スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

4節を終えて、観客動員数

2006年04月25日
※気分屋がテンプレートを変更しましたよw
左カラムにしたかったので・・でもかわいいっしょ?


今日は試合が生では見れません。
でも録画も忘れました。こんなときにいいゲームしちゃったりして(笑)

ということで今日も早目に書いてしまいます。

昨日の「7勝5敗で乗り切れ!(これからの12戦)」へのコメントありがとうございました。
結構時間を要して調べたので(探せばあるでしょうが、自分でまとめたかったんです)励みになります。
これからも色んなデータを引っ張って、カープを突っついて行こうと思います(笑)

さて、本日は【観客動員数】について書いてみます。まずは昨年との比較。
実は一昨日までの第4節終了で今年も昨年も19試合だったのです。
全てのデータを比較するのには丁度いいですね。

対戦相手も昨年より阪神戦が2試合多く、その分ヤクルト戦が2試合少ない。
あとのチームとは対戦数が一緒です。

下記データを昨日書いた内容元も含めて貼ってみます。
皆さんのご感想はいかがでしょうか?コメントお待ちしています。
(元はサンスポのデータを使用しています。誤っていたらご指摘ください)

kankyaku

気になる観客動員数ですが。
カープ主催ゲーム(地方も含む)は、05年:126,225人→06年:117,733人
総数は減って見えますが、実はホームゲーム数が違います。
05年は12試合で06年は10試合。
これで1試合平均動員数を算出すると、05年:10,519人→06年:11,773人
1試合あたり1,200人は増えていますね。

謙二郎さんがコラムでも、

選手サイドからの視点で言わせてください!
選手は満員の球場でプレーしたいんです!
ハッスルしたいんです!
試合のとき割れんばかりの声援が欲しいんです!


と強く語っています。

やはり増えているとはいえ最低でも休日は25,000人、平日は10,000人ぐらいの観客の中で選手にプレイしてもらいたいですね。
私は「球場に足を運ぶ」ための細かい要因を今日ここで述べるつもりはありません。
加えてお客さんが来ないのは市民の方の責任とも思いません。
まずは球団。球団が責任をもって動員への活動に力を入れて欲しいです。チームを本気で強くしたいのなら。
でも今年はいまの成績を考えたらまずまずの健闘をしているのではないでしょうかね。

この1,200人増って何が要因なんでしょうかね?
どなたか想像でも結構ですので思いついたら教えて下さい。
閃きは形になるかも知れません。

先に休日25,000人と書きましたが、巨人と阪神以外の対戦だと厳しいのが現状。
先日のヤクルト戦で15,000人ですからね・・ここで1万人増やすにはどうしたらいいか?
(そもそも130万人動員するにはどのくらいのペースで行ったらいいのでしょうね?)

もちろんチームが強くなること、優勝に絡むことは必須ですが、それだけではダメでしょうね。
阪神は強くなったから動員出来ているのではなく、弱い時代からも熱心に球場に足を運んだ人がいた基盤があります。

球団経営において強いだけの時代は終わっています。弱くても熱心に足を運んでくれる「顧客」を獲得すること。
そのためにはどうしたらいいか・・・

私は「家族連れの動員」「複数の観戦サークルの発足」・・この辺にヒントがあると思います。

おっと、今日は述べるつもりじゃなかったんだっけ(笑)

「複数の観戦サークルの発足」については私のように広島から離れて応援しているファンにもお手伝いできることもあります。
それは「今度家族連れの動員」と一緒にまとめて次回(いつだろう)書こうと思います。(まずは5・3の神宮オフを成功させないとね)
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
コレしか僕には考えられない
>この1,200人増って何が要因なんでしょうかね?
>どなたか想像でも結構ですので思いついたら教えて下さい。

ダメなファンが考えて見ます(笑)

おそらくブラウン野球への期待じゃないですかね。
長~い間コージ政権が続いて、おまけに低迷していたので、
監督が変わった→躍進するに違いない→じゃあ見に行こう
というファン心理ではないかと。
ダメ考察ですいませんでした。
お地蔵侍
ダメじゃないと思います。
想像は形になります。ALL-IN!です。

そうですね、期待感はすごくありますね。私もあります。マーティーの意気込みは本当に聞いていて気持ちいいですね。

でもカープが不況を知らない(例えチームが弱くても)企業になるにはこういった期待感をファンに持ち続けてもらうことだと思います。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。