スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

昨日の練習試合の感想です

2012年02月12日
昨日の練習試合の感想をダラダラっと書こうと思います。

■13年目広島・迎 2打席連発「今年ダメなら終わり」(スポニチ)

広島は13年目の迎が日本ハム戦で2打席連発。開幕1軍、定位置獲りをアピールした。
「8番・左翼」で出場すると3回、2番手・根本の真ん中直球を左翼場外の防球ネットまで飛ばした。5回にも3番手・植村の初球スライダーをすくい上げ、左中間席へと運んだ。「1本目は自分の中では完璧。2本目は直球を狙っていたけど下半身を使って、うまくバットに乗せられた」と自画自賛の2発に、野村監督も「自信にもなったと思う」と絶賛した。「今年ダメなら終わり」と悲壮な決意で臨むベテランが、遅咲きの花を咲かせる。

まず一番目立った迎。
最初の打席のホームランはお見事!あの高い球を力負けしないでレフトへ運び「高い技術」を見せつけてくれました。この1本だけでも大きなアピールになったと思います。
2本目は初球を積極的に振ったことを評価したいですね。解説者もコメントしていましたが、その前の打席でホームランを打っているだけにわかりやすい配球。しかしそれを見逃さずに左中間に運んだのは経験の差でしょう。
カープはサードと右の外野手がこの数年の課題です。一昨年途中入団で迎さんをお迎えしてのですが(←いいたいだけw)なかなか結果が出ずにファンからは見放されたコメントだけが積み重なるだけ。私もあのなで肩はプロ野球選手としてどうなの?と思いましたがw
この調整を持続して開幕を迎えて欲しいものです。

さてファンからは猛烈に「使え謙二郎」とリクエストの多かった”右の外野手”赤松。
本人も今年は1番でフル出場を目標にしていますが。昨日は全然だめでしたね。
最初の打席で佑ちゃんの明らかなボールとなるスライダーに反応していましたから・・・まぁ選手の調子は日々変わるのでしょうけど、ちょっと不安ですね。

2番、3番には東出と梵。
すぐに交代してしまいましたが、この打順の構想はあるのか?と。
丸を3番に使ってこなかったのが気になりますね。1番に赤松を起用するならばこの打順は候補となるでしょうね。ただエイシンは率を残すよりも足を使って欲しいので「2番」だと思うのですが。
1番にはフレッシュな選手を置いて、東出は6番という選択もありかも。6番って結構大事な打順ですからね。塁に出れば少なくとも7番で終わって、次は8番の石原が・・・塁に出て(可能性は超低いが)ピッチャーが送りバントで1番に回す・・。イニング連続で相手投手にプレッシャーをかけられます。

あとはニックと廣瀬を入れたらどういう打順になるかでしょうね。3番廣瀬の構想になると2番に東出を置きたいのでしょうね。なんか代わり映えのないような・・・。
丸を5番か6番ぐらいに考えているようですが、1番という選択はないのでしょうかね。
もっと試して欲しいものです。

4番は栗原でしょうけど、昨日は松山が。打のほうはヒットも出てまずまず。でもあの守備は心臓がいくつあっても足りないことを改めて見せつけられましたw

5番には會澤翼。昨日は捕手として出場しましたが、リードは後から出てきた白濱に軍配だろうな。
打はもうファンがよく知っているので。あの一打は正直初球なら出る予感はしました。いい打ち方、いい打球方向でした。本人は捕手にこだわりがあるみたいですが、私は右の外野手として挑戦したほうがレギュラーへの近道だと思いますがね。どうでしょうか。

6番は丸。上にも書きましたが、この辺りの打順は私は不満ですね。ファンも前田以来の天才肌の打者と期待をしています。3番で率を残す打者を目指して欲しいです。それとちょっと気になったのは構え方。バットの位置がちょっと変わった気がしました。今度しっかりチェックしたいと思います。

7番は堂林。守備はなんとかこなしていましたね。1つ逃していましたが、まぁ及第点ではないでしょうか。ここでまとめますが、9番の土生と同様に打のほうは残念ながらアピールできませんでした。変化球に対しては反応がよかったのですが、何かが足りないような。やはり結果を残さないとだめですね。

