スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ライバル視するわけではないが、今度は敵

2010年11月29日
横浜はサッカーのほうも大変なことになっている・・・。

■林昌勇ヤクルト残留3年総額14億円以上(ニッカン)

ヤクルトは28日、林昌勇投手(34)の残留を発表した。出来高も含めれば、3年総額14億2000万円となる破格の契約。今季で3年契約が切れ、球団との交渉が難航していたが、前日27日に林昌勇本人が残留を決意。代理人のパク・ユヒョン氏がこの日の未明に球団側に「お世話になります」と電話を入れた。ヤクルトとしては異例の大型契約に、交渉に当たった編成部の奥村政之国際担当課長は「今年もいい成績だったけど、彼のピークは終わったとは思っていない。やる気も体力的にも、ピークは続くと判断した」と説明した。今季で契約が切れるヤクルトの林昌勇投手(34)の残留が決まったことが28日、分かった。球団が3年契約、総額14億円以上でサインし、同日午後に発表される。

交渉がお上手としか言いようのないことの運びでしたね。
どうも変な契約でした。退団決定という報道がありながら移籍する球団の噂がさっぱりない・・・。
もしかしたら讀賣が?楽天が?ひょっとして阪神が?水面下で上手に動いているのかな?なんて思っていましたが。上手だったのはイム側でしたね。
阪神は藤川が残留宣言をした時点でないと思いました。まさかイムを藤川の前に投げさせるわけにもいかないしね。年俸にも見合わないし、もちろん藤川の後はあり得ないでしょうし。
それにしても巨額な契約になりましたね。・・・まぁ他球団の事情ですから細かいことはわかりませんが日韓戦でも思いましたが彼は2イニングは厳しいですよね。1イニングで勝負する投手ですからちょっと高すぎ?と言うのが私の感想。まぁ絶対的な守護神がセントラル文化ですから彼にとってはいい仕事場に恵まれたんだと思います。
来年もやられそうだなぁ(うーん、困ったw)


■福井、プロ入団一番乗り!背番「11」(サンスポ)

広島がドラフト1位で指名した早大・福井優也投手(22)=1メートル78、78キロ、右投げ右打ち=の入団が28日、決定した。東京都武蔵野市のホテルで交渉し、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で合意した。背番号は「11」に決まった。
早大の同級生で、ともにドラフト1位指名を受けた斎藤、大石に先んじてプロ入りが決定。「一番乗りだなと。ライバル視するわけではないが、今度は敵。対戦したい」と投げ合いに思いをはせた。

ついに決定しましたね。別記事では讀賣へ恩返しをしたいと強いコメントも残しています。
あまり注目されるのもなんですがこの世代は日ハムの王子さんが全部話題をかっさらっていきますので・・・その合間にスクスクと育って欲しいものですw
フォームを見る限りですが黒田のようなズッシリとした球、そして存在。そんな選手に育ってくれると信じています。期待していますよ!来年はまず10勝を!


■広島岩本軟球で豪快150メートル弾(ニッカン)

 夢のビッグアーチをかける!? 広島岩本貴裕外野手(24)が27日、尾道市内の栗原北小学校で野球教室に参加し、周囲の度肝を抜く豪快アーチを放った。手本を見せた打撃のデモンストレーション。強振した打球はピンポン球のように高々と舞い、右翼後方の高台にある民家の下まで届いた。
到達点は校舎5階分で約30メートルの高さだった。野球少年が拍手すると、岩本もガッツポーズで大はしゃぎ。「あそこまで飛ぶとは…。ビックリしました。軟球は詰まらせ気味にしないと飛ばないんですよ」と“どや顔”で振り返った。

