スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

讀賣さんは自家発電で東京ドーム開催へ

2011年04月09日
おはようございます。なんか目が覚めてしまって久しぶりのブログです。

■巨人が東京ドームで自家発電 夏場のナイター実施へ(産経)

電力需要が逼迫(ひっぱく)する夏場に向け、プロ野球巨人が本拠地の東京ドームで自家発電を導入することが8日、分かった。レンタルの発電車(移動電源車)を使い、ナイターで消費する莫大(ばくだい)な電力量を抑えるのが狙い。
東京ドームでは、練習開始の午後1時ごろから、試合が終わる午後10時ごろまでの間、約4千世帯の1日分に相当する約4万キロワットの電力を消費するとされる。巨人は、照明を観戦に支障のないレベルにまで落とすなどして、電力消費量を現行から4割削減する節電策をすでに発表。これらに加え、夏場は東京ドーム内に複数の発電車を用意し、一般家庭の電力事情に影響を与えないよう配慮する。
東京都内の重機レンタル会社によると、軽油を燃料とする大型発電車(11トン)があり、1日のレンタル料は約100万円。概算では、この発電車1台で約4万キロワットの約2割をまかなえる。節電策が進めば発電車でまかなえる比率は高まり、夏場でもナイターを開催しやすい環境が整う。
プロ野球は12日にセ、パ両リーグで同時開幕するが、当初は巨人などのセが3月中の先行開幕を模索。しかし、電力不足のため政府から東北、東京電力管内でのナイター開催を自粛するよう要請され、同時開幕となった経緯がある。
このため、巨人は4月中は東京ドームでの試合を自粛し、主催する12日のヤクルトとの開幕戦は、山口県宇部市のユーピーアールスタジアムで迎える。東京ドームでの今季初戦は、5月3日の阪神戦(デーゲーム)となる。巨人首脳は「節電もするし、電気をつくることも考えている。夏場も東京ドームで試合をやりたい」としている。

セ、パとも東北、東京電力管内でのナイターは5月から実施する予定。


そう来ましたか、讀賣さん。

どうもブログからも手が遠くなってしまいました。
落ち込んでいて書けないとか、自粛で書かないとかじゃなくて、書きたい内容がなくて。
なんか野球にさめちゃいましたよ。なんか積もり積もったものがなんかあるんでしょうか。
やっぱりスッキリと開幕日が決まらなかったこと。まだ余震が続く中での強行開幕。かな。

でもちょっと気持ちは変わって来ました。プロ野球関係者にとってはいつまでも開幕が迎えられないのは死活問題(という人もいる)。私だって普段どおり仕事に出かけているのですから、それと大差はありません。もちろん消費電力は比ではありませんが。
幸い私は今回の地震で被害がありませんでした。何が出来るか、それは限りがあります。
自分のことももちろん大事です。働かなきゃ。日本経済回さないとね・・・
と思うようになったら、ちょっとさめていたプロ野球にも目を向けるようになりました。

そしてこのニュースからかぃ! って突っ込みはまずスルーの方向で(笑)

東京ドームで試合が出来ないことについては正直寂しいです。
「屋根外してしまえ」なんて普段言っているジョークも今回は言えなかったな。
もちろん試合が見れないのは我慢じゃなくて「当然の処置」だとちゃんと納得はしていましたけどね。
都市対抗かな・・・今年は大阪で行うという記事を見て何か残念モードに。

それでも先日神宮、土曜日だけ行ってきました。
試合内容もアレでしたが、気分的にも盛り上がりませんでした。

なんかまだスッキリしませんが、ボチボチいってみますよ。

それにしても自家発電とは。そう来ましたか。1試合100万円でしたら讀賣さん余裕ですね。

12日に開幕なんだね。なんかピンと来ないね。


■福井は「日曜日の男」になる(ニッカン)

広島ドラフト1位の福井優也投手(23=早大)が「サンデー福井」の襲名を目指す。8日は広島護国神社での必勝祈願に参加した後、マツダスタジアムのブルペンで約60球の投球練習を実施。10日のウエスタン中日戦(由宇)で予定される、開幕直前の最終先発に備えた。
現時点では、17日の巨人戦(マツダ)でプロデビューを果たす流れが濃厚。先発陣を6人で回せば、福井の登板は長らく日曜日になる。「『サンデー福井』ですよね。お客さんがたくさん来てくれると緊張しますけど、ワクワクします」と話し、ニックネームを定着させるためにも奮闘するつもりだ。
早大時代は日曜日の登板が多かった。かつては「サンデー兆治」(ロッテ村田兆治投手)らが日曜日に勝負強さを発揮したが、福井も追随する。

いきなり讀賣さんですか。
残念ながら先週のサンデー福井は見れませんでしたが彼がローテに入って投手力がアップする・・・ここ結構低迷しているカープの突破口になるような気がしています。
土曜日の試合を見た限りですが「もはや打撃はこれ以上望めねー」状態。1点取るのがやっとこさの状態でしたら投手力で堅く勝ち星を拾っていくしかありません。ええ、断言。
サードはショーゴにしません?謙二郎。

マエケン、篠田、福井、今村。この日本人4人がしっかり10勝を目指して欲しいです。
そこにジオやバリントンの星を重ねていく。中継ぎが横山の離脱が痛いけど、なんとか昨年経験を積んだ投手陣が力を合わせて欲しい。大竹はもう8回限定でバシッと投げさせたらどうだろうか。抑えの経験もあるし、オリックスの平野みたいな例もあるしね。

書いていたらちょっと野球が見たくなってきた。これから明日イースタンがどこで行われるかチェックしてみます。

※毎日チェックしていただいている皆さんへ。いつもありがとうございます。
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。