スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

カープドラフト1位から4位の映像(YouTubeより)

2011年10月30日
キャー、ヨチノリー! ←そこか



さてカープがドラフトで指名した選手の映像をまとめてみました。

・ドラフト1位 野村祐輔(明治大学)
生年月日: 1989年6月24日
ポジション : 投手
投打 : 右投げ右打ち
身長/体重 : 177センチ/75キロ
カラダはそんなに大きくないのでプロでは制球力で勝負する投手になるでしょうか。
高校は広陵高校ですが、出身はお隣の岡山県。甲子園では決勝を経験して六大学出身と昨年のドラ1福井と類似したところも。だから福井と同じぐらいの成績を期待しちゃいます(微笑)



まぁ1年生で44年ぶりの史上5人目の防御率0.00ですからね。もっていますよ、この男は。
4年春には史上14人目の通算300奪三振を達成。秋には史上7人目の30勝300奪三振。
もうね、エリートですよ。カープに来てくれてるなら本当にありがたいです。
これだけの記録をもっている投手なら「負けたくない」気持ちがもう埋め込まれていますからね。
いまカープに足りないもの。それを福井や野村がベンチに咲かせてくれると期待しています。
筋トレはしていなかったけど4年生から始めたみたい、と柔軟性もありそうですね。


・ドラフト2位 菊池涼介(中京学院大学)
生年月日:1990年3月11日
ポジション : 内野手
投打 : 右投げ右打ち
身長/体重 : 171センチ/69キロ
なんすかこの足の速さは(笑)
1塁に駆け抜ける速さは聞いていましたが、ベースランニングはそれを上回る圧巻、いや唖然か。



最初の挨拶のときに「背番号7が欲しい」と。
いやいや、なかなかの大物っぷりでいいじゃないですか?
いままでそんな選手はいなかったしね。あげちゃったらどう?
その代わり開幕スタメンを約束にして。この足は魅力的ですよ。1番を打たせたいですね。
こういったフレッシュな力がいまのカープには必要だと思います。
ファンも試合前からドキドキしたいじゃないですか。楽しみだなぁ。
問題はポジションですけどね。守備力も高く評価されていますから、サードという選択もアリかも知れません。早く実際のプレイを見たいです!


・ドラフト3位 戸田 隆矢(樟南高)
生年月日: 1993年6月10日
ポジション : 投手
投打 : 左投げ左打ち
身長/体重 : 180センチ/66キロ



すみません、高校野球はさっぱりみないので。
初めてフォームを見ましたが。しなやかで変化球がよく曲がりますね。
右バッターは内側に来たら打ちにくそうです。



一番の魅力は低めへのコントロール。それをバッターが振っていますからね。
かなりの落差があるのでは?
カラダをしっかり作ったら思った以上に早く1軍デビューもあるかも知れませんね。


・ドラフト4位 土生 翔平(早稲田大)
生年月日: 1989年8月16日
ポジション : 外野手
投打 : 右投げ左打ち
身長/体重 : 180センチ/76キロ
福井にも縁があって、野村とも縁のある選手ですね。



まだプロか社会人か迷ってはいるようですが。
いまカープの打線事情では「右の外野手」なんですけどね。それでも土生を指名したのは意味のあることなんだと思います。
3年時の秋には首位打者も獲っていますし、4年生の不調は全て出し切ったと思います。
思い切ってカープにおいで!化ける要素たっぷりあります!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
No title
野村は今の状況を考えればローテ候補に食い込んでもらわないと、ですね。しかしなんなんでしょうね、最近のカープの甲子園優勝、準優勝投手の比率の高さはw

 菊池はこの4人の中では楽しみですね。梵の年齢を考えたらショートも考えないと、ですから。

 育成の4人もなかなか面白そうです。
Welcome!
うちには綺麗なカーブ投げる先発左腕が久しくいないんで、戸田君をしげしげと見てしまいました。低めに決まるいいカーブを持ってるので、見ててストンと気持ちいいですが、まぁ、4年はかかるかなぁ。ちなみに、速球の時とカーブの時で、グラブの先の巻き込み方が違うの発見w

スカウトは、ほんといい仕事している最近、あとは指導者です!
No title
◇緑の酒屋さん
やはりトップを極めた選手は何かをもっていると思います。運とかめぐり会わせとかではなく、高い技術を。もしくは土壇場に力を出す力を。
その観点からはいい獲得ではないかと思います。

◇ガビーさん
カーブにしてはスピードを感じるのは緩急のつけ方と球の回転でしょうかね。
その指導者の育成に4年以上かかりますなぁ・・・

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。