いやー、この記事を読んだとき「うひゃひゃひゃ」と笑ってしまいましたよ。
軟球で150メートルってハンパないですよ。あれ?他の新聞では140メートルになっていませんでしたっけ??w
内川がどうやらホークス入り報道が続いています。私としては諦めたわけではありませんが・・・。
仮に内川の入団がダメだったとき・・・岩本に期待の視線はいままで以上に当然集まるでしょう。
サードで新外国人を獲得しますので栗原は1塁。そうなるとレフトに岩村。ただし今年の終盤に試した3番は「どうなんでしょうね?」ぐらいでしたので、そこを「どうするんでしょうね?」
決して器用な3番タイプではないので5番か6番でしょうか。
ただT-岡田を見ていると彼にも4番のチャンスを与えてもいいかと思います。栗原には責任を背負わせるだけではなく「競い合う」という原点も必要ではないでしょうか。

いまmixiでブラウザプロ野球をやっているのですが。
つくづく思います。ピッチャーを安定させて打線は1番から5番で勝負。6番から捕手までは守備力をあげる・・・レベルが低い段階ではこの戦い方が勝利への一番の近道です。
もちろん実際の選手はカードと違ってデータ通りには動きませんが、いまのカープが目指す野球はこのラインはまんざら外れてはいないと思っています。
打線は特に1番から3番、ここが課題だと思います。1番は梵で固定できますが、2番3番をどうするか。ここが謙二郎の采配で一番楽しみにしています。
やはり一番打席が回ってくるところが得点の源だと思います。打線全体をUP・・・ではなくて欲張らずまずは強い上位打線を築いて欲しいです。

さて以下は毎日の更新ですが。
噂の限りですがここまでの報道を見て「有力&ありえそうな移籍」を更新してみました。
報道によっては違いがありますのでその点はご了承ください。

・細川(西武) FA宣言→ソフトバンク決定(4年変動8億まで)
・土肥(西武) FA宣言→メジャー(有力)
・内川(横浜) FA宣言→広島(3年6億)、ソフトバンク(4年12億)、横浜残留(4年10億)
・金城(横浜) FA宣言→横浜残留(有力)
・後藤(オリックス) FA宣言→オリックス残留決定(3年3億)
・森本(日本ハム) FA宣言→ハム残留、横浜
・建山(日本ハム) FA宣言→メジャー(有力)
・藤井(楽天) FA宣言→阪神決定(2年1.2億)
・小林宏(ロッテ) FA宣言→メジャー(有力)、阪神、ホークス
・多村(ソフトバンク) FA宣言→ホークス残留決定(4年変動10億まで)
・関本(阪神) FA宣言→阪神残留決定

・西岡(ロッテ) ポスティング→メジャー(ツインズ)

・林昌勇(ヤクルト) 残留決定(3年14.2億)
・松井稼(ロッキーズ)→楽天決定(2年契約・年俸1.5億)
・岩村(アスレチックス)→楽天決定(2年3億)
・カブレラ(オリックス)→ホークス(2年8億)

<戦力外から国内移籍(有力)>
・藤田(讀賣) 戦力外→ロッテ(テスト)

<決定した国内移籍>
・李(讀賣) 戦力外→オリックス
・小林(讀賣) 戦力外→オリックス
・豊田(讀賣) 戦力外→広島
・木下(日ハム) 戦力外→中日(育成)
・坪井(日ハム) 戦力外→オリックス
・佐伯(横浜) 戦力外→中日
・加藤康介(横浜) 戦力外→阪神(テスト合格)
・梶本(ヤクルト) 戦力外→オリックス
・浜中(オリックス) 戦力外→ヤクルト
・土井(オリックス) 戦力外→読売(育成)
・宮出(楽天) 戦力外→ヤクルト
・荒川(ソフトバンク) 戦力外→西武
・岡本信也(韓国LG)→楽天(テスト合格)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No Title
浩二、仙一の友情トレードで草野を取れませんかね。内川駄目でしたので補強は終わりでは来期もきついですね。
 ところで上村をサードか外野にコンバートはどうでしょう? 面白いとおもうのですが・・。
No Title
◇緑の酒屋さん
天才バッター草野ですね。私も彼にはいい印象があります。
欲しいですねー

上村のコンバートは私も賛成ですが、どうやら本人が捕手1本で勝負したいそうなんです。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。