スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

マエケン、1億2千万円プラスタイトル料3千万円で更改

2010年12月20日
なんていうか予想通りでしたね。でもタイトル料は忘れていました。かなり破格。

■【速報】前田健、1億2000万円+タイトル料3000万円で更改(中国新聞)

広島の前田健太投手が20日、契約交渉に臨み、今季の4800万円から7200万円増の1億2千万円プラス(投手3冠や沢村賞などの)タイトル料3千万円で更改した。

なんだよ、やっぱり1億2千万円かよ・・・と思ったら、
プラスタイトル料3千万円

いやー、カープ頑張った。個人的にはベースで1億5千万円あげたかったけど、きっと着地は1億2千万円だろうな・・・、と(ほとんどの人が)思っていたからね。
タイトル料は忘れていましたw

年俸では目立ったところでは、梵が4500万円増の年俸7500万円。広瀬が3000万増の年俸5000万円。
やっぱりファンも「働いたなぁ」と思える3人ですね。
来年はこの3人が要となり大竹と永川の復活、そして新入団選手の期待以上の活躍。ここが3位以上へのポイントだと改めて思いました。


■栄光の背番号「7」と「9」来季も不在(中国新聞)

広島の背番号「7」と「9」が、来季も欠番になることが決まった。球団創設時から一貫して、野手の主力や期待の若手が背負ってきた「栄光のナンバー」。球団は「若手のレギュラー不在」を指摘し、来季以降の台頭に期待を懸けている。
「7」は野村監督が引退後の2006年から、「9」は緒方守備・走塁コーチの引退を機に今季から欠番になった。永久欠番(3と8)を除けば、チームの「顔」とも言える1桁台が二つも空くのは球団史上初めてだ。

この7と9はファンが納得する選手につけてもらいていです。
最近他の球団を見ても大活躍した選手の背番号の扱いが軽々しいと思っていましたから。
中日はさっくり「3」を新人にあげちゃいましたね。森野でいいと思いましたけど。
「9」はいまだったら天谷か赤松が候補なんでしょうかね。外野手で足の速い選手は続々このチームは出てきそうなので・・・丸も候補になるぐらい今年は飛躍して欲しいですね。
問題は「7」。まぁ内川ならその価値はあったけど、出来ればカープで活躍した選手がつけて欲しいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。