スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

鯉党から「広島帰るの?」

2011年11月20日
今日で日本シリーズの決着がつきますね。それにしても2点だけでも3勝しちゃう中日って。

■「だから言ったでしょ」(ニッカン)


中日が接戦を制し日本一へ逆王手をかけた。落合博満監督のインタビュー。

-吉見がすばらしい投球をした
落合監督 この前のヤフーより、今日の方が落ち着いていたように思います。最多勝を取って、彼が今年のうちの屋台骨を背負ってきたわけですから。

-明日はどのように戦うのか
落合監督 最後の試合なんで、悔いの残らないように戦わせたいと思います。

-監督の口から初めて「天王山」という言葉を聞いた
落合監督 これが本当の天王山だよ。マスコミが言っているのは違う。勉強しな。

-王手をかけられ、追いつめられていたか
落合監督 追いつめられていないよ。だから言ったでしょ。1個負けたら終わりだって。負けなかったから、もう1個あるんだ。

相変わらずへそ曲がりなオッサンですけどw
でもねぇ、落合は間違ったことは言っていないんだよね。
信念を曲げないというか、媚びていないというか。
最近の原監督のコメントなんてガッカリするものばかりですよ。
やっぱり落合のコメントは面白い。そして「選手への愛」がなんとも言えない。ジーンときちゃう。
昨日の吉見への称賛は「こんなん本人聞いたらまた頑張っちゃうよね」と言った内容。
お金で評価されるのがプロだけど、やはりこうやって現場のボスに褒められるのはプライスレスですよね。本当に辞めちゃうの落合?


■新井タジタジ…鯉党から「広島帰るの?」(デイリー)


4万6000人の前で豪快にフルスイングする男が、60人を前に顔を赤らめた。知人の教授に依頼された「予防医学指導士特別研修会」の特別講師。新井はプロ野球選手の体調管理を主題に20分間、堂々と講義を行ったが、最後に想定外のハプニングが待っていた。

「広島ファン」を名乗る岡山大学の荻野景規教授から際どい質問が飛んだ。「FAで悩んでらっしゃるようですが、広島に帰る気はありませんか?」。それまでピンと張り詰めていた教室が笑いの渦に包まれた。タジタジの“新井先生”は一呼吸置いて、「新聞記者もお見えです。変なことを言えば、明日の新聞がすごいことになりかねません」と笑顔でかわした。

最近TLでこの話題をよく見るのですが。どこからのソースなのでしょうね?
先日新井が黒田と会談をしたニュースが流れましたが、そのあたりからでしょうか?
まぁ本気で復帰を検討しているならば、あからさまになってしまいますけどね。
もうあれから4年も経ちましたか。・・・・。全然許していませんけどねw
それにしても、彼が特別講師?
そっちのほうが気になりましたw


■堂林、おかわりお手本フォーム改造(デイリー)


3年目の来季に1軍初昇格を目指す広島堂林翔太内野手(20)が日南秋季キャンプで打撃フォームの改造に取り組む。力強さを取り戻すため、中京大中京で全国制覇した高校時代のように左足を高く上げる打法に変更。天福球場で特打など徹底的に振り込んだ。「しっくりきているし、手応えを感じています。悔しい2年だった」。今秋の教育リーグで西武中村の打撃動作にくぎ付け。「バットと球に当たったときの強さがすごい」と格好のお手本だ。

そう言えば中村ノリがいまの統一球には足をあげたほうが球が伸びると言っていましたな・・・。
畠山もそうだけど、打者のタイプにもよるんじゃないかな?
もう堂林は1軍に上がってこないと・・・。菊池の入団で守るところがどんどん無くなってきます。競争が激しくなるのは大いに結構ですが、堂林は早く1軍で見たいですね。
甲子園で活躍した選手の”もっているもの”にやはり期待したいです。ベンチのムードも変えて欲しいです。福井と今村にも同じものを求めたいけど、投手はベンチにいる機会が少ないですからね。
期待しています!


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ ←28位ぐらいにいます
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。