そして途中で出てきたのは、庄司と菊池と白濱と安部。
目立ったのは菊池。1つライトへいい打球を打ちましたね。はじめて動画以外で動いている菊池を見ましたが、やや体が小さい印象。まだ何かをやってくれそうなオーラはないですね。
守備では深く早い足の打球をうまくさばきました。やはり守備はイイですね。ただ送球エラーが1つ。細かい点をしっかりと修正しないと1軍には残れないでしょう。次の結果待ちです。私はこの選手には期待が大きいです。

投手は中崎、中村恭平、今井、池ノ内、金丸、中田が登板。

先発の中崎の動くボールに注目しました。ちょっと浮き気味の球もありましたが、いいコースに入っていたと思います。もうちょっとストレートの力を感じたかったけど、この期待の登板をパーフェクトという結果を残してくれました。ナイスピッチング!

キョンペイは先発として私はローテ入りを期待する選手。ですが。
昨日の内容ではちょっと厳しいかな。もうちょっと躍動感のある姿を見せないと、あのひょろっとした体型では相手の打者に気持ちの余裕をもたせちゃうでしょう。凄味が欲しいですね。
まぁカープ全体にそれは少ないのですが。

今井は2イニングでしたが、明らかに捕手が白濱に代わってから印象が違いました。これは首脳陣も感じたはずです。やはり捕手はしっかり守ってなんぼですね。打者としての能力を多くのファンが望みますが、いまのカープ投手陣を見る限りそこを求めるのは酷でしょう。点は1番から5番でしっかり獲ればいいと思います。

池ノ内も中崎と同様にはじめて見ました。んー、可もなく不可もなく。結果が出たので次回はもうちょっと内容のある投球を見たいですね。
金丸は横手でくせのある球を投げていました。思った以上に完成しているのではないでしょうか。
球も低めに集まっていました。稲葉とか一流の打者で結果を出させてあげたかったですね。
中田は長身を生かした投球内容でした。やはり彼にも威圧感を欲しいところですが、まだまだ伸びシロを感じました。楽しみな投手です。

全体的に投手は凄味の足りなさ、そして明らかにセットポジションからのクイックの問題。走られ過ぎですよ・・・。少しずつ成長はしているのですけど、これでは結果は昨年までと変わらないでしょう。
内野の守備も含めてもっとディフェンス面を追及して欲しいですね。

そしてハムの感想も。
栗山監督の試合終了後のインタビューが印象的でした。「悔しい」と。
かなり真剣モードでした。それに勝ったカープは練習試合とはいえ価値ある1勝ではないでしょうか。
それとハムの打線は「どんだけ左打者」。加藤、杉谷(スイッチ)、西川、中島、大嶋、今成、谷口・・。似たような選手ですが、若い逸材がゴロゴロいるなと。杉谷は守備だけの問題でしょう。あと谷口は気になりましたね。かわいいしw この数年のハムは楽しみです。
ちょっとカープは比べると物足りなさを感じますね・・。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ ←13位ぐらいにいます
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
會澤君は
まずはサード向きです。キャッチャーやってる上に鼻っ柱強く、強烈な打球に怯むことなく素早く反応することはできるはず。肩もいい。守備で余計なこと考えなかったら、すぐ20本打つんじゃないかと。

対してアンパンマンみたいに外野しかしてこなかった人のサードはそら心臓に悪いでしょうw。守備のうまいという廣瀬ですら、ですから。

で、一にも二にもピッチャー。それも先発は結構駒が揃ったとみるので、中継ぎ以降ですねぇ。ストレートがズドンと重いのと、クセ球放るのが出て来ないですかねぇ。今村が変な癖ついちゃう前に先発として育てて欲しいし。
◇ガビーさん
會澤がサードにネックなのは「外国人枠」だけでしょうね。栗原を1塁に固定となるとサードに外国人、あと一人は外野・・・。もういっそ純潔と割り切れば會澤のサードは迷うことはないでしょう。

中継ぎはちょっと駒不足ですね。今村一人では夏は乗り切れません。7回1イニングをきっちり投げてくれる投手が欲しいですね。梅津・横山が安定してくれたらいいのですが、フレッシュな顔も見てみたいところです。昨日見た中では中崎をもう一度見てみたいです。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。