スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

広池引退!トライアウト受験断念

2010年11月04日
大変遅くなりましたが。マエケン沢村賞おめでとう!!

■広池が引退…トライアウト受験断念(デイリー)

広島から戦力外通告を受け、現役続行を視野に入れていた広池浩司投手(37)が、引退することが3日、明らかになった。今後の進路は未定。
悩み抜いた末の決断だった。トライアウト受験を考え、10月末まで練習していたが、1日までに受験断念を決意した。
「来年やったとしても通用しないと思い、引退を決めました。できることは全部やったと思う。後悔はない」
波瀾(はらん)万丈の野球人生だった。立大卒業後は、難関倍率を乗り越え、全日空に総合職で入社。カウンター業務などを担当していたが「野球をやらなくなった時にいてもたってもいられなくなった」と安定の道を捨て97年に退社。同年、広島の入団テストを受験した。大学時代野手だった広池は1年間、ドミニカカープアカデミーで投手として、練習に明け暮れた。努力のかいあって98年にドラフト8位で指名されプロ入りの夢をかなえた。
入団後は主に中継ぎとして、248試合に登板し、9勝12敗、防御率5・47の成績を残した。
「野手だったのにプロの投手になって、覚えなければいけないことが山ほどあった。苦労も多かったが、そんな投手が1軍で投げられるまでになって、よくやってこれたなと思う」
12年間に及んだ現役生活に未練はない。今後は実家のある東京都内近郊で、一般企業、野球に携われる仕事を探しながら第二の人生をスタートさせる。

フロント入りを断ってトライアウトを受ける準備をしていたんですね。力があるものだけが生き残れる厳しい野球界。広池なりに自分で判断したならばファンとしては「お疲れ様でした」の一言しかありません。
広池がいなくなるのは寂しいけどね・・・。
いつもファンのことを気にかけてくれて。そんな優しい選手が一人いなくなってしまうのは。本当に寂しいですね。
いつも神宮や横浜で声をかけると必ず会釈はしてくれました。「こんにちは」なんて気軽に声をかけても「こんにちは」って普通に挨拶してくれた広池。
盗塁してホームラン打たれて泣いちゃった広池。ナゴキューでサインを貰ったなぁ。友人が大好きで結婚のプレゼントにしたっけ。
まだ思い出せばいっぱい出てくるだろうな・・・。
いまはゆっくり休んで新しい世界でまた活躍することを願っています。本当にお疲れ様でした。


■横浜がFA村田に残留要請、動向は…?(スポニチ)

横浜は1日、今季国内FA権を取得した村田修一内野手(29)と、秋季キャンプ地の鹿児島・奄美大島でFA交渉を行い、球団側は残留を要請したもようだ。
村田が8月17日にFA権を取得した直後に即交渉するなど、球団幹部は「4番としてのチームへの貢献度、実績は最大限に評価している。本人の意思を尊重したい」と話していた。この日は双方とも報道陣への対応はなかったが、村田自身は秋季キャンプ直前にFA権行使について「どちらかに傾く気持ちはない」と態度を保留していた。行使に踏み切れば楽天など数球団が獲得に動くとみられ、動向が注目される。

楽天?そうなんだ。あの豪腕監督だったらいくかもね。
内川もホークスの噂があるけどどうなんだろうね。TBSはまだ身売りした様子。そんな不安定な状況をどう判断するのでしょうか。
FA選手ではこの二人が一番気になりますね。うちから一番近い球状だからよく見る選手だからね。
ちなみにブラウザプロ野球を最近始めまして村田はうちの6番です。←どうでもいいw


■ソフト捕手も獲る!FA内川とW補強へ(ニッカン)

ソフトバンクが05年の球界参入以降初めてFA戦線で複数選手獲得に乗り出す方針を固めたことが1日、分かった。球団幹部が2選手補強に準備を進めていることを明らかにした。すでに横浜内川聖一内野手(28)の獲得を目指すことが有力視されているが、さらに捕手補強にも積極的。W補強方針の準備を整えたソフトバンクが、今オフの国内FA戦線の主役を張りそうだ。
ダイエー時代の94年オフに西武工藤、同石毛の2選手をFA補強して以降なかった国内FAでの複数選手獲得へ、ホークスが準備を整えた。この日、球団幹部がW補強に積極的であることを明言した。
「FAで最大枠補強? 可能性は大いにあると言えます。2人ですね」。国内FAによって獲得できる最大枠は宣言選手数によって違いがあるが、原則2選手が通例。ソフトバンクが球界参入した05年以降では初めての大型補強作戦が進行していた。2選手獲得に動く場合は、野手1人と捕手1人の可能性が高いと見られる。
中でも注目されるのは捕手強化だ。動き出す場合の優先順位も整理されている。打撃の重視。データのある同一リーグという点を考慮する。関係者の話を総合すると、オリックス日高剛捕手(33)や西武細川亨捕手(30)、ロッテ里崎智也捕手(34)らの動向に注目していると見られる。

あぁ石原はこっちか・・・あれ?名前がないぞ!www
ってことは。なんか全然話が進んでいないのは「中日?日本シリーズ中だから?」と余計なコトしか浮かばないや。
決して満足する成績じゃなかったと思うし。なぜにそんなに強気に答えを先に延ばしているのかがよくわかりません・・・・。


■斉藤が“一時引退”育成コーチ兼任選手へ(スポニチ)

03、06年と2度の沢村賞を獲得したソフトバンク・斉藤和巳投手(32)が、来季は育成コーチに就任することが3日、分かった。来季について、球団から育成選手か育成コーチでの契約を打診されていた同投手は、育成コーチでの契約を結ぶ決意を固め、4日にも球団側に意思を伝える。

育成選手になるんじゃないか?という報道が先にあったので「そう来ましたかホークスさん」。
ケースは違うけど小宮山のようなケースもあるしね。可能性がある限りあきらめずに頑張って欲しいですね。特にファンじゃないけどさ。なんか応援したくなっちゃいます。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。