スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

実戦でどれだけできるか

2011年02月05日
フィオがオリオールズの マイナー契約に合意したそうで。彼はもうちょっと起用して欲しかったなぁ。

中村恭は「鯉の能見」他球団偵察隊警戒(デイリー)

広島のドラフト2位左腕、中村恭平投手(21)=富士大=が1日、他球団の偵察部隊から要注意人物に挙げられた。福井優也投手(22)=早大=を除く新人4投手がブルペン入り。中日の善村スコアラーは「のびしろがあるのは中村。腕が遅れて出てくる。能見(阪神)タイプ」と警戒した。
球数は42球。スライダーも投げたが、「よかった球は4、5球くらい。プロの審判のストライクゾーンが自分と違った」と苦笑いを浮かべた。それでも「自分は打者を立たせた方がいいタイプ。実戦でどんどん投げていきたいです」と強気にアピールした。
野村監督は「新人の彼らが今日投げた球がベストではない。実戦でどれだけできるか。ほかの投手陣にも刺激になるだろう」と語った。現在新人の中でリードする中村恭。若い力が課題の投手陣を救うはずだ。

ちょっとタイトルが微妙ですが(笑)デイリーですしねw
でもデイリーって阪神情報以外はなかなかいいんですよね。まぁカープファンはそれを知っていても買わないでしょうけど。報知同様に(笑)。私はデイリーは買わないけど報知は買う派です。野球情報は報知は独特で読み応えがありますからね。
さて話逸れました。村中中村恭平ね。イケメン情報が先行していたので「ポヤーン」ぐらいの期待だったけど(どんなや)ここに来て評判がいいですよね。
キヤンプだけ?・・・まぁまぁ全く話題で出ないよりは。それに新戦力に目が行ってしまうのは自然というか必然というか必死というか、・・・ねw だからこういった記事はファンとしても開幕に向けて活性がどんどん上がっていきます。
謙二郎は慎重なコメントを残していますが「勝ってなんぼ」という現実的かつ必然的なかつ必死的な(しつこい)。とにかく頑張れ恭平!


トレーシーいける!弾丸ライナー連発(デイリー)

中軸候補として期待される広島の新外国人、チャド・トレーシー内野手(30)が1日、シュアな打撃で首脳陣をうならせた。ランチ特打に登場すると、低いライナー性の打球を連発。51スイング中3本のサク越えと派手さはなかったが、浅井樹打撃コーチ(40)は「初日からこれだけ振れる外国人は見たことない。期待はある」とべた褒めした。
コンパクトなスイングで、右へ左へ真ん中へと広角に打ち分けた。メジャー79発の大砲というイメージからは、かけ離れた打撃。しかし、それは計算通りだ。「今日は感触だけを確かめる感じ。広角に打つのはいつもやっていることだよ」とさらりと言い放った。
日本での練習方法に戸惑いはあった。「アップもノックも米国より長め。打撃でも5分間も打つのは初めて」と苦笑い。ただ野村監督から「自分のペースで徐々にやってくれ」と声をかけられたことで、普段通りのスタイルで練習をこなすことを心がけた。
「自分のピークが早くならないように調整する。2カ月で仕上げて開幕に合わせたい」。キャンプは始まったばかりだが、落ち着いた表情には自信がみなぎっていた。
新助っ人の一挙手一投足に熱い視線を送った指揮官は、「いい滑り出しをしたと思う。当然期待している」と頬を緩ませた。今季の野村鯉の命運を握るトレーシー。これから徐々にその実力を見せてくれそうだ。

へー、5分すら長いのか。
やはり打でも新戦力の話題は気になります。この助っ人が3番で固定できると随分チームとしてのバランスが整ってくると思っています。もちろん日本人選手に頑張って欲しいけど・・・なかなか候補がいないですからね。個人的には栗原ってもアリだと思っていますが。
さてこのトレーシーですが記事を読む限りは非常に足に地がついているな、って。ニッカンでは牽制球への対応も素晴らしいと絶賛です。
広角にもうち分けて長打もある、なかなか器用な選手で3番に期待がますます膨らみます。
あぁ早く実物みたいですねぇ。でも私はキャンプは行かない派なんですよね。
じっと楽しみに待つことにします。


