スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ファンは何に愛を感じるのだろうか

2011年12月10日
横浜のおかげでカープの露出の低いことw

■横浜DeNA 日本ハム戦力外左腕獲得決定的 高田GM「いい感触」(スポニチ)

横浜DeNAは10日、日本ハムを戦力外となった林昌範投手(28)を獲得することが決定的となった。
高田繁GMはこの日「いい感触は得ています。来週中には何とか」と語るなど、来季の布陣も徐々に固まりつつある。

首脳陣は”巨人色一掃”らいいですが。
どうやら選手はそうでもないようです。

先日琢朗さんがブログで今回の監督のゴタゴタで選手はかわいそうと。そしてファンの人も気が気じゃないとノッサンことクレイジーケンバンドの小野瀬さんのブログを紹介していました。
リンクされていなかったので、探しました→中畑監督

やっぱりホエールズ時代から応援してきたファンには「讀賣」のOBが監督ってピンと来ないですよね。
尾花は選手時代はヤクルトで直前まで讀賣のコーチでしたが、どうもこの巨人とのパイプがどんどん太くなっていくベイスターズ。
強くなるためには手段は問わないのは昨今のトレードでわかりましたが、監督まで讀賣さん頼みってのもね。
じゃぁカープに置き換えてみたら?と思いましたが、やはり讀賣OBとなると抵抗ありますね。
阪神もイマイチですが。

ただうちもベイもそれどころではないところに来ていると思います。
もしかしたらカープのほうが平和ボケしているのかも知れません。
その答えはもう来年の順位で出てくるんじゃないでしょうかね・・・。

カープみたいに長く選手を在籍してくれるとファンはチームにも選手にも愛着がより生まれます。
でも血の入れ替えが無いとチームの活性化という点でマイナス面もあります。
このバランスなんですよね。

プロですからエンターテイメント性は必要だと思います。人気商売でもありますから。
その人気は強くなることが一番手っ取り早いのは確か。
でもね・・・これだけ殺伐とした世の中でもっと「温もり」というかよりファミリーというか。
もっと同じ釜の飯感のあるチームが優勝してファンと一緒に喜びたいんですよね、私は。
だから毎年毎年選手がゴソっと入れ替わるのはどうもね。
メジャーもTVで見るけどカープほど感情注入は出来ません。

そうか。自分でも書いていて感じたけど、「私はいまのカープが大好きなんだ。」
でももうちょっと上の順位で争って欲しい。
欲張りかも知れないけど。でもここで強くなって行ったら理想的。

讀賣は順番が逆だったけど清武氏が育成しつつ強くするチーム改革をここ数年やってきました。もっと生え抜きの選手で勝てるチームにする。でももうそれも出来ないご様子。

ここはカープがやるっきゃないでしょう!

今年は珍しく明治大学の選手を1位で獲得!
マエケン・福井・野村とアマチュア時代に「負けたくないトップチーム」で戦ってきたローテ投手が揃ってきました。あと一人ですね、ここは来年のドラフトに期待しています。
日本人で4人10勝級のローテ投手を揃えて、そこにバリントンのような助っ人を加える計算でAクラスが見えてくると思います。
育成の面ではもっと勝っているチームのコーチを連れてきたほうがいいかと。
篠田、斉藤、中村をなんとかローテに固定したいところです。

もちろん打線も(特に1番から3番)大事ですが、これはまた別の機会に。

うん、カープ悪い流れではないですよ・・・。


■村田巨人で新井の猛虎魂に火(スポニチ)

阪神新井貴浩内野手(34)が9日、村田修一内野手(30)の加入が決まった巨人に闘争心を燃え上がらせた。大阪市のホテルで行われたミズノアドバイザリープロスタッフ会議に出席。「いろいろと補強というかね。杉内も取りにいっているし。間違いなく強くなるでしょう。今まで手ごわかったのがさらに手ごわくなる。さらにやる気というのか、そういうのが出る」と、珍しくライバル心をさらけ出した。会場では村田と数分話し込んだが「特にそういう話はしていない。雑談ですよ」とかわしたが、以前から意識する相手だけに、ハートは刺激されていた。


\新井の猛虎魂/

村田は「来年はベイスターズが優勝出来ない」という判断なんでしょう。
でもね、ベイファンのことを思ったら同一リーグという選択はどうなんだろう?
いまでも新井のことで納得できないのはそこ。阪神しか声がかからなかったのかも知れなかったけど優勝したいチームならパのほうがどこでも可能性があるんじゃないの?
あ、より優勝の確率の高いチームに行きたかったわけか。なるほどね。
それも野球人としての生き方でしょう。

それと杉内の発言にはびっくりだな。
何を甘えているのかと。
結局讀賣に行くんでしょ?という雰囲気の中でホークスの査定には「愛がない」とか言われてもね。
その発言こそホークスへの愛を感じないのは私だけかな?もう心は讀賣だからでしょ?ってファン側は思ってしまいますよ。
カープから見たらホークスは(チームの順位が常に高いせいもあって)年俸の上げ幅は大きいと思います。大きければ下げ幅だって大きいのは別に不思議じゃないと思いますけどね。
終身雇用とかなんとか言っているようですが、そんな保険をかけた選手にファンがどれだけの思いで応援するでしょうかね?複数年契約の選手ってなかなか成績が伸びないのが証明しているじゃないですか。

昨晩も忘年会でこの話は出ましたが、海を渡る前の松井秀喜は単年契約でしたよね。
ああじゃなきゃ。自分への自信、そして向上心。そこがプレイに表れてこそファンはより応援したくなりますけどね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ ←17位ぐらいにいます
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
客観的にみて、カープは厳しいでしょう。駒が足りなさ過ぎです。枠を埋めれば良いというものではないですが、層は厚くするべきでしょう。特にこの首脳陣の投手起用は目先のことしか考えてない起用だから、先細りになってしまうので、投手の層は厚くしたほうがいいと思いますがね。
 それに層の薄さは選手だけではないです。内田の横滑りでお茶を濁してるようでは・・。

ハムみたいに冷徹にやれとまでは言いませんが、過去をろくに検証せず、果実だけ求めるのも虫がいい話で・・

◇ 緑の酒屋さん
現実的な話をするとあまりにも他球団とのパイプが弱すぎます。林と菊池がハムからベイへ。これなんて元ハムの高田GMの力も働いていると思います。
駒が足りないのはもう慢性化しています。じゃぁどするか。もうドラフトで優秀な選手を毎年積んでいくしかありません。これがカープが強くなる近道です。実際この数年のドラフトは成功していますからここは評価して伸ばすべきです。
はい、仰る通りですね。ここ数年のドラフトは評価してます。ただ数が少ないです。育成を4人、取った選手と数は評価してますが、数少ない強みなのだから、もう少し積極的にいって欲しいです。
「どう育てるか」も課題ですね。森笠や青木をコーチにするのも良いですが、せめてコーチを育てるコーチを入閣させて欲しいですね。
◇緑の酒屋さん
もう1位か2位の指名を積んでいくしかないです。
3位以下はなかなか即戦力には厳しいと思います。

コーチは現実的にはOB以外は声をかけても来ないでしょうね。それだけいままでの方向性を間違ったとも言えますが、手形を打たないと選手が来てくれなかった背景もあります。
仕方ないでは済まされませんが、ここ数年の1位指名を見たら徐々ではありますが、いい方向には向いていると思います。ただどこかで劇的にドラフトの当り年が欲しいところではあります。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。