スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

12球団今オフ獲得選手一覧

2012年01月23日
このリストを見ると「今年の順位予想」も浮かびますが、チーム色も見えてきますよね。

■【12球団今オフ獲得選手一覧】/23日現在(ニッカン)

今オフ、各球団が獲得した選手(新人は除く)。
【ソフトバンク】
アンヘル•カストロ投手(29)=ドミニカ共和国出身
金子圭輔内野手(26)=オリックスから交換トレード
レニエル・ピント投手(29)=元マーリンズ
帆足和幸投手(32)=西武からFA
ウイリー・モー・ペーニャ外野手(29)=前マリナーズ

【日本ハム】
ターメル・スレッジ外野手(34)=横浜退団
紺田敏正外野手(31)=巨人戦力外

【西武】
マイケル中村投手(35)=巨人戦力外
クリス・カーター内野手(29)=ブレーブス傘下3A
エンリケ・ゴンザレス投手(29)=3Aトレド
ランディ・ウィリアムズ投手(36)=前レッドソックス
エステバン・ヘルマン内野手(33)=前レンジャーズ
桟原将司投手(29)=阪神戦力外
武山真吾捕手(27)=横浜からトレード

【オリックス】
高橋秀聡投手(29)=ソフトバンクから交換トレード
長峰昌司投手(27)=中日戦力外
中村一生外野手(29)=中日戦力外
高橋信二内野手(33)=前巨人
ミンチェ投手(35)=西武からFA
白嗟承投手(31)=マリナーズ、パドレスなどでプレー
李大浩内野手(29)=韓国ロッテ

【楽天】
小山桂司捕手(31)=中日から金銭トレード
橋本義隆投手(32)=ヤクルトから交換トレード
ホセ・フェルナンデス内野手(37)=前西武
上園啓史選手(27)=阪神から交換トレード
川島亮投手(30)=ヤクルトから金銭トレード
小斉祐輔内野手(28)=ソフトバンクからトレード
ルイス・テレーロ外野手(31)=メキシカンリーグ所属
加藤大輔投手(31)=オリックス戦力外
稲田直人内野手(32)=横浜戦力外
定岡卓摩内野手(25)=ロッテ戦力外

【ロッテ】
セス・グライシンガー投手(36)=前巨人
ジョシュ・ホワイトセル内野手(29)=前ヤクルト
サブロー外野手(35)=巨人からFA

【中日】
山崎武司内野手(43)=楽天戦力外

【巨人】
ジョン・ボウカー外野手(28)=前フィリーズ
杉内俊哉投手(31)=ソフトバンクからFA
D・J・ホールトン投手(32)=前ソフトバンク
村田修一内野手(30)=横浜からFA
スコット・マシソン投手(27)=フィリーズなどに所属
中谷仁捕手(32)=楽天戦力外
石井義人内野手(33)=西武戦力外
高口隆行内野手(28)=前ロッテ(サブローのFA補償)

【ヤクルト】
オーランド・ロマン投手(33)=前台湾・兄弟
ジャスティングス・ミレッジ外野手(26)=3Aシャーロット
楠城祐介外野手(27)=楽天から交換トレード
正田樹投手(30)=前BCリーグ新潟
阿部健太投手(27)=阪神戦力外
木下達生投手(24)=中日戦力外
水田圭介内野手(31)=中日戦力外

【阪神】
松崎伸吾選手(28)=楽天から交換トレード

【広島】
ニック・スタビノア外野手(29)=カージナルス傘下3Aメンフィス
キャム・ミコライオ投手(27)=ダイヤモンドバックス傘下3Aレノ

【DeNA】
藤井秀悟投手(34)=前巨人(村田のFA補償)
ジオ・アルバラード投手(33)=前広島
小池正晃外野手(31)=中日からFA
アレックス・ラミレス外野手(37)=巨人退団
後藤武敏内野手(31)=西武からトレード
鶴岡一成捕手(34)=巨人からFA
林昌範投手(28)=日本ハム戦力外
菊地和正投手(29)=日本ハム戦力外
[2012年1月23日20時23分]


カープはこれでいいのか?と私も含め多くのカープファンが思うところ。
でも他の球団を見てみると、阪神は松崎1人、中日も山崎武司1人、そして日ハムも出戻りが2人。
決してカープだけが例外ではありません。
確かにチームの成績を考えるともっと精力的に動いて欲しいところではありますが、闇雲に出入りを激しくしてもそれが「いい結果」につながる保証はありません。

利点としては「化学反応」でしょうか。何もしないより動いたほうがいい結果が出る可能性を誰もが感じるはずです。
ただ欠点もあります。それだけ選手が動くということは「いままでいた選手が他のチームに行く、敵になる」ということです。チームの欠点も共有されるでしょう。それにいままで応援していた選手を敵にするというのもファンとしても微妙な気持ちにもなります。

カープというのはドラフトを含めいろいろな理由で「育成路線」のチームです。
あまり選手の出入りがないのでより「同じ釜の飯」感があるチームとも言えましょう。
もしこのチームがそのまま優勝したら(できるかできないか別にして)それは格別なものではないでしょうか。
これだけチームの成績が悪くても神宮や横浜のレフトスタンドは連日満席です。熱いファンがたくさんいます。
うまく言えませんがカープのファミリーな部分がファンに何か伝わる魅力があるのではないでしょうか。

横浜は昨年からは精力的な補強をしています。でもどうでしょう。讀賣色が強すぎませんか?

