出場。FA宣言をすれば中日など複数球団が名乗りを上げると見られている。交渉では来季も必要戦力であることを説得され「残ってほしいと言っていただけたのは嬉しかった」と、カープへの愛着ものぞかせた。
30日から宮崎・日南で始まる秋季キャンプには不参加が決定。鈴木球団本部長は「気持ちを固めるまでには時間がかかるだろう」と、交渉の長期化を予想していた。

んー。どうなんでしょうね。
ここまで一緒にやってきた石原と歓喜は味わいたいけど。
石原ファンには申し訳ないけど、3位ならある、けど彼が捕手なら優勝なら厳しいかな。というのが私の実直な感想。
ネタ的には彼がいなくなると困るのは明確ですけどねw  まぁじっくり待つしかないですね。
あとは阪神の#25がいらんことをアドバイスしないことを願っています。


■“星野楽天”斎藤獲り!再建へまずは守護神(サンスポ)

星野仙一・前阪神オーナー付シニアディレクター(63)の新監督就任が決定的な楽天が、抑え候補としてブレーブスからフリーエージェント(FA)になった斎藤隆投手(40)の獲得に向けて調査していることが20日、分かった。チーム再建の柱として、日米で抜群の実績&経験を誇る40歳右腕に新守護神として白羽の矢を立てた。

川上もFAで国内の可能性もあるとか。
上原もとって・・・なんて思い描いているに違いないw それにしても松井稼は破談になったとは。どこか移籍する目処がついたのでしょうかね?1年間でいいからうちの3番打ってくれませんかね?←こればっかだな
そう言えば後藤も獲得にいくとか。後藤と同じ秋田出身の落合との争いか・・・。
後藤よ。思った以上の条件が来るぞ!w


■オレ竜、オリ後藤獲り!ベイ佐伯も(ニッカン)

CSファイナルステージ2日前のナゴヤドーム。練習中に西川球団社長と落合監督によるトップ会談が監督室で始まり、話し合いは1時間を超えた。「世間話ですよ」。会談を終えた西川球団社長はけむに巻き、固く口を閉ざした。だが、時期的にも、整理選手、ドラフト、補強策など話は多岐にわたって進んだ可能性が高い。
 契約最終年を迎える来季、落合監督が就任初のリーグ連覇を果たす上で欠かせないのが代打陣の補強だ。代打打率はリーグワーストの・186。立浪、井上が現役引退した昨オフに補強を失敗したツケが数字となって表れた。「一番の補強ポイントは代打」と球団幹部は語り、その目玉がオリックス・後藤だ。


>「一番の補強ポイントは代打」と球団幹部は語り、
>「一番の補強ポイントは代打」と球団幹部は語り、
>「一番の補強ポイントは代打」と球団幹部は語り、

どんな球団だよw しかも後藤は代打要員かよw


■多村の引き留めに全力…ソフトバンク(報知新聞)

ソフトバンクの小林編成・育成部長は20日、海外FA権を行使しての米大リーグ挑戦を視野に入れている多村について「全力で引き留めている。(契約内容で)しゃくし定規にこれはない、というのはない。あらゆる可能性を模索していきたい」と話し、交渉中であることを明らかにした。
同部長は今後も数回の話し合いを持つとしているが、現段階では「いい感じだと思う。本人も残留を望んでいると、少なくとも私には言明している」と話した。


>米大リーグ挑戦を視野に入れている多村について
>米大リーグ挑戦を視野に入れている多村について
>米大リーグ挑戦を視野に入れている多村について     ネタには欠かせない多村の国外流出断固阻止!


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。