栗原、フォーム改善で鋭いスイング(報知)

栗原が2日続けて特打に取り組んだ。「左の脇が開くのが課題。下半身が使えていなかった」と言い、フォームのバランスが悪いと見た町田打撃コーチの指導を受けながら、バット代わりにトンボを使って素振りをするなど改善に努めた。
その後のトス打撃では次々と放られる球を鋭いスイングで打ち返した。町田打撃コーチは「リズムが悪く、バットのヘッドが走っていなかった。(指導後は)明らかに違ったと思う」とうなずいた。

ちょっと先に書いてしまった栗原さん家の健太くん。
どうなんでしょうね。彼を4番に置くチーム作りをしていくのか。
ここはAクラスに向けて破壊と創造を働かせてもいいんじゃないかな?って。
長い間カープを見てきたファンの多くも「3番がいいんじゃね?」って意見も多いですよね。
確かに4番を打つ人が見つからないのもありますが、統一球にもなりますしトレーシーの調子次第(つまり長打っぷり)では右にも起用に打てる栗原3番もアリだと思っています。

あと2番打者のことも書きたかったけど適当な記事が出てきたらまたそのときに。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
はじめまして。

ですよね!!栗原は4番タイプではないですよね。
事実は分かりませんが、今年は「本塁打捨てて打点」なんて記事もちらほら見ますし、それなら無理に4番に据える必要は無いはずです。

ぶっちゃけ新井が抜けて、適任者不在の中入っただけなんで、頑なに拘る必要ないですよ。

4番という名前が栗原の足枷になってる気はしています。3番、もしくは5番に入れば良い成績を残す気がするんですよね。
 彼を1言でいうと、前にもあげましたが、「典型的な甘えんぼ」6番タイプなはずでしょう、本来の型を考えると。

 じゃ、誰を3番・5番に据えるかと、いろんな試合を見ると、こんな感じでしょう(1部意見も含んでる部分もありますが、後で説明します)。

 1 遊 梵
 2 二 東出
 3 右 広瀬
 4 三 トレーシー
 5 左 岩本
 6 一 栗原
 7 捕 会澤(倉)
 8 中 赤松
 
 こんな感じでしょう、石原は12満塁被本塁打に対する反省がなければ、2軍でひたすらコーチと兼業するしかないでしょう。天谷はファインプレーがありますが、守備に対する献身が欠けてます、下手すりゃDH向きかも知れませんね、彼は。(このタイプの選手がカープにいかに多いことか、下手に9人できますよ、こんなチームじゃなかったのですが)

 とにかく、カープは「どんな状況でも守り勝つ」野球を目指さないといけないはずです、それがぶれるから20年優勝できないんじゃないでしょうか、そのタイプに当てはまらないならトレードにでも出して欠点を埋める選手を確保すべきでしょう、幾例か出してこの分を占めます。 

 石原        野上か平野    
 青木高  <=>  平尾か佐藤友・後藤

 前田智  <=>  野本か大島
 永川        高橋聡か久本

 (いくつかでますが、今はこんな感じです)   
No title
えっ
 
 デイリー広島版、買ってますよw
 下手すれば御用新聞より面白いww

 今年もよろしくです。
No title
◇スライリー!?さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
無理に4番にこだわることもないと思います。
他に4番を任せることが出来る選手次第でしょうかね。

◇Mr.S.Cさん
大胆なトレードですね。
問題はパイプの細さでしょうか。
どうもトレードが出来る相手が限定されているのが悩みどころですね。
中日がないのはブラウンがすっかり落合いに嫌われたせいかも知れません。
ハムもないんですよね・・・。

◇緑の酒屋さん
広島版はトップにカープだから全然アリでしょう!?
関東じゃ考えられないですw

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。