スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

やっと終わった交流戦

2011年06月19日
対戦成績0勝4敗が実はない(苦笑)

■広島2-1北海道日本ハム(TBSエキサイトBB)

広島がF戦連敗を3でストップ。先発福井は自己最長タイ7回3安打7奪三振1失点で自身の連敗を3で止め3勝目、交流戦プロ初勝利。2人目は青木、3人目のサファテが13S目。1回に栗原のタイムリーで先制、同点の6回には岩本のタイムリーで勝ち越し。今季交流戦を6勝16敗2分の最下位で終了。日本ハムは稲葉の犠飛の1点のみ。先発ウルフは6回2失点で自身の連勝が7、交流戦の連勝が4で止まり2敗目、交流戦は来日初黒星。今季交流戦を16勝8敗の3位で終えパ首位のHとは3ゲーム差。観衆31931人はマツダ今季最多。

今季最多の観衆でしたか。2日間よく入りましたよね。
みなさんダルビッシュとかハンケチとか狙ってチケットを買っておいたのでしょうかね?(苦笑)

今日はなんと言っても福井、福井、福井でしょう(しつこい)

初回は不安な立ち上がりでしたが小谷野をストレートで見逃し三振。
あの球がそのあとの福井に自信を持たせたものではないでしょうか。
あそこであの球が投げれるか投げれないか。そこは1軍ローテに入る投手か2軍でくすぶるかの違いなのかも知れません。「持っている男」はひょっとしてこっちの早稲田OBではないかぃ?(ふふ)

とにかく2,3,4,5回と先頭打者を出さない内容。6回に1失点はしますが三回り目でハムの上位打線を1失点で抑えたのは上出来です。結果は7回を112球7奪三振2四球1失点。しっかりとゲームを作りました。勝ち投手に十分値する内容です。ナイスピッチング福井!

まあ打線はアレでしたね。それでも球に喰らいついてなんとかつないで2点。
栗原が猛打賞で天谷と岩本がマルチ。1・2・3番がアンポンタンで勝ったのですから、

「ある意味贅沢な勝ち方です」


■広島ジオ背信投球で2軍落ち(ニッカン)

広島先発ジオ・アルバラード投手(33)が背信の投球だ。1回に制球難で2死満塁のピンチを招き、中田に先制の2点二塁打を浴びた。2回までに5四死球。3安打で2点を失い降板した。登板全4試合で1回に失点を許す内容に野村謙二郎監督(44)は「独り相撲だった。野球にならない」と厳しい表情。大野投手チーフコーチも「チームの雰囲気を悪くした。下でしっかりやるように」と降格を命じた。

ありゃりゃ。ローテどうすんのかね。
今村をローテに戻しても足りない状況ですからね。先日6回1失点の篠田をあげてくるのかも知れません。
24日から地元で中日を迎えて通常のリーグ戦が再開しますが、マエケン・バリントン・福井が三本柱になるのでしょう。28・29日は阪神戦ですから篠田、今村でしょうか。あぁ1枚足りねな、もー

大竹が戻ってくるまでどうするんでしょうね?

永川先発ってどうですか?最後にドキドキするか最初にドキドキするかの違いですし。
それに昨日はアレでしたが。比較的今年はいいピッチングですし。

ええ、ほぼやけくそで書いていますけどねw 思い当たらないんだもの。

ソリアーノとかゲレロとかそんな選択もあるといえばある、ね。

今年はなんとしてもマエケン・バリントン・福井には10勝を達成してもらって来年の今頃はこんな不安を解消していただきたいです。といっても”あと3人”が解消がする保証はないけど。
そういえば斉藤が3軍から2軍へというつぶやきを見ました。
あとは中村恭平、中田廉、今井啓介(なぜかフルネームにしてみた)がこのローテに食い込んで来るのを待つ・・・・

