スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

また逆転負け

2011年05月05日
山口の防御率が0.00とはビックリしたが、シュルツも0.00はもっとびっくりだわw

■広島4-5横浜(TBSエキサイトBB)

横浜が同点の8回村田のタイムリー2Bで勝ち越し、連敗を3で止め借金6。昨年8/21から続くC戦の連敗を10、マツダスタジアムでの連敗を4で止めた。なお渡辺直が移籍後初猛打賞。先発の三浦が01年4/28D戦以来自身4度目最短タイの1回で降板。5人目真田が09年7/16~C戦3連勝の今季2勝目。8人目山口が4S目。広島は梵の今季初自身5本目の初回先頭打者HRなどで3点先制するもマツダスタジアムでの連勝が3で止まり貯金3。なお梵の初球HRは自身初。3人目青木が昨年5/13E戦~自身8連敗の今季3敗目。

福井が登板した試合も同じようなスコアの展開でしたが、昨日は勝利には結びつけることが出来ませんでした。なんだろうなぁ・・・。
やはり先発がゲームをつくれないと追われる側はもろいですね。得てしてもんなもの。

序盤に先発がKOされるとどんどん遠慮なく中継ぎを出せます。9番に代打を出せます。
昨日もそんな横浜さん。まぁエース番長を初回で降ろすというのはどうかとは思いましたが。
8人の投手を次々に出して横浜さんは勝ちましたが、対カープは10連敗中だったので何としても勝つには「アリ」な手段ではあったと思います。それを打ち返す力がこちらになかったということでしょう。
しかし大丈夫かね、横浜の中継ぎ陣は・・・かなり疲労がこのあと溜まってくると思いますが。

さて心配はこちらにも。中継ぎですね、やっぱりここをなんとかしないと。
久保田・コバヒロ・球児、浅尾・岩瀬もこの数年の中では調子が上がらない様子。讀賣も横浜もまだ後ろは確立していない。出来ているのは松岡と林か・・・首位にいる理由はここだけでも証明出来ますよね。カープは凄いチャンスが目の前にあると思います。本来は「サファテかシュルツを8回」が謙二郎の構想だったとは思いますが。あとは横竜ですよね。永川もウエスタンで抑えているようですが?!
この二人のどちらかをあげてシュルツとソリアーノを入れ替えたいところなんですが。やはり助っ人で頼り切ってしまうとこういった行き詰まりがおきてしまいますね。

今日はバリバリバリントンでしょうか。しばらくは「ホームは2勝1負ペース」で乗り切っていって欲しいです。中継ぎが不安なところは打線や守りで補っていくしかないでしょう。ここは踏ん張りどころです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。