スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

いや、もうアウトだと思いますよ

2012年03月17日
カープの話をそっちのけで書く私もなんだが(苦笑)

■巨人、6選手に契約金36億円 球界申し合わせ超過(朝日新聞)

プロ野球・読売巨人軍が、球界で申し合わせた新人契約金の最高標準額(1億円プラス出来高払い5千万円)を超える契約を多数の選手と結んでいたことが、複数の関係者証言と朝日新聞が入手した内部資料から明らかになった。14日現在で確認できたのは、1997~2004年度に6選手と結んだ計36億円の契約で、このうち計27億円が最高標準額を超過する内容だった。

 読売巨人軍は朝日新聞の取材に対し、「個別の選手の契約は申し上げられない。標準額は07年までは上限ではなく、超えても構わないというのがプロ野球全体の理解のはず。ルール違反ではない」と話している。

 超過額の契約が判明したのは、高橋由伸、上原浩治(現大リーグ)、二岡智宏(現日本ハム)、阿部慎之助、内海哲也、野間口貴彦の6選手。

 プロ野球では93年のドラフトから、社会人と大学の選手が入団する球団を選べる逆指名制度を導入。これに伴い、球団間の争奪戦で契約金が高騰するのを避けるため、新人選手の契約金の最高標準額を1億円と12球団で申し合わせた(翌年から1億円プラス出来高払い5千万円)。

 巨人軍の複数の内部資料や関係者証言によると、97~00年のドラフトの逆指名制度と、01~04年の自由獲得枠で入団した選手のうち6選手について、最高標準額を超過する契約金額となっていた。

 最も高額なのは、阿部選手(00年ドラフトで入団)の10億円。野間口選手(04年)は7億円、高橋選手(97年)は6億5千万円、上原選手(98年)、二岡選手(同年)は各5億円、内海選手(03年)は2億5千万円となっている。このほか、上原選手には退団時の功労金1億2千万円、二岡選手には退団時の功労金7千万円と別の出来高払い3千万円も支払う契約となっていた。

 6選手の契約では、1億5千万円を超過する金額について、複数年にまたがって分割払いするとし、各年の出来高条件の一部をクリアした場合に支払われるとされていた。複数の巨人軍関係者によると、巨人軍にとってこの出来高払いは税務上、契約金の分割払いとみなされ、通常の出来高払いとは違う会計処理をしていた。各選手も税務申告する際、契約金の一部であることを明らかにしていた。国税当局も税務調査などでこうした内容を把握しているという。

 最高標準額を超過した契約金をめぐっては、横浜(現DeNA)が、04年に自由獲得枠で入団した那須野巧選手に5億3千万円の契約金を支払っていたことが07年に発覚。西武も同年、選手15人に対し最高標準額を上回り、計11億9千万円(超過額)を支払っていたと公表した。プロ野球を統括する日本野球機構は、これらの行為について厳重注意処分とした。今回判明した巨人軍の契約の中には、これらと同時期に結ばれていたものもある。


■巨人、6選手に契約金36億円 球界申し合わせ超過(朝日新聞)

プロ野球・読売巨人軍の桃井恒和社長と原沢敦球団代表は15日夕、東京・大手町の同社内で、野間口貴彦投手に対する金銭供与について「数回、200万円余りをお小遣いのような形で支払っていた」と説明した。その後の一問一答は以下の通り。

 ――野間口選手への金銭供与について、連盟や日本野球機構(NPB)に報告したか。

 「細かいことはあれだが、概要は伝えた」

 ――いつ伝えたのか。

 「今度の取材を受け、内部資料だと書かれたので。公表しなくてはいけないものでもないが、隠すものでもない。社会人の例もありますから、きちっと申し上げておこうと」

 ――それに対して、NPBは、何と言ったのか。

 「まだ聞いていない」

 ――2005年以降は、社会人選手でも金銭を受けるのはアウトか。

 「アウトですね、アウトですね」



隠していたくせに、その口かぁwwwwwwwwwwwwww

まぁね。このニュースですが。裏金は承知でしたので、額を見て改めてビックリってところ。
何が気に入らないって。開き直り方がね。

普段は「巨人が強くないと球界が盛り上がらない」とか言っているくせに、那須野と同様のことをやっておきながら「うちは別です」という勝手な言いぐさ。隠すことじゃなかったら那須野の問題の時に自ら今回の件を言うべきだったのでは?

どこが紳士なの?

入団前だけど社会人だったら”200万円余りをお小遣いのような形で支払って”もいいのかぃ?
もう成人しているから?その基準も勝手すぎないか?ファンから見たら高校生も大学生も社会人もみんな「アマチュアですが?」

それと↓これも怪しくないかい?


■朝日VS巨人第2R「二岡恩師に2000万円支払い覚書」(スポニチ)

巨人が一部選手と契約金の「最高標準額」を超える契約を結んでいたことを報じた朝日新聞と巨人によるバトルは16日も続いた。
 同社は同日付でも内部資料を基に、98年ドラフトの逆指名制度で入団した二岡智宏(現日本ハム)が所属していた近大野球部の当時監督に、退職後に球団が将来の業務委託料として2000万円支払う覚書を交わしていたと報道した。委託の内容はアマチュア野球の情報収集など。当時の監督は01年に退任し、現在は近大工学部に勤務している。ただし、金銭の授受は行われていないとしている。
 この報道に対し、巨人広報部は覚書の存在については「古いことなのではっきりしない」としたが、経理上の記録を確認した上で「お金が支払われたことはない」とのコメントを発表した。
 巨人は前日に桃井恒和球団社長が、朝日新聞の報道への抗議について説明。実名で報道された選手や球団への謝罪と謝罪文掲載を求めており、5日以内に誠意ある回答がない場合は法的措置を取る構えを見せている

上原と二岡の件は讀賣側もはっきりしているのに、同時期の”業務委託料2千万円を受け取る覚書”が古いことって.....。説得力が無さすぎでは?

2005年以降は、社会人選手でも金銭を受けるのはアウトと言い切り、業務委託料は経理上記録がないと言い切った讀賣巨人軍。

大丈夫ですかね・・・・。

知ったこっちゃないですけど   でも実はカープも心配。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ ←15位ぐらいにいます
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
なんたって
僕としては、一連の中で名前が出て来ない木佐貫が不憫で不憫で。最高の評価受けて入団したつもりが、格安だったなんて。

あと、本当に分割して支払われた分の税金処理は適切だったのか、国税局には頑張ってもらいたいです。僕はかなり怪しいと。
No title
◇ガビーさん
数日後に木佐貫が「僕は断りました」で人気急上昇が僕には見えます。

国税局は動くべきでしょうね。
絶対に納税していません。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。