スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

カープが獲得を目指すニック・スタビノファ内野手について

2011年12月04日
あれ?外野手じゃないのかい?

■カープ、新外国人野手獲得へ(中国新聞)

広島が2人目の外国人野手として、米大リーグ、カージナルス傘下3Aメンフィスに所属したニック・スタビノファ内野手(29)=188センチ、109キロ、右投げ右打ち=の獲得を目指していることが4日、分かった。同日までに大リーグ事務局に身分照会を済ませ、交渉を進めている。

これはなんでしょうかね?
まずは海の向こうのデータを調べてみました。

Memphis Redbirds
Nick Stavinoha 25 | 1B Status: Free Agent
http://memphis.redbirds.milb.com/milb/stats/stats.jsp?sid=t235&t=p_pbp&pid=458036

今シーズンはチーム4位の打率.270
ホームランはチーム1位の28本 打点は109打点

2005年からの成績を見てもマイナーでの打率はそう悪くありません。
目についたのは今年の成績。特に2塁打とホームランが急激に増えています。いまが旬?
三振も多いですね・・・これは大砲としてカープは迎えたいのかも。





なんかラロッカを思い出したんですが。構えもいいじゃないの!
ちょいと楽しみが増えました♪


■清武氏 再度巨人批判「発展できない」(スポニチ)

コーチ人事をめぐる内部告発などで巨人を解任された清武英利前球団代表兼GM(61)が3日、テレビ東京系「田勢康弘の週刊ニュース新書」に生出演した。
番組内では騒動の発端となった11月4日夜の渡辺恒雄球団会長(85)との電話でのやりとりに言及。「“(コーチ人事を)やり直す”と言われて翻意を促したが、“君たちの意見は聞かない。俺は最後の独裁者だ”と言われました」と詳細に明かした。その上で「秩序やルールを守れない会社は維持、発展できない」と厳しく指摘した。
また、同氏は近日中の提訴に向けて準備を進めているといい、「これからの僕には裁判と(元)社会部記者としての2つの戦いがある」。ただ、隠し玉とも言うべき新事実に関しては「弁護士の先生に、あるともないとも言うなと言われている」と明言を避けた。


俺は最後の独裁者だ。

終わったな、紳士タレの讀賣巨人軍。お疲れ様。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ ←15位ぐらいにいます
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
確かに打つほうは良さそうですね。問題は守備位置ですね。なんとなく栗原の後釜に考えてたような選手ぽいので。
 フィリップスみたいな、なんちゃってレフトは勘弁ですw
◇ 緑の酒屋さん
まぁカープにいま万能な選手は来ないでしょう。
多少の守備は仕方ないとしましょう。
とにかく「打てる」ことが先決だと思います。交流戦ではDHに入れることも出来ますしね。
確かに栗原放出を考えていた形跡はありますね。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。