ハァ・・時間まだかかりそうだよね....。いったいフロントは今年のはじめにどんなローテを想定してチーム編成をしたのか細かく公開して欲しいわ。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(7) | Trackback(0)
Comment
No title
投手もですが、野手もですよ。あまりに駒がいなさすぎです。このチームの編成は毎度のことながら・・・
編成と育成
投手→素材型は育てられない、即戦力はどんどん使って片っ端から潰す
野手→素材型は育てられない、即戦力は獲れない、育ちかけの選手は精神的に潰す
こういうパターンはもう見飽きました
どんなにいい選手を集めても、監督やコーチを一軍で育成するようなチームがうまく機能するはずもないです…
No title
◇緑の酒屋さん
現実としては投手野手の両面は厳しいと思います。
やはり試合をまず作るローテが手始めと思います。って何年かかっているのか。

◇広島のTさん
スタッフの問題は大きいですね。マエケン、福井、今村が10勝投手になることがまず手始めだと思います。まぁここが達成できない限りは何も始まらないでしょうね。試合が作れません。
二軍レポート
おひさしぶりです。
昨日は平日でしたが、神戸サブに行ってきました。

結果は一軍メンバーの手伝いがなくても10-3の大勝。
詳細は幹英レポートをご覧いただくとして、素人目線での感想を。
(長くてすみません)

先発は中田廉
7回7安打1四球2失点 93球
失点は金子圭介の2ラン。
低めに集めようという意思を感じました。
そのためか球速は物足りませんでした(MAX141km/h)
低めに145投げられれば一軍でも通用するでしょう。
先発で育てるつもりなんでしょうかね。

二番手は相澤
1回2安打1四球1暴投1失点 
またまた先頭打者に四球から失点。
ストレートでストライクが取れない酷さ。

三番手は弦本
1回1安打1暴投無失点
点差もありましたが、そうは崩れない雰囲気がありました。 
二軍クローザーとしての信頼は得た模様。

打撃陣は14安打10得点でした。
2回は相手の守備の乱れに助けられ、楽な試合運びができました。

堂林
4月より尻が大きく見えたのは好感。
低めの変化球の空振りは相変わらず。

磯村
初めて見ましたが、堂林よりプロの体つきですね。
引っ張ったときのフォームがアツに似てます。
中田の低い球をよく止めていました。

庄司
最近好調ということで5番起用でしたがあまりよくなかったです。
守備ではエラー(グラブトスのミス)とゴロを後ろに下がってイレギュラー(記録は安打)
打撃は1安打でしたが、レフトに引っ張る感じのヒットはよかったです。


迷いがあるんでしょうかね。当てに行ってます。

末永
相変わらず悪球打ち(ワンバウンドを2球もファールにしてました)


先日の守備の問題もあってか、左翼スタメン。
後半の一塁では難しい送球をきっちりさばいていました。
打撃は変化球に弱そうです。
No title
◇よねさん
ご無沙汰しています。
いやいや貴重なレポートをありがとうございます。
この試合は新聞で結果を知って気にはなっていました。いま2軍は好調なんですよね。4連勝だったかな?
確かこの試合は安部が活躍した試合でしたね。
1軍にいたときに1番を打たせてあげればよかったのにね。
中田廉は夏場には絶対必要になってくる投手です。いい結果を重ねて早く1軍に上がってきて欲しいです。嶋、末永は心配ですね。堂林は早く1軍で見てみたいです。
安部と上村
満塁走者一掃の三塁打を打ちましたが、2打点の単打までは認めます。あとは相手センターの守備位置、追い方がひどかった。(フェンスに達してませんし、安部は2塁手前で一旦止まってましたから)
ただ、彼の動きには躍動感がありました。
そういう目で見るからなんでしょうが、一軍を経験して、「また呼ばれる」ことがモチベーションになっているのかなと感じます。
そういう意味では上村が少し心配です。年齢も起用方法も中途半端で、成績も上がってませんから、一軍から声もかかりそうにないですし…
No title
◇よねさん
再びありがとうございます。
そうですね、上村は確かに中途半端な位置ですよね。
落合監督がそうでしたが、2軍の選手は全員1回は1軍にあげて雰囲気だけでもいいから経験をさせてあげて欲しいです。安部もきっと何かをつかんだと思います。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。