スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「投手より、野手は順調にきている」、そうだ。

2010年12月25日
この2軍についての記事を読むと「しばらく優勝はないね」と誰もが思うわ。

■カープQ&A 2軍(中国新聞)

広島の2軍は1軍と同様に、1991年以来、優勝から遠ざかっている。今季は40勝53敗11分けで最下位だったが、球団は「2軍は育成」と位置付け、勝利を求めていない。今季、岩本貴裕外野手たちを1軍に送り込んだ山崎立翔監督は、「育てながら勝つ理想通りにはいかないが、投手より、野手は順調にきている」と成果を口にした。
最近5年で最下位が4度。松田元オーナーは「2軍はあくまで育成の場。1軍の28人枠に1人でも実力で昇格させたら成功といえる」と強調する。結果がすべての1軍とは違い、勝利が最大の目的とはとらえていない。
その方針と組織づくりは徹底している。球団は2005年の組織改革で、2軍は1軍から分離し、育成本部(現・育成部)の管轄に入った。「戦う集団」の1軍と、選手を育てる2軍は別組織とする考えをチーム内で統一した。

この記事のあとに木下前監督のコメントもあります。

勝利優先でない方針に、もどかしさを持つ指導者はいる。木下富雄前監督は「勝たないと覚えないことが多い」と指摘。勝利にこだわる采配で、前後期制だった03年に前期優勝した。「自分で打って勝つからこそ自信になる。1点をどう奪うか、どう守るかを教えていかないと1軍では通用しない」


近年では前田健太、そして今年は堂林翔太を多様して、岩本貴裕を1軍に送り込んだ・・・な記事もありますが。
まぁ直にみたわけではないけど「素材」の良さもあるんじゃね?と私の印象。
相沢寿聡、武内久士、中田廉、伊東昂大、丸佳浩がレギュラー取ってからでしょうね「育成の成功」と私が評価するのは。

カープの財政を考えたら山崎の「育てながら勝つ理想通りにはいかない」という言い分はわかるけど、でもこれって読売さんと真逆なんですよね。
私は木下さんが指摘している「1点をどう奪うか、どう守るかを教えていかないと1軍では通用しない」のほうがしっくりきますね。
山崎の考え方も間違いではないのですが、どうしても相手あってのスポーツですからその相手にどんどん置いていかれる気がしてなりません。

やはりこうなるとスカウト力を強化しないと強いチームは作れないのではないでしょうか。
しかしそのスカウトも育成しているようじゃぁねぇ。


■新井良太が阪神へ、兄と同じタテジマ…水田と交換トレード(報知)

中日・新井良太内野手(27)と、阪神・水田圭介内野手(30)の交換トレードが24日、両球団の間で成立し、発表された。新井は、阪神の貴浩内野手(33)の実弟。来季は兄弟で同一球団に所属することになった。
阪神は、藤川俊ら走力のある若手が台頭する一方、桜井ら一発のある右打者が伸び悩んでいる。そこで、新井の兄にも負けないパンチ力に期待を寄せ、弟に白羽の矢を立てた。この日、岐阜県内でトークショーを行った新井良は「阪神に行っても一生懸命プレーしたい」とコメント。広陵高出身で金本の後輩にもあたり、話題性も十分。兄弟の相乗効果も期待される。

もう、がっかり。広島の方角から大きなため息をしっかり感じました。
名古屋の良太ギャルは移籍するんですかね?
しかしなぁー良太出せるならカープに来て欲しかったよ。しかし阪神って。あーあ。この兄弟は別々の球団にいてこそ「面白いのに」。←ネタかよw
それにしても背番号32が幻になってしまいましたね。
どうせなら貴浩が中日に行けばよかったのに。←ネタかよw
あ、阪神といえば。先日品達の近くで下柳とバッタリ!たぶんあれは食べに行ったな。もう一人は誰だったのかなぁ。たぶん選手だと思いますけどね。トレーナーかな?


■佑ちゃん、有馬記念は1番ヴィクト指名(報知)

日本ハムのドラフト1位、斎藤佑樹投手(22)=早大=が24日、早大野球部の卒業旅行先の米グアムから成田着の航空機で帰国した。
競馬の有馬記念の予想で、斎藤が本命にあげたのが(1)ヴィクトワールピサ。「(レースは)いつなんですか? (競馬は)本当に全然、わからないんですよ」と強調した上で、「数字は1が好きなので1番。みなさんに頑張ってほしい」と話した。“持ってる”佑ちゃんの予想効果でヴィクトワールピサの人気も上昇する!?

じゃ、それで(笑) ←乗っかりすぎw


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
私も木下の意見のほうがしっくりくるし、むしろこのチームに最も欠けてることだと思います。それとカープは他球団に比べて1、2軍の入れ替えが少ない気がします。やはり2軍でガツガツやってきた選手が1軍を伺うことで1軍の選手にも緊張感を持たせる、その為には「1人でも昇格すれば成功」では困ります。
あと山崎の発言は言い訳にしか聞こえませんし、野手が順調というのは?です。本当にネタでもいいですから新井弟を獲得してもらいたかったです、水田でいけるならね。

蓋を開ければ補強とは名ばかりの例年より毛の生えた程度の補充で終了。今回の記事に代表されるようにこの球団は何かずれてる気がします。

球界再編の波が再び来たときこの球団は残れるのか?「存続だけならアマチュアか独立リーグでも・・」といわれて言い返せるのか? この球団の未来が心配です。
◇緑の酒屋さん
以前にも書きましたがやはり広島という地に来てくれる選手が他のチームより少ないということはかなりの事実です。絶対数が少なければそれだけ優秀な選手が育つ可能性も低くなります。ただこれは一定のコーチングが条件になるわけです。
ですのでこのコーチやスカウトを強化すれば可能性は高くなるわけです。
しかし。コーチやスカウトも育成ですからね・・・。
もはやこれは「言い訳」。ここにお金をかけて引っ張って来るような体制にならない限りは「育成球団」としては限界があるというのが私の見解です。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。