スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ガンガンいきたい

2011年01月21日
今日は通院もあって会社をお休みしました。あー、のんびり。

■大竹、復活へ「焦らず進めていく」(スポニチ)

昨季は右肩痛で1勝に終わった広島・大竹が復活を誓った。右腕は肩の状態について「秋よりはいい状態になっている」とした上で「今、できることをやって、それを継続していく。それが一番、大事だと思う」とし、状態を見ながら練習の強度を上げていく構え。
今オフは千葉県内の治療院で地道に右肩のリハビリなどを行ってきた。「少しでも早くしたいが、慎重に焦らず進めていきたい」と我慢を重ねながら復活への道を歩んでいく。

かなり出遅れていますね。
厳しいことを書きますが今年の大竹は星勘定には入れていません。
精神的な部分を指摘される彼ですがまだまだ技術的にも足りないと思います。特にペース配分。
完投能力をちゃんとつけないとシーズンを通しての活躍は厳しいと思います。一昨年も好調なスタートを切ってが結局10勝やっとこさ。1年を通してペースダウンをしない体力作り・・・1試合を任されて最低8回を投げ切るぐらいでないとますますマエケンと差が開いていってしまいます。
いまは投げ込みも出来ない状態でしょうけどトレーナーとよく相談していままでに足りなかったものはどう補うか・・・それはいまやるべきことではないかと思います。
5勝6勝を期待する投手だったらカープファンはここまで彼には求めません。やはり10勝、いや15勝、彼がそれだけ勝てば中継ぎの体力も温存できて連勝も望めます。
今年のキー選手・・・にはあげませんが必ず復活(といっても凄い活躍をしたわけでもないがw)することを願っています。


■ドラ2中村恭を大野コーチが大絶賛!(デイリー)

広島・大野豊チーフ投手コーチ(55)が20日、廿日市市の大野練習場を訪れて合同自主トレを視察し、ドラフト2位の中村恭平投手(21)=富士大=を絶賛した。
新戦力の状態をチェックした同コーチは、キャッチボールでひときわ、力強い球を投げていた左腕に目が留まった。
柔らかい腕の使い方から、回転のいい球。「中村(恭)君は一番元気があるね。いい球を投げていた。(ドラフト1位の)福井と比べて、今の状態では肩の出来に差が出ている」と、即戦力左腕に目を細めた。
新人9人(育成含む)のうち、8人が投手。21日に行うスタッフ会議で正式決定ながら、大学・社会人の新人は福井、中村恭、岩見、金丸、弦本を1軍キャンプに帯同する方針だ。
その中で「一番」の評価に中村恭も顔をほころばせた。「本当ですか?今まで(寒い)岩手でやっていたので肩ができるのが早い。広島は暖かいのでもう6~7割の力で投げられています」。

なかなかのイケメンという以外の情報がやっと来た(笑)
どうしても新戦力、特に投手に目がいってしまいますね。
福井も早稲田に入って斉藤や大石という優秀な投手に刺激をされたと思います。カープに入って…彼に大きな期待が重荷ではなくこういったライバルが登場することで「負けられない」気持ちが沸々としてくることでしょう。
中村恭平もドラ1には絶対負けたくないでしょう。その意気込みは「新人なのでガンガンいきたい」というコメントから充分伝わってきます。
金丸に関してはオーナーが「左の永川」と評しているようで・・・不安なんですけどw
というかうちのオーナーは選手の技術に口を出し過ぎですよ。結構選手も迷惑に思っているんじゃないですかね。


■豊田「戦うために来た」若手指導を拒否(デイリー)

157セーブを挙げてきた男のオーラが漂っていた。新たなチームメートの前であいさつをし、その後のランニングを終えると、川口を相手にキャッチボール。豊田は徐々に力を強めると、川口のグラブが“悲鳴”をあげた。横でキャッチボールを行っていた新人たちも目が点になった。
「受け入れてもらえるか不安で…。人見知りが激しいので」。広島初練習をプロ19年目らしからぬ緊張の表情で振り返ったが、若手のお手本になるか?との問いには、目を見開き、こう言った。
「契約の時、球団からは『戦力』という話だった。教えることじゃない。戦うために広島に来たので」
今年40歳になる右腕は、勝負をかけにきた。昨季は巨人の戦力構想から外れ、後半戦は2軍暮らし。シーズン後に自由契約となり、広島に「拾われた」(豊田)。貢献すべきは「先生役」でなく「戦力」としてだ。
視察に訪れた大野チーフ投手コーチとも対面、「しっかり自分の調整をしてくれ」と、声をかけられた。だが、新天地でリリーフの座を勝ち取るため、アピールしなければいけない立場であることを自覚する。

甘えが一切許されない厳しいプロ世界をこの豊田のセリフで新人は知ったと思います。
それでいいと思います。”生きる見本”と言いますが親切丁寧に指導するのはコーチの役目。豊田には厳しい世界で生きてきた姿を見せるだけでいいと思います。
中崎は彼のキャッチボールだけでも関心を寄せていますからね。永川もうかうかしていられませんよ。豊田ならストッパーをしっかり狙っていると思います。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。