スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

河内2007年9月7日以来1358日ぶりの実戦登板

2011年05月29日
彼はいつも「光」を灯し続けました。

■北海道日本ハム1-0広島(TBSエキサイトBB)

日本ハムが今季7度目零封勝利で最多貯金9。5回今浪の今季初安打・初打点タイムリーは先発武田勝へ4/21Bs戦以来6試合51イニングぶり得点。武田勝は7回5安打無四球、連敗5で止め3勝目、交流戦も連敗3で止め昨年6/6YB戦以来白星、防御率1.64はパ4位。3人目武田久がセパ最多12S。2試合連続1-0勝利は07年8/21、22Bs戦以来。広島は今季初4連敗・6度目零敗で4/16以来の勝率5割。26イニング無得点で2試合連続零敗は93年7/13、14G戦以来。先発前田健は交流戦連勝6で止り3敗目。

まぁあれだけチャンスを逃したら負けますわな。
個人的に不満足な起用は0アウト2-3塁で井生に代えて前田。んー、最近の前田の様子を見て打てるとは思えなかったんですけどね・・。で、結果はフォークに手を出して三振。
いま好調の増井をこのところの前田にはちょいと厳しくないかい?謙二郎?

・・・とまぁ謙二郎の起用に厳しい声があるようですが。

なぜに「前田2軍に行け」とか「いい加減打て」とかはっきりとした声が出てこないのか?

うん。前田はスターだものね。私も「代打前田」は興奮しますよ。でもいまは無理。
彼は神でもレジェンドもないです。現役選手。今年引退表明をしているならば少々許そう(誰様w)。
特にそうでなければ一度2軍で調整するべきですよ。嶋だって天谷だって、ね。前田だけ1軍にいる理由は「実績」なんて余裕はいまのチームにはありません。
私から言わせたら謙二郎に注文つけるのはそこだな。「調子のいい選手を使ってくれ」

これで借金がなくなりました。ええ、夢の貯金生活にしばらくさよならですよ。1日で取り戻せるかも知れませんけど、梵・東出・栗原のチームの核がもっとビシッとせにゃー!


■嬉しいニュース(広池レポート)

広島滞在中に嬉しいニュースが入ってきました。
「ファームの試合で河内が復帰登板する」
それを聞いてどうしても会って激励したいと思いました。
他にも宮崎や梅津、林をはじめ今ファームで出番を待っている思い入れの強い選手はたくさんいますし。
せっかくこのタイミングで広島に来たのですから。
日程上、試合は見られませんでしたが、限られた時間の中でみんなに会うことは叶いました(写真)。あれっ!?林は写っていませんね。

びっくりしました。久しぶりに広池タマのブログを見たら河内の話題が。しばらく頭に???でしたが。

慌ててカープ公式へ。

■試合結果 5月27日(金) 広島8-7ソフトバンク(ウエスタン・リーグ) (カープ公式・ファーム)

河内 MAX137km 平均1357km
2007年9月7日以来1358日ぶりの実戦登板。江川をライトフライに打ち取る。
ここまで長いリハビリ生活で苦労したと思うがやっと今日投げる事が出来た。何よりファンの方々の温かい拍手で分かるように河内の復活をみんなが待ち望んでいたと思う。次は1軍で投げられるように、これからも頑張って欲しい。

連敗が続く1軍カープですが。2軍に光が(涙)。
関東カープファンにとっては河内はまた特別な存在なのです。一人だけに対しての登板だったようですが、結果が出て何よりです。本人はどんな気持ちなんだろうな・・・きっとここで満足することなく次の登板のことばかり考えているのでしょうね。

これまでのリハビリ。野球に対してどんな気持ちで向かい合っていたのか。
話は戻りますが広池レポートでそれを知ることが出来ました。私の感想はなしにしておきます。
それは野暮ですから。

■嬉しいニュース(広池レポート)

それでも河内という人間はいつも最大限の努力を続けてきました。
彼は活躍している時から礼儀正しく、若いのに周りの見える人間でした。
だから、同じ左腕投手ではありましたが行動を共にすることも多かったです。
もともと周りからも人間性に対する評価は高かったです。
ただ、このリハビリ生活の中で彼のその評価は「尊敬」に値するものにまで高まったように感じます。
私も3軍にいる時には、彼の明るさと前向きな姿勢に何度も勇気づけられました。
実戦に復帰する選手を見送るばかりでさぞや辛い思いはあったと思います。
それでも3軍の中に彼はいつも「光」を灯し続けました。
彼はプロ野球選手として、そんな評価は求めていないでしょう。
でもそんな彼だからこそ、球団も含めて周りは彼のサポートを惜しまなかったのだと思います。
手術後のことを思い起こせば、今日のファームでの実戦復帰はひとつのゴールとも言えるほど評価されるべきことです。
実際、登板を涙なしには見られなかった人もいたと思います。
それほど難しいことを乗り越えてきたのですから。
でも、やっぱりプロ野球選手として、この先も期待したい。
1軍復帰そして1軍での活躍を。
肘の手術後、1軍への復帰は果たしたもののその先は叶わなかった私の分も。
高い壁であることは分かっています。
でもそれを乗り越えるのを見てみたいです。
プロ野球選手にとっていちばん辛い時に結婚し、何かと無理してしまう河内をいい方向に導いてくれた嫁さんの為にも。
頑張ってきた人に言いたくはないけれど、やっぱりまた明日から頑張れ!




にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。