その反面カープは「カープ色が強い」と思いませんか。

そんなカープが今年はどんな戦いを見せてくれるか。とても楽しみです。


■下克上だ!育成池ノ内、1軍帯同(ニッカン)

広島は23日、沖縄1軍キャンプ(2月1日~14日)の参加メンバーを発表した。育成選手として異例のメンバー入りを果たした2年目右腕の池ノ内亮介(23)は「ビックリしました。真っすぐには自信があります。自分は1番下のレベルなんでアピールして支配下登録を目指します」と話した。この日は広島・廿日市市の大野練文字色習場でブルペンに入り25球投げた。

私もビックリしましたわ。
かなり異例ですね。この記事からは伝わってきませんが、何か光るものがあるのでしょうね。
本人もストレートにはかなり自信があるようです。

ウィキペディアで調べてみました。

「中京学院大学に進学すると、本格的に投手に転向。チームでは二番手ながら先発の柱として活躍。中日ドラゴンズの二軍と対戦した際、直球だけで1イニングを無失点に抑えたこともあり」

なるほど。二軍相手とはいえ相手はプロ。それを直球1本で抑えたのはなかなか力があるのでしょうね。きっと高速スライダーと組み合わせたタイプを目指しているのでしょう。
いやー、全然ノーマークでした。池ノ内くん失礼しました。
しかも私が応援している高森勇気と中京高校時代のチームメイトとはこれまた。
注目する選手がまた一人増えましたね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ ←12位ぐらいにいます
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
層の厚い阪神、中日、ハムとカープを同列に扱われても・・・

質で劣るくらいなら、数くらいはと思います。豊田とソリの穴は埋めて欲しかったですね。
◇緑の酒屋さん
阪神先発を見てもそうは思えませんが。

同列に扱われても・・・とおっしゃっていますが、その後に「チームの成績を考えるともっと精力的に」と切り返したつもりですが??

豊田とソリアーノの穴と言われましても2年3年と安定した成績の部分ではありませんから、ここは現有戦力で期待してもいいと思いますが、いかがでしょうか?
うーん、その後で、闇雲に動けばいいというものではない、現有戦力に期待とかいてましたので・・。

現有戦力に期待したいのはやぶさかではないですが、駒をそろえるのはフロントの最低限の仕事だと思いますし、2、3年安定した成績を残してないのは、今いる選手も同様では?と思います。であれば化学反応にも期待したいですし、選択肢も多いほうがいいです。去年の中継ぎ成績をみれば、余計にそう思います。

カープはもう少し、闇雲に動いた方が言いと思います。
◇緑の酒屋さん
もっとカープの現状をお考えいただければ、自然と現有戦力を底上げすることが現実的だと思います。
カープに入団する(移籍も含め)ことって他の球団よりもハンディがあるのはご存じの通りです。所属年数についての条件や引退後の手形(つまりコーチ職)を出す必要が他の球団よりもあります。
そうなると簡単に選手を切って他の球団の選手を獲得するというのはなかなか困難なことです。
乱暴ないい方になりますがこれは九州に球団が出来てしまったことも弊害でしょう。
一般的にカープファンは「もっと動け」と言いますが(確かに動きが少なすぎとは思いますが)横浜のように闇雲には動けない事情があるのです。
じゃぁ仕方ねぇ!その現実も踏まえたら現有戦力でいかに勝つか、いっそカープ色をもっと濃くして勝って喜んで見るか!その可能性はゼロじゃないし、それで勝ったら痛快じゃねぇか!

・・・という気持ちで今回は書いてみました。以上です。
うーん・・
この件で選手を切れ、とは一言もかいてないですが・・。65人しかいないなら後二人は獲得できたのでは?という話ですよ。それと現有戦力の底上げがなされてない現状では、尚更という話です。
球団に事情があるのは百も承知ですが、14年間このままなのは異常ですよ。やり方を変えなければ、いつまでも現状からの脱却は難しいと思います。

以上です。

◇緑の酒屋さん
やり方は変えてきていると思います。微々ですけどね。
もう数年ドラフト上位でいい選手を取り続けていけば変わります。勝つことに貪欲な選手が多くなればベンチの雰囲気も変わりいままでくすぶっていた選手にもいい影響が出てきます。底上げになると思います。
これでマエケン、福井、野村と順調に勝てるようになればドラフト候補の選手は「カープいいかも・・ドラフト上位指名選手が着実に活躍する・・。」と検討してくれる・・・そうしたらカープも指名に踏み切れる!

もっとオーナーが相当心入れ替えてお金を使うようになればFAで選手も獲れるでしょうけど、現実厳しいので打開策は現実としてドラフトで優秀な選手獲得が一番いいと思います。

あと2人は育成からあげるかも知れませんね。池ノ内はその可能性があると思います。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。