スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

答えはこれから

2012年04月29日
この結果がシーズンを通して「いい起用か」「悪い起用か」。答えはこれから。

■広島4-6東京ヤクルト(スポニチ)

ヤクルトが3回宮本と畠山のタイムリーで3点先制。1点を追う9回には、バレンティンが両リーグトップの6号3ランで逆転に成功。先発赤川は5回2/3を2失点、6人目平井が2/3回投げ1安打無失点でプロ入り3年目で初勝利。バーネットが来日初の二桁10セーブで両リーグトップ。チームは今季初の引き分け挟んで6連勝で、貯金は今季最多の7。去年から広島戦5連勝、マツダで4連勝。なお宮本は1安打で2000本安打まであと6本。 広島は代打・前田智と丸のタイムリーで一時は勝ち越すも、9回に3失点。今季3度目の3連敗で、借金2は4月1日に並ぶワーストタイ。先発福井は5回3失点、4人目ミコライオが来日初黒星。

カープあるあるで笑っている場合じゃなかったな・・・。

昨日は天気もよかったので神宮球場に行って東京六大学野球を観戦していました。
第一試合は明治と慶應。守備がグッダグダで残留の山。結局2-1で慶應が勝ちましたが(確か)、2時間半と割と長いゲーム。第二試合は早稲田と立教。2回の表に早稲田が5点!
もう序盤で勝負あり。力の差も歴然で途中からポカポカ陽気に負けました。zzzzz

その帰りにHUBを除くと1点リードで1アウト2塁でピッチャーがサファテらしき?
地下鉄の駅に到着してホームで友人がスマホを見て「あ!」

嫌な予感。逆転されていた・・・・あのHUBからたったの数分の悲劇。

もう3点差でリードされたときは「速報をおいかける必要をなくした」なんてつぶやいて、目の前の早稲田の大量点をお借りしたい気分でしたが、こっそり速報を見ていたら逆転をしていてウキウキw
しかし首位チームの意地を見せつけられる結果に。

どうも謙二郎の起用が裏目に出ていて・・・

ミコもサファテも準備は出来ていたそうなので、ミコの状態がサファテよりも良かったか・・・でもクローザーって状態だけじゃなくて「経験値」も大事な要素だと思いますが_

サファテの怪我とか相当の状態の悪いならば仕方がありませんが、準備が出来ていたならばサファテ起用がセオリーでしょうね。
落合が言っていた「普通の野球をやっていれば、途中で変えなければ・・」という懸念はここなんでしょうね。ただ素人がいうほどセオリーで野球をするというのは難しいと思います。
勝ち続けていれば冷静な判断も加わるでしょうけど、チームが連敗しているときはこういった焦りは出てくるものなんでしょう。そこは調子のいいチームは見逃しませんね。

冒頭に戻りますが。ミコが1年間調子がいい状態が続くわけもありません。
いまは彼にとっていい方向に向かうのか。そしてサファテにとってもどう心が動くのか。

答えはこれからです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ ←20位ぐらいにいます
スポンサーサイト
野球全般 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。